イメージ

他人のクラブを借りてもいいの?

(2020年6月号掲載)

Q.

 プレー中、サンドウェッジを忘れてきたことに気付きました。バンカーから打つ時に、同伴者のクラブを借りて打っても良いでしょうか?

A.

 同伴者のクラブを借りることはできません。

【解説】

 ゴルフ規則4.1b「14本のクラブの制限;ラウンド中のクラブの共有、追加または取り替え」には次のようにあります。

(2)クラブの共有の禁止。プレーヤーのクラブはスタートした時点で持っていたもの、または(1)で認められて追加されたものに制限される:

  • コース上でプレーしている他の誰かが使用しているクラブでストロークを行ってはならない(その他のプレーヤーが違う組や競技でプレーしている場合であったとしても)。
  • プレーヤーが別のプレーヤーのクラブでストロークを行ったことによって規則に違反したことに気づいた場合、プレーヤーは、規則4.1c(1)の手続きによりそのクラブをすぐにプレーから除外しなければならない。

 以上の通り、他のプレーヤーのクラブを借りることは規則によって禁止されています。もしこれに違反すると、違反が起きた各ホールに対し(1打に対しではなく)2罰打を受けます。

 なお、この罰には上限があり、1ラウンドでは最大4罰打となりますが、これはプレーヤーが違反に気づかなかった場合の話です。「4打罰払えば他のプレーヤーのサンドウェッジを何回借りてもよい」という意味ではありません。上記規則にあるように、違反に気づいた場合、プレーヤーはそのクラブをすぐにプレーから除外しなければなりません。これを怠ると、失格になってしまいますのでご注意ください。

目次に戻る

おすすめの記事