イメージ

間違ったティーイングエリアからティショットしてしまった!

(2020年5月号掲載)

Q.

 ストロークプレー中に本当はフロントティからティショットするはずが、間違ってシルバーティからティショットしてしまいました。こんな時、どうすればいいでしょう?

A.

 2罰打を加えてフロントティ(正しいティーイングエリア)からプレーしなおさなければなりません。

【解説】

 規則6.1b「球はティーイングエリアからプレーしなければならない」には、次のようにあります。

プレーヤーは規則6.2bに基づいてティーイングエリアから球をプレーすることによって各ホールをスタートしなければならない。

ホールをスタートするプレーヤーがティーイングエリアの外( 同じホールや別のホールの異なるティーイング場所にある間違ったティーマーカーからプレーした場合を含む)からプレーした場合:

(中略)

( 2 )ストロークプレー。プレーヤーは一般の罰( 2 罰打)を受け、ティーイングエリアから球をプレーすることによってその誤りを訂正しなければならない:

  • ティーイングエリアの外からプレーされた球はインプレーではない。
  • そのストロークと、誤りを訂正する前に行ったストローク( 行ったストロークと単にその球をプレーしたことに対する罰打を含む)はカウントしない。
  • プレーヤーが別のホールを始めるためのストロークを行う前に、またはそのラウンドの最終ホールではそのプレーヤーのスコアカードを提出する前にその誤りを訂正しなかった場合、プレーヤーは失格となる。

 これにより間違ったティーイングエリアからプレーした場合、プレーヤーは2罰打を加えて正しいティーイングエリアでプレーしなおさなければならないのです。
 もし、そのままホールアウトし、次のホールのティショットを打ってしまったり、最終ホールであればスコアカードを提出してしまうと、上記規則にあるように失格になってしまうのでご注意下さい。

目次に戻る

おすすめの記事