イメージ

リプレースしようとしても、傾斜で球が止まらない

(2021年4月号掲載)

Q.

球がバンカーレーキに寄りかかって止まったため、そのレーキを取り除いたところ、球が転がってしまいました。そこで、その球を無罰でリプレースしようとしたのですが、やはり傾斜で転がってしまいました。こんなとき、どうすればいいのでしょう?

A.

まずはもう一度同じ箇所にリプレースしなければなりません。それでも球が転がるのであれば、「ホールに近づかず、球が止まる最も近い箇所」にリプレースしなければなりません。ただしその箇所は、球がもともとジェネラルエリアにあったのであればジェネラルエリア、バンカーにあったのであれば同じバンカー内でなければなりません。

【解説】

規則14.2eには次のようにあります。

14.2e 球が元の箇所に止まらない場合に行うこと
プレーヤーが球をリプレースしようとしても、元の箇所に止まらない場合、プレーヤーは再度試さなければならない。
球が再びその箇所に止まらない場合、プレーヤーは、その球が止まる最も近い箇所にその球を置くことによってリプレースしなければならない。しかし、元の箇所の場所によって次の制限がある:
  • その箇所はホールに近づいてはならない。
  • 元の箇所がジェネラルエリア。最も近い箇所はジェネラルエリアでなければならない。
  • 元の箇所がバンカーかペナルティーエリア。最も近い箇所はそれぞれ同じバンカーか、同じペナルティーエリアのいずれかでなければならない。
  • 元の箇所がパッティンググリーン。最も近い箇所はそのパッティンググリーンか、ジェネラルエリアのいずれかでなければならない。

以上の通り、元の箇所にリプレースしようとした球が止まらなかった場合、プレーヤーはまずもう一度同じ箇所でリプレースを試さなければなりません。

そして、それでも止まらなかった場合、プレーヤーはその球が止まる最も近い箇所を探してリプレースしなければなりません。ただしその箇所は、ホールに近づいてはいけません。また、質問のケースでは、球がバンカーレーキに寄りかかって止まった場所が、ジェネラルエリアであるのかバンカー内であるのか不明です。球の元あった箇所がジェネラルエリアだったのであればジェネラルエリア内、バンカー内だったのであれば、その同じバンカー内で、球が止まる箇所を探さなければなりません。

ちなみに「元の箇所から最も近い場所」については、距離の制限はありません。例え10ヤード、20ヤード、あるいは50ヤード離れたとしても、条件を満たす最も近い箇所がそこしかないのであれば、そこがリプレースする箇所になります。

なお、リプレースの際、転がるのを防ぐために球を地面に押し込んでしまうと、ストロークに影響を及ぼす状態を故意に改善したとして、2打罰となってしまいますのでご注意ください。(規則8.2b)

目次に戻る