イメージ

二度打ちの罰は?

(2020年1月号掲載)

Q.

 2度打ちをしてしまいました。何か罰はあるのでしょうか?

A.

 2019年規則から、偶然の2度打ちに対しての罰はなくなりました。

【解説】

2018年までの規則では、2度打ちに対しては罰が課されていました。しかし、2019年規則ではこれが変更され、偶然であれば罰がなくなりました。規則10.1a「球を正しく打つこと」には、次のようにあります。

 プレーヤーのクラブが偶然に2回以上球に当たった場合、1回のストロークとなるだけで、罰はない。

 よって、偶然の2度打ちであれば、プレーヤーに罰はなく、普通に球を打ったのと同様、あるがままにプレーを続行します。
 なお、規則の文中に「2回以上」とあるように、3度打ち、4度打ちであっても、偶然のことであれば同様に罰はありません。
 もちろん、故意に2回以上打つことは違反ですのでご注意ください。

目次に戻る

おすすめの記事