イメージ

グリーン上の傷は修理できるの?

(2019年8月号掲載)

Q.

 グリーン上に、何かでひっかいたような傷があるのですが、修理してもよいのでしょうか。

A.

 修理できます。今年から、グリーン上の損傷は修理することができるようになりました。ただし、自然な凹凸や、エアレーションの穴などは修理できません。

【解説】

 規則13.1c「パッティンググリーン上で認められる改善」では、球がパッティンググリーン上にあるかどうかにかかわらず、プレーヤーは「パッティンググリーン上の損傷」を修理できることが定められています。
 「パッティンググリーン上の損傷」の定義については、同規則で次のように定められています。

 「パッティンググリーン上の損傷」は人や外的影響によって生じるあらゆる損傷を意味する。例えば:
  • ボールマーク、靴による損傷(例えば、スパイクマーク)、そして用具や旗竿が原因となる擦り傷や窪み。
  • 古いホールの埋め跡、芝の張り替え跡、張芝の継ぎ目、メンテナンス器具や車両による擦り傷や窪み。
  • 動物の足跡、蹄の窪み。そして、
  • くい込んでいる物(例えば、石、どんぐり、ティー)
しかし、「パッティンググリーン上の損傷」には次の結果として生じる損傷や状態は含まれない:
  • パッティンググリーン全体の状態を管理するための通常の作業(エアレーションの穴、バーチカル・モゥイングによる溝)。
  • 自然な表面の欠陥(例えば、雑草、地肌が露出した区域、病気または生長がまばらな区域)。または、
  • ホールの自然な摩耗。

 これにより、何かでひっかいたような傷は「損傷」に該当しますので、修理することができるのです。

目次に戻る

おすすめの記事