イメージ

球が寄りかかっていたレーキを動かしたら球も動いた!

(2020年4月号掲載)

Q.

 球がレーキに寄りかかって止まっていました。レーキを動かしたところ、球が動いてしまったのですが、この場合どうすればいいのでしょうか。

A.

 無罰で元の場所にリプレースしなければなりません。

【解説】

 レーキは規則上、動かせる障害物と定義されています。規則15.2a「動かせる障害物からの救済」には次のようにあります。

(1) 動かせる障害物の取り除き。罰なしに、プレーヤーはコース上やコース外のどこででも動かせる障害物を取り除くことができ、その方法は問わない。
しかし、2つの例外がある:

例外1-球をティーイングエリアからプレーするときにティーマーカーを動かしてはならない(規則6.2b(4)と8.1a(1)参照)。

例外2-動いている球に影響を及ぼす動かせる障害物を故意に取り除くことに関する制限(規則11.3参照)。

プレーヤーの球が動かせる障害物を取り除いている間に動いた場合:

  • 罰はない。そして、
  • その球を元の箇所(分からない場合は推定しなければならない)(規則14.2参照)にリプレースしなければならない。

よって回答の通り、プレーヤーに罰はなく、球を元あった場所にリプレースしなければならないのです。

目次に戻る

おすすめの記事