高梁食品衛生協会「ノロウイルス食中毒予防期間」協賛事業
「みて、きいて、やってみる!」低学年の食育・食品衛生教室
(高梁市落合小学校での様子を紹介します)

1 趣 旨  小学校では給食の野菜・魚介類等の食べ残しがあることから、従来から行っていた食中毒予防に加え、食育と健康づくりについても普及啓発を図るため、高梁市内の小学校低学年を対象に食育・食品衛生教室を「公益社団法人日本食品衛生協会」の提唱する「ノロウイルス食中毒予防期間」の協賛事業として実施しました。

日 時 平成28年10月18日(火)9:25〜10:10

場 所 高梁市立落合小学校
    高梁市落合町阿部1686

主 催 高梁食品衛生協会
備北保健所

協力機関 高梁市・高梁市栄養改善協議会連合会

参加者 小学校低学年・保護者(希望校)・教職員・高梁食品衛生協会関係者
備北保健所衛生課職員・高梁市栄養改善協議会連合会関係者
内 容
(1) ミニ講習会
食育に関する話「野菜の大切さ」を中心
(2) 紙芝居上演
食育教育用紙芝居「はなたろうとあかべい」
(3) 手洗いの実習→基本の手洗いの仕方(ノロウイルスの食中毒予防を中心に)
手洗いチェッカーを用いた洗い残しの確認
(4) その他
学校の希望により90分間の研修の場合は、簡単調理実習も行います。

その他 なお、今年度は、このほかに【津川小学校平成29年1月26日】でも開催予定です。)


紙芝居「はなたろうとあかべい」 手洗いの実習


高梁食品衛生協会に、


加入して、高梁地域の

食の安全を守りましょう


活動区域 高梁市
事務所所在地 〒716−8585
高梁市落合町近似286−1
 (備北保健所内)
TEL 0866−21−2837
FAX 0866−22−8098