イメージ

折れたクラブは交換できる?

(2019年3月号掲載)

Q.

クラブを14本持ってスタートしたのですが、あるホールでティショットをしたら、ドライバーが折れてしまいました。昼休憩の際、新しいドライバーに取り替えてもいいのでしょうか?

A.

取り替えることはできません。

【解説】

規則4.1b(3)には次のようにあります。

紛失または損傷したクラブの取り替えの禁止。プレーヤーが14本のクラブを持ってスタートした後、あるいは14本のクラブ制限までクラブを追加した後、ラウンド中、または規則5.7aに基づくプレーの中断中にクラブを紛失または損傷した場合、プレーヤーはそのクラブを別のクラブに取り替えてはならない。

よって、質問のケースではクラブを取り替えることはできないのです。

ただし、プレーヤーのクラブが13本以下だった場合、プレーヤーはクラブを14本まで追加することは認められていますので、その追加分として新しいドライバーを加えることはできます。

また、規則4.1b(3)には例外があり、「プレーヤーのクラブがラウンド中(規則5.7aに基づくプレーの中断中を含む)に、外的影響、自然の力によって、またはプレーヤーまたはそのプレーヤーのキャディー以外の人によって損傷した場合」には、「損傷したクラブをあらゆるクラブと取り替えることができる。」となっていますので、例えば「同伴プレーヤーに踏まれた」など、プレーヤーとそのキャディが損傷の原因となっていない場合には、取り替えが認められます。

目次に戻る