こんにちは西中純一です。
                                            
 
 和気町議会議員 日本共産党
 岡山県和気郡和気町父井原915 TEL&FAX 0869−89−3096
本文へジャンプ
http://ww91.tiki.ne.jp/~f12489/ j-nishik5563@mx81.tiki.ne.jp 0869-89-3096
携帯QRコード
 
熊本地震救援募金にご協力下さい。
郵便振替
口座番号00170−9−140321
加入者名
日本共産党災害募金係
通信欄に「熊本地震募金」と記入して下さい
銀行口座から送金の場合
ゆうちょ銀行 店番
〇一九(ゼロイチキュウ)

口座・受取人名当座0140321ニホンキョウサントウサイガイボキンガカリ
送金と同時に、bokin@jcp.or.jpに、氏名住所、職業、金額および「熊本地震募金」とメール送信して下さい。
手数料はご負担をお願いします。

2016年5月29日(日)
赤旗流し宣伝をしました。

 参議院選挙まで22日ほどですが、ようやくパソコンとウォークマンを使って文句を吹き込んで佐伯地区と和気地区あわせて4時間かけて流し宣伝をしました。6月11日の演説会の告知、黒石氏、と日本共産党へのご支援を訴えました。ビラの配布は6.11演説会告知の岡山民報100枚ほどです。

2016年5月26日(木)
部落差別永久化法案廃案を

 部落差別解消推進法という法案を共産党の反対にもかかわらず自公民3党が提出し、20日に衆院法務委員会で趣旨説明を強行していました。審議もしないまま25日にも採決をする暴挙に出るかと思っていましたが、人権連の国会要請行動や共産党の厳しい批判の結果採決はやめ継続審議になりました。
25日衆議院法務委員会で共産党の清水忠志議員は「同和問題の解消に血のにじむ努力を続けてきた方々を裏切る法案であり絶対に許せない」と廃案を強く求めました。
同和立法は2002年3月末に集結し特別対策から一般対策に移されました。(一般対策に移った)理由をただした清水氏に総務省の佐伯官房審議官は、同和地区をとりまく状況が変化し、差別解消に有効でないとする当時の政府見解を説明をしました。
清水氏は提出者の自民党山口壮議員に、これまでの経過に逆行すると批判し「二階俊博総務会長の意向を受けた同和行政の新たな根拠法の制定が動機ではないか」とただしました。
さらに部落差別の定義について追及。山口氏は「法律上の定義はおかずとも部落差別の意味はきわめて明快」などと強弁。
清水議員は「とんでもいない、誰かが主観的に『部落差別』だと認定すれば際限なく乱用を生み、同和事業の復活や脅迫的な確認・糾弾活動の根拠とうる」と厳しく批判。
法案の深刻な問題は、定義がないまま行う「部落問題」の実態調査で新たな差別を掘り起こすことだと強調。出身地や血筋の特定、部落問題のなかった地域での追跡調査につながる危険を指摘しました。
自民公明衆議院通過を見送り
自民公明両党は25日の幹事長会談で民進党と共同提出した、部落差別解消推進法案について、参院に送ると廃案の可能性があるとして、衆院通過を見送り、継続審議とすることを決めました。今後の日程は31日の理事懇談会で協議することになるそうです。同法案をめぐっては予断を許さぬ状況です。共産党は断固撤回を求めていきます。


「人権教育」のためによく使っている藤野会館
2016年5月22日(日)
幼稚園保育料無料化承認される。

 5月20日(木)町議会臨時議会が開かれ、町立幼稚園に通う1歳から5歳までの幼稚園使用料3200円と預かり保育料3000円が4月から無料になります。また、保育園と保育所の保育料も一律6200円減額になります。正確に言うと3月31日にすでに町長が幼稚園保育料条例と幼稚園預かり保育条例を改正の専決処分をしていました。そのことについて和気町議会が承認したわけです。なお幼稚園では給食費、やPTA会費、その他の雑費は自己負担があります。保護者にとっては大変歓迎するものです。一歩前進です、執行部の決断は評価するものです。

なお4月の町議会全員協議会によると執行部は来年4月の学校統合にあわせてもう一歩進めて、1歳から5歳までの保育園と保育所の保育料も全面的に無料にし給食費も無料とすることを検討中であるという事です。これも是非実現させてほしいものです。
もう一つ、教育委員会委員の任命について同意を求める案件について前任の時本氏に変えて有正省三氏の任命について同意を求められました。
 私は通常は2期〜3期続けられるのに短期で辞められるしその人に比べて70歳と高齢な方を据えられる事、有正氏は兵庫県において地域改善対策室とか人権教育室で長期にわたり同和教育の行政に勤務されていたようだが、当町は人権条例に基づく同和教育を推進されているがなお一層その教育を強化される意図があるのではないかと質問しました。
 起立採決の6人賛成山本稔、居樹、尾ア、広瀬、安東、当瀬、5人反対、万代、山本泰、西中、草加敏、柴田でした。

2016年5月18日(水)
自治体問題研究所の議員研修会で勉強しました。

 16日〜17日まで岡山市の商工会議所を会場に議員研修会
に参加しました。一つは「三位一体改革」後10年を振り返り自治体財政の未来を展望するという。京都府立大学の川瀬教授による記念講演、
もう一つは「市町村から国保は消えない」・・地域で医療保障をつくる視点・・・と題して国保の都道府県統一が平成30年に実施されることに対してどのように考えたらよいのか示唆をいただきました。

2016年5月12日(木)
岡山市で会議と春名候補と駅前宣伝

 昨日は1日中県下の共産党の市町村議県議と議員団の会議で奈義町の子育て応援の町政、公共施設の総合管理計画、平成30年国保の岡山県統合一律管理に変わる問題等について学習し、午後4時30分〜岡山駅前で春名候補と女性後援会との参院選宣伝に参加しました。
学習会では共産党が提唱した参院選挙1人区での共同が岡山選挙区でもできて各地で選挙区は黒石、比例は共産党(春名)の取り組み、戦争法廃止の署名運動について報告がありました。
津山市近辺では戦争法に反対する美作地域の議員の会で、昔は反共だった解放同盟系の議員までが一緒になって、戦争法反対と黒石健太郎の必勝にと動いているようすも報告されました。

2016年5月8日(日)
憲法記念の集会へ参加しました。

 昨日7日(土)岡山弁護士会主催の憲法記念の講演会へ行ってきました。岡山シンフォニーホールは会場いっぱいの人でした。
話の中で安保法という言い方がおかしいよ、戦争法といったほうが現実的だよと言っていました。
安保法制はすでにできていて。今度の一連の法律によって戦争がはじめてできるようになる。そのことが大切なんだ。そして今年春の防衛大学の任官拒否率が大きく増えたり、退職する隊員が増えている。これは軍法会議ができていないなかで多国籍軍と一緒に行動して外国人を殺した時日本の法律によって処罰を受ける。他の国では軍服を着た兵隊を殺しても何も罪に問われない。そういう自衛隊員にとっても怖いことになっている。
またそんな怖い国になりたくない憲法9条を守って、戦争法を廃止しようというと、保守層は、すぐに北朝鮮、とか中国がいるからとんでもないことになるよと言います。でも北朝鮮が日本にミサイル打ってきたら条約によってアメリカが北朝鮮を攻撃して1週間か2週間で勝敗を決めるだろうそんななかで戦争を仕掛けてくる事は金正恩の支配体制をなくすことになる。そんなばかなことをするはずはない。また中国はアメリカと日本との貿易が大変増えてお互い持ちつ持たれつの抜き差しならない関係まで経済関係ができているから、まず中国も戦争を仕掛けてはこないはずである。
途中略・・・・北海道5区でいい線いったからって喜んでいてはだめ、自公の連立勢力に勝つまでの選挙戦をやらなければだめですよ。

2016年4月29日(金)
2000万署名集めました、日室台団地と和気閑谷高校前

 27日と28日和気・備前革新懇で戦争法廃止をめざす統一署名の署名を集めました。
27日は雨が降る中で日室台団地で7人で集めました。28日は午後4時から1時間ほど和気閑谷高校の前で下校中の生徒さんに協力してもらいました。両日で約80筆の署名をもらいました。

2016年4月24日(日)
和気町で小集会、江田五月氏、黒石健太郎氏参院必勝を訴える。

 昨日和気町社会福祉協議会の教養室で参院岡山選挙区候補者で民進党黒石健太郎氏の小集会が開かれました。町内から30名弱の方が参加され参院選挙必勝を誓いました。
席上江田五月参議院議員は民主党の中でなぜ今回で引退し若い後継者にお願いすることになったのか話がありました。
また今の自民公明連立のの安倍政権の問題点、アベノミクスの失敗、例として年金の運用に失敗し5兆円も穴をあけている問題、安保法制の問題についてもアメリカ一辺倒の外交でなく中国などの隣国とも仲良くやっていかなければならないとも述べられました。
最後に黒石健太郎氏が政治家をめざそうとなった経緯をのべられました。


2016年4月23日(土)
大平よしのぶ衆議院議員国政報告会開かれる。

 赤磐市の中央公民館の視聴覚室で午後2時から大平衆議院議員と植本参議院比例区候補を迎えて国政報告会が.開かれました。北は美咲町南は備前市日生まで含めての集いで約70名以上の方が参加されてました。
大平議員からは共産党の衆議院議員が21人に増えて国民の皆さんの運動も盛り上がって、2月になって5野党で党首会談が行われて戦争法廃止する法案を共同して提出することを決定し提出した。保育の充実を求めても保育士の給与改善の法案も提出した。今後参院選挙では32の1人区で候補者一本化でも頑張っていくこと等をうったえました。
植本かんじ比例候補は21日に岡山県の共産党、民進党、社民党、と岡山一本の会で参院選の岡山選挙区で黒石健太郎民進党の候補者を共同候補として推薦し必勝のため頑張る、この上は今回は比例区は共産党、選挙区は黒石健太郎をと運動していこうと話されました。

2016年4月17日(日)
もみの木保育園へ行きました。

 無認可共同のもみの木保育園が4月から認可園としてスタートしました。28年間の間、岡山市足守で育ててもらった園は造山古墳が見える高松地区の新庄上へ移って活動を始めました。
木造の広い園舎でした。椋の木と北山杉の太い柱が印象に残っています。埼玉のさくらさくらんぼの保育園から科学的保育を岡山にもはじめようと吉川さんと森田さんを中心に古民家を改造してはじめたこじんまりとした園舎が見違えるようになりました。
これからが大変ですね14人のスタッフですがもう少し増員しなければいけないようです。頑張ってください。
保育園でお世話になった2人の子供も立派な社会人となり頑張っています。

2016年4月4日(月)
厚労省によると岡山県の後期高齢者の値上げ率7%全国1

 4月3日(日)の赤旗日刊によると28・29年度の後期高齢者医療保険を調べると、一人あたりの平均保険料が月額5659円で26・27年度に比べて27円(0.5%)値上げとなったそうです。(厚労省保険局高齢者医療課4月1日発表)
平均保険料の最高は東京で月7958円(139円値下げ)最低は秋田の2963円(167円値下げ)です。そこまではいいのですが、増加率は岡山が7.0%で358円値上げ平均で月5494円(年額65930円)になりました。不名誉な数字です。財政安定化基金があるのですからもっと引き下げができるはずです。今年度基金を取り崩しても15億円の基金が残ります。

岡山県後期高齢者医療広域連合が入居している市町村職員研修センター
2016年3月26日(土)
久しぶりのブログです。3月議会は18日(金)に終了しました。

  平成28年度一般会計予算に反対しました。(反対=柴田、西中)

学校統合関係だけで10億円以上が借入金になっており、今後5年間で交付税の一本算定により交付税が42,000万円も減少するので和気町の財政が維持できるか大変不安であります。また、この学校統合により、和気町の田舎の良さ、きめ細かい教育も喪失し、地域の衰退を招く結果になると思われます。

お試し住宅や、移住滞在費補助、集落支援員、移住推進員の新期事業やごみ処理施設工事費など評価できるものもありますが、駅前の大型住宅誘致や企業立地奨励金など手法について疑問点や効果が不明な事業も散見されます。

また、人権条例に基づく不必要な予算3,000万円程度を依然として計上しているがこれは差別を温存する結果をもたらすと考えられるので反対であります。

学校・園跡地利用検討委員会委員に報酬および費用弁償を支給するための条例について反対しました。(反対=柴田、西中)

学校・園跡地利用検討委員会委員については一番重要視するべきは、学校に貢献し学校の行事や施設整備に協力してきた地元の皆さんの意向であると思います。今の学校は40年近く慣れ親しんだ校舎であります。急いで跡地検討委員会を建てる必要はないのではないかと思います。まず地元の学区内で充分意見集約をしてから実施すればいいのではないでしょうか。それをせずにまず跡地利用検討委員会を設置してから利用方法を検討するとなると結論は先に決まっていたのではないかといらない詮索を受けることになります。

 

和気町立中学校、小学校及び幼稚園の校名変更の条例(反対 柴田、尾ア、西中)

藤野地区の統合小学校の名称を和気小学校とする。

藤野地区の統合幼稚園の名称を和気幼稚園とする。

佐伯地区の統合小学校の名称を佐伯小学校とする。
和気小学校の卒業生や保護者にとって、和気小学校のイメージを傷つけるし、藤野小学校の卒業生としても違和感があるし、和気、藤野お互いの地域のトラブルのもとになる可能性があるので反対しました。柴田議員も和気小学校の名前を取られたような気持になると言って反対しました。

和気町立保育所条例(反対=柴田、西中)

初瀬保育園を本荘保育園とする。
藤野保育園を和気保育園とする。
佐伯保育所を佐伯保育園とする。


平成28年度和気町後期高齢者医療特別会計当初予算に反対しました。
(反対=柴田、西中)

この予算は平成28年度、29年度の後期高齢者医療の保険料の値上げ平均で6.3%、額にして、3,892円あげて、平均保険料を65,930円にし、均等割を46,300円を49,200円に値上げする。所得割については、9.15%を9.87%に上げることを含んだ予算であります。 また、来年は消費税アップになるかもしれない、そのなかでの値上げということで、75歳以上の高齢者の生活を破壊する恐れも大変大きいものがあります。

岡山県後期高齢者医療の基金には33億円以上あり、29年度15億円取り崩しても15億円以上の基金が残るので、和気町として基金のさらなる取り崩しを要望し、保険料の値上げを抑えるべきであります。


2016年3月8日(火)
リコール署名記帳所できる。

 和気町長大森氏のリコール署名の期間もあと9日間になりました。残る日にちも少なくなりましたが、最後まで頑張りましょう!

皆さんにおしらせです。誰でも立ち寄って書ける場所をという希望があったため、和気の内田毅さんが作ってくださいました。

誰に行っていいかわからないと思われていた方北川病院から北へ150mほど北の旧国道沿いのおうちです記入に立ち寄って下さい。

2016年3月2日(水)
春名演説、3月議会予定、学校統合準備委員会

 春名なおあき氏が東備地域に演説に来られました。
いよいよ4か月を切った参院選挙の遊説活動です。


和気町議会3月議会定例会が開かれます。 傍聴をお願いします。本会議も委員会も傍聴できます。

月日

開始

内容

3月 7日(月)

午前9時

 

諮問の上程説明、質疑討論、採決、議案上程( 補正予算 条例、一般会計(当初))本会議終了後議会運営委員会

3月 8日(火)

午前9時

議案上程 (特別会計、(当初)その他)

3月 9日(水)

午前9時

議案質疑、委員会付託、陳情の上程、委員会付託

3月10日(木)

午前9時

本会議は休会、現地視察、総務厚生常任委員会、産業常任委員会、

3月11日(金)

午前9時

本会議は休会、特別委員会(ごみ、温泉、学校)

全員協議会(特別委員会終了後)

3月14日(月)

午前9時

本会議は休会、産業常任委員会、総務厚生常任委員会(午後1時開会)

3月15日(火)

午前9時

休会

3月16日(水)

午後1時

一般質問、本会議 終了後議会運営委員会

3月17日(木)

午前9時

一般質問、本会議終了後議会広報委員会

3月18日(金)

午後1時

委員長報告、質疑、討論、採決、

2月25日(木)に議会運営委員会が開かれ2月29日(月)に議案書が議員に配布されましたが、学校設置条例は議案の中にありませんでした。

 3月2日(水)に学校統合準備委員会が開かれ統合校の名称が和気小学校、佐伯小学校。和気にこにこ園、本荘にこにこ園に決まりましたので学校設置条例が3月7日(月)の議会運営委員会に追加議案として提出されると予想されます。

3月2日(水)の学校統合準備委員会で次のようなことが決まりました。

校名 (日笠、藤野、和気、石生小の統合校)=和気小学校

校名  (佐伯、山田小の統合校)=佐伯小学校

園名 (日笠、藤野幼、藤野保、和気、石生幼の共同園)=和気にこにこ園

園名  (本荘幼、初瀬保の共同園)= 本荘にこにこ園 

制服は各小学校、幼稚園とも制定する。 

閉校式(佐伯保幼、山田小、佐伯小)=29年3月18日(土)9時〜 場所:サエスタ 

初瀬保、本荘幼、日笠幼、日笠小、和気幼、和気小、石生幼、石生小、藤野保幼小

  =3月18日(土)10時半〜場所=和気町福祉センター(本庁舎)

参加 小1〜5年(学校からバス送迎)希望する保護者(直接会場へ)

  日笠小、15人、藤野小76人、和気小55人、石生小32人児童合計178人

 幼保は保護者と一緒に自由参加(保育日としない。)

記念式典

  合同閉校式後、各学校へ戻り開催

  (各学校・PTA地域と協議して決める。)
会議に当瀬学校特別委員長は欠席でした。

 

2016年3月1日(火)
あすは春名なおあき氏が街頭で演説します。

  あすは以下の様な予定でで春名なおあき氏が東備地域でお訴えをします。お聞き下さい。
9時〜     赤磐市役所前
9時20分〜  山陽団地7丁目
9時45〜   桜ケ丘マックスリュ−

10時20分〜赤坂支所前
11時〜  周匝ティオ前

13時    サエスタ前
13時45分  本和気(北川病院付近)
14時10分  ビッック前

15時
    市役所吉永支所
15時45分  伊部マルナカ前
16時15分    片上郵便局
16時50分 日生パオーネ前

2016年3月1日(火)
町長リコールの宣伝強める

 2月28日(日)29日(月)と和気町長大森氏のリコール請求署名の音とのぼり旗の宣伝活動を始めました。
17日から始めている大森町長のリコール署名の宣伝活動にはずみをつけようと28日から音の宣伝とのぼり旗の宣伝を始めました。
町の雰囲気が変わってまいりました。


2016年2月24日(水)
2000万署名54筆集まる。

  昨日は革新墾の戦争法廃止めざす2000万署名の行動日でした。備前市からも応援があり、3組の行動で旧佐伯町を署名して回り約j1時間で54筆もの署名が集まりました。和気町ではいままでの通算で168名の署名協力があったことになります。また私は町長リコール署名を午後7時半ごろまで頑張って18筆集めることができました。これもまだまだ4200には全然足りないゆっくりしたテンポなのでもっとスピードアップして頑張ります。
和気町のきめ細かい行き届いた教育を守り、無駄づかいをやめ和気町の財政破たんをさせないように、ものがいえる明るい和気町をつくるために頑張ります。
和気町長解職請求の代表安部政敏さん(TEL92−0092)の委任状を受けて署名に協力して下さる和気町の有権者の方は連絡をいただきたいと思います。

2016年2月22日(月)
19日(金)5野党戦争法廃止法案提出

 先週末19日(金)になりますが共産、民主、維新、生活、社民の5党は戦争法廃止法案を衆議院に提出しました。
同法案は昨年9月19日に国民世論の反対を無視して成立した戦争法ー10本の法改正からなる「平和安全法制整備法」と「国際平和支援法」からなるなる2法を廃止する内容です。2法は、憲法9条をじゅうりんし、歴代政府の憲法解釈を180度転換して、集団的自衛権の行使を可能とし、米軍の戦争支援のために自衛隊をいつでも海外派兵することを可能とするものです。憲法違反が明白です。
なおこの日、5党の党首は、安保法制廃止や国政選挙で最大限の協力を行う事など4項目で合意しました。

 党首会談での確認事項       
@安保法制の廃止と集団的自衛権の行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする。
A安倍政権の打倒を目指す。
B国政選挙で現与党及びその補完勢力を少数に追い込む。
C国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限り協力を行う。
                 


2016年2月22日(月)
後期高齢者広域連合議会で値上げ案に反対

 本日午後1時から岡山市北区今の市町村振興センター5階において後期高齢者広域連合議会が開催され出席しました。
岡山県広域連合は28・29年度保険料を平均の保険料で6.3%、額で3892円あげて平均保険料を65930円にする 均等割を現在46300円を49200円に所得割を9.15%を9.87%にあげるという事ですが、来年には消費税の値上げがあるかも知れないといわれていますし、年金引き下げをさらに強化するマクロ経済スライドのさらなる改悪案も提出されようとしている状況です。とてもこのように大きな値上げは高齢者の生活を奪ってしまうものなので認められません。いま基金を20億8800万円程度取り崩してこの保険料になる結果ですが、まだ15億円余り残るわけですから。その残った基金をさらに取り崩すという事は出来ないものでしょうか。そうすればさらに値上げをいくらかでも抑えられるのではないかと思いますがいかがですか?と質問し反対しました。
なお、今日は議会で午後はいっぱいでしたので、リコールと戦争法の廃止を求める署名は集められませんでした。
和気町でも戦争法廃止を求める2000万署名はきのうまでに114筆までになりました。またあすから二つの署名を頑張ります。


2016年2月19日(金)
二つの署名を集めています。

 リーコール署名と戦争法廃止をめざす統一署名の2種類の署名を集めています。
きのうは赤旗読者の方が4人分集めてくれていたこともあって2日で戦争法廃止は14筆集まりました。リコールよりも簡単に署名してくれます。
リコールは慎重な姿勢の人が多いです。考えておきますからまた来てくださいという方が結構います。
でも佐伯幼稚園はもう一つ幼稚園を建
てる必要はないですね今の状態で幼稚園と保育所を少し歩かせるくらい問題はないのではとか、小学校複式がだめなら町費の教員を雇えばい
いのではないか。スクールバスを委託する3000万よりもやすくできるのではないですかという質問もありました。

また、これは和気小学校和気幼稚園を残すだけでなくすべて検討しなおしたほうがいいのでは?という質問もでてきました。
本荘では本荘小学校のプールをなくすことに納得がいかないという意見をもたれている方がおられました。


本荘地区初瀬保育園があるのになんで新しい保育園を本荘小学校のプールを壊してつくるのでしょうか
2016年2月17日(水)
和気町長のリコール運動

 和気町長大森直徳氏の町長解職請求(直接請求)が15日の選挙管理員会で審議され本日公示されました。
これは、学校統合の問題を発端にして、和気小学校、和気幼稚園の存続を求めて、和気学区の住民が和気町の教育を壊して、藤野地区に本荘小学校と同じくらいの290人程度の中規模小学校をつくり、切磋琢磨があるクラス替えができる小学校をつくり、幼保の一体の保育・幼稚園をつくるために、日笠小、石生小、和気小、山田小、日笠幼稚園、石生幼稚園、和気幼稚園、を廃止し、藤野小、と佐伯小をリフォーム、藤野幼稚園の隣に保育園を新築、本荘幼稚園の隣の本荘小学校のプールを解体しその場所に保育園をたて、佐伯保育所の隣に佐伯幼稚園を新築しようという計画、に対して、和気小学校、和気幼稚園をのこしてほしいと町長に陳情し、議会に対しては請願の提出をしましたがそれが不採択になる中で和気町全域の住民に対して和気町長の住民合意を作ろうとしなかった姿勢、行政手腕についてただしていこう。もっと住民の立場で住民の声を聴いてくれる町長を作り出していこうとする運動です。
 今日から3月17日までが署名収集期間となります。署名数が有権者の3分の1以上(約4200名)に達すれば町民の合意選挙の投票によって判断が行われるという事になりますし3分の1にならなければ投票は実施されません。
普通の国会請願署名や町議会への署名と違うのは解職請求者安部政敏氏の委任を受けた人しか収集はできませんし、署名には署名日や署名人の生年月日まで記入しなければなりません。

2016年2月16日(火)
学校統合計画変更6対5で可決

  本日和気町臨時議会が開かれました。
専決処分の承認の案件が終わった段階で山本泰正議員より議事進行についてつまり今日いきなり本会議で審議議決することは理解できないできたら委員会付託して最後に本会議でもう一度討論採決という慎重な審議にしてほしいとなり、議決の結果
6人(山本泰,居樹、山本稔、尾ア、西中、柴田)賛成で委員会付託が決まりました。
傍聴者があったのにもかかわらず長い休憩の後午後1時から学校統合計画の変更について本会議で審議して学校特別委員会へ付託しました。
議論では、工事請負費が上がっても設計の委託料が下がってない。工事の見積もりの一般常識を外れる、もしかしたら工事業者のささやきがあったのではないかと疑われる。大変問題だ。
本荘小学校のプールの建設については学校教育の水泳のことは普通の人が考えたら他の小学校にあって、なぜ本荘小学校にないのか不思議に思われる。建てるなら建てるときちんと態度を示してほしい確約がないと納得がいかない。
一体国の補助金の内示はいつあったのか、また建設請負費についても6億5400万、だ7億4000万だ10億3490万だとくるくるそのたびに増額してきている。これだけ変わってきた責任の問題はどこにあるのかはっきりしない。

プールはいまのままで幼稚園の前で問題はないのではないか、学校統合の真髄(根本精神、コンセプト)が心もとないこどもの教育の状態が統合によってよくなるという確信がもてない。
委員会審議採決のあと賛成6(安東、山本稔、万代、広瀬、草加信、草加敏、)対反対5(山本泰、居樹、尾崎、西中、柴田、)で可決となりました。
また、本会議では、西中が反対討論のあと、6(安東、山本稔、万代、広瀬、当瀬、草加敏)対5(山本泰、居樹、尾崎、西中、柴田)で可決となりました。
今回は本会議の前に議案の差し替えがあり急きょ本荘小学校のプールについては検討しますという一文が入りました。
(参考、西中純一の2月2日、2月10日のブログ)

2016年2月13日(土)
12日に和気町長解職請求の書類提出

 2月12日(金)午後和気学区の住民、安倍政敏氏は地方自治法81条により大森直徳和気町長の
解職請求の書類等を和気町選挙管理委員長坂本睦士氏に対して提出しました。

実際は役場総務課の選挙管理委員会担当者へ提出しました。15日以降に公示がされるものと思い
ます。という事でした15日に選挙管理委員会が招集されるものと思われます。

もし公示されれば1か月のあいだリコールの署名運動が行われることになります。
収拾のあと縦覧も行われて有効な署名が有権者の3分の1以上(約4190以上)あればリコールの
住民投票となります。
過半数で大森町長は辞職して、町長選挙の準備に移行します。
この問題は、学校統合の事務を進めるうえで、和気町執行部(大森町長の体制)が学校統合案での
住民合意を図るうえで十分に住民に対して説明して納得を得ていないままに、学校統合の事務を強
引に進めようとしたことが一番の元凶ですが。
 それでも可能性を追求し、親や住民たちが814名の請願署名を集めたにもかかわらず議会は賛
成少数(柴田、西中、尾ア、居樹賛成)で請願は不採択になりました。
 訴訟についても研究したようですが難しいと判断し、町民全体に問うてみようという事になり大森町
長の解職請求運動になったわけです。
 町民の意見を聞かない町長は交代してもらって町民本位の町長を選ぼうという運動です。
私も応援したいと思っています。

2016年2月10日(水)
2月16日(火)に町議会です。3億円以上学校統合で増額

2月16日(火)の午前9時、和気町議会臨時議会が開かれます。和気町民の皆さんの傍聴をお願いします。

議題1、専決処分の承認ふるさと納税1800万円増額補正、宮田団地火災後の解体入居団地住宅の修理等

議題2、和気町立学校園統廃合整備基本計画の変更

議題3、平成27年度一般会計補正予算(継続費補正)

主な議題は議題2、先週2日に学校特別委員会で説明した学校統合整備の3億円498万円の増額変更についての議決です。

3月議会で実施すると予想していたのですが、考える間も与えないような早さです。

4つの小学校と3つの幼稚園を廃止し、2保育園と、1幼稚園を立て直す事業であり、11億6478万円公金を使う事業ですから、もっと慎重に審議するべきだと思いますが、普通であれば学校特別委員会の審議を経てから本会議でもう一度審議するぐらい慎重審議をするべきですが、あまりほんとの事を追及されたくないのか、特急で審議したいようです。

右の写真は解体して保育園を建てる予定の本荘小学校のプールです。保育園たてるまでに4億4406万円の費用がかかるようです。下は増額の内容です。

 内容  26年12月  28年2月  増えた額  備考
 藤野保育園改修  2億1760万円  3億7961万円  1億6201万円  藤野幼稚園となりへ新築
 初瀬保育園改修  2億1760万円  4億4406万円  2億2646万円  プール解体含む
 佐伯幼稚園改修  2億1760万円  1億2603万円  ―9157万円  佐伯保育所となりへ新築
 佐伯小学校改修  2400万円  2900万円  500万円  
 藤野小学校改修  2400万円  1億2228万円  9828万円  門扉改修、プール改修等
 本荘小(プール)  1億 600万円     0円  ―1億600万円  中止し鵜飼谷温泉で水泳
 藤野小学校バス進入路    0円  2270万円  2270万円  230mのバス進入路
 スクールバス運行事業   5300万円  4110万円  ―1190万円  バス4台、ワゴン車3台
 合計  8億5980万円  11億6478万円  3億498万円  



4億4406万円かけて保育園になる衣笠(稲坪)の幼稚園の北側に隣接する本荘小学校プール
2016年2月9日(火)
難波一夫先生の出版と米寿をお祝いする会

 私は臨時教員を昭和55年から62年までしましたが、昭和59年、初めて高校でクラス担任をした高松農業高校でお世話になりました。難波先生の出版と米寿を祝う会が岡山市で開かれたため出席しました。
先生は88歳とは思えないくらいかくしゃくとしてエネルギーを感じました。未来に希望を持っていれば若々しくいけるという事をおっしゃいました。ほんとにそうですね。私など若いのに少し目の前の課題が大きいとすぐ年を取った自分にはもう無理ではないかと弱気になります。頑張らねばと思いました。
 高松農校では学校の教師の採用試験も残り少なくなっていたので講師の口を確保しなければと岡山高教組高松農校分会へ入れてもらいました。

自分の身分のことで署名を取ってもらったりして大変勇気をもらいましたし、長女が生まれたときの職場でもあり大変苦労したけれど充実した教育実践でもありました。

2016年2月6日(土)
後期高齢者広域連合議会保険料率(均等割、所得割)値上げ計画中。

 昨日岡山市北区今の市町村振興センターで岡山県後期高齢者広域連合議会の全員協議会が開かれました。
平成28年度29年度の保険料を定める条例改正が22日の定例会で提出されることがわかりました。
29年度は消費税率が10%になる可能性もあるなかで均等割額は46,300円を49,200円に所得割を9.15%を9.87%に値上げする案が用意されています。
とてもこんな値上げ認めるわけにはいきません。
全協の中で議案質疑は15分以内一般質問は30分以内討論は10分以内でするように説明があったので、意見を求められた中で岡山市議の羽場頼三郎議員(民主)から質問時間などは特に取り決めをせず、本人の常識に任せて自由にしたほうがいいのではという事と広域連合議会の構成に疑問を持っている。今では首長もかなりの人数おられるけれど本来、議会というものは市町村の議員だけが代表で出るべきではないか。執行者である市長の方が質問したことが何回ありましたかと質問されました。
赤磐市の市長の友實氏より出席率が悪いので市長会のほうで出席を促している。と発言がありました。
私は質問時間のことについて議会では議論するのが仕事である。岡山市で発言時間を抑制しようとしているとも聞いているが、ここではこれ以上時間を削減はやめていただきたいと述べました。
広域連合の本会議は2月22日(月)午後1時から市町村振興センター5階の大ホールで行われます。5日の出欠状況は以下のようでした。

出席=平野里庄町議長、小椋鏡野町議長、貝阿彌美咲町議長、西中和気町議、宮武岡山市議長、友實赤磐市長大森和気町長大内里庄町長、山野矢掛町長、杉本新見
     市議、羽場岡山市議、

    
欠席=田辺倉敷市議、石垣新見市長伊東倉敷市長吉村備前市長三島笠岡市長、山崎鏡野町長、,尾美作市議、

2016年2月4日(木)
合併(和気町・佐伯町)10周年記念事業

 合併10周年の記念事業での記念講演会に石破茂地方創生担当大臣が決まっています。
記念講演の謝礼として100万円,、招待者の記念品料に195万円3月20日のテレビせとうちの「開運・なんでも鑑定団」の収録費用、記念式典司会と収録費用で162万円その他新聞広告料込で記念事業ぜんたいで489万円なりです。
 記念講演の講師についてはどうかと思いましたが
全会一致で12月議会で了解しました。

2016年2月2日(火)
2000万署名和気備前革新懇が吉永で集める。

 今日午後3時ごろから旧吉永町役場周辺で戦争法廃止を求める2000万署名を10人ぐらいで収集し全部で60名分集めたそうです。
私自身はいけなかったので和気町内で頑張りたいと思います。

2016年2月2日(火)
学校・園再編成整備事業特別委員会開催。

  本日9時より学校・園再編成整備事業特別委員会が開かれました。本来この予算は3月議会で審議するべきものです。それを
事前審査することになるのではないか、特別委員会ではなく全員協議会にしたほうが良いのではないか?議長や議会運営委員長と相談したのかと、当瀬委員長に申しましたが議長会にも確認したら問題ないという事でした情報提供だけだという事だったのでそれ以上追及せず協議しました。
主には幼稚園保育園で2億9690万円増、藤野小学校の関係で1億2098万円増、佐伯小学校で500万円増、逆に本荘小学校プール建設中止で1億600万円減、スクールバスで1190万円減の総合計で3億498万円の増となりました。また、3月中に工事の入札をして臨時議会を開きそのことの承認も決めるそうです。藤野小学校プールの改修やバスの進入路整備、ワゴン車の購入が増加分です。これは委員会後で教育委員会に確かめたことですが表のスクールバスの委託料3100万円がなくなっているが委託をやめて賃金職員を雇うのか聞いたところ、委託は行うが平成29年度の予算に乗せ実施することなので、この表からは削除した。ただ委託は行う予定であるという事でした。

   委託料  工事請負費  備品購入費  合計  備考
 藤野保育園改修  設計1059万 
監理574万
 3億6240万  88万  3億5970万  
 初瀬保育園改修  設計1103万
監理635万
 4億2160万  508万  4億4406万   本荘小プール解体してその場 所に保育園を建てる。
 佐伯幼稚園改修  設計518万
監理262万
 1億1780万  43万  1億2603万  
 本荘小学校改修(プール)  0  0  0  0  中止の方向で検討中
 佐伯小学校改修  設計43万
監理57万
   1410万  1390万    2900万  
 藤野小学校改修   設計187万
 監理231万
 9900万  1910万  1億2228万  屋上防水、外壁、建具、内装、門扉。プール改修
 藤野小学校進入路  設計270万  2000万  0  2270万  スクールバス進入路0.23km
 スクールバス運行  0    0  4110万   4110万  バス4台、ワゴン3台購入
 変更後計画合計  4939万  10億3490万  8049万  11億6478万  
           


議員からは予算の出し方が唐突だ、後出しジャンケンのようだ、初瀬保育園など解体費用が高くつくのはわかっていたのではないか。3億以上増えるのはこれは責任問題ではないかという意見も本荘小のプールをなくして水泳指導に困るのではないかという意見に対して和気中学校佐伯中学校では鵜飼谷温泉で指導をしているが外から見えないし女生徒もよく泳ぐ。だいいち和気中でプールを持っていた時は井戸水を入れるのに1週間もかかったり管理が大変だったそれがないし夏に限らずいつでも水泳の指導ができるいい点もある。ということだったただ夏休み中のプール開放はどうなるのかという問題もある。藤野地区の生徒は温泉プールは有料で、本荘の子は夏の温泉プールは無料となり、格差ができて困るのではと運用上の問題も指摘されました。


2016年2月1日(月)
春名なおあき美作路をかけめぐる。

 春名なおあき参院比例区予定候補は29日作東町(新春のつどい)、30日美咲(旧中央町)津山市国民救援会の美作支部の会議へあいさつ、旧久米町のつどい、夕方には津山市の(新春の集い)(100人)と大車輪で駆け巡ったそうです。参院選へむけがんばろうと美作東備地区へ応援に来て下さいました。私たちもそれに答えたいものです。

2016年1月31日(日)
忙しい2月です。後期高齢者広域連合議会も5日(全協)22日本会議

きょうは1月末で赤旗拡大がんばり1部だけ成果ありました。明日午前中だそうです。
また2日は9時から学校再編特別委員会の閉会中審査です。傍聴を下さい。
また、岡山県後期高齢者広域連合議会の全員協議会が5日(金)の午後1時半から岡山市北区今の市町村振興センターであります。
定例会が22日(月)にあるのですがその議案説明があるそうです,つまり議案書がいただけるということです。
その中で気になるのが保険料率の値上げのことですが、
広域連合のホームページの中の11月に開かれた広域連合懇話会の資料をみたところ
保険料率の試算が出ておりました。現在は均等割り額が46300円で所得割率が9.15%で 、一人当たり平均保険料が63038円、で28・29の試算は均等割りが52700円で所得割率が10.56%で平均保険料が70237円だそうです。これだと均等割りで13.8%値上げ、平均保険料で11.4%の値上げです。かなりの値上げです。
全員協議会も本会議も傍聴可能です5日は4階の中会議室22日は午後1時開会で会場は5階の大ホールです。傍聴下さい。

2016年1月27日(水)
革新懇の2000万署名実施しました。

 26日農協の百菜市場前で備前市の川崎市議と演説して吉永の人も含めて全員で7人で宣伝し署名を集めて3時から4時で20筆の署名が集まりました。
今後も戦争法廃止を目指す連合政権を作るため2000万署名集め頑張ります。

2016年1月26日(火)
和気町学校・再編成整備事業特別委員会を傍聴下さい。

 先週末に学校・再編成整備事業特別委員会が来週火曜2月2日午前9時から開催されるから出席下さいと通知が.
来ました。

財政計画の変更についてが主な議題だそうです。関心のある町民の方は是非傍聴下さい。どこか増額になるのではないでしょうか?

 事業名  2年の合計  27年度  28年度
 藤野保育園改修整備工事  2億円  8000万円  1億2000万円
 初瀬保育園改修整備工事  2億円  8000万円  1億2000万円
 佐伯幼稚園改修整備工事  2億円  8000万円  1億2000万円
 本荘小学校改修整備工事(プール)  1億円  4000万円  6000万円
 佐伯小学校改修整備工事  2000万円  800万円  1200万円
 藤野小学校改修整備工事  4000万円  1600万円  2400万円
 合計   7億6000万円 3億0400万円  4億5600万円 
こわして本荘小のプールにする予定の初瀬保育園
                       
なお全体の計画にはスクールバス購入等がありますがこれは28年度予算で3月議会に上程されると思います。
2016年1月24日(日)
いくさばぬとぅどぅみの映画会へいきました。

  いくさばめとぅどぅみという沖縄のドキュメンタリ―映画を赤磐市のいきいき交流センターで見ました。名護市辺野古の海を埋め立てることに反対している住民の動きを中心に沖縄戦の写真や85歳になるおばあ(老婆)の証言を聞いたり反対している住民の家族や海人(漁師)の話、沖縄県知事選挙や総選挙で住民の支持するオール沖縄の翁長知事誕生の瞬間や総選挙の小選挙区で自民党が落選しオール沖縄の候補4人が勝利したことが伝わり・・・・大変いい映画でした。本土でも沖縄の戦いに学んで戦争法反対の政府ができるようにこの参院選挙がんばりたいものです主催は赤磐9条の会でした。

2016年1月19日(火)
備前市で宣伝しました。

 備前市で戦争法廃止を2000万署名にご協力くださいと8人程度でて宣伝と署名集めをしました。寒くて大変でしたがまた今後26日にも和気で宣伝をしたいと思っています。2000万署名にご協力ください。
和気町では1000名を目標に集めるつもりです。

2016年1月10日(日)
和気閑谷高校昭和49年度卒(普通科)の同窓会に出席しました。

 岡山市のホテルで和気閑谷高校の同窓会に出席しました。全然かわらない人やすこし年取ってよくわからない人や久しぶりに出席する人など面白い同窓会でした。私たちの現役のころは和気閑谷高校には普通科が5クラス商業科が3クラスで全校生徒が900人ぐらい、いて活気に満ちていました。
同期では大学の進学の成績もよく、岡山大学にも6〜7人、香川大学、広島大学、高知大学、大阪教育、静岡大学、信州大学、防衛大学、慶応、関西、関学、立命館、同志社等の大学にも進学しました。自民党の内山登県議会議員も同期で今日出席されていました。皆さん元気で今後ともご活躍下さい。

2016年1月10日(日)
和気町成人式に出ました。

 和気町父井原の学び館サエスタで和気町成人式が開かれました。日本民主青年同盟のおめでとうございます私たち日本民主青年同盟は青年の要求に答え生活の向上や平和、民主主義の実現など、よりよい社会を作ることをめざす青年団体です。という風に民青の活動内容紹介し、戦争法廃止の政府をつくろう、ブラック企業・バイトは許さない。まともに生活できる仕事と人間らしく働ける社会を一緒に作りましょう。宣伝し勧誘するビラをまきました。

2016年1月6日(水)
2016年は大変、参院選がんばろう春名必勝

 本年はもう始動して6日たちました。本年も頑張ります。よろしくお願いします。
参院選が7月には必ずあります。春名なおあき必勝です。
国民の声を聴かず独裁への道をひた走る安倍自公連立政権を倒して、戦争法廃止の国民連合政府を作っていきたいものです。
今年の国会は4日から始まる異常事態、臨時国会を開いてない国民無視の政権です。
TPP批准の国会です。批准させないで日本の農業や食の安全、医療、民主主義を守っていきたいものです。
町政では学校統合の見直しをむつかしいですが何とかこじあけて勝ち取っていきたいものです。

2015年12月25日(金)
共産党の岡山県への来年度予算交渉に出席しました。

 本日9時半から午後4時過ぎまで共産党の岡山県に対する予算交渉へ出席しました。
消防の団結権のことから、吉井川の改修工事、県道佐伯長船線の王子川橋の歩道設置の問題や王子川の浚渫、教育問題、TPP協定への対応などなど多くの問題について要望しました。

2015年12月22日(火)
第3回町立学校・園統廃合準備委員会が開かれました。

 本日22日和気町矢田の佐伯庁舎2階で第3回学校統廃合準備委員会が開かれました。
会議の前に本荘小学校の校名検討について、本荘地区の意見も聞いたところ、本荘小学校区から校名検討する必要はないという協議が整ったので本荘小の名前は検討しないということが決まりました。席上教育次長より検討委員会で統合する学校について校名を検討するとなっているので検討する必要がないのを事務局として間違っていたためこのようなことになってしまいました事務局の誤りでしたと表明しました。
しかし藤野地区のY委員からも私の認識が間違っていました皆さんに迷惑をおかけしましたという話がありました。
今回の題目の校名検討は基本的に本荘小学校と佐伯のにこにこ園は検討からはずれる、藤野の統合小学校、佐伯の統合小学校、藤野の統合幼稚園、本荘の統合幼稚園の名称について検討する。
基本的に住居地の小学校や幼稚園の名前を記入していただく。一世帯に1枚のアンケート用紙しか配らない。
本荘地区の人は幼稚園しか書けない。ということにする。
12月25日から来年1月29日にかけて受け付ける。なお校名の検討部会は2月9日にするとなりました。
制服については作るか作らないかについても記入してもらう。作らないと決まった学校園はそのようにする。という事が決まりました。

2015年12月17日(木)
12月議会最終日の採決が終了しました。

 12月議会最終日が終わりました。注目の学校統合に対して、和気地域から出ていて、柴田議員が紹介議員で提出していた、「和気地域の小学校を2校、和気地域の幼稚園を2園にする計画を考え直して欲しい。」請願ですが、居樹豊議員が賛成討論をして、私西中も賛成討論をして、採決では、柴田、西中、居樹、尾アの4議員の賛成、草加、当瀬、安東、広瀬、万代、山本泰、山本稔、の7人の反対で否決となり請願は不採択という結果になりました。
順調に行政手続きが終わり、3月議会になるかはっきりしませんが施設設置条例が可決された時点で、日笠、山田、石生、和気、の4小学校、と日笠、石生、和気の3幼稚園は平成29年4月になくなることが最終決定になります。
でもいまのところ和気学区に小学校を残そう会では、大森町長たち和気町行政を民主的にしなければ和気小学校を残すことは無理だとして今後町長の解職請求(リコール)について研究し実践していきます。和気町の他地域にも協力を呼びかけリコール署名を集める段取りをしていくことになるという事です。
この和気町にある淀んだ空気をかえ町民本位の行政にするため町民各位の皆様の協力をお願いするものです。

2015年12月16日(水)
きのうの一般質問は終わりました。

 きのう一般質問は終わりました。私の質問に吉田の火葬場はすることが決まっているような言い分で、そのくせ管理者会議で協議してすすめていくと答弁しました。
また、学校統合の準備委員会については本荘小学校の校名検討の誤りは教育次長が認めました。
さて、あしたが最終日採決です。議案98号(和気町農業委員会の選挙による委員の定数条例を廃止する条例、99号「和気町農業委員会の委員の定数に関する条例の制定について、議案100号「和気町農業委員会の農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定について、ついて反対討論します。
農業委員会はいままで公選制だったものが、首長の任命制と議会承認にかわる、また農業委員会法がかわり、委員の要件から「区域内に住所を有する」と「耕作の業務を営む」という部分が削除しているので、町外の農事法人でもいいし、農業をしてなくてもよくなるので、和気町の農業行政に責任がもてなくなるので反対として反対討論する予定です。
また27年度一般会計補正予算(第3号)にはマイナンバーについてトラブルが起こっているしプライバシーが守られないとして反対を討論します。
請願3号「和気地域の小学校を2校、幼稚園を2園にする計画を考え直して欲しい。」請願には賛成討論を予定しています。
でも今おかしな文書が和気学区に出回っているようです。公文書とも間違える方が出るかもしれません。これは大森直徳氏と草加信義氏の勝手な政治活動だと思います。どちらが主導をしているのか知りませんがまだ決定していない政治的な学校統合問題を恣意的にある方向へ誘導していこうとしているようです。議長としては慎重であるべきで実施することではないと思います。
またしなければならないのは住民の意見をきちんと聴く場を設けることじゃないかと思います。

2015年12月14日(月)
あすは一般質問です。

 あすは12月議会の一般質問です。12名の議員のうち7名が質問の予告をしております。私は4番目に登壇し1、和気斎場(火葬場)の取り扱いと吉田地区への対応(和気斎場の建て替えに対する備前市長の11月16日の北部衛生組合議会全員協議会での見解を受けて考え直すべきではないか) 2、学校園統廃合準備委員会の迷走について(第2回準備委員会で本荘小学校の校名まで検討するという事を本荘地区へ要請するとなったが、越権行為ではないか、経過を教えてほしい。) 3、デマンドタクシーや交通問題について(デマンドタクシーの改善方向についてはどのようにするのか?)、和気駅にエレベーター設置を目指すというがその方法は?というように3問質問します。午前11時ぐらいからになるのではと予想しています。

2015年12月12日(土)
昨日は総務厚生常任委員会、産業常任委員会でした。

 昨日は和気町議会は本会議は休みで各常任委員会でした。午前9時からは総務厚生常任員会でしたので傍聴しました。
マイナンバーの予算が出ていたのですが、問題もなく全員一致で可決でした。
私が紹介議員になっていた介護報酬再改定を求める請願は趣旨採択となりました。
また、産業委員会には農業委員の定数条例を廃止して来年4月から26人農業委員を14に減らして町長の選任で議会承認の農業委員会と農業委員会のもとに農地利用最適化推進委員を12人選任することなどが提案された、私は新しい農業委員は町外ひとでも農業していないひとでもなれることで大変問題だ政府はTPPで家族農業をつぶし農業者の活動を弱めるこの農業員会と農地利用最適化推進委員会ではだめだとして反対しました。

2015年12月10日(木)
学校統合見直しの請願不採択

 今日、ごみ特別、温泉特別、学校再編整備特別委員会が開かれました。
傍聴席はごみ特別委員会の途中からふえはじめ、学校特別の委員会が始まるころは15名満席になり、廊下で控えている人もいました。傍聴者から立ち見でもみられるように傍聴者を15名以上許可してほしいという意見がでたため開会当初で増やすように当瀬委員長に言いましたが委員長としても定員より増やしているのでもう増やすことはできないということで何人かが入れ替わりしながら傍聴されていました。
学校特別では「和気地域の小学校を2校、幼稚園を2園にする計画を考え直して欲しい」請願書を慎重に審議しましたが、結果としては採択2票(柴田、西中)不採択6票(草加敏、草加信、広瀬、安東、万代、山本稔)継続審議3票(山本泰、尾崎、居樹)ということで不採択という結果になりました。
814名の署名は議員控室にありました無視できない重みのある署名です。
本会議までにもう変わらないかもしれませんが話合いもしながらいい結果を出していきたいと思います。

もう一度最終日、本会議で委員長報告があり賛成(請願の趣旨に賛成)、反対(請願の趣旨に反対)の討論をしてもう一度採決になります。

2015年12月9日(水)
12月議会が始まりました。

 12月議会が始まりました。和気地区の小学校と幼稚園を残せと役場前の県道でプラスター宣伝実施されました。
通勤する役場職員や通勤者の目も引きました。
明日は和気小学校、和気幼稚園を残せという請願について学校再編成特別委員会で審議が行われます多くの地区民が傍聴に参加されるようです。ぜひ和気地区の住民の願いがかなうような結果が得られることを願っています。あす審議して採択か不採択または継続審議の結論がでますが、17日の本会議が最終結果になります。

2015年12月8日(火)
あすから定例12月議会です、傍聴をお願いします。

 あすから12月議会です。

議会傍聴をお願いします。

月日

開始

内容

12月 9日(水)

午前9時

 

議案上程、説明、質疑、請願、陳情の上程委員会付託

本会議終了後議会運営委員会

12月10日(木)

午前9時

特別委員会(ごみ、温泉、学校)

12月11日(金)

午前9時

総務厚生常任委員会 産業常任委員会(午後1時〜)

12月14日(月)

午前9時

休会

12月15日(火)

午前9時

一般質問、議会運営委員会.議会広報編集委員会

12月16日(水)

午前9時

一般質問

12月17日(木)

午前9時

委員長報告、質疑、討論、採決、議会広報委員会

和気地区から和気小学校と和気幼稚園の存続を要望する請願が出されています。
9日に柴田議員が趣旨を説明し、10日の学校再編成整備特別委員会(全議員参加当瀬議員が委員長)で審議されもう一度17日の本会議で議決となります。

2015年12月7日(月)
戦争法廃止をめざす市民のつどい開催

 昨日12月6日(日)備前市で戦争法廃止をめざす市民の集いが開かれ元陸上自衛官の泥 憲和さんの「戦争の作り方 平和の作り方」というテーマで講演をいただきました。政府は今の戦争法廃止の運動に対して、中国の脅威や北朝鮮のミサイルやその他反対のための宣伝をしている。そのことに対して学習や宣伝をしていく必要があることを説明されました。また憲法9条の在り方がアフガニスタンでのペシャワール会の中村医師の活動やフィリピンの海外協力隊がミンダナオ島の内戦終結と農業開発や学校建設に反映されている。今後とも戦争法廃止を目指す政府を作るためにも思想信条の違いを超えて安倍政権を倒すため頑張りましょうと結ばれました。70名程度参加でした。(ちなみに北朝鮮のミサイル打ち上げは失敗して北朝鮮の近海に落下したことがニューヨークタイムズの記事によって確認されました。)

2015年11月23日(月)
赤磐市の赤旗祭り大成功でした。

 赤磐市の赤旗祭りが赤磐市のふれあい公園のバーべキュウ広場で行われました。春名なおあきさんの講演もあり戦争法廃止をめざし来年の参院選で必勝をと決意を固めあいました。ステージの出し物も各種あり皆さん楽しんだ第5回の赤磐市赤旗祭りとなりました。首都圏から自主避難されている和気町の原田さんもオリジナルの「おやすみ原発」の歌で参加されていました。
なつかしい加川良の歌も聞けて良かったです。

2015年11月18日(水)
和気町へ来年度予算要求提出する。

 11月16日(月)に和気町へ来年度の予算要求を提出しました。
人権条例廃止して「同和」対策事業を廃止することや学校統合については住民の意見を充分聴取してみなおしをすることや、全部で18項目について提出しました。
デマンドタクシーの見直しや、あらたに捕獲した害獣の焼却場の新設、学校統合についても議会の動向を注視していることがわかりました。
今後とも町民要求が実現するように力いっぱいがんばっていくつもりです。

2015年11月9日(月)
本荘小学校の学校名も検討したいそうです。

 今日午後3時半から役場佐伯庁舎の教育委員会で和気町立学校・園統廃合準備委員会があり傍聴しました。
なんとびっくりしたのですが、藤野地区の区長さんから今回の統廃合は佐伯・山田小、藤野・日笠・和気・石生小、佐伯幼・佐伯保、日笠幼・藤野幼・藤野保・和気幼・石生幼、初瀬保・本荘幼、の5つに限られています。
本荘小学校ははずれていますが本荘小も校名も含めて検討したほうが良いのではないですか。私は検討部会に要望出していたのですがどうなったのですか。
というびっくりする発言から始まりました。
これに対して本荘のまちづくり協議会会長さんは本荘小の名前まで検討するというが本荘は100周年の祝賀式もしましたが、本荘小学校の学校名まで検討するということになると動揺して収拾つかなくなりますよ。とおっしゃいました。
途中議長からか最初の区長さんからはっきりしませんが和気第1、和気第2、とか固有名詞もでました。
でも2〜3のPTAの方からここに本荘のPTAさんもおられないのできめられない。
いままでの検討してきてここへきて本荘(の名前)まで検討となると反発がでてくるのでは?
無茶な話だと思います。等々の反論がありました。途中、準備委員会委員長である草加議長が休憩を宣言して本荘の町づくり協議会会長と話をして11月17日(火)のまちづくり協議会でPTA代表を出すことについて話してみるとなりました。
結論がそうなったため,もし本荘のアンケートで反対が多くこのままの校名でいいとなってもかえるのですか?と質問がありました。
このことに対して教育長からPTAの中で本荘が多いとなれば本荘になりますといわれてました。
(しかしはじめに多数決にはなりませんということも言っていました。のでこれは信用できないと私、西中は思います。)
なんか一つの方向へどんどん誘導しているように見えてなりません。この人たちは本気で親や子供たちのことを考えているのだろうか不信感がいっぱいになりました。何としても和気小学校と和気幼稚園は残したいですし、この統合は間違っているのでやめさせたいです。

2015年11月7日(土)
横田悦子さん送る会おわる。

 みどり岡山の故横田悦子県議会議員の送る会が岡山市のホテルで行われたそうです。崎本としこさんのブログで知りました。
私は付き合いはありませんでしたが、和気町の元町議の故赤岩あきらさんの葬儀の時に弔辞を読まれていたのを覚えています。
がんの病におかされていたようですでも最後の努力(骨髄移植か何か)をしていた矢先だったそうです。さぞかし無念だったと思います。
岡山市議、岡山県議を何期かやられていたようです。
党派は違いますがご冥福を祈ります。

2015年11月7日(土)
住民無視で火葬場をつくることはできません。

 11月16日(月)に和気北部衛生施設組合議会の全員協議会が行われ、和気町吉田の現地視察をして今後の在り方について意見交換をする予定です。
これに先立つ10月13日(火)の和気北部衛生施設組合議会で管理者である大森町長は北川議員の一般質問に答えて、和気町単独で斎場(火葬場)を更新する場合は、その施設は二階建てで1階が417u二階が127u合計544uで総合の事業費が5億8300万円でるという調査結果である。と発言されました。
まだまだ地元吉田区に説明が行われていませんし納得していません。大森町長のほうから30年前の乱暴な施設建設の実施についても詫びて今回の施設更新についても説明をする必要があると思います。
ほかの地区では益原でも一般ごみの焼却はしなくなったのに三重県から収集にくるストックヤードがあるために毎年120万円の補償金をもらっていますし、し尿処理場のある和気町本地区へも毎年120万円出しています。
いずれにしろきちんとした説明が必要です。

2015年11月7日(土)
第8回棚田祭りが開催されました。

 和気町田土の棚田祭りが行われました。町内外から多数の参加で成功しました。私は開会式のあいさつで田土地区の棚田を守る活動から生まれた棚田祭りが和気町内でも先進的な活動であること、日本は農業を守ることが重要であります。TPPが大筋合意したとも言われていますが、まだまだ内容はわかりませんし国会で批准されなければ実施されません。私は農業を守るため頑張ってまいります。みなさん一緒に頑張っていきましょう。最後まではいられませんでしたが今年は昨年に引き続き棚田でタップダンスの行事も成功したようです。今年はそばが食べられなかったのが残念でした。
 実行委員会の皆さんお疲れ様でした。また来年よろしくお願いします。

2015年11月3日(火)
文化の日の憲法公布記念のつどい講演会へいきました。

 立命館大学の君島東彦先生(国際関係学部教授)憲法学平和学の講演を聞きました。
今日は文化の日ですが戦前はもともとは明治天皇が生まれた日で明治節と呼ばれた日だそうです。

戦争が終わって昭和天皇が戦争に負けて日本をどのようにしようか.と考えたとき戦争でなく文化で日本を復興していこうと考えたということでした。(憲法違反といわれるかもしれませんが戦後のある時期まで昭和天皇は政治に対して影響力を大いに行使していたということ、天皇家を守るために何でもしたということ、GHQもうまく天皇を利用した。)
戦争法が成立してしまった今憲法9条について考えることの重要性について述べられました。リベラルなひとの中から憲法改正を言う人が出ているということがあるということです。
しかし日本には軍法会議がない、交戦権がない自衛隊は軍隊になりきっていないということがある。
憲法9条が残っているもとでは政府は挙証責任・説明責任がある。
自衛隊は軍隊・戦力ではない、9条の規範と自衛隊の現実との乖離がどんなに大きくなっても日本政府に説明責任を負わせる規定としての9条の意義が減じることはない。終わってから実行委員会の呼びかけで「アベ政治を許さない」のポスターで参加者全員でポーズしました。澤地久枝さんからのよびかけによるものです。毎月3日に掲げようということです。

2015年11月1日(日)
先月20日〜21日まで三好市、那賀町、上勝町、三木市へ行きました。

 徳島県の三好市、那賀町、上勝町、三木市へ視察でいきました。
テーマが廃校の利用ということで気に入らなかったのですが、上勝町なら葉っぱビジネスだろうといったのですが時間の都合でできないということでしぶしぶいきました。
平成18年3月に、三野町、井川町、池田町(高校野球で有名)山城町、西祖谷村、東祖谷村が合併して三好市ができたということです。
24年の段階で18小学校6中学校があったが、その時点で廃休校が28校ありそのうち22校を活用ようするために市内外をとわず一般に募集をかけたところ9校が活用になっているということでした。
福祉関係が3件、農産物加工所や菓子製造が3件あとは物流センター、会社の事務所等ということでした。
びっくりしたのは廃校後にのこされた小学校も8名という超小規模校もあり、小規模校が多いのにびっくりしました。
山や谷が多く険しいきびしい地形の中で地域に根付いた学校が多いのではないかと想像しました。

三好市を流れる吉野川には堰がいくつもある


三好市役所
町営住宅になっていた旧木沢中学校
2015年10月19日(月)
戦争法反対の政府を作ることを呼びかけると宣伝,社保協のキャラバン

 きょうは戦争法の強行採決から1か月ということで戦争法反対の政府をつくることを呼びかけています。と朝から2時間程度和気橋の東詰を皮切りに本荘の日室台、宮田、尺所、泉、藤野、吉田、日笠,益原、和気と宣伝して回りました。
午後1時過ぎから、社保協の社会保障をまもるためのキャラバン(調査活動)に参加しました。
高すぎる国保税を下げるために国保に対して法定繰入以上に町から資金を入れるように、とか国保税の滞納処分について行き過ぎた差し押さえや機械的な資格証の発行はしないようもとめたり、
介護保険では要支援者へのサービスを介護保険から切り離して町の地域支援事業に29年度から移行するようだがこれまでのサービスを切り下げないよう、人員・財源を確保することをお願いしました。
回答で国保加入世帯2418のうち滞納世帯は653世帯で短期保険証は115世帯、資格証は5世帯差し押さえは29世帯、総額にして579万円にもなっているそうです。
また、介護保険の要支援事業(デイサービスの変更)については介護保険の7割程度の単価を考えているそして入浴をやめるようなことを考えているようです。

2015年10月18日(日)
稲刈りをしました。

 今日は家族3人で稲刈りをしました。2反弱の田んぼの稲を刈るのに5時間ぐらいかかりました。
むかしは5反ほど作っていましたがいまでは、残りの田んぼは他の農家につくってもらっています。
。つくればつくるほど赤字ですからやめていく人が増えています。
TPPでもっと離農が進み田畑があれ災害が増えていくと思われます。

2015年10月17日(土)
国民救援会の県本部大会へ出ました。

  午後1時から岡山県民主会館で開かれた国民救援会岡山県本部第34回定期大会へ出席しました。
大会では倉敷民主商工会への弾圧事件の裁判闘争の話が多く出されました。
この事件は昨年1月21日倉敷市の建設会社の脱税事件で民商の事務局員禰屋町子さんが法人税法違反で2月13日に小原淳さん須増和悦さんが税理士法違反で逮捕され起訴されました。
そして小原、須増さんは184日間、禰屋さんは428日間の不当な長期拘留は、刑事訴訟法89条(必要的保釈)に反するものであり、強く抗議し、弁護団は10回に及ぶ保釈請求を出しました。
法人税法違反は「やってもいないのにやったとされた」えん罪です。税理士法違反は、中小業者の生活と営業を守る民商運動に対する弾圧であり、脱税捜査中に民商会員であることが判明したことから。捜査が国税局から公安警察に代わったことからみても明らかに弾圧事件です。
小原須増裁判は、4月17日、懲役10月、執行猶予3年の不当判決が出されました。即時抗告し、戦いの場は広島高裁岡山支部に移されましたが、10月5日の第1回公判で弁護側の証人尋問や被告人質問を拒否して即結審し、一方的に12月7日を判決日としました。上級審の原審判決の法令違反、事実誤認について、審理すべき任務を放棄しました。これに対して弁護団は、裁判長をはじめ2人の裁判官の忌避を申し立てましたが、広島高裁は「棄却」しました。
弁護団は、最高裁に「特別抗告」しました。

2015年10月6日(火)
TPPの協定に大筋合意したというけれど

 TPPの交渉に大筋合意したというけれど。
自民党が言っていた重要5品目は守れたんでしょうか。
またアメリカの自動車部品の関税はどうなるのでしょうか?
バイオによる医薬品のデータ保護期間を12年としていたアメリカ5年を主張していたチリやオーストラリアが8年で妥結したのですか。
お米ではアメリカの年に7万トンの無関税輸入枠を新設してミニマムアクセス米の年77万トンの枠内で米国産のコメの輸入を現状36万トンより実質的に年に5万トン増やします。またオーストラリア産のコメに年8400トンの無関税輸入枠を設けます。
自動車のことは日本に配慮したのかと予想しましたが部品は協定発効時に81.5%で関税撤廃するが完成車は25年かけてなくすということです。
日本の経済界にとってもうまみのない交渉結果ではないでしょう。
来年、大統領選を控えているアメリカと来年参議院選を控えている日本が臨時国会で何としても国会批准を済ませたいという利害で一致して妥結となったのでしょう。国民のことなどそっちのけです。

2015年10月6日(火)
町村議会広報委員会の研修に行きました。

 昨日10月5日(月)は同僚議員(山本稔、安東哲矢、尾ア忠信、居樹豊、)4名と一緒に議会広報の研修会へ参加してきました。
埼玉県から社団法人埼玉県コニュニケーションセンター理事長の芳野正明先生を講師に「住民に読まれ議会活動が伝わる議会報の基本と編集技術」と題してお話を伺い、実際に、早島町、や吉備中央、美咲町などの議会だよりを診断してもらいました。
写真の使い方や、見出しの良しあしなど大変面白い研修になりました。自分の和気民報という政治新聞を作るうえでも参考になりました。

2015年10月5日(月)
佐伯にこにこ園運動会開かれる。

 佐伯にこにこ園の運動会が3日(土)に開かれました。76名の佐伯保育所・佐伯幼稚園の共同園の運動会です。
以前は保育所と幼稚園は独立して保育と幼児教育をしていましたが数年前から幼保の共同園という風になりました。
午前中は3歳以上の保育園児も幼稚園と一緒に過ごして教育を幼稚園で受け給食まで一緒に食べます。午後はあづかり保育の園児は保育園へ移動してお迎えがくるまで保育園で過ごします。
幼稚園と保育園のあいだは200メートルほどあり役場の佐伯支所と佐伯保健センターの間を通って歩いて保育所へ行きます。
下の写真は藤野の幼稚園と藤野保育園の間の道路の写真です。ここもこれから統合して幼稚園の側に保育所を増築しようとしています。初瀬保育園と本荘幼稚園は町道が間を通っているので子供たちを途中で移動させるのは大変でしょうが、佐伯と藤野ではそんなに難しくはないと思うのですが、散歩の延長と考えてはいけないのでしょうか。なぜそれぞれ新しい保育園や幼稚園を作るのか理由がわかりません。


佐伯のにこにこ園運動会

左が藤野幼稚園、右が藤野保育園(幼稚園)の駐車場
2015年10月2日(金)
議会だよりの原稿を提出しました。
きのう和気町議会9月議会(9月9日〜18日)の議会だよりの原稿を議会事務局に提出しました。9月議会は26年度予算の決算認定とマイナンバーにかかわる条例改正、一般会計と各特別会計の9月の補正予算でした。また県道岡山赤穂線改良工事にともなう藤野墓園の整備工事について工事請負契約の変更契約について、初瀬排水機場の雨水ポンプ増設工事の工事請負契約についての工事請負契約の案件がだされました。
藤野墓園の整備では湧水による擁壁工法の変更(ブロック積からもたれ式擁壁)、暗渠排水管の追加で工事契約金額も700万円弱増額になります。
初瀬排水機場の工事の入札は8社の指名競争入札で行われ辞退が3社出て5社の入札で(株)石垣大阪支店が4億3998万円で落札しました。(柴田議員が談合の疑いがあるのではと反対しました。)
私は26年の一般会計決算認定についてとマイナンバーの条例改正2件と27年度一般会計補正予算に反対しました。

2015年9月21日(月)
きのうもきょうも国会前には戦争法に抗議する人が

 所用で東京に20日と21日にいってました。
国会議事堂前に行ってみると20日も今日も100人から200人のひとは抗議するなり歌を歌うなり戦争法反対の行動を起こしていました。
リレーしてトークしていました。戦争法に賛成した議員は落選させようと発言している人がいましたが、私も同感です。とりわけ平沼赳夫氏の次世代の党と松田公太の元気、新党改革は採決直前の16日ごろになって修正要求をして、日本の存立危機事態に該当しつつも、日本への直接の武力攻撃事態などに該当しない「防衛出動」には、例外なく国会の事前承認を求め、派兵後の自衛隊の活動を180日ごとに国会に報告させる、大量破壊兵器の輸送は行わないなどについて、付帯決議を盛り込ませようとしてその付帯決議の趣旨を尊重し適切に対処することを確認だけさせて賛成になりました。また、平沼さんは政治活動の終わりは自民党の中にいて迎えたいと自民党岡山県連に復党願を提出したそうです。

2015年9月19日(土)
戦争法廃止、安倍政権打倒の戦いを発展させよう

 今日は共産党の中央委員会が開かれたようです。戦争法廃止で一致する政党、団体、個人が共同して国民連合政府をつくろうとよびかけたということです。
いま、多くの国民の反対を押し切って戦争法が成立しましたがこれをこのまま許しておくわけにはいきません。
戦争法廃止をするためには、衆議院と参議院で戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、国会で廃止の議決をすることが必要です。同時に昨年7月1日に安倍政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回することが必要です。この2つを実現するには安倍自公政権を退陣に追い込み、これらの課題を実行する政府を作ることがどうしても必要です。
 来たるべき国政選挙では戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、連合政府を実現するためには、野党間の選挙協力がどうしても必要です。
私たちは、これまで国政選挙で協力を行う場合、選挙協力の意思とともに、国政上の基本問題での一致が必要となるという態度をとってきました。同時に昨年の総選挙での沖縄1区〜4区の小選挙区で行った「米軍基地建設反対」を掲げての選挙協力のように、国民的な大義が明瞭な場合には政策的な違いがあってもそれを横において対応するということを実行してきました。


2015年9月19日(土)
戦争法やめろ安倍内閣やめろ

 きょう未明2時すぎに安保関連法案(戦争法)は可決になりました。でも、この備前和気でも昨日午後3時から4じまで抗議のスピーチを旧片鉄の片上駅前で行いました。これからも安倍政権打倒自衛隊をPKOなどで出さないように戦死者をださないように民主主義を強めるように頑張っていきます。
また来年の参院選挙で共産党春名なおあきをかたせるため頑張ります。

2015年9月18日(金)
きのう安保特別委員会で暴挙

 昨日の午後4時半ごろ参議院の安保特別委員会で戦争法が強行的に採決されました。
自公連立政権は野党で次世代と元気、新党改革の議員と一部付帯決議をつけるという修正をのみ採決へすすみました。
ただおとといの横浜の地方公聴会が終わったあとはなかなか会議はすすんでいませんでした。
途中から鴻池委員長の委員長不信任動議が提案され佐藤正久理事に委員長代理を決め不信任動議の反対討論賛成討論などが行われましたしかしそれの終了が4時30分ぐらいになり、総括質疑は省略し鴻池委員長が審議打ち切りをして戦争法の採決をしたようです。
しかしこの採決はとても求められるものではなく速記には確認不能となっていたようです。これではとても通常の採決ではないでしょう。きょうは問責決議案や議長不信任案も提出して徹底的に抗戦するということです。
抗議行動を実施します午後3時片上駅前
私たちも備前市の旧片鉄片上駅まえで午後3時から和気・備前革新懇で抗議行動を実施しますので大勢の町民市民の皆さんの飛び入りを歓迎します。民主主義を作っていきましょう。

12日岡山市でのデモ
2015年9月16日(水)
感動しました、シールズ・・・・

  昨日の中央公聴会に奥田君というシールズの学生が意見を表明していました。シールズといえば今各地で街頭宣伝している学生たちのグループです。ちゃんとスーツを着て堂々と国会議員の先生たちに個人の立場できちんと自分の気持ちに忠実に行動してくださいと表明したようです。
大変な勇気と率直さをもって真摯な態度で意見表明をしたようです。感動しました。
わたしも彼に恥じないように今日は町議会で一般質問をします。
1、学校統合問題学校統合案の見直しを、2、介護保険第6期計画について、介護審査が厳しいのでは、要支援のサービス供給準備は進んでいるのか、3、平成28年度以降の和気町の財政収支の見通し、4、ヤクルト操業以後の対応についての4テーマについて質問します。
最後に昨日元読者の方から赤旗日曜版の申し込みがありました。以前町外のまちで40年ほど読者であったそうです。
とるわけは赤旗を読むといやされるということでした。やはり待っていたんですね、もっと拡大に頑張らなければと思いました。

9月12日の岡山市のデモ
2015年9月15日(火)
きのうも永田町周辺は4万5千人のデモ。

 昨日も国会周辺は45000人のデモでうまったそうです。大江健三郎氏もかけつけて演説している様子がTVの報道で出されていました。
参議院では中谷防衛大臣がしどろもどろの答弁になり助け船をだそうとした安倍総理もめずらしく書類をくって答弁するまでに時間がかかったということです。
答弁不能や答弁二転三転するような法案は欠陥法案ですから廃案にするのが当たり前ではないでしょうか。
野党4党代表、共産党志位委員長、民主党岡田克也代表、社民党吉田忠智委員長、生活の党玉城デニー幹事長が訴えをしたそうです。

2015年9月14日(月)
昨日の全国の戦争法反対運動は

 地元の昨日の戦争法反対の行動はブログに書きましたが全国の運動は新聞休みですので赤旗電子版を張り付けてみます。
でも今の学生もすごいですね。

和気町議会は、ごみ特別委員会、温泉特別委員会、学校特別委員会、そして終了後にまち・ひと・仕事創生総合戦略の報告があるようです。
きょうは学校統合見直して和気小学校・和気幼稚園を残してと運動されている人が傍聴来られるかも知れません。
なお、あさっては
一般質問があります。


2015年9月13日(日)
戦争法反対を40人で訴える。

 今日午前11時から12時ごろまで備前市の片上の旧同和鉱業片上鉄道の片上駅、現在のマックスバリューとエディオンのすぐ前のロータリーで和気・備前革新懇、備前9条の会の関係者、一部備前市の無所属の市議会議員さん共産党の川崎市議、西中町議(私)ら,新婦人備前市、等、無所属の個人数名を含め40名の参加で共同で宣伝しました。
中央公聴会を15日に実施し、翌日に委員会採決と本会議での採決をねらっていました。しかし野党側の要望を受け入れて16日横浜市での地方公聴会実施というふうになったそうです。そのまま東京へ戻って委員会採決を強行はとりにくくなって事実上いくら早くても採決は17日以降になります。
でも今後何が起こるかわからないとも言われます。
15日の公聴会に95人の過去最高の応募があったそうです。また応募した95人はすべて反対の立場の人だったということです。

2015年9月13日(日)
運動会、戦争法反対のデモ

 昨日は、午前中は佐伯中学校の運動会、午後すこし家の仕事をして4時ごろ家を出て戦争法反対のデモに参加しました。
時間ぎりぎりで県立美術館のところにつくともう総合福祉会館の前で出発しそうな勢いで,つくとすぐ江田五月参議院議員や山口二郎法政大学教授や先頭集団のデモがいきなり出発するところへでくわしました。大平衆議院議員も途中の隊列の先頭にいたようです。全体の人数はわかりませんが森脇県議須増県議や岡山市の市議さんや町村議の議員さんにも会いました和気町の人にも3人会いました。頑張りましょう押して押してもっともっとデモをしていかないといけません。

2015年9月8日(火)
明日から和気町9月議会開始です。

 あすから9月議会始まります。日程は下記のようです。19日からの5連休を避けたようですがいつもより1週間早い開始です。

月日

開始

内容

9月9日(水)

午前9時

議案上程、決算審査報告(全会計)説明(一般会計)

9月10日(木)

 

午前9時

 

議案上程(特別会計、公営企業会計)条例改正、補正予算

本会議終了後議会運営委員会

9月11日(金)

午前9時

議案質疑、委員会付託、陳情の上程委員会付託

9月14日(月)

 

午前9時

 

特別委員会(ごみ、温泉、学校)

全員協議会(特別委員会終了後)

9月15日(火)

午前9時

産業常任委員会、午後1時〜総務厚生常任委員会

9月16日(水)

午前9時

一般質問、議会運営委員会.

9月17日(木)

午前9時

一般質問

9月18日(金)

午前9時

委員長報告、質疑、討論、採決、議会広報委員会


あす奈義町の日本原で日米共同訓練が行われます。津山市の前市議の末永さんのブログによるとヘリコプターの搭乗訓練だそうです。沖縄の海上の艦船に先日墜落事故も起こしました。こんな状況で訓練実施は中止を申し入れてほしいと津山市の宮地市長にも申し入れをするようです。
なお、日米共同訓練中止・戦争法案反対の集会は当初12日を予定していましたが、9日午後1時勝北文化センターです。
岡山市の戦争法反対集会は9日午後6時から岡山市石山公園(岡山市民会館のとなり)です。


8月30日(日)リンゴ祭り(和気町南山方)より
2015年9月5日(土)
仁比参議院議員のとりあげたj自衛隊の内部文書

  仁比聡平参議院議員が取り上げた自衛隊の内部告発文書が問題になっています。
河野統合幕僚長と米軍幹部の会談概要を記した内部文書です。内部文書では昨年12月に訪米した河野氏が米陸軍参謀総長に安保(戦争)法案が「来年夏までには終了する。」と発言したなfど自衛隊の暴走と対米従属の実態を生々しく示しています。このことは9月2日(水)の報道ステーションでも取り上げられ、コメンテーターの北海道大学の中島准教授は「河野統幕議長の発言が政府の見解を受けてのものだったら、そもそも政府が議会で合意形成をしようと考えてはいないことを示し、そうでなければシビリアンコントロール(文民統制)の大きな問題だ。と述べています。参議院で14日の週のうちに強行採決することを検討中とも言われていますが。憲法9条違反の戦争法案は廃案にすべきだと思います。

2015年9月3日(木)
日笠診療所の休診解消

  町立日笠診療所の先生が10日ほど前に倒れてもう診療は無理ということでお医者さんを探していましたが今週から備前市の吉永病院から月、水、金の3日午前中だけですが診療に来てくださるようになったということです。とりあえず一安心です。

2015年8月30日(日)
戦争法反対のデモへ行きました

 8.30の全国の統一行動に参加しました。
岡山市の第一セントラルビルに午後4時に集まりサンタホールへ向けてデモし終わったら反対のイトーヨーカ堂から歩道を通り岡山駅へ帰りました。
若い人のコールが元気良かったです。でもラッパー調で昔のシュプレヒコールとは一味違っていました。
戦争反対、9条守ろう、子供を守ろう、許すな戦争、守ろう平和。

2015年8月29日(土)
戦争法反対革新懇の行動に参加

 今日11時から12時まで備前市の片上の郵便局前で和気・備前革新懇の戦争法反対の宣伝行動に参加しました。22人参加してデモンストレイションしました。変わりばんこに演説しました。あすも午後2時から宣伝するそうです。




2015年8月29日(土)
学校統合案をみ直し、和気小学校・和気幼稚園を残せと陳情

 昨日8月28日(金)午後3時、和気学区に学校を残す会・保護者会有志の代表5人は和気町長大森直徳氏に対して770名の学校統合見直しと和気小学校と和気幼稚園を残せという陳情書を署名770名を添えて提出しました。
学校統廃合の計画は平成24年から進められていて、適正規模検討委員会が10回程度行われ、26年2月に2中学校7小学校6幼稚園3保育園だったものを1中学校3小学校、3幼保共同施設にするとなっていたものの、佐伯地区から佐伯中学校を残せという請願が出されたりするなかで、2中学校、3小学校、3幼保共同施設にという案が昨年12月議会で議決されています。しかしながらそのあと今年の6月から各小学校等10か所の説明会が行われましたが、和気小学校や石生小学校の説明会では紛糾する事態もありました。また藤野小学校の説明会では地域の代表の質問に対して大森町長が調整がうまくいかない場合は、議会に相談しなければならない場合がありえるという答弁をしていました。
いずれにせよ、執行部が旧和気町側では議決前に説明会を開かずにそのまま議会に統合案を図っているということに問題が生じている原因があると思います。
今からでも充分に、地域や保護者の言い分に耳を傾けるべきだと思います。

2015年8月26日(水)
和気駅で全県駅前宣伝頑張りました。

 今日は7時20分から8時半ごろまで備前市の方にも協力してもらい全県駅頭宣伝に取り組みました。びらは赤旗8,9月号外を120枚程度配りました。和気閑谷高校の生徒さんや備前県民局東備地域事務所の職員、岡山市への通勤者なんかに宣伝しました。私は小池副委員長が追及した「自衛隊統合幕僚監部の文書「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)及び平和安全法制関連法案について」という文書について中谷防衛大臣が5月にこういう研究を始めていたのに8月になるまで知らなった。自衛隊制服組の暴走とアメリカ陸軍のヒリコプターが米艦船に墜落してその時自衛隊の隊員が2名同乗していて負傷したことについて、演説しました。

2015年8月22日(土)
9月議会へむけてがんばる国会では小池晃副委員長自衛隊の暴走追及。

 和気町議会9月議会は9月9日に開始ではないかという議会からの情報です。逆算すると9月2日(水)が議会運営委員会です。ということで請願や陳情をされたい方は8月28日(金)には書類を議会事務局まで提出してください。
なお、和気小学校区では小学校や幼稚園を残せ、学校統合の計画内容の見直しを求める請願、や陳情署名を集めているようです。
何か請願、陳情がありましたら、来週いっぱいに議会事務局へ提出する必要がありますのでお急ぎください。
P.S小池晃参議院議員の質問で防衛省の統合幕僚監部が「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)及び平和安全法制関連法案について」という文書は知らないといっていたのに、また、「国会の審議が第一であり、法案の内容を先取りするようなことは控えなければならないとの答弁に終始しました。今度もう一度21日(金)に質問しました。統合幕僚監部がこういう研究を5月からしていたことについて中谷防衛大臣は8月まで知らなかったということが明らかになりました。戦前と同じ自衛隊の暴走である。
として自衛隊統合幕僚長の河野克俊氏の証人喚問を鴻池委員長に要望しました。

2015年8月17日(月)
後期高齢者医療広域連合の議会でした。
 今日は岡山県後期高齢者広域連合議会が岡山市の今の市町村振興センターの5階で開催されました。議長選挙があり予想通り岡山市の宮武博議長が当選しました。各得票は宮武氏10票、羽場氏3票、西中1票でした。副議長は推薦で美咲町の議長の貝阿彌氏が選出されました。
一般質問もあり社会保障制度審議会医療保険部会で後期高齢者医療制度の患者負担を強化やむなしとなっている、私は後期高齢者の保険料の軽減措置が廃止されるかもしれないから、是非、連合長として、全国の広域連合の連絡会を通じても直接でも国に軽減措置の存続を要望していただきたいと申しました。(今9割軽減の人が、7割軽減で保険料は4600円から13800円、8.5割軽減の人は6900円から13800円になるそうです。)
また健診について今日の決算資料によると26年度の健診の受診率は9.9%だったそうです。服薬中は健診を受けられないとか言われていたこのことは改善されつつあるがきちんと通達を出してほしいと要望しました。
(欠席議員=田辺倉敷市議、伊東倉敷市長、片岡総社市長、山野矢掛町長)
2015年8月15日(土)
終戦記念日の街頭宣伝をしました。

 きょうは70回目の終戦記念日ということで戦争法反対の街頭宣伝をしました。佐伯4回和気6回でした。学校統合問題も2か所か3か所でしました。
ビ和気民報のびらも少しずつ配ったので5時ぐらいまでかかりました。
それはそうと12日の米軍ヘリの墜落の件ですが確定的なことはまだわかりませんが、うるま市沖の海域沖に墜落した米陸軍へりMH60にのりこんでいたのは陸上自衛隊2人は防衛相直属の中央即応集団所属の2等陸曹で同集団のなかでもテロリストの攻撃などに対応する特殊作戦群の隊員であることがわかりました。
陸自の特殊部隊隊員が米軍の特殊部隊の訓練に日常的に参加していた実態が今回の事件で浮き彫りになりました。

2015年8月12日(水)
昨日の参院安保特別委員会で小池議員、統合幕僚部で暴走を暴露

 11日の参院安保法制特別委員会で共産党の小池副委員長は自衛隊統合幕僚部で「8月中の戦争法案成立・来年2月施行」を前提に、法案の実施計画が立てられていた。ことが明らかになりました。
小池氏は「法案の成立を前提に部隊の編成計画まででている。絶対に許されず、法案を撤回すべきだ」と追及しました。
小池議員が独自に入手した文書は防衛省統合幕僚監部の内部文書「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)及び平和安全法制関連法案について」です。防衛大臣は同名の文書があることはしぶしぶみとめましたが、中谷大臣は「ご提示いただいている資料がいかなるものかは承知をしていない。」と文書の真偽については答弁をさけました。
また、「国会の審議が第一であり、法案の内容を先取りするようなことは控えなければならないとの答弁に終始しました。小池副委員長は「これでは戦前の『軍部の独走』と同じではないか。こんなことは絶対に許されない。これ以上議論できない」と批判しました。

そうしたことが審議の翌日の本日沖縄の嘉手納沖で米軍の陸軍のヘリコプターが海軍の軍艦に墜落しました。そしてけが人がでてその中に2人の自衛隊員がいて米軍へりへ同乗して船舶検査の訓練をしていたのではないかと推察されるようです。
今のところ米軍も官邸もきちんとしたことは発表していないそうです。これまたガイドラインや戦争法案に関連のある船舶検査の訓練ではないかと思われます。

2015年8月10日(月)
備前市役所前で革新懇の戦争法反対宣伝

 きょう午前7時40分ごろから8時半まで和気・備前革新懇の会員等7人で備前市役所前で戦争法反対の街頭宣伝をしてビラ配布を300枚程度しました。
昨日の長崎市の平和式典で田上市長は日本国憲法の平和の理念がゆらいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている。戦争法について「慎重で真摯な審議を行う」ようもとめました。安倍総理も少しは国民の気持ちを考えてほしいものですが、
一方では明日にも鹿児島県の川内原発を再稼働させようと九州電力は準備を粛々と進めているようです。原子力規制委員会も国も責任のなすり合いをしようとしていますが。責任ある態度を取ろうとするならばいまからでも止めるような指示を行政の言葉で表現しなければなりませんがどちらも責任をとらない無責任な出発になりそうです。

演説する備前市の川崎市議
2015年8月6日(木)
戦争法反対の宣伝

 今日は広島原爆がおとされて70年目の日です。おとされたと同じような時間(7時45分〜8時半)に和気・備前革新懇で戦争法案反対の宣伝を備前市の畠田のNTN東洋ベアリングの工場前で出勤の労働者にビラを配り演説しました。
備前市の川崎輝通市議会議員をはじめ9人の革新懇の関係者が参加していました。
昨日の参議院での審議では法理論上は核兵器.の運搬を手伝うこともあるということです。とんでもない話です。
また、おとといの仁比参議院議員の質問に対しては海上では停戦検査、後方支援、機雷掃海、米艦の防護など「存立危機事態だと認定すれば」なんでもできるようになり海上で際限のない武力行使になっていくことを中谷防衛大臣は認めました。


2015年8月1日(土)
岡山県後期高齢者医療広域連合議会の全員協議会へ出席

  岡山県後期高齢者広域連合議会が8月17日(月)13時15分に召集されます。そのための非公式協議である全員協議会が昨日31日岡山市今の市町村振興センターで開催されました。
出席は大森和気町長、山崎鏡野町長、大内里庄町長、山野矢掛町長、杉本新見市議、尾高美作市議、宮武岡山市議会議長、羽場岡山市議、平野里庄町議会議長、小椋鏡野町議会議長、貝阿彌美咲町議会議長、私の12名の議員が参加しました。(欠席は田辺倉敷市議石垣新見市長、伊東倉敷市長、片岡総社市長、三島笠岡市長、友實赤磐市長、)
大森議員が最年長者だということで仮議長をされました。
8月17日の議題で議長と副議長をどのように選ぶかということで意見がわかれました。羽場頼三郎議員から選挙にしてほしいという発言があり、宮武博議員から推薦でいままでやってきたのだから推薦にすべきという意見が出され、平野議員、貝阿彌議員からも推薦にしたほうがいいという意見が出されました。
私は公明正大に選挙にしたらいいのではないかと述べました。

なお、一般質問の予告も請願も8月10日(月)の午後5時までだということです。

2015年8月1日(土)
戦争法反対のとりくみ

 戦争法反対の取り組みについて27日(佐伯の郵便局とJA前の交差点)と28日(和気橋)にプラスター宣伝しました。赤磐市では赤磐9条の会と赤磐平和委員会と1000人委員会の共同宣伝をしたそうです。和気町内在住の方も一人参加されていたそうです。
ストップ戦争法・総がかり赤磐実行委員会の共同行動として岡山コープ前で「あべ政治をゆるさない」の紙を掲げてやったそうです。

2015年7月25日(土)
戦争法反対のデモへ参加しました。
 岡山弁護士会主催のデモへ参加しました。共産党中国比例(大平)民主党比例(津村)社民党、維新の党比例(高井)からも代議士、県議、も参加されていました、共産党森脇、須増県議、岡山市の田中、竹永、東の各岡山市議、川崎備前市議、住寄倉敷市議等、横田悦子県議(民主・県民ク)鬼木岡山市議(市民ネット)もみえました佐々木ゆうじ(赤磐市議)氏の演説も聞こえました。僧侶の方もおられたようです。人数はわかりませんが1000人はいたように感じました。
これからももっともっと街頭行動や署名やできる限りのことをしていくべきだと思います。そして自民公明の与党が強行採決できないように国民運動をもっともっと広げに広げて行きたいと思います。24日(金)東京では永田町、日比谷等で7万人の人が戦争法反対を訴えたということです。赤磐市では28日に1000人委員会と共同で朝立ち宣伝をするそうです。
西中山下児童公園での集会
2015年7月21日(火)
和気地区住民の町長との話合いに同席しました。

 今日午後1時半から役場で和気小学校を残せ幼稚園を残せと大森町長との話し合いを持ちました。
私も同席させてもらいました。その席には稲山副町長、教育長、教育次長と草加議長と安東副議長まで同席していました。
元町議の安部さんのあいさつの後こもごも意見や質問が出されました。
今日の話の中心点は和気地区の地域住民の意見をきちんと聞いて学校統合の行政を進めていっているのかということでしたそれには町長からはきちんとした説明はなく、26年12月に議会で統合案が議決され今年3月には設計費等の予算も賛成多数で可決になっている。教育長、教育次長からはアンケートも何回もとって皆さんの地域の意見も聞く機会を持ったといわれました。
しかし住民の側から、地域住民に寄り添った意見聴取の場を持ってやったのかそれを備前市のほうではやったと聞いている備前市から来られている.教育長さんだったらわかるはずだが。備前市のやり方を研究してほしいという意見が出されました。
ただ、もう一度和気地区だけは住民全体に対してアンケートを取り直すべきではないかと要望しましたが。それはできませんということでした。(アンケートというものは一般的に.統合賛成反対を全学区で足し算すると本荘地区の人数が多いので必ず統合賛成が多くなるというからくりがあります。)
ほんとにそうです佐伯地域では実施案が出されて議決される前に2つの小学校、中学校
幼稚園保育所で説明会がやられましたが旧和気町地域では一切説明会はなく、この6月29日からの地域説明会がはじめてでした。この行政手続きに不十分な問題があるのではないでしょうか?大森町長.はよく反省していただきたいと思います。
また、ご自分の日笠地区の説明会に出席してもいなかった議長がなぜいまさら町長との話し合いに出席されたのでしょうか。
町長のボディーガードでもしようとしたのでしょうか?とんだおじゃま虫でした。


終了した時の模様です。わびているわけではありません。(議長と副議長は所用のため途中退席しました。)
2015年7月20日(月)
東備民主商工会の第37回総会へ来賓であいさつ

  東備民商の総会へ共産党の代表で来賓あいさつのため出席しました。初めて鹿久居島へわたる日生の橋を渡りました。カキいかだが下に見えきれいでした。
午後は和気で日笠や藤野、日室方面の赤旗号外を配りました。夜7時までかかりました。残りは700枚程度です。
底が見えてきた。戦略も考えねばです。今日の山陽新聞を見ると共同通信の世論調査で内閣支持率が急落し9.7%さがり37.7%になった(不支持率は51.6%)そうです。
情勢が動いています。がんばらなければなりませんね。

2015年7月16日(木)
国民平和行進兵庫から引き継ぎし,日生から備前市へ

  国民平和行進は12時から寒河の備前バスのバス停で。ひき継式を行いました。とおし行進者は松永洋子さんと山口逸郎さんです。山口さんは83歳で映画人.(映画製作にかかわっている人。)だそうです。23歳のアメリカ人女性メアリーさんも岡山県の日生から広島まで歩かれるそうです。戦争法が特別委員会で強行採決された後だけに、戦争法反対のたすきや看板が多かったです。何としてもこの悪法は廃案にしたいです。きょう午前中に抗議の宣伝を1時間半ほど実施してから参加しました。



備前市役所へ到着して                

2015年7月16日(木)
戦争法反対、強行採決を糾弾する。学校を子供を守ろう

  戦争法が昨日衆議院の特別委員会で強行採決されました。維新の党を参加させたい考えだったようですが維新の党も採決には参加できませんでした。
街頭や各種集会や反対署名等々戦争法反対の世論が自民公明を追い詰めています最後まであきらめず党派をこえて反対運動をがんばりましょう。
さて、今日も赤旗を朝配達中,和気学区で3か所で「和気小学校を守ろう」とか「学校統合はやり直そう」とか書いてありました。
今晩午後7時から学習会を和気の消防器具庫の2階で開くそうです。このことも頑張らなければなりません。


また、今日は
国民平和行進が赤穂市から岡山県の備前市日生町へ来ます12時から30分引き継ぎ式ののち備前市役所まで平和行進です。みなさんがんばって歩きましょう。

寒河バス停(引き継ぎ)→→日生支所→→〜住吉神社→→備前市役所

12:0012:30      14:0014:20 15:4016:00  17:00


2015年7月14日(火)
朝から晩までビラ配りでした。明日戦争法採決は許せません。

  今日は朝5時半から木倉の一部(市倉)日笠下、田原上、田原下、本、原、和気駅前、福富と一部はもう一人の方と協力しながら赤旗号外を配りました。
大変暑い日で、お茶を2回買い、アイスクリームも一回食べましたお話しできた人はほとんど安倍総理のやり方に怒っていました。


先日の本荘幼稚園です。
2015年7月12日(日)
岡山県.党会議に参加しました。

 本日は岡山県内で1年一回の岡山県党会議がひらかれました。
戦争法反対の活動や教育反動化反対中学校教科書採択の問題、派遣法改悪に反対する活動、党員拡大や赤旗拡大の活動等様々の報告がありました。
私も戦争法反対の意見書採択と岡山県後期高齢者医療広域連合議会選挙で当選したことの取り組みを報告しようとしましたが時間切れで文書発言にとどまりました。





大平衆議院議員

初当選した須増県議
2015年7月11日(土)
4日前盧溝橋事件84周年でした

 4日前盧溝橋事件84周年でした。日本の軍部が中国側が南満州鉄道(満鉄)の爆破をしたというでっち上げをして満州事変は始まりました。
いまの戦争法の問題ですが、アメリカの戦争に日本が一度.でも反対したことがあるでしょうか?グレナダ侵攻のときでもパナマの侵略の時でも遺憾の意は示しているかもしれませんがアメリカの戦争に対して反対を表明したことは1度もありません。ノーと言えない政府がアメリカの戦争に協力してくれといわれたらすべて追従していくしかなくなるでしょう。

2015年7月11日(土)
戦争法反対の運動

 今日は塩田・奥塩田地域の戦争法反対の赤旗号外を配りました。枚数は150枚弱です原付バイクで3時間ぐらいかかりました。
暑くて大変でした、国会では5野党(民主・共産・維新、生活・社民)で採決をさせないようによく結束していこうとはなしあったそうです。
普通は地方公聴会をやるとすぐ委員会採決をするのですが。
もっと世論作りをしないといけないですね、岡山市では石山公園で集会とデモを予定していたのですが結果はどうなったのでしょうか。
びらも6000戸のうち2500戸ぐらいはまけたでしょうかどうでしょうか和気地区がまだまだビラまきができていません。頑張ります。

2015年7月10日(金)
学校・園統廃合住民説明会がすべて昨日で終了しました。
 6月29日(月)から始まった学校・園統廃合住民説明会が昨日の本荘幼稚園(午前中)、本荘地区公民館(午後7時から)を最後に終了しました。
まだまだ議論はつきないと思います。教育長さんも言われていましたが、疑問点がありましたら、各小中学校・幼稚園・保育園の先生がたでも教育委員会でもお寄せいただきたいと思いますし。場合によっては石生幼稚園、和気幼稚園などは説明会はしていないわけですから説明会の実施要望をだすこともできると思います。また、学校統合と地域づくりは一体だと思いますが学校がなくなる予定の地域はこの地域をどう守っていけるのか、和気町に対して地域要望を出すべきだと思います。しかし今回の説明会ではそういう話はほとんど出されませんでした。これからでも遅くはないと思います。学校教育のありかたや先生方の取り組みについて、地域振興策の具体的な要望についても提出するべきだと思います。さびれてしまってからでは遅いと思います。日笠や石生、和気、山田地区の振興策についても充分計画をねっていくべきです。このままではいいようにやられてしまい.やっぱり失敗だったと後悔するだけで終わってしまうかもしれません。

なお、大森町長は藤野小学校での説明会で一部地域での要望(学校存続?)の動きもあるということで100%計画通りとならない場合もあり得る,その場合は議会や住民の皆さんとも相談して調整していくと含みのある発言もされています。今後学校統合の特別委員会へボールがなげられるかもしれませんが。なるべく最後まで住民の意見を汲みつくしてから行政執行してほしいと思います。小学校7校を3校へ統合し幼稚園6園保育園3園を、3つの幼稚園保育園共同施設へ再編するということは,和気町にとっては大変大きな変更だと思います。住民合意はまだまだつくされていないと思います。そのため.町政執行者の謙虚で真摯な態度、行政執行をお願いしたいと思います。

本荘幼稚園での説明会

初瀬保育園を移設(新築)するという本荘小学校プール
2015年7月4日(土)
今日は備前市で和気・備前革新懇が結成。

  今日午後1時から、備前市の勤労者センターで和気・備前革新懇が再結成されました。
同時に許すな「戦争法案」の集会も行われました。
これは和気郡革新懇が昭和63年に結成されて吉永の産業廃棄物処分場反対運動や和気町中山の広域ごみ処理場反対運動などに一定の役割を果たしてきた、東備消防組合の裁判闘争にもかかわってきた。ここへきて戦争法のこともあり革新懇を備前市や日生町へも大きく拡大して運動を広げていこうということで再結成となったもの。
2部では許すな「戦争法案」集会も行われた。終了すると早速マックスバリュウまえで戦争法反対の街頭宣伝を行いました。
革新懇とは1980年の社公合意により革新統一戦線がこわされていったこうした政党の動向に左右されない、政治革新の目標で思想信条の違いを超えて力をあわせる統一戦線運動が重要になりました。革新懇はそのことを先見的に見抜いた多くの団体・個人が革新の立場を堅持する日本共産党とともに結成した組織です。
岡山県では岡山県革新懇、美作革新懇、倉敷革新懇、などがあるそうです。
革新懇では沖縄の県知事選挙とか5月17日に行われた大阪都構想に対する是非を問うた大阪市の住民投票とかいろいろなことに取り組みますこの和気備前からも大阪の住民投票の応援隊へ4人も参加しました。
 全国各地に色合いはいろいろかわった地域の問題にも取り組んでいるようです。

2015年7月4日(土)
藤野小学校の統合説明会へ行きました。

  昨日は藤野小学校の統合説明会へ行きました。40人程度おられましたが参加者も人口の割りにしては少ないかなと思いました。
一番最初に,ある区長さんから29年4月に統合について元に戻ることはありませんね?確認させていただいていいですか?
と大変きびしい質問からはじまりました。(私に言わせてもらえたら大変不遜な態度だなという感想です。町長と議会の責任にも言及されたと思いますが?混乱している責任は町長さんの町政の執行の手続きにあるのではないですか。議会で議決する前に各地区への説明会をするべきではないかと私を含め何人かの議員さんが言及されていましたよ。それを無視して走って行ったのは町長さんですよ。)
財源がないから統合と言いながら8億数千万円つかっていくのがわからない。本荘小のプールを移設するのはなぜかわからない。本荘小学校は変化なしなのに。藤野保育園もつぶすのか.わざわざ藤野幼稚園のとなりへ新築しなくてもよいのでは?
という質問もでました。またもしこのまま実施すると幼稚園のまわりの道が狭すぎて対向することもできないが拡幅工事等考えておられるのか?という質問もありました。
町長さんは佐伯地区の三保小学校で6年間複式学級で勉強したことも話の中でありました。私は佐伯小学校で各学年50人ほどいましたから複式でなく毎年25か26人の学級でしたが,複式学級というものに学力がつかないという偏見があるのではないでしょうか。日笠にも保曽小学校が岸野へあったわけですが。ちゃんと旧制閑谷中学へも進学していたし問題はなかったとききましたよ。


藤野小学校視聴覚室(学童保育にも使っている教室です。)
2015年7月2日(木)
日笠地区、藤野幼稚園、和気地区学校統合説明会へいきました。

 日笠地区(7月1日(水))、藤野幼稚園(石生幼稚園、和気幼稚園、日笠幼稚園、藤野幼稚園)、和気地区館の説明会へいきました。
藤野小学校が統合の場所に決まった経緯がわからない。きちんと住民全体の意見を集約してから実施することになったのか
説明会をする時期が遅すぎる、なぜ議会へ出す前にやらせなかったのか不満。不信。
日笠地区の幼稚園は休園になっていて藤野へいかされている。経済的な配慮はないのか?
町民全体を対象にしたアンケートはとっていない、説明会へ来た人だけとか、保護者だけとか地域の問題がぬけてる。
 幼稚園のこどもをバスに乗せるというがそれができるか、たち歩きとかする子がいるのでは?
 和気小学校をなくすことに学区の住民でもある町長はなんとも感じないのか?福岡から妻の実家である和気へ来たが和気小をなくすことに心が痛まないのか?
 将来どういう地域になるかわからなくなる。小学校も幼稚園もなくなると大変な(さびれる)ことになる。保護者の意見を聞いたといわれたが藤野小に統合という選択肢で聞かれた覚えがないがどうなっているのか。
幼稚園と保育園がどう変貌していくのかが見えないが。1年半でうまく心配なく移行.できるのか心配だ。?
さっき藤野へ統合というのを言われたが、学校規模検討委員会が決めたというのですね。和気と石生が一つになってもいいし日笠が藤野と一つになってもいいのでは?運動会とか学習発表会とか考えても保護者がたくさん集まるのに石生なんかのほうがはるかにいいのではないか?また、学校は災害の時の避難場所にもなるのでなくすのは大変問題だ。
子供同士はすぐ仲良くなれるが親や先生はどうか?準備については心配なことがないように充分すぎるほどやってほしい。
今の和気小はとてもいい教育になっているので残念。幼稚園の子をバスに乗せて送ってくれるというが安全面で無理があるのでは?また小学校や幼稚園で別の機会に説明もしてくれるのか不安だ?

2015年6月30日(火)
和気町立学校・園統廃合説明会はじまる。

 昨日は石生地区公民館で午後7時から学校・園統廃合の説明会が実施されました。
おおむね100人ほどの参加だったと思います。しかし、午後7時から午後9時ごろまでかかる熱心な議論がかわされましt。
教育次長の今田さんが概要を説明され質問や要望が出されました。
1、説明会をするのは本来、議会で決まる前ではないか、いっさいどのような統合.になるのか知らなかった.。
2、藤野小学校へ統合するというが、最近の豪雨は大変はげしいものだ、金剛川の洪水も対策できているのか?学校をとりまく 環境を考えてくれないといけない。事故があった ら責任とれるのか?
3、3小学校と3幼稚園になるということを知らなかった。この体制で何が良くなるのかおしえてほしい。
4、そもそも3つに統合するのはどういう理由からか?佐伯地区は統合しても各学年1クラスのままで統合効果はないのでは?3  小学校にする必要性はどこにあるのか?
 統合は将来を見据えて考えなければならない。なぜ藤野小学校に統合になるのか?
5、意見を聞いたというが、アンケートも説明会も今までにない。白紙にもどす手はないのか?
  国では複式学級への対応をしてくれないのか?統合すれば学力が向上するものか?過去に行った住民j説明会での参加は どうだったか? もろ手を挙げて賛成だったか?
  町長選挙の時には統合について公約として説明されたか?
6、1小学校、1中学にどうしてしないのか?本荘のほうが藤野より近いがなぜ藤野なのか?
7、なぜ石生が藤野へ行くのか、数合わせで考えているのではないか。
8、小学校は地域の中心であるので。
等々意見が出され最終的には大森町長は白紙には戻せないが調整についてはやってみるので石生の地元のほうで話をしてほしい旨発言されました。


2015年6月30日(火)
大変久しぶりです。

  パソコンの調子が6月21日(日)から悪くなり、ブログが書けませんでした。すみませんでした。
いろいろなことがありました。一番大きなことは6月議会最終日に「国民を外国の戦争に駆り立てる安保法制の推進をただちに中止し、日本国憲法に基づいて武力によらない外交を推し進めるよう政府に求める請願」が6対5の賛成多数で採択になり意見書を安倍総理岸田外務中谷防衛大臣へ送ったことです。
また、本日わかったことですが岡山県後期高齢者医療広域連合の議会選挙に当選しました。
これは岡山県下の75歳以上の高齢者が加入している公的な健康保険制度を管轄している議会です。
昔は国保へはいられていた方が75歳になるとその日から国保から脱退させられ夫婦それぞれ保険料を負担するようになりました。また他の健保組合などの被用者保険や共済組合、国保加入者にもその保険の負担をさせられるようになりました。
平成20年にはじまった制度です。

2015年6月19日(金)
一般質問のこり終了、学校統合の説明会日程発表

  一般質問がきょう2人だけありました。そのあと和気町まち・ひと・しごと創生総合戦略について
説明がありました。
また、6月29日(月)から7月9日(木)までの学校統廃合住民説明会の日程と説明会資料について説明がありました.
ぜひ説明会に参加してください。

2015年6月18日(木)
一般質問おわりました。

 きょう私の一般質問はおわりました。
1、吉田の斎場(火葬場)について26年度予算で81万円(実際は30万ほど)を使って調査費を執行していることを認めました。ただ大森町長は今後どういうふうにやっていくのか明確に答弁せず北部衛生組合の管理者会議(備前市長、や赤磐市長、和気の副町長を含む執行会議)に相談しながらその方向に従った実施していくと答弁しました。
2、佐伯庁舎の職員が3人へっている事はみとめましたが、町民にとって不便になっていることをきちんとは表明しませんでした。
 まだ、今後とも住民サービスに必要な仕事ができるようにがんばるとは表明しました。
3、大型車の規制にはあまり乗り気でないような答弁でした。
 ただ、待避所や王子川橋の歩道橋は事業認可されていてボーリング調査していることは認めましたので今年度には工事設計までできる見込みであることを表明しました。
4、5.31講演会は成功し中継されたサイトには300件のアクセスがあったということです。
 空家の問題は借家を希望されている自主避難の方が多いが持ち主は売却したい方が多いというミスマッチがあることが課題であるということでした。
 町営住宅の空いている部分を修理してお試し住宅にする気持ちはないかたづねましたが廃住宅政策をしているのでそのつもりはないという回答でした。
なお、戦争法に対して中止をもとめて、平和外交をするように求めるように意見書をあげよという請願に対して公明党の議員から反対討論が出されると聞きましたのでわたしは
 議会運営委員会に書類で賛成討論の趣旨の書類を提出しました。22日に起立採決になる予定ですどうぞ町民のみなさん傍聴をしてやって下さい。
22日(月曜日)は朝9時から役場3階の町議会議場で開始です。


宮橋からみた役場や和気閑谷高校
2015年6月16日(火)
総務厚生委員会では安保法制中止し平和外交もとめる請願採択

 本日和気町議会の総務厚生常任委員会が開かれました。私は産業委員会なので傍聴に行きました。
それによると「国民を外国の戦争に駆り立てる安保法制の推進をただちに中止し、日本国憲法に基づいて武力によらない外交をおしすすめるよう政府にもとめる請願」は賛成多数で採択となりました。
もう一つ「年金削減のとりやめと最低保障年金制度の実現を求める請願」は全会一致で採択となりました。
それぞれ発議は議会最終日6月22日になる予定です。
なお、陳情も審議され、「安全保障関連法案の策定の中止を求める意見書」採択を求める陳情も賛成多数で採択となりました。
一般質問の順番が決まっていました。私は18日の3番目になっていました。1、和気斎場の今後の方向性、2、佐伯庁舎の充実について、3、県道佐伯長船線の大型車への対応、4、自主避難家庭への対応と空き家対策は、というテーマで質問します。時間は10時20分前後になると思います。傍聴をお願いします。
参考 6月議会請願陳情文書

2015年6月16日(火)
60年安保の時のように

  おととい6月14日東京の永田町周辺では2万5000人の国会包囲総がかり行動主催で集会が行われ、また渋谷では戦争立法反対渋谷デモが3500人で行われたそうです。岡山でも小さいが岡山駅からデモが行われたようです。
私は昨日の町議会で「国民を外国の戦争に駆り立てる安保法制の推進を直ちに中止し、日本国憲法に基づいて武力によらない外交をおしすすめるよう政府に求める請願」の趣旨説明をしました。
本日10時からの総務厚生委員会で委員会審議が行われます。ぜひ請願を採択にしてほしいですね。興味のある方はぜひ傍聴してやって下さい。
私は60年安保も70年安保も知りませんがすこしずつそのまねごとのようなことが始まっているように思います。
 おじゃまむしの橋下大阪市長が安倍総理に東京のホテルに呼ばれよからぬ相談をしたそうですねでも国民大衆はだまされませんよ見ていますよ。へんな裏工作は許しませんよ。

今日の赤旗記事
2015年6月14日(日)
東京や千葉では戦争法反対集会

  きのう6月13日東京の江東区防災公園で1万6000人千葉市で4000人の戦争法反対の集会が行われたそうです。となりの備前市の方が3人東京の集会へ参加されたと聞きました。
私は自分の宣伝カーで女性の方に協力してもらい午後2時間半ほど流し宣伝しました。
明日からは町議会で忙しいですが、頑張ります。当面7月4日に備前市勤労者センターで和気・備前革新懇の結成総会と集会を開催します。戦争法をやめさせたいという方、日米安保条約をなくしたいという方憲法9条を守りたいという方、日本年金機構の個人情報漏れや政府の株式市場へ年金運用に反対という方、学校統合反対という方、原発再稼働反対という方、TPP反対という方、名護市辺野古に新基地はつくらせないという方も参加してください。

東京江東区防災公園でストップ安倍政権!大集会
2015年6月12日(金)
火事で大変でした。

 和気町父井原で養鶏場の火事がありました。3棟ほど全焼です。お見舞い申し上げます。
隣家に延焼しなくてよかったです。でも火災に弱い構造だったのではないかと思います。今後は火災に強い材料を使っていってほしいと思います。
国会では派遣法の改正案で強行採決しようとしたため、民主党共産党が審議拒否をしたようです。とにかく安倍総理は強引すぎます。山崎拓、亀井静香、藤井裕久、武村正義、四氏が記者クラブでわめいたそうです。安倍さん強引すぎますよ。
民主主義をこわしていく暴君ではないですか。安倍総理大臣もうおやめなさいと言いたいですね。


2015年6月11日(木)
6月議会が開かれます傍聴をお願いします。

月  日

開始

内   容

  15日(月)

午前9時

議案上程、質疑(条例、予算)委員会付託

請願陳情の上程、質疑、委員会付託

   16日(火)

午前10時

議会運営委員会(午前9時)総務厚生常任委員会午前10時)

17日(水)

休会

18日(木)

午前9時

一般質問、 議会運営委員会

19日(金)

午前9時

一般質問、全員協議会、ヤクルト視察午後1時半

22日(月)

午前9時

委員長報告、質疑、討論、採決

なお、私は「国民を外国の戦争に駆り立てる安保法制の推進を中止し、日本国憲法に基づいて武力によらない外交を推し進めるよう政府に求める請願」と「年金削減の取りやめと最低保障年金制度の実現を求める請願」の紹介議員になっています。それぞれの請願の趣旨説明を15日(月)に私が行うことになると思います。総務厚生常任委員会へ付託されると思われますので16日(火)の10時からの総務厚生委員会で請願の取り扱いについて協議されます。

2015年6月10日(水)
学校・園再編成整備事業特別委員会の閉会中審査行われる。

 和気町学校整備特別委員会が6月議会開会の5日前に開かれました。これは今後6月議会閉会後に学校統合の説明会が各地区で行われるということで共通理解を図りたいという議長や特別委員会の委員長のお考えで開催されたものです。平成29年4月1日から和気町の小中学校と幼稚園が2中学校、3小学校と3幼児教育施設にかえるということでその説明会を行うということです。
一番言われたことは廃止予定の山田小,石生小、和気小、日笠小、和気幼、石生幼、日笠幼、のPTAや地域のかたに最も丁寧に説明をして欲しいということでした。
教育は百年の計と言います是非とも最後にもっとも丁寧な説明会をお願いしたいと思います。

27年度28年度2年間になっている石生小学校
2015年6月7日(日)
自衛隊員の犠牲者新たに判明。

  インド洋イラク派兵で54名が日本へ帰還してから自殺しているということは5月27日の衆議院安保法制特別委員会で明らかになりましたが、今日の赤旗日刊紙によると、2007年のインド洋での他国艦船への給油作戦で作戦中に死亡事案があったことが赤旗の情報公開請求に対してあきらかにされました。
それによると2007年7月13日に佐世保基地を出発し出港した護衛艦「きりさめ」艦内で7月30日に「乗員の死亡事案が発生」していました。
「きりさめ」にて自殺による死亡事案が発生していていたわけであります。帰国後どころか「出撃中」に自殺者が発生していたわけです。

2015年6月5日(金)
年金の個人情報管理がひどすぎる。

 日本年金機構が保有する国民の個人情報がパソコンのウイルス感染を通じて125万件以上流出しているということで連日衆議院の厚生労働委員会で審議がなされています。きょうも終わりのほうをネットを通じて見ました。
共産党の高橋千鶴子議員が追求していましたが社会保険庁を解体して民営化して日本年金機構を設立した時に多くの職員を分限免職しベテラン職員を排除して非正規職員を増やしてきて現在非正規が50%にまで達するという状況で個人情報を保護する体制について危惧されていたが、残念ながら危惧したとおりになりました。
是非体制を強化して欲しいと思いますし、年金資金を株式に運用する予定だそうですがぜひやめていただきたいです。
いま岡山県からも56名の方が5月29日に岡山地裁へ年金減額の取り消しと国家賠償を求めて提訴されました。
今までに18都府県の1981人の方が裁判をはじめられているそうです。
私もつぎはぎだらけの少ない年金で大変ですマクロ経済スライドなどとんでもありません。裁判を応援したいと思います。

2015年5月31日(日)
三田先生講演会へ行きました。

 人にやさしい和気人がやさしい和気くらし育みプロジェクト設立記念講演会が昨日和気町中央公民館で開かれました。
この企画は和気町へ来られている福島原発の放射能からこどもを守るためにと子供さんとお母さん(なかにはお父さんも一緒の場合もある。)が関東地方から和気町へ引っ越して生活しておられるその自主避難の家族の方と話をするなかで東京から岡山市へ引っ越して開業しておられる三田茂先生のなぜ東京からひっこして開業してきたかを話してもらおうと開かれた和気町主催の講演会でした。
大森町長からあいさつがあり、まち人創世の新しい計画を10月までにはつくるその一貫の企画であるということでした。
担当の危機管理室長、やすらぎの泉を運営している延藤さんからも挨拶がありました。
和気町外の方も含めた100名以上の方が参加されていたようです。
福島原発から大量の放射能が放出されていて大変だと言うが放射能は東京や関東のホットスポットが大変だということ。

今診療をしてきていて大人も子供も好中球(白血球の一種)の減少が気になるということでした。甲状腺のガンももう発生してきているがチェルノブイリの経験を見てもいま事故から4年と少しだがこれから先が大変な影響が表面化してくるのではないかということでした。
 鹿児島の川内原発再稼働などとんでもないとほんとに思います。

今後とも自主避難の方の話を聞いていきたいと思います。町内の皆さんにも空いている家を是非とも借家などに提供していただきたいと思います。よろしくお願いします。

2015年5月28日(木)
岡山県後期高齢者広域連合議会選挙へ立候補しました。

 きょう午後1時ごろ岡山県後期高齢者広域連合の議会議員の選挙の立候補をしました。
後期高齢者広域連合とは75歳以上の高齢者の医療制度をつかさどっている行政組織です。それの議員で町村議会から4人の定員わくがあります。
議長会の推薦で美咲町、鏡野町、和気町、里庄町のそれぞれの議長さんが町村議長会の推薦で立候補ですからはげしい選挙になります。
共産党以外の無所属の方にもご協力いただいて立候補することができました。

2015年5月26日(火)
6月議会へ請願、陳情を提出ください。

 いまのところ6月議会の準備として6月8日(月)が議会運営委員会、15日(月)が議会初日の予定のようです。
したがって請願や陳情は6月3日(水)には役場3階の議会事務局まで提出ください。

2015年5月24日(日)
やすらぎカフェへいきました。

 昨日午後1時すぎから和気町中央公民館でひらかれたやすらぎカフェへいきました。
やすらきカフェとは福島原発事故が起きてから関東地方の幼児から中高生を持たれる親御さんが放射能のない安全な環境で子育てをしたいと岡山県の和気町へこられた家族の安らぎの場と和気町民との交流の場としても実施しているカフェです。
手作りのお菓子やパン、カレー、無農薬の野菜などを持ち寄り販売するコーナーやあやとり(工作)コーナーありで毎回楽しみな会です。今回は学校の教科書のコーナーもありました。問題の育鵬社の歴史や公民の教科書や自由社の歴史の教科書もありました。

2015年5月23日(土)
教育が一方向へ偏向していっているのでは

 備前市の総合教育会議が開かれ市長や教育長はじめ教育委員6名が出席し教育大綱の修正案を協議して5月末までに委員の意見を反映した修正案を策定し6月1日〜10日までパブリックコメントを行い6月23日の総合教育会議で大綱を決定するとのことです。
また岡山県も5月22日に岡山県の総合教育会議が開かれ伊原木知事と県教委が参加して県から教育大綱の素案が示されました。素案では「心豊かにたくましく、未来を拓く人材の育成」を基本目標に、学力を向上させる魅力ある学校づくり、家庭・地域の教育力向上、規範意識と思いやりの心、健やかな体の育成の5項目を基本方針に掲げたそうです。8月の第3回の会議をへて教育大綱を策定するそうです。
一見いいことのようですが、戦前軍国主義教育がどんどん強制させられ教育勅語を暗唱させられ、子供たちを戦場へ送る兵士として育てていった苦い教訓から、行政は教育内容に干渉せず教育条件の整備を一生懸命実施することに専念するようになりました。
 そういう考え方から再び教育基本法や地方教育行政法の改正により全国学力テストの実施からその成績の開示など競争ばかりあおる教育介入が目に余っているように思えてなりません。
学力テストで10位以内に入ることがどれだけの意味があるのでしょうか?教育もへんな方向へ右へならえしてきているようでこわいです

コマーシャル  赤磐市9条の会の集い  連絡先 赤磐9条の会 渡邉康夫(086−995−2591)

  5月24日(日)午後2時〜5時赤磐市中央公民館 第1会議室
 1、映画鑑賞による学習会
   「ストップ戦争への道」(30分)「9条を抱きしめて」(50分)
 2、これからの運動の進め方について意見交換




佐伯区運動会(ページとは関係ありません。)
2015年5月17日(日)
戦争法反対の宣伝をしました。

 戦争法反対の宣伝をしました。まわっているともう田植えが終わったところもあるし、苗床の準備をしている農家の人もいらっしやいました。田植えが近づいてきていますね。
こう書いているうちに大阪市の住民投票で反対が勝って橋下市長は市長を12月までつとめ次は出ず政治家を引退すると記者会見している模様がテレビに映し出されていました。
なんとか勝ててホットしました。まだ人を見る目も民主主義も死んではいなかったという気持ちです。
政治の潮目が変わってくるかもしれませんね。

和気町田土の棚田
2015年5月17日(日)
戦争法反対の宣伝しました。

 きのうは戦争法反対の演説をして回りました。そのあと脱原発のベジタリアン川村淳さんの話を聞きました。
紙芝居のようなトークをしてママチャリで全国の原発や六ヶ所村等回っているそうです。
午前中は佐伯区のみぞそうじでしたが、午後はきょうも私は戦争法反対の宣伝をして回ります。

2015年5月12日(火)
大阪へ行ってきました。

 今日は岡山県革新懇として大阪市解体へ向かっている住民投票反対の応援隊に参加しました。午前中は長居公園前のライフというスーパーまえでハンドマイク宣伝を1時間半しました。午後は住之江区刈田5丁目の大阪市をよくする会(大商連、大阪労連、民医連、新婦人、共産党、障連協、大生連、大借連、民青、民権連、年金者組合、などで構成)のビラを配りました。
長居公園はサッカー場などあるとこで昔1980年ぐらいに赤旗まつりをやったことがある場所です。
焦点は3つです、1、賛成が1票でもおおければ大阪市という政令市がなくなる。ということです。
2、「大阪市をなくして特別区」になれば直接入る税収が今の4分の1に減るということです。
   「国保」も、介護保険も、子供の医療費助成も悪くなる可能性大です。
3、大阪市を廃止して特別区を作るのに、680億円もかかります。橋下市長は二重行政解消により、2700億円、4000億円と言いますが、その根拠は2重行政に関係ない地下鉄売却や市有地売却などで超水増ししたものです。今無駄な二重行政などありません。

2015年5月8日(金)
久しぶりに映画を見ました。

 連休最終日おととい6日に「風に立つライオン」というさだまさしさんが原作で大沢たかおがプロデュースした映画を見ました。
長崎大学の黄熱病の研究所にいた医者が現地の赤十字の病院に対して派遣されたが途中から長崎大学をやめて専属の医師としてつとめたが好意で紛争地域へ出向いてゲリラの攻撃にあい亡くなってしまったという話です。
麻薬をうたれて意に反して少年兵になった少年がそこの病院に付属した孤児院でおおきくなって医師になり日本の東北の震災の現場に立っている場面も出ました。
ホントに平和な日本を続けていきたいという気持ちがダイレクトでないそこはかとなく.感じさせるような映画でした。
わたしはなんとしても憲法9条のある平和な日本、独立した日本、東アジアの平和に貢献する日本を守っていきたいです。

2015年5月3日(日)
憲法記念日です。

 本日は憲法記念日でした。戦後70年目の68回目の憲法記念日です。4月27日にはアメリカで日本とアメリカの外務大臣と防衛大臣、国務長官と防衛相での日米防衛協力のガイドラインを新しく取り交わしました。
そして安倍総理もアメリカの上下両院合同会議で演説し戦争立法を夏までに成立させると約束しました。大変な危険な状況の中での憲法記念日です。こんごとも支持政党の枠をこえて戦争法案反対の取り組みを今後行っていきたいと思います。
きょうは和気のスーパー前などで演説しましたが自動車の台数が大変多いです県外ナンバーが多いです。「藤祭り」のためか県道岡山赤穂線の藤野吉永方面への渋滞が大変でした。

2015年4月24日(金)
津山市議会の応援へいきました。

 津山市の市議会の応援へ行きました。晴天で外は初夏の陽気です。
街角で赤旗宣伝を森脇県議とがんばりました。
それにつけても自民党と協力している某公明党のポスタ見ましたところ党名のところはものすごく小さいですね。集団的自衛権や消費税増税など悪政に協力しているので恥ずかしいいのでしょうね。公明党の候補は原ゆきのり氏、岡安あきのり氏、ひろたに桂子氏です。



2015年4月22日(水)
全国学力テスト実施される。

 昨日全国の中学校3年と小学校6年の学力テストが実施されました。それに岡山県では独自の中学校1年生対象の国語、社会、数学、理科の4教科で実施し7月には中学が1校のみの町村を除いて市町村別の成績を公表するといいます。
なんと意味のないことでしょう。今春から津山高校にも中学校が併設されて津山地域の小学生も受験競争に駆り立てられる状況が始まりましたし、今年3月には大安寺高校は4月より6年制中等学校になるため高校の閉校式を実施したそうです。
なんか教育界もおかしいことが進行しているのではないですか。岡山県知事が学力テストで全国10位以内をめざすとか言っておられるそうですが。岡山県の学力低下はいじめや不登校、校内暴力など教育三悪がはびこっているからではないでしょうか?それに、首長が教育長を指名するのは戦前の教訓=政治への教育介入、国家統制を忘れているのではないですか?
先生たちも追い詰められて競争でヘトヘトになりだんだん少しずつ一つの方向へ引っ張られていってるのではないですか?

町内の小学校の学習発表会より
2015年4月20日(月)
津山市の選挙で2議席を必ず

 津山市の市議会選挙がはじまりました。定数28人に32人立候補という少数激戦です。
共産党は末永、久永両議員にかわって美見みち子(58才)(元職)中村聖二郎(60才)(新人)の2人擁立で必ず共産党の2議席を守り住民本位の津山市政をつくろうと頑張っています。

2015年4月20日(月)
ふるさと佐伯とマラリア研究講演会成功

 18日(土)に二つ一つは来賓として、もう一つは主催者側としての集会がありました。一つは佐伯地区招魂祭(午前中)と「ふるさと佐伯とマラリア研究」と題する講演会です。招魂祭は佐伯地区で日清戦争から太平洋戦争で亡くなられた280余の戦死者の慰霊をする会です。和気町社会福祉協議会主催で遺族が招かれて慰霊の行事をずっと行っているものです。今年は遺族代表の挨拶の中に集団的自衛権が実施されたら日本の自衛隊に犠牲者をだすことがないようにと、憂慮されるお言葉がありました。
私のおじさんにあたる人も24歳でフィリピンで戦死しています。
絶対に集団的自衛権実施してはいけないと思います。ASEANのように平和の共同が東北アジアでも進んで欲しいとも思います。
マラリア研究の講演会は愛媛大学のプロテオサイエンスセンター長をしている坪井敬文教授の講演でした。
今タイやパプアニューギニアへはいってマラリアの研究をしているそうです。特にワクチンを開発しようといま一生懸命研究しているということでした。

2015年4月14日(火)
一斉地方選挙(前半戦)が終わりました。後半戦も頑張ります。

  一斉地方選挙が終わりました。岡山県では、岡山市で森脇(北区)、氏平(中区)、倉敷市・都窪で須増の3人の県議が誕生し、1議席増、岡山市議、で5人が当選しました。
全国的には、神奈川県がゼロから一期に6議席に、長野県が8議席で1議席増、京都も11から14へ3議席増、北海道が1から4で3議席増というふうに躍進しました、特に今回は史上はじめて全都道府県に議席を得ました。
引き続き、26日投票の一般市議、東京特別区議、町村議の選挙があります。
私は津山市へ.応援に行こうと思っています。


記者会見する、津山市議候補の中村聖二郎
美見みち子氏です。
左から森脇、氏平、須増各県議、河田、竹永、東、林、田中各岡山市議
2015年4月6日(月)
3月議会の報告遅くなりました

 3月議会は3月23日(月)に終了しました。予算や条例改正など主なものは以下のようでした。

26年度補正予算

プレミアム付き商品券事務委託料  3993万

1万円で13000円の購買力(プレミヤ3割)を12500口販売6ヶ月有効

調査測量設計委託料     2925万4000円減額

 父井原の農地を対象に工業団地にできないか3000万調査費計上していたが47万円をGPS測量に、27万円を水量調査に使ったが、調整池に相当面積を取られ10haのうち7haぐらいしか使えない、水の浸水を考えると4m程度盛土して総費用が28億円にもなり売る時には坪13万円にもなりとても売れるような価格にはならないとして計画断念し、別の場所を今後探していく。

27年度当初予算

藤野保育園初瀬保育園改修工事1億6000万円

佐伯幼稚園改修工事          8000万円

小学校施設工事費            6400万円

今年度設計と工事入札まで執行、ソフト的な事は準備員会を4月に発足させて校名、や制服・スクールバスなど細かい点について協議していく。

企業立地奨励金 5919万6000円

 ヤクルト進出に伴う補助金5000万円と雇用奨励300万円(5年間)水道料半額補助619万(15年間)

介護保険料の値上げ 基準月額4465円(年額53600円)だったものを基準月額5000円(年額60000円)に約12%値上げです。

若者定住促進固定資産税課税免除条例

新築でも中古でも40歳未満の町民が家を取得した場合5年間固定資産税免除する。

という具合でしたので、介護保険条例改正には年金暮らしの生活を犯してしまうとして反対しました。介護保険特別会計の予算にも5200万円も保険料収入が増えるということは町民の.保険料負担がそれだけ増えるということで問題だ、値上げをやめて財政調整基金からの繰り入れでまかなえるのではと反対しました。
町職員の給与条例も約2%引き下げで、民間の自動車や電機大手で4000円とか5000円で最近にない賃上げとか持ち上げていますが、今は消費税の値上げと円安による物価値上げで喜こべるような状態ではない労働総研による調査ですと6%以上のベースアップ(額にして18000円以上)でなければだめ。町職員の給与は町内の福祉職場や中小企業の基準にもなるわけで地域経済に与える影響も大である。もっと意欲が沸くようなしっかりとした給与体系にするべきではないでしょうかと反対しました。

 27年度一般会計予算にも学校統合に反対であるし、マイナンバー制度は将来の医療費や介護保険料まで知らぬ間に高く取られるような仕組み変えられる、また予算全体として町債(借金)の比率が11.7%にもなり最近9年間で3番目に財政規律の悪いものになっている。人権関係でも運動団体補助金300万円旅費200万円等残しているので差別解消の障害になってくるとして反対しました。




2015年4月6日(月)
4月3日(金)県議選の告示でした。

  4月3日(金)は岡山県議会選挙の告示でした、備前市・和気郡では定数2で無投票となり自民党の内山県議と池本県議の2議席確定です。くやしいです。集団的自衛権反対、東備地域の衰退をすくう県民の真の代表を擁立したかったです。
そのかわりと言っては失礼ですが岡山市中区の氏平みほ子県議と林じゅん市議の応援に3日と5日の2回いきました。
看護師とケアマネージャーの経験を活かして2期目の挑戦の氏平みほ子氏は戦争への道を走る政治にストップの声を医療社会保障の充実をとがんばっています。林じゅん氏は子育て世代の代表として、岡山市の教育の充実、中学生までの通院も医療費無料をと頑張っています。

2015年3月18日(水)
あすの和気町議会の日程は一般質問

  あすは選挙後はじめての一般質問の日です。12人のうち6人の議員が質問します。
一般質問の質問要旨

2015年3月14日(土)
幼稚園(保育所)卒業式と各委員会視察

 昨日は幼稚園の卒業式(卒園式)が午前中あり午後1時から現地視察がありました。
私は佐伯にこにこ園(佐伯幼稚園と佐伯保育所の共同施設)の卒業式と産業委員会の視察へいき午後4時頃までかかりました。
卒業式は、藤野幼稚園、和気幼稚園、石生幼稚園、本荘幼稚園ではあったようですが、日笠幼稚園は休園中なのでありませんでした。
視察では総務厚生委員会はさぞかし委員会が統合したから私たち産業委員会より長いかと思っていましたが、午後3時頃には終了したそうです。
総務は藤野小学校藤野幼稚園、和気鵜飼谷温泉プール、生ゴミセンター(和気町苦木)を見たようです。
産業委員会は、福富の清水橋、初瀬排水機場、広域農道和気赤磐トンネル、坂本排水機場、大田原排水機場、町道・原田原上線、佐伯浄化センター(父井原)、田土川改修(岩戸)、広域農道(田土)、りんご園(南山方)を見てきました。

2015年3月7日(土)
和気町議会3月定例会が始まります。

 和気町議会3月定例会は下記予定です。

月  日

開始

内   容

9日(月)

午前9時

議案説明(補正予算、条例、一般会計)議運

   10日(火)

午前9時

議案上程、説明(特別会計{当初}、その他)

    11日(水) 

休会

12日(木)

午前9時

質疑委員会付託、陳情上程、質疑、付託

13日(金)

午後1時

各常任委員会(現地視察)

16日(月)

午前9時

ゴミ、温泉、学校各特別委員会、全員協議

総務厚生常任委員会(午後1時)

17日(火)

午後1時

産業常任委員会(午後1時より)

18日(水)

休会

19日(木)

午前9時

一般質問議会運営委員会

20日(金)

午後1時

一般質問(予備日)

23日(月)

委員長報告質疑、討論、採決、

終了後、議会広報編集委員会

なお今議会よりインターネットでの議会中継が9日より開始されます、和気町のホームページの和気町議会から入りリンクができるようになるそうです。(中継は本会議のみで町長の所信表明と一般質問はオンデマンドで何回でも視聴できるそうです。)


議会中継がされる役場本庁舎の玄関のテレビ
2015年3月2日(月)
和気町臨時議会が終わりました。

3月2日(火)臨時議会が開かれ、選挙等により議長、副議長以下次の役員構成となりました。  (◎は委員長、○は各副委員長)

町議会議長  草加信義    

副議長    安東哲矢

総務厚生常任委員会

◎草加敏彦○万代哲央、安東哲矢、尾崎忠信、当瀬万享

柴田淑子、居樹豊

産業常任委員会

◎広瀬正男○山本稔、山本泰正、草加信義、西中純一、

北部衛生施設組合議会、

西中純一、尾崎忠信、草加信義、

和気赤磐し尿施設組合議会、

万代哲央、草加信義、

和気老人ホーム組合議会、

当瀬万享、柴田淑子、草加敏彦、草加信義、

東備農業共済事務組合議会、

山本泰正、草加信義、

東備消防組合議会、

広瀬正男、居樹豊、山本稔、草加信義

議会運営委員会 ◎尾ア忠信、○当瀬万享、草加敏彦、広瀬正男、安東哲矢、山本稔

議会広報委員会 ◎山本稔○安東哲矢、尾ア忠信、居樹豊、西中純一

和気町監査委員議会選出委員  当瀬万享

ごみ処理施設整備事業特別委員会◎西中純一

和気鵜飼谷温泉事業特別委員会◎安東哲矢、○山本稔

学校・園再編成整備事業特別委員会◎当瀬万享○草加敏彦

議長選挙には草加信義議員、西中純一が立候補し、票対2票無効1票で草加信義議員の当選となりました。副議長は議長推薦で決めることになり、安東哲矢議員が決まり安東哲矢議員の当選となりました。


役場の玄関に議会中継のテレビがつけてありました。
2015年2月15日(日)
町議選結果でる。

 町議会選挙の結果が出ました。

               前回票  前回差
   草加信義
 70   日笠下  現  1011  889  122
   安東哲矢  64  公明党 和気  現  790  729  61
   草加敏彦  73   日笠下  現  741  857  ▲116
   山本泰正  67    日笠下  現  698  702  ▲4
   尾ア.忠信
 67    矢田部  現  694  578  116
   万代哲央  63    原  現 681   818  ▲137
   当瀬万享  64    藤野  現  680  691  ▲11
   山本稔  59    父井原  新  625    625
   西中純一   59  共産党  父井原  現  613  442  171
   広瀬正男  64    日笠下  現  496  360  136
   居樹 豊  66    福富  新  487  288  199
   柴田淑子  80    尺所  現  486  543 ▲57 
   秋山政美  67    衣笠  現  424  298  126
   安倍政敏  65    和気  現  297  381  ▲84



2015年2月10日(火)
いよいよ町議会選挙が始まりました。

 今日から和気町議会選挙が始まりました。どうなるかと思いましたが、出陣式も無事終わり今日は午前中を中心に佐伯午後の途中から和気方面へ演説して回りました。ほかの候補は見てはいませんが演説をしているのは見たことがありません。連呼して流しているのが多いのではないでしょうか。
政策をきちんとみなさんに表明してきちんとした選挙をやってほしいものですね西中は共産党だから、だめとか。政策以外のことで勝負はだめではないでしょうか。たのむたのむといって人気投票でもありません。
12人に対して14人立候補です。和気地区から11人佐伯地区から3人立候補でした。現職12人新人2人です。少数激戦です。
政策ビラ

2015年2月1日(日)
イスラム国の残虐な殺人は許されない。

 残念な事にイスラム国の人質になっていた後藤さんがテロの犠牲になったようです。
こんな非人道的な殺人は許されれないと思います。それと同時に不用意にヨルダンやイスラエル等のイラク近隣の国を訪問しイスラム国を刺激した安倍総理と外務省の責任も問われなけなければなりません。
また今後日本人をねらったこの種の事件が連続するかもしれません。集団的自衛権の行使をめぐっての法律改正を実施しないことを強く求めていきたいものです。

2015年1月30日(金)
気になった雪と後藤謙二さん

 昨日の天気予報では今日低気圧の接近に伴って中国地方にも雪が降るのではないかということでした。
でもなんとか雪にならず雨が降っていました。赤旗日刊紙の配達をどうしようかと心配していましたがどうにか雨になっていたため難なく配れました。
しかし南山方とか北山方方面の高いところは一部雪になっていました。来週は四輪駆動の車にチェーンを巻いて上がらなければならないかもしれません。
もうひとつイスラム国の人質になっている後藤さんの件が心配ですヨルダン政府は死刑囚の女性を解放する用意があると言いながらパイロットの無事が確認できないなら返さないと言っているしこのままだと不測の事態にならないかと心配です。でも日本の集団的自衛権と言われる戦争加担は絶対ダメですね。日本人が標的にされることが懸念されます。

2015年1月26日(月)
農民連定期大会へ行きました。

 岡山県農民連(農民運動)の定期大会へ押しかけ来賓でお邪魔しました。赤磐市の福木市議会議員ともども来賓挨拶させていただきました。
実家はピオーネやシャインマスカットなどぶどう農家であること、今、政府が農協つぶしや農業員会を首長の任命性にしようという法案を今回の通常国会へだそうとしているけれどとんでもない農協は信用や共済事業があって利益がありその利益を営農指導や経営指導にも役立てていること。またこんごとも農民連やJAの皆さんとも協力共同をつよめてTPP反対などの運動を強めていくことを表明しました。終わりに和気町は2月に選挙があります。お知り合いの方に西中をご支援いただくようにとお願いしました。

2015年1月24日(土)
今日も演説や集会へいきました。

 きょうは回数は少なかったですが演説と集会参加をしました。写真は矢田の佐伯幼稚園の前で演説をしている様子です。
やすらぎの泉というシェアハウスが宮田団地の一角にあります。和気キリスト教会の延藤さんを中心にした人たちが放射能から自主避難された人(主として首都圏から来たお母さんとこどもたち)のための一時避難の場所として使っている家です。
その人達と和気町民の交流の場であり家族自身の交流の場です。

遠方へ移住される方もいて別れを惜しんで涙する場面もありました。それにしても原発再稼働なんて問題ですね。
今日の赤旗日刊紙には東京電力の福島第一原発の汚染水処理を今年3月までに終了する予定でしたがそれができなくなったと東電の広瀬社長が発表したということがでていました。

2015年1月17日(土)
街頭演説をしました。
  久しぶりに街頭演説をしました。今後政策宣伝について頑張っていこうと思います。病院給食の一回200円の引き上げ、や介護報酬の引き下げは困りますね。年金のマクロ経済スライドも年金の引き下げが3割にまで達するとも言われる大変なことですね。安倍総理の沖縄県民無視のあの態度は許せませんね。命と暮らしを守り地域を元気にと頑張りました。


2015年1月13日(火)
成人式に参加しました。

 1月11日(日)に学び館サエスタで行われた和気町成人式に参加しました。和気町では148人の方が成人式に該当するそうです。
式の開始前に参加者に日本共産党の成人式用のビラを配りました。
青年の選択が政治を変える、4月の一斉地方選挙は安倍政権にもの申すチャンス、
集団的自衛権を法律に具体化するかどうかも、原発の再稼働許すかも、この春が正念場
一斉地方選挙で自民党・公明党が伸びるか、最もきびしく対決する共産党がのびるのか、選挙結果が国政を大きく左右します。・・・・

2015年1月6日(火)
明けましておめでとうございます。

 本日和気町の鏡開き式、仕事始め式に参加しました。いよいよ選挙の年です。国政につづき和気町政でも躍進できるように頑張ってまいります。ご支援をよろしくお願いします。選挙前の政治活動、後援会加入の運動にがんばります。
党本部も党旗開きが昨日行われて、一斉地方選挙勝利,強く大きな党づくりをめざしてがんばろうと出発しております。
安倍総理は記者会見で国民の賛否が分かれ「激しい抵抗」があろうとも暴走を続けるという新たな暴走宣言だとして厳しく批判しました。また3分の2を超える与党の議席は小選挙区制による虚構の多数であること安倍政権が進めようとしている主要な問題全てが国民多数の意思に反するものであり、破綻した「先のない道」であると明らかにしました。
その上で総選挙で訴えた「日本の政治の5つの転換」ー消費税に頼らない別の道、暮らし第一の経済再生、原発ゼロの日本、憲法9条を生かした平和外交、基地のない平和な沖縄ーの旗を高く掲げ、「対決、対案、共同」の政治姿勢を貫いて奮闘する決意を表明しました。



2014年12月24日(水)
きょうから衆議院で3日間国会が開かれます。

 きょうから衆議院で躍進した21名の衆議院議員が国会で活躍します。大平よしのぶ議員は36歳で今回共産党で当選した議員で2番目に若い議員です。
東京比例の池内さおり議員ともども若さで頑張ります。


2014年12月22日(月)
12月議会終了しました。(12月15日)
西中純一町政ニュース2014年12月18日(木)より抜粋して手を加えました。

和気町議会12月定例議会について
和気町職員の給与条例改正(3年ぶりにアップ)初任給2000円アップ。
和気町放課後児童健全育成事業(=学童保育)の設備および運営に関する基準を定める条例の制定。
和気町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準を定める条例
和気町家庭的保育事業等の設備及び運営の基準を定める条例制定
学校統合案が可決される。(29年4月統合実施)
町立学校園統廃合整備基本計画の策定について賛成多数可決(西中,尾ア、柴田、安部、反対)
住民合意ができていないし統合により交付税が2800万円以上減少し財政上も困難をもたらし
廃止地域もひいては和気町全体も寂れて人口減少に拍車をかけるとして反対しました。
(29年4月から小学校は佐伯小、藤野小、本荘小の校舎を使った3小学校、幼稚園は佐伯保育所のところへ佐伯幼稚園を増築、藤野幼稚園の場所に藤野保育園を増築、本荘幼稚園に初瀬保育園を増築(本荘小プールを解体してその場所に保育園を増築)佐伯中は当面存続していく。)旧山田小学校の一部と日笠小学校、和気小学校、石生小学校はスクールバスで通学、幼稚園は和気地区もスクールバスで通園できるようになる。
27年4月から高校生まで医療費無料化
和気町乳幼児及び生徒医療費給付条例の一部を改正する条例(全会一致で可決し)
27年4月から高校生まで医療費無料化になることが決定されました。
(このことについて西中議員は前回の選挙政策にいれビラや演説でも訴えていました。又、毎年の和気町への予算要望にも上げていました。)
26年度一般会計補正予算についてマイナンバーのための社会保障税番号制度システム整備についての国の補助金がついているが個人情報が問答無用で出されていく問題と社会保障費の給付抑制や社会保険料の徴収強化に使われる恐れがあるとして反対しました。

和気駅前(駅の北)駐輪場の設計費100万円予算化し27年度完成をめざす。

入札指名業者の原則と入札制度の改革に関する請願書(全会一致で採択)

ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願(全会一致で採択)

小人数学級の推進など定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるため、2015年度政府予算にかかる意見書採択の要請についての陳情(全会一致採択)

農業・農村振興対策の強化を求める意見書(町村議長会で一致して実施しようとした意見書ですが、認定農業者を重視する項目が賛成できないため西中は棄権しました。)



9月議会の写真より
一般質問も普段より多い12名の議員が発言されました。
2014年12月15日(月)
共産党21議席獲得し大躍進

  昨日の総選挙で共産党は8議席から21議席に大躍進しました。
ただ自民党も295から4議席減の291議席公明党は4議席増の35議席与党で326議席で全体の3分の2以上になります。
中国ブロックでは36才の新人大平よしのぶ氏が11年ぶりに共産党の議席を回復し初当選を決めました。
中林佳子以来の共産党の議席です。今後、議案提案権をいかして、暴走政治ストップ、国民要求実現のために頑張ります。
町議会の最終日が開かれ学校統合の議案は賛成10反対4(安部、,尾ア、西中、柴田)で賛成多数で可決となりました。
また来年度から高校生(18歳)までの医療費無料化の条例が全員一致で可決となりました。



万歳をする大平よしのぶ氏ら中国ブロック事務所
2014年12月14日(日)
共産党躍進万歳でも自民公明も伸びた

 今日は危険防止運動をやって自分のようをすましあすの町議会の傍聴を呼びかけるビラをまきました。
その後開票立会人の仕事で役場へいき開票の立会しました。
途中でワンセグをみているとTV朝日の選挙速報で大平候補の当確がでました。
やったーでも他の局が当確をまだだしません。心配です。
和気町の開票結果              

 阿部俊子  2433  32%
 平沼赳夫  3816  51%
 古松国昭   914  12%
 無効  243  
 合計  7406  


 自民党  2274  
 公明党  1175  
 次世代  986  
 維新  952  
 民主党  887  
 共産党  704  9.5%
 社民党  110  
 幸福   56  
 無効  259  
 持帰り    
 合計  7405  



備前市で演説している古松候補
2014年12月13日(土)
最後のお願いです、激戦ですあと1票、あと2票広げてください。

戦争政策をストップさせましょう。山陽新聞の23ページの一面広告を見ていただけましたか?




2014年12月11日(木)
岡山駅西口の演説会へ行きました。

  志位委員長を迎えて岡山駅西口で街頭演説会が開かれました。
平日にもかかわらず2階のデッキも含めると1000人近い人が参加していたと思います。なんとかこのチャンスをものにしたいという意気込みが伝わってくる演説会でした。
暴走政治ストップ、消費税10%増税は「先送り」でなくきっぱり中止を。暮らし第一で経済を建て直す。戦争国づくりはだめ平和憲法を生かした平和外交を!原発再稼働ストップ「原発ゼロの日本」に。沖縄米軍基地ノー普天間基地閉鎖撤去を!
と訴えていました。

2014年12月10日(水)
中国ブロックは激戦、あす15時半岡山駅西口で志位委員長訴えます

 あすの演説会にご参加下さい。石にかじりついても中国ブロックで中林佳子以来の共産党衆議院議員の誕生をさせましょう。


島根の選挙区候補、大平中国ブロック候補と中林佳子元衆議院議員
2014年12月10日(水)
町議会は始まっています今日は総務委員会です。

  8日から和気町議会は始まっています。
総選挙の運動やりながらの大変な町議会ですが学校統合案が出てきました。
7小学校6幼稚園3保育所(園)から,3小学校、3幼保施設への改革です。
住民への統合実施案の説明は佐伯地区は各校園の説明を10月22日から実施したそうですが旧和気町の地区へは一切説明がないなかで突然議案が出されてきました。
西中としては住民合意の手続きが整っていないものは議案審議もむずかしいところですが、議運では提出に合意されましたので、継続審議をいいたいですがそれが叶わなければ反対をいうしかありません。
学校なくしてさびれた地域をこれ以上町内で広げると和気町全体がさびれて備前市や赤磐市に吸収されて和気町も佐伯町と同じようになくなってしまうのではないでしょうか?

町議会議会定例会が開催中です傍聴をお願いします。

 

月  日

開始

内   容

 

8日(月)

午前9時

諮問の上程、説明質疑、討論、採決

議案上程、説明質疑、委員会付託

請願陳情の説明、委員会付託

 

9日(火)

  〃

特別委員会(ごみ、温泉)[9時から]

議会全員協議会 (特別委員会終了後

 

10日(水)

  

厚生委員会[9時から]

産業委員会、午前10時30分

総務委員会、(午後1時から)

 

11日(木)

一般質問

議会制度検討委員会、議会運営委員会

 

12日(金)

一般質問

 

  15日(月)

  

委員長報告、質疑、討論、採決

 

動向が注目されていた、和気町立学校の統合の計画の議案が提出されました。

当面2中学校、3小学校、3幼児施設に29年4月から統廃合する。

廃止になるのは山田小、日笠小、和気小、石生小、佐伯幼稚園、日笠幼稚園、和気幼稚園、石生幼稚園です。和気中、佐伯中(当面)佐伯小学校、藤野小学校、本荘小学校は残り佐伯保育所に佐伯幼稚園を増築、藤野幼稚園に藤野保育園を増築、本荘幼稚園に初瀬保育園を増築(6億5280万円) (その過程で本荘小プールを解体する。)

初瀬保育園の場所に本荘小学校のプールを整備。(1億600万円)

佐伯小学校、藤野小学校を改修( 4800万円)

平成27年度に予算措置をして、28年度に校舎等を整備し29年度4月に統廃合完成する。

スクールバスは4台購入予定です。(2200万円)保育園(所)は保護者送迎、幼稚園ではスクールバスに乗れるようつとめる。

 

西中純一町政ニュース2014年12月4日(木)文章責任 西中純一

                   連絡先 89−3096

メールアドレスj-nishik5563@mx81.tiki.ne.jp

 

表面のように学校統廃合について、まだ町民への説明もきちんとしていないのに、いきなり12月議会で決定しようしており,予断を許しません。

下記が各議員の連絡先です。意見を電話等で行ってください。

氏名

連絡先

  電話番号

万代哲央

原371

92−0826

山本泰正

日笠下586

92−1764

安部政敏    

和気309

92−0092

尾崎忠信   

矢田部488

88−0310

西中純一

佐伯218

89−3096

広瀬正男

日笠下1046

93−1665

草加信義

日笠下263

92−1737

安東哲矢

和気266−5

93−1710

実末一敏

衣笠777−2

93−2215

秋山政美

衣笠728

93−1490

当瀬万享

藤野1478

93−2416

草加敏彦

日笠下140

93−2464

柴田淑子

尺所575−5

92−1425

坪井迪郎

矢田547

88−1167

安藤勝介

佐伯527

88−0043

 

 

教育は100年の計とも言います、地域づくりにも大変大きく影響します。

和気では日笠岸野の旧保曽小学校、佐伯地区塩田の旧塩田小学校、北山方の本谷の三保小学校の地域をよく見てください、学校がなくなると、どんどん地域がさびれるのではないですか、切磋琢磨して競争するだけが教育ではないと思います。

他人の人間性を認め合いお互いを尊重していけるおだやかな教育空間も必要ではないですか?

また、地域住民への説明は中間報告でしかなく、答申そのものも実施案もどちらも住民説明もないですし。住民合意ができているとは言えません。

議会への提案も実施案は今回がはじめてです。あまりに拙速としか言えません。



9月議会の写真です
2014年12月3日(水)
総選挙2日目です。政治を変えるチャンスです。

 岡山3区の候補者古松国昭さんは和気、佐伯、吉永、日生を元気にまわっていきました。暴走政治ストップ、消費税すえおきでなくきちんと中止をと訴える古松さんです。

2014年11月24日(月)
古松衆議院岡山3区予定候補がんばる。

 古松国昭氏は日本共産党岡山3区総選挙予定候補になりキャラバンを22日から実施しています。
24日は和気町、赤磐市、備前市を元気一杯宣伝して回りました。写真は備前市日生町で川ア市議と宣伝しているところです。

和気町JAグリーン前

2014年11月21日(金)
和気町への予算要求をしました。

 本日午後1時から大森町長にお会いして平成27年度予算要求をしました。
本日は17項目の要望事項を事前に提出し懇談しました。
高校生までの医療費の無料化や駅前の派出所の裏の駐輪場の設置を実施予定であるとしましたし、
、住宅リフォーム制度は27年度も据え置くということでした。
ただ学校統合案は佐伯中は残すがそのほかは答申のとおりの案で議会全員協議会も開きながら学校統合の基本計画を12月議会に提出するつもりだと言われました。
私はまだ実施する計画を各学区で説明もしていないしこのような段階で提出すべきではない、和気学区のあるひとは「いままで和気町の事業に協力してきたが学校統合のきちんとした説明がないこんなやり方にはついていけないので今後一切町の事業には協力しないつもり」と言われていた、こんなひどい状態を起こしているのにすぐやるのか?と質しました。

2014年11月19日(水)
解散総選挙で安倍政権と増税3兄弟にお灸をすえよう。

 昨日午後7時10分ごろから27分安倍総理大臣は解散総選挙について記者会見しました。消費税再増税を1年半先延ばしする、平成29年4月には経済条項をはずして必ず10%実施する。8%への増税が個人消費を押し下げる重石となったことを認めた上でさらに来年10%にすることは個人消費を更に押し下げデフレ脱却をも危うくする。アベノミクスの成功を確かなものとするために10%への引上げを18ヶ月間延期するというものです。
このことについて信を問うというものです。
この消費税増税は民主党の野田政権の時に、民主、自民、公明の3党で合意して成立したものです。ですから経済政策の失敗だ凍結しろと言っている民主党にも批判する資格はありません。増税3兄弟にも厳しい審判を下していただきたいものです。今回とりあえず1、3、4,5区では候補者が決まりました。今回も3区は備前市日生町出身の古松国昭氏が3区の小選挙区候補に決まりました。中国ブロック比例区では大平よしのぶ36歳が立候補を表明しています。


前回選挙の古松国昭氏
2014年11月16日(日)
後援会事務所びらきを行いました。
16日10時より佐伯233−6の西中純一後援会事務所で後援会事務所開きを行いました。父井原や佐伯をはじめ約50名の参加で必勝を誓い合いました。西中は佐伯の代弁者として佐伯地域の振興のためがんばる、学校統廃合については住民合意をつくしていくことが重要なのでそのために頑張る。人権事業について和気町では人権条例に基づく各種研修会が実施されています、人権条例に基づくいわゆる同和事業は廃止して真に民主主義と人権の確立のためがんばる,また、戦争中に戦争に最後まで反対してしている党があったことにも感激して入党した、戦争反対の仕事をやりきるために頑張ると述べました。
 西中純一後援会事務所   和気町佐伯233−6  TEL&FAX0869−88−9220
   
2014年11月9日(日)
棚田祭り(8日)へ行きました。

 毎年やっている和気町田土の棚田祭りへいき、簡単にあいさつをしました。
いま米の暴落で大変ですこの美しい棚田が守れるような国の取り組みが望まれますそのために頑張ってまいります。と述べました。
今年も手打ちのそばをいただきました。おいしかったです。今年は棚田でタップダンスがありました。200人でしたがそうかんでした。

2014年11月2日(日)
政治活動がんばった。
 本日は、政治活動用ポスターを貼ったり、演説をしたり,ニュース後援会入会のため知人を訪問をしました。
2014年10月27日(月)
岡山赤旗まつり続報

 紙智子参議院議員は25日のソウルでの日韓・韓日議員連盟の合同総会に参加してから直接岡山へこられたそうです。
今回の合同総会では共同声明を全会一致で採択し、慰安婦問題をはじめて正式議題に取り上げ、「慰安婦」被害者の「名誉回復と心の痛みをいやすことができるような措置が早急に取られるように日韓双方がともに努力する」と強調しました。

2014年10月26日(日)
第32回岡山赤旗まつりに参加しました。

 岡山市の県営総合グランドスポーツの森広場で開かれた赤旗祭りに参加しました。
最初に壇上にあがりな奈義町や岡山市玉野市の市議会議員津山市の市議予定候補そして岡山市の県議会議員2名、倉敷市都窪郡区の県議予定候補と一緒に紹介されて必勝を誓いました。
また、模擬店には和気町後援会としてカレーとりんごを売りました。
懐かしい方々ともお会いして選挙での支援をお願いしてきました。

2014年10月25日(土)
佐伯ストアー営業停止。

 平成21年〜和気町の建物を借りてスーパーを営業していた佐伯ストアーが営業を22日から停止しています。
自家用車を持ってどこでも行ける人はいいですが和気町の佐伯地区では車のない人は買い物一つも大変です。平成16年から和気町の建物を借りて営業してしていた佐伯ストアーが営業をやめました。
平成15年に旧ショッパーズ羽賀さんの建物は佐伯町の所有となっておりその建物を平成16年に賃貸することを佐伯町が決め業者募集し選定の結果、今の佐伯ストアーが決まって今まで営業していました。
平成18年3月に佐伯町は和気町と合併したが賃貸はその後平成21年に契約更改し今に至っていました。
旧ショッパーズ羽賀さんの建物の下の土地は牛イ伯プラザの解散に伴い、岡政孝さんと林正章さん所有となっております。)
いままでどおり岡時計店も林薬局さんも営業できればいいですが、今後のことが心配されます。


サエスタの手前が佐伯ストアー、時計屋、薬局
2014年10月21日(火)
社会保障の充実キャラバンに同席

 昨日岡山県社会保障推進協議会(岡山県社保協)の社会保障の充実を求める全県キャラバンの和気町への要請懇談の場所へ同席させてもらいました。
要請項目は
1、国保の保険料(税)を下げること、国保の広域化をしないように国にはたらきかけること。
2、生活保護に関しては昨年8月に引き下げられた保護基準をもとにもどすこと。
3、介護の課題について、要支援1・要支援2の利用者を受け入れる地域支援事業においてはこれま でのサービス低下にならないように人員・財源を確保すること。
4、年金のマクロ経済スライドを適用しないように国に求めること。
回答では
1、和気町の国保税は高くなくて県下で20番目で高いとは思わない、町村会を通じて国の補助金額を 増やせと言っている。

2、保護は、町では福祉事務所がないため備前県民局で対応している。
参加者より和気町では受給者を役場へ呼び出していることに不満がある銀行振込にしてくれという声もあるようだが。町長からは岡山県議会でも和気は保護の率が一番高いと問題になっているようである。
3、介護の要支援1,2の方のサービスを以前と変わらないように努力していく予定です。
4、年金については国の動向を注視していくということでした。

2014年10月17日(金)
きのう今日と長野県南箕輪村へ視察に行きました。

  昨日と今日南箕輪村へ視察に行きました。
初日は、名神高速の岐阜羽島で高速道での追突火災事故にあい、高速道路から県道へおりて高速も迂回路へ回ったりして、2時間遅れの午後4時に役場ヘ到着してお話をうかがいました。
時間の関係で村営の大芝高原のレストランと宮田村の聴導犬の訓練所はいけませんでした。
 今日は駒ヶ岳のロープウェーに乗り、千畳敷カールまであがり、駒ヶ岳の頂上と反対の山梨方面の南アルプスの嶺を見て富士山も遠景として見ました。

高さ2610メートルの千畳敷カールから駒ケ岳方面をのぞむ


中央高速から見える御獄山の煙
2014年10月16日(木)
視察(長野県上伊那郡南箕輪村)へ行きます。

 今日は6時半出発で長野県の南箕輪村へバスで視察へ行きます。ここは、三沢準という共産党員村長のいたところです。
福祉とが充実しているようですが今日は全国でも人口がこの30年間で2倍ぐらいにふえて1500人ぐらいになったということで有名になっているそうです。そこを視察してきます。御獄山さんとは中央アルプスをへだてた木曽谷のとなりの天竜川の河岸にある盆地部分です。
また17日か18日にアップしたいと思います。


これはパソコンにあった写真です
南アルプスかも?
2014年10月14日(火)
片倉議員辞職許可される。

 4月から行方がわからなくなっていた片倉弘貴議員の辞職願が11日に出されていましたが本日を持って議長により辞職が許可されました。今月9日に京都市において占有離脱物横領罪で逮捕されていた片倉議員は9日午後3時半に京都地検で処分保留として釈放されて身元引受人に引き渡されていました。
その後11日(土)に彼は身元引受人である彼の父と役場3階の議長室をおとづれ安藤議長と秋山副議長と面会し、お詫びの挨拶があり、失踪の理由をのべ、今後の進退について説明がありました。
失踪の理由として、対人関係に悩んだ、議員活動にも、事業にも.いきづまり自殺しようと各地をさまよったが死にきれなかった。
議員の辞職願(11日付)、未受領の議員報酬(7月〜9月)および受領(4月〜6月)の権利放棄申出書、寄付申出書(4月〜6月までの受領済み分)をその時提出された。権利放棄申出書と寄付申出書は執行部へ本日引き渡した。ということです。
本日の全員協議会ではそのことの説明と今後の対応について意見交換が行われました。
その中で、もっと早期の対応(例えば6月時点ぐらいで議長と親御さんが記者会見しお詫びし本人と世間の人に連絡と情報提供の呼びかけをする。)ができなかったか?一期生の彼を議会広報委員長にして指導できなかった責任はどうか?等の意見が出された。議員というものは当選すればどの議員も1人前に扱われるものですが、町議会全体の責任についても反省する面があるかもしれません。そうしなければ現状は変わらないかもしれません。本人に責任があるのは当然ですがまわりの人間の責任も多少あると思います。

2014年10月14日(火)
人権連の研究集会が12日(日)松江市で開催。

 今日は台風一過で雲があるものの穏やかな朝を迎えています。
さて和気町では未だに同和を中心の人権研修や教育が行われています。
このことについてほとんどの町民の方はもう差別は終わったのだから終了して欲しいというのが本音だと思います。
このことについて、松江市で12日に人権連(旧全解連)が第10回全国研究集会を開きました。
「部落問題の解決と行政・教育」の分科会では、社会問題として解決状況に至った同和問題に対し、同和事業や同和教育を続ける弊害を交流したということです。
和気町でも地区の人権研修(全財産区で実施)についてもは「来る人は決まっているしお通夜のようなもんじゃ、はよやめてくれー」という声が多いです。
まさに和気町でも3500万円もかけて効果のない事業はやめてもらわなければいけません。

2014年10月12日(日)
きのう父井原区敬老会(ふれあい会)へ行きました。

 和気町で敬老会は現在、各区で開いていますす。父井原区は隔年で開催しています。そこへ来賓として出席させていただき挨拶をさせていただきました。
 まず、同僚議員片倉議員逮捕のおしらせ、ご心配ご迷惑をおかけしていること。
今年3月議会までは出席したのに、そのあと行方不明になり今に至る。14日に全員協議会を開いて今後のことについて議会で協議すること。  ここに至ってはいさぎよく議員辞職をされるのが良いと申し上げました。
 また最近は兵庫県の県議会議員の政務活動費のことが問題になっているなか、岡山県議会でも現在は1万円未満だと使用明細を公開していない。そのことについて共産党を含む野党の18名で1円から公開するように規約を変える条例改正を提案したが、自民党が多数で否決したこと。共産党は今後とも1円から公開するように頑張ることを伝えました。
 年寄りいじめの年金引き下げや消費税の値上げには反対です。
学校統合問題が出てきているが、佐伯中学校をなくしてはならないという請願を佐伯地区の18名の区長さんが出されたものの7対7の可否同数となり議長判断となり否決になった。しかし町長は18名の区長さんの意見は無視できないと中学校は存続の方向に向かっている。
こんごとも私は議論が煮詰まっていないので住民合意に到達するまで議論を続けるべきだ。12月に即議案をだして採決するような拙速なことしてはいけないと表明しました。
いずれにしても佐伯の思いを届けられるように頑張りますのでご支援をお願いしますとむすんだ。

2014年10月10日(金)
大森町長、区長会で学校統合の計画を説明せず。

 大森町長は9月定例議会で学校統合の方針について10月10日の区長会で説明して12月議会に統合案(設置条例と和気町総合振興計画の変更)を提出すると言っていたのですが、教育次長の小金谷次長が9月26日までの経過と今後の計画変更を議会に提案するということを説明したそうです。
しかし学校の配置計画そのものについては説明がなかったそうです。一体どのように学校配置を変えるつもりでしょうか?議会の多数派工作だけしといてだましうちするつもりでしょうか?
9月議会で発言していたことと違います。今に始まったことではありませんが、無責任な町長さんですね。区長さんから何も異論を事前に捉えるものがいなかったから当然といわれるかもしれませんが、統合の内容は胸の内に収めておいて12月議会にその場ですべて提出するのでしょうか。
 民主的でないとんでもない卑怯な大森町長さんだと思います。
和気町のまちづくりは今後どうなっていくんでしょうか?
今日は片倉議員逮捕があって学校統合の事に注目が集まらなくて救われたのかもしれませんが町民の目はふしあなではありませんよ、もっと町民にきちんと説明をしていくべきですし、まだまだ学校統合について意見は煮詰まっていませんし、町民の世論もよくわからないからもっと議論をするべきだというところでしょう。

8月31日(日)りんご祭りにて
2014年10月10日(金)
片倉弘貴議員が京都で逮捕されました。

 片倉弘貴議員は平成23年の町議会議員にはじめて25歳で444票を獲得し11位で当選し佐伯地区で期待されていた新進気鋭の議員で地元丸山や田土地区をはじめ町内の若者に活躍を期待されていました。その彼が
京都市で自転車の占有離脱物横領の容疑で京都市上京区で逮捕されました。

彼は3月の定例議会終了後3月末より行方不明となり、議会広報委員会、5月臨時議会、6月定例会、9月議会と無断欠席を繰り返していました。
それに対してまず執行部は岡山地方法務局備前支局へ議員報酬の7月分から供託をはじめていましたが、議会としても看過できないと8月29日に条例改正を可決し無断で定例議会をずっと欠席したら報酬は停止することを決定していました。今回の逮捕という事態に至り、もはや本人から進退の表明を求めざるを得ない状態になったと思います。
議員には華やかなフラッシュを浴びる側面もありますがコツコツと歩いて有権者と対話してその考えていることを理解しその代弁者とならなければならない側面があります。その点が彼には広告代理店の経営と議員の兼業ということをしなければならないという困難な側面があったのだと思います。
まだまだ若いんですからやり直しは聞くので進退に決着をつけて有権者に謝罪もして捲土重来を期し違う場所で出直しをすべきではないでしょうか?


当選したばかりの片倉議員

私の左後方が視察中の片倉議員
2014年10月8日(水)
稲刈りをしました。

 1年ぶりに稲刈りをしました、2反ほどの構造改善した大きな田んぼに今年はヒノヒカリをうえました。
もうすぐ台風19号が週末に来るのではと13日だったものをきょうにして父親と二人で刈りました。
でも今日は農協のライスセンターで出会った人は2〜3人と少なかったように思います。
いまお米の暴落で大変さわがれていますが農協のヒノヒカリの概算金単価表をみると1俵8000円だそうです。原価が15000円だとすれば7000円も赤字になります。とても米作りを続けることはできません。
我が家もホントはのこり2枚田んぼがありますけど実家はぶどうが主な農家です。父母の高齢化にも伴いその2枚は今年から人に耕作をたのんであります。政府に緊急備蓄等の買取をしてもらわないと大変なことになります。

2014年10月5日(日)
岡山県議会自民党が否決

 9月定例岡山県議会は10月3日、日本共産党など自民党以外の会派が共同提案した「政務活動費の全領収書を開示する条例改正案」を自民党県議団の反対で否決しました。
 岡山県議会は、領収書の開示対象を「1万円を超える金額のもの」と条件が残っている全国で唯一の県議会となっています。
そこで日本共産党、民主県民クラブ、公明党、県民・緑の4会派と無所属議員が共同して(政務活動費の交付に関する条例改正」案を提案しました。
賛成討論で日本共産党の森脇ひさき県議は「日本共産党県議団は2010年に政務調査費条例が施行されてから、すべての領収書を自主公表してきた。」とのべ、現状では議会基本条例で定めた「県民に信頼される開かれた議会」は空文句になると指摘。さらに、「裁判で係争中」などは理由にならないと反対論を批判し、すべての領収書を公表するよう条例改正することを求めました。

2014年10月4日(土)
国民救援会の定期大会開催

 おととい10月2日(木)国民救援会県本部の定期大会が開かれました。
念願の1000人会員達成した後のはじめての大会ということもありある面で注目の大会でした。
いま、捜査段階での全面可視化がもとめられているもとで法務省の法制審議会では可視化が2%どまりだったり、盗聴を容認したり司法取引を導入して冤罪がひろがる恐れがあるような大変良くない方向へ向いている状況もある。
また、県内では倉敷民主商工会の事務局員3人が脱税ほう助と、税理士法違反容疑等で不当逮捕され、小原,須増の2人の事務局員は途中で保釈されたものの、禰屋事務局長は1月に逮捕されてから8ヶ月もたつほど長く拘留されており、脱税をした会社の夫婦の方はおかまいなしで民商の事務局員だけが逮捕されていておかしい。闘う民商の弱体化をねらったものではないか、こんなことが許されたら、自営業者がお互い勉強することもできなくなるし、自主計算の学習会もむつかしくなる大変な問題で、組織存続できるかどうかの大きな問題として全国的な闘いにする必要があるということでした。

2014年9月30日(火)
木曽の御嶽山噴火で大変な事態

 木曽の御嶽山が27日(土)の12時前から水蒸気噴火して登山客の方が死亡12人負傷者多数がでているようです。
災害でなくなった方には哀悼の意を表します。私は信州大学理学部で6年間も在籍して卒業しましたが、その最終学年の1979年10月にも大きな噴火があり大学のあった松本市にも火山灰が降ったのを覚えています。
この年は政治的にも大変な年で長野3区(中選挙区)では故林百郎が衆議院議員に返り咲き岡山で則武真一氏が苅田アサノ以来の共産党の衆議院議員になり、共産党は全国で39議席の議席を取りました。35年前のことです。
幸か不幸か理学部(地質学科)の後輩にあたる桶田敦君がTBSテレビの解説委員をしてまして御獄山のことを解説していました。もうひとりの防災の評論家も言われていましたが火山の観測体制の強化が必要ですね、川内原発の再稼働を政府が急いでいますがその近くに霧島火山と桜島があります。火山の爆発のことを考えても再稼働は絶対無理ですね。

2014年9月28日(日)
標的の村(沖縄の基地反対の映画)を見ました。

  赤磐九条の会による、ドキュメント映画上映会へ参加してヤンバルの森のある、東村高江のヘリパッド反対闘争(この場所はオスプレイの訓練地域になるということがわかりました。)や2012年9月29日、普天間基地封鎖をしたウチナンチュウ(おきなわの人)の闘いのドキュメンタリーでした。
和気町からも数名参加されていました。
早く沖縄の基地をなくし平和な日本にしていきたいものです。


2014年9月28日(日)
おととい26日(金)に9月議会終了しました。

 9月議会が終了しました。平成25年度の各和気町会計歳入歳出決算認定はすべて全会一致で認定になりました。
和気町防犯カメラの設置及び運用に関する条例の制定について
和気町自転車等の放置防止に関する条例の制定について全会一致可決
平成26年度一般会計補正予算等各補正予算も全会一致可決でした。
軽度外傷性脳損傷の周知及び労災認定基準の改正などを求める陳情は全会一致可決
国・県に対して「私学助成の拡充を求める意見書」の提出を要請する陳情書も全会一致可決となりました。

2014年9月25日(木)
昨日24日(水)一般質問しました。
一般質問は4点質問しました。問題があったのは、こども子育て支援法による対応、と学校統合問題でした。

保育の新システムへ対応が遅れている。

就労状況によって保育時間に制限がかかる問題もあり大変

子育ての保育の新システムが来年4月スタートするのにともない毎年ならば10月ごろから保育所入園申し込みが始まるが、今年は新システムスタートに伴う対応の遅れもあり、来年1月に入園申し込みが遅れる、そして保育の利用要望に対して保護者の就労状況に応じて保育の「必要性」と必要料について、1号(3歳以上教育のみ)2号(3歳以上保育が必要)3号(3歳未満保育が必要)の区分になって、2号と3号については、パートなどに対応する、保育短時間(利用上限8時間)フルタイム勤務に対応する保育標準時間(利用上限11時間)に区分の認定が行われ、認定と保育申し込みが同時になるということです。

西中はシステムが変わることについて現在の利用者にも新規申込者に対しても説明をきちんとするように要望しました。

もう一度各小学校区で説明するべきですが

大森町長は「説明会は考えてない」と高圧的な態度でした。

学校統合については答申案に対する佐伯中学校を残せだとかいう意見もあった、和気、石生、日笠地区の小学校も幼稚園も藤野地区へ統合するすることに対する納得はまだ出来ていないがそれでも、12月議会に統合の議案を提出するのか、もしするのであれば、各小学校区でもう一度説明会をきちんとするべきだそのつもりがあるのかと質問しました。

これに対して大森町長は、「佐伯地区の中学校については残していく、小学校については佐伯小学校区を考えているということ、いまさら説明会は考えていないがあえて説明会をしてほしいという地区があれば説明会についてやぶさかではない10月の区長会で説明をしてから12月議会へ提案する」というかなり高圧的な態度でした。


2014年9月23日(火)
あすは一般質問です。

 きのうは厚生委員会と産業員会が開催され各25年度一般会計や国保特別会計、から簡易水道事業会計まで全会一致で認定になり、26年度一般会計補正予算から平成26年度和気鵜飼谷温泉事業特別会計まで全会一致可決となりました。
また陳情では「国・県に対して「私学助成の拡充を求める意見書」の提出を要請する陳情書は全会一致で採択(19日総務委員会)、「軽度外傷性脳損傷の周知、及び労災認定基準の改正などを求める陳情」は賛成多数で採択となりました。
なお質疑ではガン検診等の検診事業の率の低さが問題にされさらに広報に努力をして検診率のアップをはかるとの答弁がありました。
藤野の墓地移転工事はいつ終了するのかと問われ27年3月末には完了するとのことでした。
産業委員会では里山町並み景観事業について佐伯ばかりだが和気でも実施できないか?
すもも、さくらんぼ、りんご園、など赤字も作りながらこのままつづけていくのか検討も必要だと意見がありました。
上水道についてヤクルトさんに供給するようになれば2000万ぐらい収入がふえるという良いこともあるということでした。
あす24日は秋山さん、安東さん、山本さん、万代さん、広瀬さん柴田さんと私の一般質問があります。私は7番目に一般質問します。
1、こども子育て支援法による対応。2、学校統合問題、3、工業団地造成準備、4、介護保険事業の要支援の事業の移行状況の4点について質問します。25日には草加敏彦さん尾アさん安部さんが質問します。

2014年9月22日(月)
19日の議会は

 19日はゴミ処理特別、温泉特別委員会、議会改革検討委員会、総務委員会でした。
ゴミ処理特別委員会では25年度決算認定は特別な質疑はなく決算認定となりました。26年度一般会計補正予算についても全会一致で可決でした。
質疑意見としては、EM菌が生ゴミ食い尽くして肥料は残らないということだが何か問題があるのか?という問いに対して菌の活動が活発で思ったほど肥料はできていない。3トンぐらい出来ている。
肥料として届けをして許可を得る必要がある。
以前のコンポストの経緯もあるので十分慎重にあつかっていきたい、検査もしながら問題がおこらないようにしたい。
最後にゴミ処理施設基本構想の策定業務を早急に発注したい、地元調整をしながら年末までに次の特別委員会で説明できればと思っていると副町長から説明があった。
議会改革検討委員会では議会中継の配信先を本庁舎3階ロビーに2階ロビー、1階ロビー、佐伯庁舎1階ロビーとネット配信ということだったが2階ロビーは相談室ができたため不可能となった。佐伯のサエスタ2階ロビーへつけられないかという意見がだされた。
本格実施は来年3月議会だが、12月議会には試験放送を少ししなければならないということも意見としてだされた。

2014年9月22日(月)
議会は続いています。

 18日(木)は決算と条例改正、補正予算、の質疑が行なわれました。
私は昨年度の地域おこし協力隊の旅費38万円の使い道について聞きました。
20万8000円はフランスの博覧会ジャパンエキスポ2人出席の7泊の宿泊と日当で、17万円ほどが企業訪問(コメソムリエ)等の旅費でした。
デマンドタクシーについて2886万円使っているが、福祉バスも含めて佐伯地区では赤坂便を復活してほしいという声も聞くが、90万近くのお金を使ってフルデマンドにしようとシステムを変更してもうまく稼働しなくて元のコース制にもどしているが今後の運行改善はどうするのかたずねました。
現在のコース制を継続したいが、福祉バスのニーズ調査はやっていきたいとの回答でした。
片鉄沿線地域活性化対策協議会で備前バスの負担金1350万円負担しているが、備前市が脱退したいとも言っているようだがどうなっているか。質問した。
この点については確かに備前市としては市内連絡バスを2号線から閑谷を通過して吉永へ向かわせて市が吉永和気間の運賃を補助してでも連絡のバスを重視したいということだが当面は脱退せず片上から和気、吉井への便を残していくとなったということでした。
自治振興地域活性化交付金1518万円は24年までの行政協力費とどう変わったのかたずねたところ
当初1904万だったものを後に予算組み替えをして交付金1518万と文書広報費の自治連絡費354万6000円に分けた。また振込口座は新たに作ってもらい・・・区・・・として区長が交代すれば名義を変える、また使い道について毎年明細の報告書を提出してもらうということでした。


佐伯小運動会より

山田小運動会より
2014年9月22日(月)
昨日は佐伯小と山田小の運動会

 昨日は佐伯小学校と山田小学校の運動会へ行きました。まだ、日中は暑いなか、元気なこどもたちの活躍を見せていただきました。
佐伯小学校の沖縄をモチーフにした、ぬち(命)どぅ宝宝島が先生の太鼓が力強く印象に残り感動しました。山田小は全校の鳴子踊りがよかったです。
藤野小や藤野幼稚園、藤野保育園、和気小、和気幼稚園は藤野地区合同運動会,和気地区合同運動会を実施したようです。

山田小の鳴子踊り


佐伯小学校3、4年生ぬちどぅ宝宝の島
2014年9月15日(月)
町民アンケート配布終わりました。ご協力下さい。

 町民アンケートを全戸に8月の中旬から配りはじめておととい13日(土)で一通り終わりました。
1軒で2世帯、3世帯もあるおうちがあるかもしれませんが1戸に一枚のアンケートと受取人払いの封筒1枚しかお配りしていませんので、もしご希望があればメールか電話で請求くだされば、まだアンケート用紙も封筒もありますので持参か郵送致しますどうぞご連絡ください。

2014年9月10日(水)
9月議会の予定が決まりました。傍聴下さい。

月 日  開始   内  容
 16日(火)  午前9時  議案上程、決算審査報告説明(一般会計)
 17日(水)  午前9時  説明(特別会計公営企業会計)議案上程(条例改正、補正予算等)、議会運営委員会
 18日(木)  午前9時  議案質疑、委員会付託、陳情説明、質疑、委員会付託
 19日(金)  午前9時  ごみ処理、温泉特別委員会議会制度検討委員会、総務委員会(午後1時から)
 22日(月)  午前9時  厚生委員会(午前9時から)産業委員会(午後1時から)
 24日(水)  午前9時  一般質問、議会運営委員会
 25日(木)  午前9時  一般質問
 26日(金)  午前9時  委員長報告、質疑、討論、採決

2014年9月9日(火)
9月7日(日)災害訓練に参加しました。
 9月7日佐伯区の災害訓練に参加しました。日中は男性があまり自宅にいないということで女性の方に消火栓の使い方の訓練に3人ひと組で3組ぐらいの方に実施してもらっていました。
佐伯区内でも写っているコミュニティハウスのすぐ裏の山の土砂が昨年と1昨年崩れるという不幸な災害もありました幸い人身の被害はありませんでしたが、建物や自動車の被害は大きいものがありました。ですから広島の土砂災害はひとごとではありません。避難場所もその都度変わるものだということも考えておかなければなりません。
2014年9月3日(水)
8月29日(火)の臨時議会について議員報酬条例改正される。

 掲載内容が前後しますが8月29日の臨時町議会で議員報酬の条例改正案が議員発議で提出され可決されました。

和気町議会でK議員の無断欠席があり町執行部としても6月分報酬、手当については本人指定の口座へ振込していましたが問題があるとして7月分の報酬から岡山地方法務局備前支局へ供託しておりましたがそれでも本人から請求があれば本人が受け取れる場合もあるし、甘すぎるのではないか、こんなことは2度と起こって欲しくないがもし起こったらすぐ対応できるように、条例改正しようということで議員発議によって条例改正が行われました。

先週掲載したように定例会の本会議を無断ですべて欠席するか、届け出ても2回の定例会か本会議を欠席すると閉会日の翌月の報酬を支給しない。

期末手当も査定するようになります。

このことについて西中議員は賛成討論をして兵庫県の県議会議員のこともあり議員に対する目は厳しいものがある今日(8月29日)も兵庫県議会議員K議員とI議員に対して兵庫県の市民オンブズマンが詐欺容疑で兵庫県警へ告発したということが報道されていたが、今回の町議の件で同僚議員としてもじくじたる思いがあるが、町議会としてもいろいろ襟を正す面もあると思う、現在、議会改革検討委員会で議会中継を来年3月議会からすることが決まっておりますが、9月には360万円の補正予算も組むことがほぼ決まっています。そのことについても町民の立場になれば、前倒しして12月議会から議会中継を実施するべきではないでしょうかと発言しました。議会は議員の都合でなく町民の立場で考えるべきであると思います。

2014年9月3日(水)
りんご祭りでりんご園へあがる。

 8月31日(日)に和気町のりんご祭りが開かれました。今年は雨も多く降ったためりんごの実がわりと大きくなっていました。
ぜひ一度りんご園へ入園して食べて見てください。

2014年8月4日(月)
和気町議会全員協議会で学校統合議案を12月提出を言明した。

 本日和気町議会全員協議会が開かれ大森町長は12月議会へ学校統合の議案を提出することを言明した。
基本的には答申案を尊重し小学校は3校、(佐伯1校和気2校)=和気地区は藤野小学校の場所へ和気石生日笠から統合し本荘小学校はそのまま残す、中学校は佐伯中と和気中2校を残す幼稚園は佐伯1園(幼保統合)和気2園(藤野地区へ和気石生日笠から統合して藤野幼か藤野保育所の場所へ設置、初瀬保育園か本荘幼稚園の場所へ設置)とする。統合の時期は29年4月とする。        
 今後佐伯地区18区長さんから懇談の申し入れがあったので今後懇談するしほかの地区でも意見があれば懇談し説明していくと表明があった。
議員の諸氏にも協力をしてほしいと表明があった。今後とも意見要望があれば教えて欲しい旨表明された。

2014年7月18日(金)
国民平和大行進へ参加

 昨日は国民平和大行進の備前市役所から瀬戸内市役所長船支所まで原爆をなくせ原発再稼働やめろ核兵器全面禁止をと叫び歩きました。
フィリピンの青年ニーニョさんも参加されました。全国通し行進者は竹田さん田中さん五十嵐さん、県内通し行進は滋賀雅子さんです。県内は26日笠岡までみんなで歩きます。


あいさつする吉村備前市長

2014年7月6日(日)
共産党演説会参加

 昨日5日岡山市のシンフォニーホールで日本共産党演説会がありました。
山下よしき書記局長を弁士に1250人の方が熱心に演説を聞いていました。特に山下書記局長は香川県は善通寺の生まれでおばあちゃん子でそのお婆ちゃんに人の役に立つようになれ、共産党にだけは入るなと言われていたその共産党に入った今でもお墓参りするときに人の役にたつことをやっている共産党に入るなということは守れなかったけどそれを乗り越えて人の役に立っていると報告しているということでした。

2014年6月23日(月)
6月議会で集団的自衛権解釈変更しないことを求める意見書採択

 本日は6月議会最終日でした。集団的自衛権に関する憲法解釈変更しないことを求める意見書が賛成多数で採択されました。
これは岡山県平和委員会の陳情を採択して意見書をあげたものです。担当の総務委員会のある委員の話では中学生のお孫さんがもし戦争になったら逃げんといけん、安部総理はやめさせて欲しいと言っていたということです。そこまで孫が心配しているのにびっくりしたということです。
一方佐伯中学校の存続に関する請願は最初賛成7名、尾ア、山本,万代、安部、西中、柴田、坪井反対7名、広瀬、草加信、安東、実末、秋山、当瀬、草加敏、よって可否同数となり安藤勝介議長が反対を決め請願不採択が決まりました。
本日は請願に署名した区長さんをはじめ20名近くの人が傍聴席にかけつけ一杯になっていました。
残念な結果ですが今後共佐伯中学校を残せという運動は続けていきたいと思います。

2014年6月23日(月)
本日議会最終日です。

 本日議会最終日です、佐伯中学存続を求める請願、集団的自衛権の解釈変更をしないよう意見書提出を求める陳情等の多くの処理が行われます。議会傍聴をよろしくお願いします。

2014年6月18日(水)
あすとあさって一般質問です

 あすとあさって一般質問です。1番から8番までがあすで9番から11番が20日です。私は20日の2番目に1、学校・園適正規模検討委員会答申へ向けた現状の問題点、2、工業団地造成の方向性は
3、住宅リフォーム補助制度の現状と今後の方向はというテーマで質問します10時前になると思います。傍聴をお願いします。

2014年6月17日(火)
インターネットによる議会中継決まる。

 今日の議会改革制度検討委員会で来年3月議会から和気町議会の議会中継を開始することが決まりました。
予算は約300万円で執行部の予算説明、質疑、一般質問、委員長報告、討論、採決などです。
私,西中はできるだけ早く9月議会からでもするべきだと主張しましたが最終的には12月議会に予算を提出してもらい2月の議会選挙の後の3月議会から実施となるということです。
そしてインターネットが見られない方にも配慮して、役場本庁舎の1階玄関と佐伯庁舎にもテレビ画面を配置して議会中継を見られるようにするということです。一部は録画もされオンデマンドで見られるようにするということです。備前市議会や赤磐市議会はすでに実施しています。

2014年6月14日(土)
和気町議会が始まります。

和気町議会があさってから23日まで開催されます。傍聴をお願いします。

  月 日   開 始        内     容
 16日(月)  午前9時   議案上程、質疑(条例、予算)委員会付託、
 請願、陳情の上程、質疑、委員会付託、
 17日(火)   午前9時   ゴミ処理施設特別委員会、議会制度検討委員会
 議会運営委員会、産業常任委員会(午後1時から)
 18日(水)  午前9時   総務常任委員会、(午前9時から)
 厚生常任委員会、(午後1時から)
 19日(木)  午前9時  一般質問、議会運営委員会
 20日(金)  午前9時       一般質問
 23日(月)  午前9時  委員長報告、質疑、討論、採決

 なお西中は「消費税の増税の撤回を求める意見書提出を求める請願」、「佐伯中学校存続に関する請願」「日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める請願」「食料自給率の向上を最優先した「農政改革」を求める請願」の紹介議員になっています。陳情では集団的自衛権についての憲法解釈変更をしないよう関係機関に意見書提出することをもとめる陳情が提出されています。



2014年6月14日(土)
田植えが終わりました。

 昨日一反五畝ほどの田植えを父と二人でしました。昨年は3反以上植えたのですが今年からは世話が大変なので2枚をあずけて1枚だけにしました。
実家はブドウ栽培もやっているのでブドウの方が中心の農家です。
田植機の調子が悪く大変でした。8時から植えはじめて昼までかかりました。
今和気町はこの父井原地区の12町歩ほどのひろい田んぼを工業団地に造成できないかと今年度3000万円をかけて調査することになっています。
22日(日)には10時から地権者を対象に説明会があるそうです。
充分慎重にこのことに関して検討しなければと思っています。平成10年には圃場が水害にみまわれた地域です。

2014年5月25日(日)
おととい23日和気町議会臨時議会開かれました。

 臨時議会が開かれ和気町税条例改正、や国保税条例改正などの専決事項の承認と選挙管理委員、和気町監査役、副町長、教育委員の選任同意がされました。
監査役には元和気町商工会職員の宇高進氏が全会一致、副町長には稲山茂氏が賛成8対反対6で承認、教育委員に朝倉健作氏が賛成8反対6で選任、高原有美子氏は全会一致で選任同意がされました。
副町長と朝倉教育長に対する批判票が町政運営や学校統合問題に対する対応への批判があったのでしょう。

2014年5月13日(火)
医療福祉の充実で住み続けられる吉永を

 今日は吉永へ行き後援会ニュースを配りました。備前市へ統合されて旧吉永町役場のあたりは町立病院が山陽本線の南側へ移転していることもありさびれている感じです。
一つすくいなのは会社が結構吉永にはあることです。そのため若者向けの新しいアパートが結構県道岡山赤穂線のまわりにはできています。和気町とはちがうところです。
医療福祉の充実で住み続けられる吉永を学校給食費の無料化を、新婚世帯の家賃補助、若者定住促進奨励金を、タクシー補助券の発行、公共施設を結ぶ無料の福祉バスの運行を

住宅のむこうの山側に会社が見えます。
2014年5月12日(月)
備前市の選挙が始まりました。

 昨日11日から備前市の選挙が始まりました。
川崎てるみち候補は元気いっぱい街頭へ出て行きました。私もできる限り応援したいと思います。
定員16に19人立候補の少数激戦です。赤穂市の福浦地区産業廃棄物処分場の問題にも日生の漁業や観光にも大きな影響があると反対するため頑張ってまいります。8%に値上げされてしまいましたが、消費税値上げに反対です黙っていたら10%にされてしまいます。若者が定住できる備前市を学校給食の無料化を高校まで医療費無料を拡充するよう提案します。等々訴えています。
後援会も政策宣伝と支持拡大に全力です。



もうじき橋が架かる原発計画のあった鹿久居島

2014年5月10日(土)
備前市の選挙応援に昨日も今日もいきました。

 昨日は吉永へビラまきへ今日は日生へ街頭宣伝にいきました。あすから備前市の市議会選挙です。各地から応援よろしくお願いします。
中西ひろやす市議旧備前町、旧三石町、選挙事務所西片上1259 TEL0869−63−4530
出陣式9時より西片上148ユアサ商店前
川崎てるみち市議旧日生町、旧吉永町、選挙事務所日生1437−4TEL0869−72−4675
出陣式10時より日生1437ー4(旧日生病院東側)
16人に19人立候補予定の少数激戦です。

鹿久居島まで橋がかかります。
2014年5月9日(金)
佐伯小PTA要望の学校統合問題説明会

 昨日8日(木)午後6時〜8時半すぎまでまなび館サエスタで佐伯小PTAから教育委員会へ要望していた学校適正規模検討委員会の最終答申と今後の学校統合の方向について説明会が行われました。
私も傍聴しました。参加者は二十数名おられました。
主な意見は下記のようでした。
小学校統合はいいとしても統合の場所がなぜ佐伯中学校の場所なのか?保護者アンケートでは一番多かったのはA案(2中3小3幼)なのになぜBとCを合計して1中(和気中)がいいとなったのか論理が不明確である。
アンケートをとりなおしてほしい。(中学校は・・・)(小学校は・・・)のように別々に取れば結果は違ってくるのではないか?
もともと途中まで水泳プールはあったのに佐伯中では温泉で一日中プールの授業もあって大変だった。体育館も途中壊して町民体育館へとなったそのころから中学校をなくすつもりがあったのではないか?
小中一貫校の話もあったのになぜなくなったのか説明がない?
和気中学校の場所が遠すぎる、部活やった場合土日に保護者が連れて行かないといけないこともあるのではなかろうか?
まだまだ保護者の方も内容を理解してない人が多すぎる。こんな状態で推し進めるのか?
中学校の場所でも和気中と佐伯中の折衷案(別の場所新築)はないのか?
保護者の意見を汲み上げてもらってないのではないか?佐伯小PTAからは代表が検討員会に出ていない。
もし可能であるなら統合小学校の場所が佐伯小がいいのか山田小がいいのか聞いてもらえないか?
アンケートの件は検討をしてみるという回答をしていました。

2014年5月7日(水)
五月晴れの里にのぼり旗ひらめく

 連休最終日の昨日はぎりの兄の退職記念の会を美作市で実施して妻の実家の美咲町飯岡を通って帰りました。飯岡は高規格自動車専用道路岡山美作線の建設の問題で今の計画は洪水の恐れがあるし移転家屋も多いし地域に与える影響が大きいとして路線変更の要望をしております。

2014年5月5日(月)
備前市の選挙応援しました。

 今日はあいにくに雨が午前中降っていましたが後援会員の方と二人で吉永の選挙応援をしました。
16人に19人立候補予定の少数激戦です日本共産党と川崎てるみちに対するご支援をお願いしますと呼びかけました。
午後になったら和気町内で学校統合問題での宣伝をしました。

2014年5月4日(日)
憲法記念日の宣伝と備前市の後援会ニュース、ビラ

 昨日は憲法記念日だったので赤旗宣伝をしました。連休明けにも集団的自衛権を閣議決定するかもしれないという緊迫した情勢です。なんとしても自衛隊が戦争できるようにしたら大変です。平和主義守っていきましょう。
昨日は吉永へ後援会ニュースもまきに行きました。
学校統合問題でも住民合意が基本です。適正規模検討委員会の最終答申がでたからといって教育委員会が丸呑みしした統合案をすぐに5月20日の臨時議会に条例として提案して6月議会に可決しようなどとんでもない話です。
もう一度じっくり各小学校や幼稚園でも説明する必要があると思います。
本日も午後から吉永地区へびらまきにいきました。藤公園への車の渋滞があったので抜け道を通ったり大変でした。

4月29日の藤まつりセレモニーより
2014年5月2日(金)
連休の谷間です、備前市の後援会ニュースくばりました。

  備前市の選挙まで9日ですせまってきました。吉永の川崎てるみち後援会ニュースを午前中の1時間ちょっと配りました。
暮らしをおびやかす消費税増税路線ストップを、福浦産廃処分場計画中止を、国保税の引き下げ医療費負担の軽減を!
備前市は22議席だったのが16議席になるため19人程度立候補予定で少数激戦です。
きょうはたいへん暑かったため午後は半袖に着替えました。家の庭の茂り過ぎの菖蒲などの刈り取りをしました。

先日の事務所開きの写真より
2014年4月29日(火)
学校統合(学校適正規模検討)問題のゆくえ

 学校統合について町立学校・園適正規模検討委員会の最終答申が2月末にだされました。
それの答申案の宣伝が広報和気5月号に乗っています。
そのなかに小中学校の経費比較という欄がありますみられたらわかりますが、現在2中学校と7小学校ある学校を1中学校3小学校に統合すると人件費が2億7792万円減少となっておりますそれは事実としてもこれは岡山県のだす人件費で和気町の財政から支出しているものではありません。
市町村の教員の人件費は県が3分の2国が3分の1負担しているので和気町財政とは直接関連しませんただし幼稚園や保育所の保母さん達の人件費は和気町で負担しています。
この広報の出し方は誤解を招くもとです教育員会のやりかたが見識をうたがわれます。
なおこの答申案では、佐伯中学校と和気小石生小日笠小和気幼石生幼日笠幼稚園はなくなります。
佐伯小と山田小は佐伯中学校の場所に統合ということになります。佐伯の中学校は朝晩2便のスクールバスで通学、和気小石生小日笠小の子供もスクールバスで藤野小学校へ通学することになります。今後十分に住民の皆さんにも説明し納得しなければ統合するべきではありません。
佐伯小学校のPTAは答申内容がわからないから説明会を5月8日(木)午後6時からサエスタ3階多目的会議室で教育委員会にしてもらうそうです。
 ほかの学区でもどういうことになるのか説明会をしてもらうべきです。和気町の今後の教育内容や地域のあり方も変えてしまいますますから充分に説明をしてもらい納得するまでは統合は進められないと思います。
本荘幼稚園の隣にある小学校のプールをつぶして初瀬保育園の分の園舎にして初瀬保育園をつぶして本荘小学校のプールにするそうです。


つぶして保育園の園舎にする本荘小プール

つぶして本荘小プールにするという初瀬保育園
2014年4月28日(月)
子育て教育のつどい2014に参加しました。

 昨日27日(日)の10時〜岡山市の西川原プラザで開かれた「子育て教育のつどい」に参加しました。私は第2分科会学校もブラック企業?(臨時教員が増加している問題や、学校統廃合の問題を話し合いました。
いま学校では非常勤講師、臨時的任用教員を含めると全国的には平成23年度で全体の教員の16%にもなるということです。
山陽新聞にも学校長も講師が足りないので奨励金よりも教員配置にお金をつかってほしいという要望がある(4.24山陽)ということです。これは昔は教員の給与は都道府県と国が半分半分だったものが今は県が3分の2国が3分の1と都道府県の負担が大きく増えていますこのことと関連があるのでしょうか。
学校統合問題ではこの春も津山市、新見市、高梁市、瀬戸内市、吉備中央町、で統合があり、和気町や笠岡市、鏡野町、等々各地で学校適正規模検討の名のもとに学校統合計画がすすめられている、教育員会は住民側の意見や要望を出そうとしても事実の説明すらきちんとしないこともあり問題であるということ。住民合意が大変大切だということを思いました。
住民のために子供の人数が何人だから統合はしかたがないということでなく徹底的に地域の問題も考えていかなければならないと思いました。

2014年4月16日(水)
原水協核兵器廃絶キャラバンに参加しました。

 今日午後1時から和気町へ岡山県原水協の要請行動があるということで和気町長と議長に原水協の皆さんと懇談しました。
これは来年2015年のNPT(核不拡散条約)再検討会議が国連で開かれるため日本国内の運動を強化していこうと全県の市町村を回っているものです。今日は瀬戸内市、備前市、和気町、赤磐市を回る予定になっているそうです。
町長は原水爆禁止のアピール署名を職員に回覧してお願いしてみるということでした。
議会へは請願を提出しました6月議会で審議されると思います。

2014年4月7日(月)
川崎てるみち議員の事務所開きへ行きました。

 昨日6日(日)は備前市日生の川崎てるみち議員の備前市議選挙の事務所開きに参加しました。
備前市議選は5月18日(日)に投票が行われます。今回は22議席から16議席に定員を6もへらした大変な選挙です。
中西ひろやす議員と2人を立候補させます。
消費税引き上げ後の選挙です。引き続き応援に行こうと思っています。16議席に19人程度が出馬するとみられています。少数激戦で票の上積みができなければ当選できません。
赤穂市の福浦の産廃のことが日生の漁業にも打撃になると赤穂市の市民とも共同して反対運動をしているということです。赤穂の環境を守る会の方も応援に駆けつけて下さいました。
いままで川崎氏はずっと自宅を事務所にして選挙をたたかってきたが今回ははじめて事務所をかりての選挙になるということです。旧日生病院の東どなりの場所です。

2014年4月2日(水)
消費税増税、新年度の始まり

 消費税がついに8%にアップとなり庶民の生活は大変です。スーパーやホームセンターなど前日まで駆け込み購入と値札の張替えなど大変だったと思います。
これで商売や会社を廃業する人が増えるのではないでしょうか。
消費税を上げる一方で法人税の減税にそのお金を使うのが本音で社会保障の為は建前です。それが証拠に4月以降に70歳になる方の医療費一部負担金は去年までは1割だったのに今年度から2割に引き上げ4年間かけて前期高齢者の一部負担金を2割に上げます。
基礎年金は4月から0.7%引き下げになります。
それはそうと昨日は久米南町の町議会選挙の告示でした共産党から河原まり子、政広幹夫両氏が立候補しました。私は政広候補の出陣式へ出席しました。筋を通す共産党、何でも身近な相談相手として町民の役に立つ共産党の2議席確保をなんとしてもと訴えておられました。

2014年3月20日(木)
3月17日(月)和気町議会3月定例会終了

 3月3日(月)から開かれていた町議会3月定例会が17日(月)に終了しました。
12月議会で可決されていました消費税の3%税率アップにともなう条例改正にともなう上水道や下水道、温泉の宿泊費の値上げを伴う予算に反対し、後期高齢者医療の特別会計も平均保険料年63038円(月5253円)に値上げすることをもりこんでいたため反対しました。一般会計については4月1日より消費税率が3%ひきあげられて、年間8兆円もの史上空前の大増税(4人家族だと9万円から10万円以上の負担増)になると思われます。その影響を弱めようと臨時福祉給付金4000万円つけて住民税非課税の世帯に1人1万円、さらにそのうち基礎年金受給者や児童扶養手当受給者などに5000円を支給します。また児童手当手の支給対象者に児童1人あたり1万円の子育て世帯に対する臨時特例給付金を支給するための1500万円が予算措置されています。
 しかしながらこの給付金は1回限りであり税率アップによる負担増のほうがはるかに大きいので受給者に不利であり景気悪化も招きダメであります。むしろ消費税値上げやめたほうがはるかに日本経済にとって有益であります。
また今年度も人権条例に基づき運動団体補助金300万円旅費200万円がついています。実態的差別が無くなっている中で意識の問題が残っていると思いますが、このような政策は差別を延命させるものであり差別解消には役立たないとして一般会計予算には反対しました。坪井議員も理由は別のようですが一般会計予算には反対でした。

2014年3月14日(金)
地震が来ました

 きょう午前2時すぎだったでしょうか、地震のゆれで目が覚めました。
愛媛と大分のあいだの伊予灘が震源地だということです。
ときどきこの地方は地震がおきます。こわいのは伊方原発が半島の途中にあるということです。今止まっていますが事故が起こればどんなことが起こるかわかりません。
町議会はきのう私も含め7人が一般質問にたちました。
学校統合問題に対する質問が多く出されました。私の質問に対して大森町長は5月には条例制定の準備をすると言いましたので大森さんが町長に当選された場合は6月議会に統合議案を提出するとみられます。ことは大変急を要する事態です。
私は答申案をだした適正規模検討委員会のなかに和気学区と日笠学区の方をいれていないことと、保護者アンケートを取る段階で和気石生藤野日笠4校の統合場所は現和気中の近接地と言っていたのに答申案では現藤野小学校に統合するとなっていてアンケートの数字が変わるようなことをやっているこれではアンケートの数字が信用できない
前提条件が変わればアンケートの結果が違ってくるはずだと正しました。


山田小学校

和気小学校
2014年3月11日(火)
東北の震災から3年です

. 今日で東北の震災から3年です。3年前も議会中で議会が終わると地震で大変になっているというTVの報道を見て帰りました。
今日午後2時46分に和気町議会総務委員会をしていましたが役場庁舎全体で黙とうをいたしました。
避難者はいまだに全国で約26万7000人おられるそうです。そのうち9万7000人の方はいまだに仮設住宅に暮らしておられれます。復興公営住宅の建設も予定の3%しか建設が完了していないそうです。
そんななか昨日福島県から岡山県へ避難している96人の方が政府と東京電力を相手に1人1100万円の損害賠償の訴訟を提起されました。
応援してあげたいものです。
 私も遅ればせながら昨年8月下旬に岩手県宮古市といわき市から双葉郡楢葉町富岡町の付近を見てきました。まだまだ住民の立場での復興事業が進んでないということでした、そして余りに高すぎる堤防工事なんかの計画が進み復興住宅の準備が進んでいないということでした。
津山市の末永弘之市議(共産党)なんかのグループは年に何回も食物や物資などを宮古市や郡山市へ送っているそうです、今後ともできることを支援していきたいと思います。

3月議会は本日総務委員会でした、明日12日(水)は休会になります13日(木)14日(金)は一般質問です。


除染してできた泥や水を詰めた貯蔵所仮置場
2014年3月9日(日)
東北の震災と原発事故からもうすぐ3年

 昨日は和気町の和気教会で「福島六ヶ所未来への伝言」という映画を見せてもらいました。
きょうは岡山市の市民会館の北どなりの石山公園でのさよなら原発のつどい&ウォークの集会とデモに参加しました。県内の自主避難の家族や原発反対や自然エネルギーを勉強している市民運動家などいろいろな人が来ていました。380人の参加者だったそうです。久しぶりのデモ参加でした。

2014年3月5日(水)
和気町議会3月議会開会中です。

 3月3日(月)から和気町議会3月定例会が開会中です。傍聴をお願いします。

月日  開始   内 容
 3日(月)  午前9時  議案説明25年度補正予算条例26年度一般会計(当初)議会運営委員会
 4日(火)   休会  (和気北部衛生施設組合議会が議場を使うため。
 5日(水)  午前9時  議案説明(26年度特別会計条例等)
 6日(木)  午前9時  議案質疑委員会付託陳情上程、委員会付託
 7日(金)  午前9時  各常任委員会(現地視察)(本会議はありません。)
 10日(月)  午前9時 ごみ処理、温泉各特別委員全員協議会(適正規模検討委員会の答申説明
産業常任委員会
(午後1時〜)
 11日(火)   午前9時 厚生常任委員会、総務常任委員会(午後1時〜)
 12日(水)   休会  (本会議はありません。)
 13日(木)  午前9時  一般質問議会運営委員会
 14日(金)  午後1時  一般質問
 17日(月)  午後1時  委員長報告質疑、討論、採決、終了後に議会制度検討委員会


2014年2月28日(金)
和気町立学校・園適正規模検討委員会答申案出る。

 おととい26日に学校園適正規模検討委員会の答申案が教育委員長の石野晃氏に手渡されました。
お疲れ様といいたいが、教育委員会の先走りをよくも我慢してされましたと言いたいです。
検討委員会の構成がいびつでありました、区長協議会から3名、本荘の稲坪区長、藤野の宿北区長、佐伯の矢田部区長、学校長は和気中、藤野小、佐伯小、幼稚園保育園関係者は園長1名元園長1名、PTA関係で元佐伯中会長、和気中、本荘小、山田小、佐伯幼保、本荘幼保、岡山大学教授、でありました。
これでは、閉校の可能性のある日笠、和気、石生各小学校の意見がPTAにも区長のなかにもいれられていません。現状で少しでも多く住民の意見が正しく反映される検討委員会であるべきでした。
また適正規模検討委員会のまえにアンケートを24年度にとった時に旧和気町で小学校は3校という結果でした、それに対してなぜ2校に減らすのかきちんとした説明がありません。ずっと生徒の数が増えれば切磋琢磨がおこりいい教育ができるという考えです。本質的な教育論がありません。
また、一般の住民のかたからすれば統合すれば教育に対する経費が少なくなるという風に思っておられますが、これもスクールばバス10台が必要になって7000万の経費がかかるので経常経費はほとんどへりませんこのことも問題です。また答申直前の11月から12月のアンケートをとる前提で和気、石生、日笠、藤野の4小学校の統合校は中学校の近くへ新築すると言っていたのに現藤野小学校へ統合というふうに条件が変わっています。
これはアンケートそのものが無効になります。
新設校だったら統合してもよいと考えの保護者もあったが藤野小へ統合では話がちがうというふうにもなりますよ。
いずれにしろ6月議会のも提案されることになると思われます和気町長に立候補をされるみなさん政策論争をお願いします。大森さんは粛々と答申案のとおりおやりになるのですかどうこの答申案を受け止められますか?久井さん後援会会長の坪井議員は統合推進論者でしたから推して知るべしでしょうが、候補者本人も立ち話ですが統合後のことを考えられているということでした。さすが大阪府立北野高校、京都大学を出られた秀才ですね。(皮肉です。)私のような和気閑谷高校、駅弁大学の信州大学とは大違いですね。
いずれにしましても商工会かどこかがあいだに立って立候補予定者の公開討論会を是非お願いしたいものですね。


和気小学校登校のようす

山田小学校の授業のようす
2014年2月26日(水)
臨時福祉給付金と子育て世帯臨時特例給付金

 消費税の税率アップに対しての弱者対策として臨時福祉給付金4000万円と子育て世帯臨時特例給付金1500万円の予算が26年度和気町予算についていました。臨時福祉給付金は市町村民税(均等割)が課税されていない者(生活保護制度内で対応される被保護者等は対象としない。)
子育て世帯臨時特例給付金は平成26年1月分の児童手当の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限に満たないもの。という制限がついているそうです。
1回きりの消費税対策です、これではもらわないで消費税アップをやめてもらった方が国民にとっては得ですね。

2014年2月25日(火)
後期高齢者広域連合議会を傍聴しました。

 昨日24日(月)午後1時から岡山市今の市町村振興センターにおいて後期高齢者広域連合議会が開催されましt。
2年ごとの保険料の値上げが提案されました。被保険者均等割り額が46300円に所得割率が9.15%になり一人当たり平均保険料が63、038円という提案でした。
(現在の平均保険料は60,339円です。)
最高の保険料は55万円から57万円になります。
これに対して倉敷市選出の田辺昭夫議員は1699円の引き上げになるが消費税値上げや高齢者の生活は厳しいのであらゆる方向で引上げしない努力をすべきである。
18億円の財政安定基金を取り崩しても15億円残っているので、全額活用すれば値上げしなくて済むのではないかただしました。
また田辺議員は特定健診の受診について服薬中の人は受けないでいいという広域連合の指導があるため検診率が10%代の低い率になっている、長野県では撤廃しているし東京都では検診票を配布して受診をよびかけているので高くなっている、岡山県でも服薬中に健診するなという指導を撤廃すべきだ。とただしました。
なおご覧のように倉敷市伊東市長、井原市瀧本市長総社市片岡市長浅口市栗山市長など首長さんの公務による欠席がめだちました。

2014年2月14日(金)
議員団会議、パナソニック梶iセミコンダクター事業部)岡山工場へビラ宣伝

 今日は大変忙しい一日でした、午前10時〜4時まで民主会館で岡山県共産党議員団会議で公契約条例、岡山市御津の産廃問題、いじめj防止対策推進法等について学習しました。それが終わってすぐさま備前市の友延のパナソニック岡山工場の工場門前ヘ行き、中西市議川崎市議古松国昭さんたちと、5時20分ごろから30分程度労働者支援のビラまきと街頭宣伝しました。
パナソニックは岡山工場を閉鎖を年末発表したため共産党は大阪労働局や岡山県知事に対しては工場閉鎖計画をみなおすように要請すること。もしやむを得ず工場閉鎖になる場合は労働者の意向をよく聞き対応するように要請すること。等について要請しています。労働者の方には何か不当なやり方があったらビラ記載の労組や弁護士、や共産党に相談するように訴えました。



2014年2月13日(木)
・学校・園適正規模検討委員会実施される。
  昨日12日佐伯庁舎2階で学校・園適正規模検討委員会が開かれました。大枠では前回の答申骨子、3小学校1中学校を踏襲するが幼稚園については専門性もあるので別途形態について検討する場を設置するべきだという方向を確認したようです。
またスクールバスについては10台を導入し佐伯地区から中学生を現佐伯小学区域から2便、現山田小学区から2便その中学校便が日笠小、石生小、和気小の便になる。佐伯小山田小のスクールバスは佐伯にこにこ園の便に旧日笠小の一つのバスは日笠地区幼稚園便に旧和気小のバスが和気地区幼稚園便になるということのようです。中学校から佐伯地区へ帰る便は2便を考えているということです。
なお、佐伯中学校が佐伯地区統合小学校になるので、プールの整備等条件整備について一文付け加えるべきだという意見が出されました。
佐伯にこにこ園の送迎バス
2014年2月11日(火)
宣伝カースローガン張り替えました、3月議会が近づいています。

 赤旗宣伝カーのスローガンが色あせてきたので文句も変えて張り替えました。
公正民主の和気町政を!、憲法9条守り、原発ゼロと福島の復興をです。また心機一転宣伝をがんばります。
ところで、先週役場へよった時、予定表を見ていると議会運営委員会の日程が書かれていてビックリ、2月24日(月)かなと思っていましたが、2月20日(木)になるそうです。
そこで、ブログを見てくださっている方、請願や陳情を出されるのでしたら、遅くとも2月18日(火)ぐらいに事務局へ.出さなければ間に合いません.ですよ。どうぞよろしくお願いします。

2014年2月9日(日)
和気民報12月議会・臨時議会1.23配っています。

 2月6日(木)に和気民報の12月議会・臨時議会特集ができたので配り始めました。今回は消費税の税率改定にともなう条例改正(水道・下水道・鵜飼谷温泉宿泊料の値上げ)案の問題、学校統合(適正・規模検討委員会)問題、和気北部衛生規約改正と財産処分・(火葬場の新設)問題等です。
是非お読みいただいてご意見も頂戴できればと思っています。
ところで和気町は4月6日町長選挙が行われます。今、現職大森氏と新人久井氏が立候補準備をされております。しかし政策論争がないのが気にかかります現職は4ページのきれいなビラをつくり配布されているようですが、新人候補は和気町政のどこをどうしようとしているのか見えません有権者の関心は今一つですよ問題の学校統合問題でも、温泉の赤字問題でもデマンドタクシー問題でも、福祉問題でも対案を出してどうどう論戦をお願いしたいものです。

2014年1月28日(火)
臨時議会のときアンケートの結果をもらいました。

 1月23日(木)の臨時議会の日に保護者アンケートの集計結果をもらいました。町立学校・園適正規模検討委員会の審議は2月12日(水)を残すのみとなり大枠は18日にも書いた通り、佐伯中をなくしスクールバスで和気中までいく。あいた佐伯中学を小学生用にリフォームして佐伯の統合小学校をつくる。石生、和気、日笠小学校はなくし藤野小学校へ統合、本荘小はのこす当面3小学校体制でいくが子供の数の状況をみて早い時期に和気町で1つの小学校にして統合小学校は新設する。ということです。
文部省管理局通達(昭和48年)にはこうなっています。(抜粋)
1、学校統合の意義及び学校の適正規模については、さきの通達に示しているところであるが、学校規模を重視するあまり無理な学校統合を行い、地域住民等との間に紛争を生じたり、通学上著しい困難を招いたりすることは避けなければならない。また、小規模校には教職員と児童・生徒との人間的ふれあいや個別指導の面で小規模校としての教育上の利点も考えられるので、総合的に判断した場合、なお小規模学校として存置し充実する方が好ましい場合もあることに留意すること。
2、
(1)通学距離及び通学時間の児童生徒の心身に与える影響、児童・生徒の安全、学校の教育活動
  の実施への影響等を十分検討し、無理のないよう配慮すること。

(2)学校統合を計画する場合には、学校のもつ地域的意義等をも考えて、十分に地域住民の理解と  協力を得て行うように努めること。
(3)統合後の学校の規模が相当大きくなる場合や現に適正規模である学校について更に統合を計
  画するような場合は、統合後の学校における運営上の問題や児童・生徒への教育効果に及ぼす  影響などの問題点をも慎重に比較考慮して決定すること。

2014年1月24日(金)
和気北部衛生組合規約改正案を町議会で承認

 昨日の町議会臨時会で和気北部衛生施設組合規約改正案について賛成多数で可決されました。
ただし、私は、吉田の火葬場を新設するのとセットになっているので、そうであるなら賛成できないまた今までの負担金は均等割30%人口割り70%でしたが改正後は人口割りを30%にへらし利用割りを40%導入するために和気町の負担が24年度ベースで120万円ふえるので和気町に不利になる規約改正で大変問題であるとして第1号議案には反対しました。
私を含めて4人の議員が反対しました。(西中、山本、柴田、坪井議員)他の議員は和気町の負担が上がる事への不満による反対のようです。

和気斎場

新しい施設を建てようと考えている斎場の上側の駐車場
2014年1月18日(土)
学校園・適正規模検討委員会開かれる。

 先週16日(木)に役場佐伯庁舎の2階会議室において、学校園・適正規模検討委員会が開催されました。
私たち傍聴者には資料をくれませんでしたので、詳しいことはいえませんが、

11月下旬から12月2日までとっていたアンケートの対象が1498名のうち84.8%にあたる1270名が回答。
問2.回答者の性別  男性15%女性85%
問3.学区は                   本荘42%
問5.統合必要か 必要ない31% 必要63% その他5%
問9  A案佐伯中、和気中、佐伯山田統合小、本荘小、和気統合小 44%
    BとC案合計で55%    
答申案 骨子は佐伯中を和気中と統合、佐伯小学校と山田小学校を統合し佐伯中学校をリフォームして小学校にする。
  和気地区の小学校は将来1校に統合するが、当面は本荘小はそのまま、日笠、和気、石生小を藤野小学校へ統合する
 将来1小学校に統合する時にあらたな場所へ統合校を新設する。
幼稚園保育園は3小学校の付近へ統合する。3幼保共同保育園?
 中学校統合の条件としてのスクールバスの回数は朝2回以上、夕2回以上と停留所を一定数確保する。
あと1回2月12日に答申案の議論をしてしあげ、2月26日(水)には答申案文書を教育委員長へ手渡すだけとする。

なお、議案として答申案と学校設置条例を出すのは町長選挙が終わって26年度になる見込みです。
この、学校統合問題も町長選挙の争点にしていきたいものです。
藤野小を4小学校の統合校として使うというのはアンケートにあった中学校の近くに新設すると言っていたのと話が違いすぎますね。


和気幼稚園

日笠小学校
2014年1月16日(木)
中西備前市議会議員パナソニック岡山工場閉鎖中止を申し入れ

 中西裕康備前市会議員は1月9日(木)大阪労働局へ出向き、氏平県議(岡山市中区)、山下よしき、仁比そうへい両参議院秘書,武田英夫衆議院中国ブロック所長と一緒に備前市友延のパナソニック岡山工場閉鎖問題で申し入れをしました。
これは昨年末に突然発表され200人の労働者から不安の声があり吉村備前市長も「大手企業の工場閉鎖は地域経済や雇用の面で大きな打撃となり誠に残念」とコメントを発表しています。
労働者の多くは。40代から50代で,家族にとって「家計の中心」を担っており、家族にとっては死活問題です。
さらに、備前地域は、県下でも最も雇用情勢が悪い地域で、岡山労働局調べの直近の有効求人倍率は、県平均が1.36に対して備前を含む.和気地域では1.01と全県で最低となっており、今回の工場閉鎖はそれに拍車をかけるものです。
中西市議はこうした事態をふまえて、@工場閉鎖計画の中止、A退職強要や人権無視の配転強行の中止をパナソニックに指導するよう申し入れました。

2014年1月12日(日)
和気町成人式へ出席しました。

 和気町成人式が父井原の学び館サエスタで開かれました。
今年の成人式対象者は平成5年4月から平成6年3月生まれで162人だそうです。
はなやかではありますが、町長挨拶にもありましたように景気の先行きがまだまだはっきりしませんし、少子化にはどめがかからない中での期待される新成人だそうです。
 憲法9条を守って中国や韓国とも信頼関係を構築しアジアのなかでも信頼される日本にしたいものです。沖縄の名護市長選挙や東京都知事選に勝って反転攻勢をかけていきたいものです。

2014年1月10日(金)
あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。年末から5日までフランスへいっていました。
8年前にはエールフランスでしたが、今回は大韓航空を利用して岡山空港発仁川(インチョン)経由パリ(ドゴール空港)という経路でした。
インチョンからどこを通るか心配でしたのでおきていると青島や大連などの沖の黄海を通り、モンゴルからロシヤを通過しているようでした。
一晩中飛行機のなかでついても夕方のフランス時間の午後6時20分でした。
それにつけても日本と韓国と中国は仲良くできないものでしょうか。安倍総理大臣が年末に靖国神社へ参拝してから、韓国のパククネ大統領も、中国の外交当局も、アメリカもかなり強烈な批判をしています。
ヨーロッパでは1913年から第一次世界大戦、1939年から第二次大戦と二度も戦火にみまわれ、戦後フランスとドイツは長年努力を重ねて教科書を交換して点検したりいろいろ平和を目指す取り組みが行われ、EECからEUという形で国をまたいで平和なヨーロッパをつくろうと努力しています。

2013年12月26日(木)
12月議会と和気北部衛生組合議会終わる

 大変遅くないましたが16日(月)に12月議会が終わりました。一般会計補正予算、国保特別会計予算等は全会一致可決です。
消費税の3%税率アップにともなう、上水道、下水道、和気鵜飼谷温泉の宿泊料の値上げ等の条例改正に西中だけ反対となりました。
共産党は消費税そのものに反対でなくても来年4月からの増税を中止する一点で共同して法案を提出することを他党に呼びかけています。
今回のアップは三月議会でも間に合うものです。今回のアップによる負担増は上水道、簡易水道、公共下水、等で1498万円、温泉特別会計で138万円程度、役場全体で1636万円になります。
上水道を除いて単年度収支は黒字ですし、財政調整基金が14億9500万、減債基金が2億1900万あまりあり、企業努力で凌げると思いますし、温泉宿泊料など値上げしたらたちまち売上減少につながるのではないですか。
年金の1%カットや、医療費の負担倍加やガソリン、食料品値上げなど負担増ばかりです、役場の公共料金まで値上げされたら生活がいよいよ大変です。
和気北部衛生組合解散に伴う吉田火葬場の扱いに関する請願は継続審議となりました。
また安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善大幅増員を求める請願書の紹介議員を西中が引受け採択され意見書が送付されました。
12月24日(火)に和気北部衛生施設組合の組合議会が開かれ12月補正予算可決と一般質問が行われました。
組合を存続させながら、駐車場部分を和気町へ譲渡する方向を考えているのではないか、そのことを吉田地区民へ説明できるのかと質問しました。
吉田の地区民へは大変お世話になっている、組合で斎場を運営するという逃げの答弁でした。
議会のあと、議会全員協議会が開かれ、組合の規約変更の案と財産処分(益原のクリーンセンター)と2億5000万円の基金についても和気町へ譲渡するという協議書の案が提示された。 3月3日までに備前市、赤磐市、和気町それぞれの議会へ提案されて組合議会を3月4日以降に開催する予定です。

2013年12月12日(木)
一般質問について

 きょうの町議会で実末一敏議員の一般質問に対して来年の町長選に出馬することの意思表明をしました。
さしせまった問題として学校適正配置の実現によって和気町の人材づくりをする。
また、新しい課題として土地開発基金をつかって工業団地を民有地を購入してやっていきたい、原地区や父井原地区をあげて地権者の協力が得られるか今後調査もしながら進めていきたいと述べた。

2013年12月11日(水)
あすは一般質問です。

 あすあさっては和気町議会12月議会の一般質問です。あすは8人、あさっては4人が質問します。私はあさって13日(金)の9時から1、26年度からのゴミ処理業者の選定について  2、大國家住宅について 3、岡山県の企業団地誘致について 4、日笠幼稚園の来年度の状況について というテーマで質問します。

2013年12月7日(土)
特定秘密保護法が可決されました。

 昨日午後11時半ごろ参院本会議で特定秘密保護法が可決されました。
森まさこ消費者少子化問題担当大臣が担当大臣だとしていましたが本来菅官房長官が所管するわけですので官房長官が担当大臣にするべきだったんですね。
民主党の問責決議案の提案者も問責決議案の賛成討論をした我が党の大門参議院議員も発言していました。国会軽視ですね。総理大臣の任命責任もとわれてくるこの森大臣の起用であります。
この法律が施行されたら懲役10年の刑がかされるわけですのでマスコミ関係者の報道が大変萎縮して本当のことが報道しにくくなっていきます。
暗い世の中になっていきますね。でも3年後の選挙で自民・公明・みんなの党、日本維新の会にも審判を下していきたいですね。

2013年12月5日(木)
特定秘密保護法が参院国家安全保障特別委員会で強行採決

 特定秘密保護法案が参院の国家安全保障特別委員会で強行採決されました。
審議がすすめばすすむほど矛盾点が明らかになり国民各層にも反対運動が広がりつつあります。
特定秘密保護法が参院の特別員会で強行採決されました。
まだ本会議がありますのであしたまで反対運動頑張ります。


本谷の旧三保小学校付近
2013年12月5日(木)
朝霧(雲海)がきれいでした

 赤旗と和気民報を配ろうと南山方と北山方へいきました。
雲海がすごかったです。三保小学校小学校のあった本谷へも行きました。

元三保小学校


南山方から見えた雲海
2013年11月30日(土)
学校適正規模検討アンケート

 学校・園適正規模検討アンケートの用紙が手に入りました。当初は18日(月)〜22日(金)までアンケートの配布と収集をする予定と聞いていましたが実際は「こども子育てに関するアンケート」も同時に取り組むこととなったため1週間ほど遅れたようです。
回答は12月2日(月)までに提出しお子さんが二人以上いらっしゃる場合は下のお子さんのアンケートのみ提出することとなっています。
見てもらえればわかりますが、配置を見直す必要がある場合は統合案ABC案どれかを回答することになり配置を見直す必要がない場合は問6から問9は答える必要がなく問10に自由に意見を記入すればいいようです。
  しかし、今までの検討員会のやり方がよくわかりません。24年度の保護者のアンケートでは学校配置数では小学校で佐伯1で和気3が53%もあって、佐伯1で和気2は31%しかありませんでした。
それを無視してアンケートでは多くても和気は小学校2校で賛否を問うています。わたしには教育的な理屈は立たないと思います。和気町の財政の方ばかり気にしているのではないですか。

参考 中間報告書の概要(一部)と検討委員名簿


佐伯にこにこ園(幼稚・保育共同施設)運動会から
2013年11月23日(土)
戦前のような暗い世の中にはさせません。

 特定秘密保護法の修正協議がみんなの党や日本維新の会と整ってきています。このままだと26日(火)に衆議院本会議で採決になるようです。とんでもない話です。21日には東京の日比谷で1万人の反対集会が起こったそうです。
まだ日にちはありますぜひとも抗議や要望書を下記国会議員へ集中しましょう。


         議員様     
                    平成25年11月  日
               秘密保護法への要望書
  現在審査中の「特定機密保護に関する法律案」は、主権者国民が政府を監視するという立憲主義に敵対し、日本国憲法の基本原理を根底からくつがえし、国民の目、耳、口をふさぐ基本的人権、民主主義を破壊する重大な弾圧法にほかなりません。
特定秘密の保護に関する法律を制定しないよう強く求めます。

        

     氏名                  住所                 
   

FAX番号   
衆議院  逢澤一郎(03−3508-0319)、山下貴司(03−3508−3857)
      平沼赳夫(03−3502ー5084),橋本岳(03−3508−3816)
       加藤勝信(03−3508−3289)、
津村啓介(03−3508−3868)                   阿部俊子(03−3508−3436)、
参議院 江田五月(03−6551−1204)、石井正弘(03−6551-1214)
     片山虎之助(03−6551−0418)
     

2013年11月20日(水)
和気民報28配っています。

 和気民報28号がようやく発行できました。町議会議員になってから少なくとも議会ごとには出したいと思っていた、地域政治新聞和気民報が2012年1に出してから1年10ヶ月とまっていました,忙しかったとはいえ町民の皆さんに迷惑をかけました。
ようやく14日に発行にこぎつけました。そして和気も佐伯もそこそこ配布ができつつあります。
メール等を利用してご意見を是非お寄せください。

2013年11月17日(日)
小学校の学習発表会を見ました。

  佐伯小学校と山田小学校の学習発表会を見に行きました。
佐伯は体育館でやっていましたが、山田は各学級でやっていました。行った時には5年生と6年生だけで、ほかに学年は普通の授業をしていました。
3・4年生は12人いましたが複式学級で国語の作文をしていました。
それぞれ先生は大変ですね。でもテレビにちゃんと自分たちのやった学習発表の写真もでていましたしテレビも大きい性能の良いものでした。私も若い時産休先生をやったことがありますが電子機器など設備は良くなりましたね、でも事務的な仕事が今は多いそうです。

2013年11月11日(月)
来年度予算要求で大森町長朝倉教育長と懇談しました。
和気町に対する26年度予算要求で大森町及び朝倉教育長と懇談しました。
2013年11月11日(月)
「ひまわり」(沖縄復帰40年記念映画)を見て機密保護法反対宣伝も

 きのう10日(日曜)は赤磐9条の会8周年記念で「ひまわり」の映画を見に行きました。
映画の中に昭和34年6月30日の宮森小学校への米軍ジェット戦闘機墜落事故(児童11人近隣住民6人(後遺症で更に1人)合計18人死亡、重軽傷210人)のことが織り込まれていました。
また、基地と同居せざるを得ない沖縄の現実と住民の気持ちも描かれていていい映画でした。欲を言えばもっと現実感のあるリアル感のある日常の沖縄のことも深めて描いて欲しかった気がします。

2013年11月9日(土)
第6回棚田祭りが開かれました。

 第6回棚田祭りが和気町田土で開かれました。各種団体の模擬店や熱気球もあり、刈入れの終わった田んぼの上で音楽やゲームに楽しい一日を過ごしていました。

2013年11月9日(土)
寒くなりました朝霧(雲海)

 赤旗配達中に撮りました。岩戸と益原周辺の写真です。
霧が深く晩秋というか冬の感じがしてきました。

和気鵜飼谷温泉付近


山田小学校
2013年11月2日(土)
特定秘密保護法反対の宣伝をしました。

 午後2時ごろから3時間程度特定秘密保護法反対の街頭宣伝とビラまきをしました。
久しぶりの宣伝で宣伝カ−のバッテリーを充電することから始まりましたので大変でした。
1週間ほど前でしたか、森まさこ担当大臣が西山記者の外務省職員に接触して情報をもらった事を例にあげていました。これは沖縄返還協定を1971年締結した後でアメリカがずいぶん前から沖縄を日本に返還するに当たって財政負担することはないといっていたことを覚えていて基地返還に伴う経費をアメリカが負担したということが腑に落ちないと思って取材していたところ日本政府が肩代わりするという裏取引があったことが外務省の職員の外交電文の暴露によって明らかになったというものです。このときの西山記者の行動がそそのかしに当たるのではないかと言っていたと思います。
こういうことも犯罪になれば懲役10年以下の刑になるわけです。大変な問題です。
法律ができれば新聞もテレビも萎縮して大切な問題が国民に知らされなくなります。

益原の和気ドーム前です
2013年10月29日(火)
タンチョウフェスタへ行きました。

 10月27日(日)の10時から和気町田賀でタンチョウフェスタが開催されました。
タンチョウの放鳥や鳴きまねコンテスト、丸太切り競争、地元の団体による模擬店も出てにぎやかでした。

2013年10月28日(月)
10月24日(木)学校適正規模検討委員会傍聴しました。

 第8回の和気町立学校・園適正規模検討委員会が佐伯庁舎2階会議室で開かれました。
傍聴できることをしりまして、はじめて適正規模検討委員会を傍聴しました。
主な議題は11月18日〜22日まで実施する全保護者アンケートのことでした。
提案文書を見せてもらってないのでよくわかりませんが幼稚園と保育園の統合について本荘地区について200人近い幼保の一体園が無理があるということで検討事項として残すと言うことが言われていました。
また佐伯地区の小中一貫校については岡山県内にはまだ実施しているところはないので引き続き慎重な取り扱いがもとめられるのではないかという意見がありました。
今後の審議日程は来年1月16日(木)に第9回を実施して2月中旬、2月下旬に10回、11回を予定するということです。答申案が決まれば10回(2月中旬)で終了になることもあるそうです。

本荘小学校の下校のようす(奥に見えるのが本荘地区公民館です。)
2013年10月23日(水)
22日から23日霧島市へ視察へ行きました。

 鹿児島県霧島市へ視察にいきました。
テーマは防犯対策、子供のいじめ問題、食育に関するNPO法人霧島食育研究会について、ということでした。
また間で霧島市牧園町の和気神社と霧島神宮、焼酎公園Gen-バレルバレープラハへいきました。
防犯対策では犯罪率が県下で2番と悪かったのでこの汚名を返上しようと自主防犯組織を作った。
また高齢者運転者自主返納した人には平成22年度よりメリットを与えるようにした。
いじめをなくそうといじめ問題対策支援室を設置して専門の相談員を配置して電話相談や情報収集を行っている。
NPO法人霧島食育研究会はアンケートを実施してみてあなたは食事を作るのが面倒だと思うか。という質問に対して85%の人が面倒だと言われた。そのことをきっかけにまちづくりと食育を結びつけようとした。


霧島市で

霧島食育研究会理事長千葉しのぶさん

2013年10月21日(月)
きょうは戦争に関係した日でした。

 今日は学徒出陣の日だそうです。兵役を猶予していた大学生や専門学校の生徒まで戦争に駆り出そうと集めて大会をやったそうです。
私たちが30年前に学生運動をやっていたときは10.21国際反戦デーとしてデモをやっていたのを覚えています。
ともあれ国会では自民党と公明党の与党が特定秘密法なる悪法の国会上程を決めたそうです。25日にも閣議決定するのではといわれております。
大変な戦争準備の法案ではないでしょうか、日本版NSCと同様大変な戦争準備の法案をつくる重大な事態にになりそうです。
戦争はあからさまに誰にでもわかるようには来ません、みんなこんなことぐらいはと思っているうちにいつの間にかひきかえすことができないようにしまっているという事態になるということです。

2013年10月21日(月)
社保協キャラバン和気町へ

  社会保障推進協議会のキャラバンが和気町へ来ました。2013年秋・社会保障の充実を求める要請行動に参加しました。国保の問題、生活保護の問題、介護の充実、地域医療の確保、保育子育てについて、年金に関してそれぞれ要望をしてきました。
国保では国の負担率を上げるように、短期保険証や資格証明書の発行をやめるように生活を困窮させるような差し押さえなどの制裁措置をしないこと。

生活保護では8月から引き下げられた保護基準を元に戻すよう国に求めること。
扶養を強要したり,就労義務を強化する生活保護法の「改正」をやめるよう国に求めること。

介護では生活援助時間の時間区分を元に戻すように国へ働きかけること。
待機者が多い「特養」などの高齢者施設を大幅に増やすこと。
所得の少ない要介護者へ新型特養の居住費、食費への助成を行うこと。

年金2.5%引き下げ法を撤回するよう国に要望すること。

2013年10月20日(日)
原発事故と東北震災の報告集会(津山市)

 昨日午後2時から津山市大谷の津山市中央公民館で岩手県宮古市と山田町、原発の被災のいわき市、楢葉町、広野町、富岡町と郡山市のあたりを視察してきたことについての美作東備議員団の報告集会が行なわれました。
津山市の末永弘之市議と久永良一市議、鏡野町の藤田多喜夫町議、私、西中の4人が参加しました。
末永市議さんからこの右下の写真も宮古市から報告集会をするからということで借りて用意した。
また、原発の水素爆発の写真もありましたが、当日は新聞記者やマスコミ関係者には原発から50キロ以上離れるように言われていたことも報告されました。

津山市の共産党後援会は末永市議の事務所に食物等をいまだに月1回程度岩手県の宮古市と郡山市へ送っている17日にも荷造りして送ったそうです。
私たちも8月26日に宮古市の仮設住宅2か所に前もって送っていたお米と野菜を持ってまわりました。
 水素爆発の様子(ヘリコプターから撮った)   左から藤田、末永、久永,、本城、西中


除染でできた土や水の仮り仮り置き場      放置されたままの常磐線富岡駅



岩手県宮古市の市役所前の津波

Jビレッジ(車の向こうに原発の作業や除染等で働く下請け労働者の住宅がある。もともとは東京電力が寄付したという130億もかけたサッカー場でした。)
2013年10月18日(金)
生ゴミ堆肥化モデル事業視察

 今日午前中に和気町苦木にできた生ゴミ資源化センターへ行き生ゴミの堆肥化の状況を視察しました。
これは和気北部衛生施設組合が来年3月解散し和気町独自でゴミ処理をするときに可燃物は外部委託し生ゴミは旧和気赤磐共同コンポストの処理センターを内部の施設をとりさり新たに生ゴミ処理用にリフォームして分別機械とローダーを購入してMDシステムの導入テストを始めたものです。
現在は52区のうち17区のモデル地区を選定して10月1日から生ゴミの収集と菌床を導入し攪拌して醸成して減容していく課程をテストしているところです。10月1日から17日までで全体で5466キログラムの生ゴミの回収ができたそうです。
2ヶ月かけて菌床が醸成して堆肥ができてくるそうです。
(減容=容積が減るということ。EM菌というものが生ごみを分解して二酸化炭素と水に分解していくため容積は分解前の10%程度になるという。)


生ごみ破砕選別機

菌床をまぜた生ごみを醸成
2013年10月17日(木)
寒くなりました。

 今日は赤旗の配達当番でした4時半には起きたんですが、今日は日曜版も一緒に配達したため家に着いたら7時半ぐらいになりました。7時までに配達するという事を考えると読者の方に大変迷惑をかけました。
 ともあれ今日はたいへん寒くおそらく気温が10度前後ではなかったんでしょうか吉井川の川沿いですから朝霧(雲海)がでていました。

益原のやなど地区から佐伯の天瀬をむいて


                                                                                                                            
2013年10月16日(水)
学校適正配置検討委員会は24日(木)開かれます。
 学校適正配置検討委員会が24日(木)の9時半〜役場佐伯庁舎2階会議室で開催されます。原則検討委員会は公開となっているそうです。傍聴希望の方は教育員会TEL88-1157ヘ連絡してから参加して下さい。

石生幼稚園

石生小学校です。
2013年10月11日(金)
小学校2校を見て回りました。

 和気小学校と石生小学区和気幼稚園、石生幼稚園を見てきました。和気小学校は前は吉井川の堤防のすぐ東にありました。昭和56年に新築移転しました。私自身和気小学校の産休先生(岸本先生の代わり)で小学校2年生の担任をしました。当時は新しい校舎に入ったばかりと初めて下級生ができたということで学級の中もそわそわしていたように思いました。


和気小学校は近くにお寺と老健施設や病院があり静かな落ち着いた雰囲気があります。
制服の基準服化を県下でさきがけて実施したそうです
2013年10月8日(火)
参議院議員倉林明子(京都選挙区)の初質問

  参院の経済産業員会の閉会中審査が7日開かれ倉林議員が初の国会質問をしました。
福島出身の倉林氏は、避難を余儀なくされた母子らの思いをぶつけながら、福島第一原発の職員が減らされている問題を取り上げ、放射能汚染水問題の解決に集中することを求めました。
東電は柏崎刈羽原発の職員体制を維持する一方、福島第1原発の職員を1300人から1000人に削減しています。こうした事実を突きつけた倉林氏は東電の広瀬社長に対して「再稼働に向けた準備をやめ、東電をあげて汚染水対策に取り組むべきだ」と主張。また「政府として再稼働中止の決断を」と迫りました。
                              
京都から傍聴にかけつけた後援会関係者と懇談

2013年10月7日(月)
日本共産党出番です。

 日本テレビ系のRNCのたかじんのそこまで言って委員会で日本共産党大会なる番組がくまれました。いつもは橋本五郎さんや辛坊さんが右翼的なコメンテーターに言いたい放題言わせるものですが、きのうは共産党の消費税増税反対、や原発再稼働やめてあらゆるエネルギー開発を、安保条約を廃棄して日米友好条約の締結を、憲法9条を守ってなどのテーマで論議を展開しました。
さすがに日本共産党が参院で躍進したからこそのマスコミの注目です。
国民の中に党の姿が正しく理解されるようにがんばりたいものです。

 なお国会では写真のように10月4日(金)参議院の議員会館の仁比そうへい事務所の事務所びらきがあったそうです。
いよいよ世直し弁護士の活躍を期待したいものです。
元県議会議員の武田英夫さんと元熊山町議倉本淳子さん元岡山民報記者遠藤さんも衆議院中国ブロック事務所として参加したそうです。石村さんもできるだけ早く衆議院の事務所びらきできるように頑張ってほしいものです。

2013年10月5日(土)
佐伯にこにこ園 佐伯幼稚園運動会

 きょうはあいにくの雨でしたが佐伯幼稚園・保育所=にこにこ園の運動会が旧佐伯町立体育館で開かれました、87名の0歳児から5歳児までの子供たちが元気に父母や祖父母、兄弟たちに元気なところを見せていました。

2013年9月29日(日)
オカリナ演奏会へ行きました。

 神戸から和気町(来た当時は佐伯町)へこられて10年の塚田攻一さんのオカリナコンサートが学び館サエスタのホールでありました。150人ぐらいの方が2時間たっぷりオカリナの演奏に聞きほれていました。
友情出演で扇舞とフラダンスと三木市のオカリナグループの方も出られました。
阪神大震災のあと癒しをもとめてオカリナに出会ったそうです。

                                                               三木市のオカリナグループの皆さん
2013年9月29日(日)
やすらぎCAFEへいきました。

 町内宮田団地に隣接する和気教会さんでやすらぎママの会主催によるやすらぎカフェへいきました。
コーヒーと手作りのビスケットをいただいて談笑しました。
和気町内に教会の仕事のかたわらやすらぎの泉というシェアハウスを運営し放射能をさけてこられる関東地方のお子さんづれの家族をしばらくうけいれて半年ぐらいで本格的に移住する先の家を探すための拠点にと活動されているわけです。
岡山県には1000人ぐらいの方が避難してこられているのではないかといわれていますが、和気町に25人ぐらいの方が移住されているのではないかと言われています。町議会にも放射能汚染の恐れのある焼却ごみを受け入れないように陳情されたり学校給食
に干しシイタケを使用しないように、また放射能について危険な恐れのある17県の農産物を学校給食に使わないように、牛乳の摂取は選択制にしてほしい等の陳情をされたりしています。

やすらぎカフェが行われた和気教会
2013年9月28日(土)
昨日和気町議会9月定例会が終わりました。

 9月17日〜開かれていた和気町議会が終わりました。
24年度予算の決算認定は一般会計から国保特別会計、和気鵜飼谷温泉特別会計まで全員一致で認定になりました。
和気町税条例の一部改正する条例は賛成多数で可決、和気町国保税条例改正も賛成多数で可決です。
私は採決に当たり反対討論しました。
この条例は上場株式等にかかる譲渡所得等に係る個人の町民税の特例に端的に表れているように株式譲渡所得を分離課税にして住民税が高くならないようにしている、また、株等の譲渡所得に対する課税は所得税住民税あわせて10%ですがあいかわらず預金利子への課税は20%です。日本版ISA(ニーサ)(個人貯蓄口座){2014から2023年までの10年間に証券会社に開設された口座について毎年100万円まで5年間の投資を非課税にします}により、またもうひとつは「金融所得課税一体化」の一環で、証券投資の損益通算の範囲を上場株式等の譲渡損を上場株式等の配当と通算して減税できる仕組みがありますが、公社債および公社債投信の利子・配当も通算できるように拡大します。先物取引にかかる雑所得にかかる個人住民税の特例も同様であります。
 いずれにしろこの和気町税条例の改正により安倍内閣の経済政策により、和気町民を安全で元本保証の貯蓄からリスクの多い証券市場へいざなうことになりカジノ経済で町民の金融資産を失わせる恐れがあるのでこの条例改正には反対しました。
国保条例改正にも同様の理由から反対しました。

消費税の複数税率導入と新聞への軽減税率適用に関する請願は賛成多数で採択になりましたが私は反対討論しました。
まず、この請願は販売店からの請願になっておりますが、大手新聞の朝日、毎日、読売、産経、日経、と地方紙では山陽と中国新聞が名前を連ねております、これは実質的には日本新聞協会が支持してやらせているのではないでしょうか、
政府は10月初めに、来年4月から8%への引上げを決めると言っております。それより前の9月議会で8%への増税を前提にしたこの請願を採択にすることは8%への増税を容認することであり、国民多数の願い(消費税値上げ反対)に背を向けるものです。
仮に庶民の日々の生活に不可欠の品目を軽減税率の対象にすべきと主張するなら、食料品、公共交通機関の利用、電気、ガス、水道、検診や出産にかかる費用など、新聞購読料以前に対象を特別に軽減税率の対象とすべきものが無数に考えられます。
これらを外して新聞購読料のみ取り上げるのは不適切です。
一般商業新聞は、これまで民主・自民・公明の政権にすりより国民生活と日本の経済を破たんに追いやる消費税増税をことさらあおるキャンペーンを執拗に続けてきました。その彼らがいよいよ実施間際に「自分たちの商売に悪影響を与えないでほしい。」とは彼らには「社会の公器」の自覚も、プライドもないのでしょうか?請願をだすのでしたら消費税引き上げ反対の請願を出すべきでしょう。原案は採択ですが私は不採択が適当だと思いますので、原案に反対です
国県に対して「私学助成の充実を求める意見書」の提出を要請する陳情書は全会一致採択。
社会の支え手」を実践するシルバー人材センターへの支援の要望の陳情は全会一致で趣旨採択
TPP交渉に関する陳情書は全会一致で採択、
和気北部衛生施設組合解散に伴う吉田火葬場の扱いに関する請願書は全会一致で継続審査となりました。


日笠小学校はスポーツ少年団か何か朝から練習か試合をしていたようです。

山田小学校の南側の法面には桜が植えてあります。3月末には桜がきれいです。
2013年9月25日(水)
今日あす一般質問です。

 きょうは一般質問を8人がします。私は7番めに学校適正配置の問題と、吉田地区(斎場)への対応について、学童保育の直営から以後の問題についてこの3問質問します。時間ははっきりとはしませんが午後2時前後になると思われます。
一般質問要旨

2013年9月24日(火)
総務委員会、厚生委員会開かれる。

 総務委員会(9時〜)が開かれました。
それぞれ、平成24年度決算認定、一般会計、平成24年度住宅新築資金貸付特別会計決算認定、和気町税条例の一部を改正する条例、和気町国保税条例の一部を改正する条例、平成25年度和気町一般会計補正予算、消費税の複数税率導入と新聞への軽減税率適用に関する請願、国・県に対して私学助成の拡充を求める意見書の提出を要請する陳情書の審議
厚生委員会(午後1時〜)
平成24年度決算認定、一般会計、平成24年度国保特別会計決算認定、平成24年度国保診療所特別会計決算認定、平成24年度後期高齢者特別会計平成24年度介護保険特別会計、平成24年度墓園事業特別会計の各決算認定、平成25年度一般会計補正予算、平成25年度国保特別会計予算、平成25年度介護保険特別会計の予算審議、和気北部衛生施設組合解散に伴う吉田火葬場の扱いに関する請願書、「社会の支えて」シルバー人材センターへの支援の要望陳情の審議をしました。
厚生委員会には吉田地区から12名ほどの方の傍聴がありました。
吉田火葬場の請願に対して各委員からるる意見がだされ委員会の段階では全会一致で継続審議に決定しました。


和気駅

2013年9月22日(日)
朝から忙しく動きました草刈り、運動会、墓参り

 朝8時〜10時ころまで田んぼと池の土手の草刈りをして佐伯小学校の運動会に遅れて参加して、午後からは山田小学校の運動会へいき、午後3時ごろから父の実家、妻の実家、私の実家の3件墓参りをしました。

佐伯小学校


山田小学校
2013年9月22日(日)
20日(金)の和気町議会

  ごみ処理施設整備事業特別委員会、駅周辺整備特別委員会、和気鵜飼谷温泉特別委員会が開かれました。
ごみ処理特別では、24年度決算認定について、25年度9月補正予算と生ごみ処理のモデル事業について説明がありました。24年度決算では視察研修旅費で60万9885円出しているのは先進地視察で苦木、稲蒔、塩田、奥塩田、北山方の人を埼玉県の久喜宮代衛生施設組合へ連れて行った費用、126万円は生ごみ処理施設の実施設計費である。
25年度補正予算473万2000円は水切りバケツに回収用タルに313万2000円とタルを動かないようにする修繕料が160万円ということで9月初めから佐伯の4地区、和気の13地区で説明会をしている、10月8日から回収テストを始めていくことが説明されました。
駅前整備特別では駅前整備が完成し特別委員会の解散が宣言されました。
全員協議会では、学校適正化についての説明会参加者へのアンケート集計結果と全国学力状況調査、と岡山県学習状況調査結果の報告と議会改革活性化について協議が行われ、来月15日〜18日の週のいずれかで全議員参加の検討委員会を実施することが決まりました。
議会だよりについて今ぎかいの分は最終は10月4日締切にすることが説明され納得されました。


和気駅前を駅側からとりました
2013年9月22日(日)
19日の和気町議会

  議案に対する質疑と請願、陳情の説明が行われました。11人の議員から質疑があり、坪井議員と私の方から請願の説明が行われました。傍聴者は吉田区の人と思われる方が5人参加されました。
質疑では一般会計の人権啓発推進費の旅費59万0620円が人権啓発団体補助金の方へ流用されていたことが問題にされました。24年度当初予算では人権研修旅費が200万円人権啓発団体補助金が300万円でしたが流用の結果人権研修旅費が1、409、380円に人権啓発団体補助金が3、590、620円になっていました。
また、社会福祉法人虹の会に対して毎年510万円程度建設資金借入金償還助成金を支出していましたが、このほど9月5日付けで社会福祉法人虹の会との間の覚書変更合意書をかわし平成25年度以降借入金の元利補給金は助成しないようにきめたということです。
私は県道岡山赤穂線の建設に伴う移転補償費による藤野会館の建設予定地である建材店の購入費と立木物件補償費で約1400万出しているのに購入された土地の整備が間に合ってないのかいまだに隣接の河川敷(もしくは)藤野会館の東隣のさら地にダンプカーを数台おいているのはいいのか?
聞きました。
 また坪井議員は各大手新聞販売店会と山陽新聞販売店会、中国新聞販売店会による消費税の複数税率制導入と新聞への軽減税率適用に関する請願の趣旨説明がありました。
 私は吉田地区有吉重利さんほか70名による、和気北部衛生施設組合解散に伴う吉田火葬場の扱いに関する請願書、の趣旨説明をしました。


社会福祉法人「虹の会」のひまわり園
2013年9月18日(水)
和気町議会2日目が終わりました。

 町議会2日目が終わりました。今日は傍聴者なしでした。
今日は午前中を使って、国保特別会計、上水道会計、簡易水道、公共下水道、特定環境公共下水道、農業集落排水事業、介護保険、和気鵜飼谷温泉特別会計、墓園事業、駐車場会計、後期高齢者医療特別会計等の決算の報告がありました。
一般質問の順番と内容が発表されました。

2013年9月17日(火)
9月議会が始まりました。

 6月議会から参院選挙や暑い8月が終わり、9月議会が始まりました。
大森町長のあいさつのなかで、田原上地内にある町有地をイシンホールディング社が賃貸借契約でソーラー発電所をつくる。地元説明も終えたと報告がありました。
またいままで請願や陳情については、請願陳情の説明の日の朝になって陳情や請願の文書配布をするのですが、今回はじめて議会の初日である今日文書配布がありました。
文書配布して下さったことはいいのですが、陳情を議会事務局は7件受けていたのですが、議会運営委員会で4件は審議できないと決定したのか文書配布のみにしていました。
委員会で審議させないようにした理由を議運委員長の尾崎氏に聞こうとしたのですが安藤議長は議会の日程については聞けるがその他の事はここではできないとの一点張りでした。
陳情の内容のよしあしは別にして委員会での審議まで拒否するというのは議会の権威を失墜させることのなるのではないですか議長の議会運営に対して大きな疑問を感じるものです。

2013年9月15日(日)
国民救援会の岡山県本部大会が開催されました。

 岡山市の下伊福西町にある岡山県民主会館で国民救援会の第32回の県本部定期大会が開催されました。
代議員を含め50名余の会員が参加して会員拡大や、事件の裁判勝利をめざし、名張事件や袴田事件をはじめ再審請求の運動を強め、取り調べの可視化や冤罪をつくらない司法を求める運動、憲法改悪や秘密保全法に対する反対運動を急速に強める、消費税反対の運動を強めることなどが話されました。
救援会の全国大会は来年福島で開かれるそうですが、岡山県本部は現在、全国の組織に先駆けて全国大会までの拡大の目標を達成してさらに上をめざしできるだけ早く1000名の組織にするようにきめました。
大会が終了した後袴田事件の関係者である袴田巌さんのお姉さんが浜松から会場へこられて、お話がありました。
今、袴田さんは死刑判決をうけているため、東京拘置所へ移されておりますが、面会を拒否したり、食事に毒が入っていると言ったり状況が悪くなっていると言われました、糖尿病や認知症も発症しているそうです。一刻も早く医療が受けられるところへ移し再審決定を勝ち取っていく必要があります。

2013年9月14日(土)
生ごみのたい肥化のモデル事業の説明会

  日室台区の生ごみたい肥化モデル事業の町からの説明会が日室区コミュニティハウスで行われました。
これは町内52区のうち17区が立候補して町全体より早く来月から生ごみをバケツにとっておいてもらい、来年4月のものを来月からモデル地区で先行実施するものです。
ごみ減量化と循環型社会をを推し進めるうえで必要な取り組みです。
 現在和気町全体の年間ごみ量4000トンのうち、3480トンが可燃ごみでその4割にあたる1300トンが生ごみです、このゴミをHDMシステムという12種類の菌を含む菌床にまぜて9割を水と二酸化炭素に分解してしまおうということです。
料金は無料ですが生ごみの中のビニールや紙などはとって生ごみだけ役場が各戸にお配りするバケツに入れておいていただいて水を切って可燃ごみの収集日にごみステーションに設置する専用の大きいバケツに入れていただく必要があります。

2013年9月13日(金)
17日(火)〜9月和気町議会始まります。

  9月17日(火)〜27日(金)まで9月議会です。

    月 日         開 始           内        容                    
 17日(火) 午前 9時  議案上程、決算審査報告、説明(一般会計)
 18日(水) 午前 9時  説明(特別会計、公営企業会計)議案上程
議案上程(条例改正、補正予算)議会運営委員会
19日(木)    午前 9時  議案質疑、陳情請願の上程説明、質疑、委員会付託
20日(金)   午前 9時 ごみ処理、駅周辺整備、温泉各特別委員会、議会全員協議会、産業常任委員会 
 24日(火)   午前 9時  総務常任員会(9時〜)厚生常任委員会(午後1時〜
 25日(水)   午前 9時  一般質問、議会運営委員会
 26日(木)  午前 9時  一般質問
27日(金)  午前 9時  委員長報告、質疑、討論、採決

  この議会にあたって私は9月4日(水)に吉田区の有志71名による和気北部衛生施設組合解散に伴なう吉田火葬場の扱いに関する請願書の紹介議員となり署名を添えて提出しました。


9月4日(水)吉田地区有志の請願書を議会事務局へ提出
2013年9月2日(月)
福島の震災(続き)

  右は閉鎖されている常磐線富岡駅、と竜田駅です。ホームを渡る跨線橋は渡れないように板を打ち付けていました。線路に津波で流された自動車がのっていました。
岩手県の山田線も不通になっています。

27日(火)に原発周辺の町を見て回った後28日(水)に郡山市役所を訪問し防災担当と保健所の職員から3月11日の震災への対応について報告を受けました。
市役所そのものも震災で被災し仮庁舎を作りながら耐震補強工事を実施し今年4月から本庁舎の使用ができるようになった。職員は原発の放射能に対応してヨウ化カリウム(KI)の溶液を飲んで放射線の被害を少なくししようとしてオフサイトセンター等へも派遣された。大変な負担があった。もっと国や県が全面にでて放射能に対して対応してほしかった。と言われていました。

ほったらかしの常磐線富岡駅後方には太平洋の  耐震強化工事をして4月再開できた郡山市役所
水平線左側にはながされた自動車がありました。


富岡駅

竜田駅
2013年8月31日(土)
東北視察(続き)

 最終日はいわき市から広野町、楢葉町、双葉町、富岡町等原発の被害があり放射能がかなり多いところをいわき市の元県議伊藤さんに案内してもらい、郡山市役所と放射能からこどもを守る会のお母さんと会いました。放射線の強いところは4マイクロシーベルト/時のところがありました。


Jヴィレッジ(もともと東電が140億もかけて町へ寄付したサッカー場がいまや除染や東電の汚染水の処理をしたりする人たちの飯場になっているようです。)

大手ゼネコンのJVが除染の仕事をしている。  食品の放射能を測定するシンチレーションカウンタ                              ー中に透明の筒がありするつぶしていれて均等に                              して放射能の量を測定する

安心・安全・アクションin郡山のお母さんたち   線路が寸断され常磐線広野駅で折り返し水戸へ おいしいおにぎりをいただいて少しお話しました。
http://aaa3a.jp/グループのURLだそうです。                              


黒いトンバックは除染した土や葉っぱが詰まっている。こういう仮置き場がいたるところにありました。

壊された自動販売機。 立っておられる方が元福島県議会議員の伊藤さん
2013年8月31日(土)
東北視察(続き)

 山田町の共同作業所、で佐藤元町議さんから被害状況の話を聞き災害復興住宅の建設がすすんでいないこと、人口が震災前より2200人以上減少している。交通問題が深刻、JR山田線の復旧のめどが立っていない。ということです。
県立山田病院がこわれ現在診療所で診療中、平成28年度までに高台へ建設する予定だそうです。
26日(月)は宮古市役所へお邪魔して危機管理課と復興推進課の担当者から説明をうけ懇談しました。後で仮設住宅を2か所訪問して前持って送っていた野菜と米を入居者にお配りしました。




浄土が浜
2013年8月31日(土)
東北岩手、福島へ視察にいきました。

 25日(日)〜28日(水)まで岩手県の三陸海岸の宮古市と福島県の太平洋岸のいわき市から原発立地町村そして郡山市へ津山市美作市鏡野町と和気町の共産党所属議員5名で視察にいきました。
25日(日)岡山空港から羽田空港を経由して新幹線で盛岡駅までいきレンタカーを走らせて95キロ走り宮古市へいき現地の共産党地区委員長で宮古市議会議員の田中 尚さんに案内していただき山田町の元町議会議員の佐藤照彦さんのかかわっている共同作業所の事務所でお話しをうかがいました。
26日(月)は宮古市役所を訪問し震災への対応や復興計画の進行状況等についてお話をうかがいました。
市役所も1階の上まで津波がきたというしるしが残っていました。


左から久永津山市議、本城美作市議、田中宮古市議、末永津山市議西中

復旧工事中の宮古市の海岸
2013年8月10日(土)
学校適正配置和気地区・石生地区

 6日(火)和気地区公民館・7日(水)石生地区公民館の説明会に参加しました。
和気地区では
なぜ和気地区一校の場合本荘に統合する案が出ているのか。
藤本元町長も30年前に出したがだめだった、もしやるなら曽根地区が一番いいのではなかろうか。
学校統合後の経費がどうなるのか。
B案C案とも中学校を(佐伯も含め)統合するとなっているが今でさえあのように大変混雑する状況なのに小学校のバスも入るようになったら大変だとも思う指導できるのか?
読み聞かせで和気小学校へいっているが今の状態は本当に仲良くて人間関係もすばらしい学校なのにA案
B案C案どれでも和気小学校はなくなることになるが?
役場の人は地域からの出席率がこんな状態で町民に説明したことになるのかもっと集める努力が必要である。
幼保一体化はどのようになるのかとりわけ保育料の改定があるのではないか?
石生地区では
統合する前から財政の事もいっているがまだ財政の事はあとにしてどのようにしたら良くなるかを先に考えるべきでは。
学力向上のためには多人数のほうがいいと思うが青少年健全育成も含め地域にとってのマイナス面はどうとらえるのか?
幼稚園が5から7名ですくない。
資料がすくないので町のホームページにのせてほしい。
幼保一体化はどうなるか送迎はどうなるか?
今小2のこどもがいるが統合するとしたらいつになるか?


和気地区公民館の説明会

石生地区公民館の説明会
2013年8月6日(火)
原水爆禁止世界大会の広島へ行きました。

 あさ4時におきて、電車にのり広島市の平和記念式と原水爆禁止世界大会(原水協)へ参加してきました。
記念式では安倍総理の出席、原水協では映画監督のオリバーストーン氏の参加でしょう。広島市の松井市長の後で安倍総理のあいさつがありました。
安倍総理の演説はあまりやる気のない空虚な響きでした。
                              オリバーストーン監督はドイツに比較して日本は戦争に対する反省や謝罪が足りないと言っていましたし日本はアメリカの属国のようになっている。等々かなり率直に日本に対する気持ちを吐露していました。

2013年8月6日(火)
佐伯夏祭り終わる。

 8月3日(土)午後矢田の佐伯中学校を会場に佐伯地区夏祭りが行われました。



2013年8月3日(土)
戦争について考えさせられます。

 久しぶりに家にいて(仏・独・ハンガリー)の「黄色い星の子供たち」(ジャンレノ出演)という戦争映画をイマジカBSで見ました。
ナチスドイツ占領下のフランス政府が行った史上最大のユダヤ人一斉検挙事件を映画化したものです。
それにしても麻生財務大臣のナチスドイツのワイマール憲法がいつのまにかナチス憲法になっていたこれを見習わないといけないといっていることは許せません。
1933年1月に首相に就任したヒトラーは、就任直後に国会議事堂放火事件をおこし、それを機に、共産党、労働組合、社民党などを次々に非合法化して、最後には政党の結成まで禁止し一党独裁体制をしいていったということです。。
その過程でヒトラーは授権法(全権委任法)を成立させワイマール憲法を機能停止に追い込んだ。
つまりナチス独裁政権の誕生と、ワイマール憲法の機能停止は「無法な暴力と弾圧の嵐のなかで強行されたのです。
この手口を学べというのは、むき出しのナチズム肯定と民主主義否定の暴論です。
戦後の国際秩序は、日独伊のファシズムと侵略戦争への断罪を共通の土台として作られているものであります。その土台を否定するものに国際政治に参加する資格も、日本の国政に参加する資格もないと言わざるを得ない。

2013年8月1日(木)
学校適正配置説明会出席。

 30日(火)と8月1日(木)の説明会へ出席しました。4小学校の統合校が和気中学校のとなりにということだが藤野小学校の校舎でも充分収容可能ではないか。
比較の年度が統合前は平成25年度統合後は平成30年度だと児童の数が少なくなると経費が少なくなるはずで不正確ではないか。
もっとも原理的な問題、適正配置の目的が明確になっていないのでは?
実施のスケジュールはどうなるのか?
以上藤野地区説明会にて。
適正配置は町合併の時にやらなければならなかった。佐伯小地区の統合校は少ないのだから学区再編をしてもいいのでは?スクールバスの運行はどのようにするのか直営か?
和気町はいち早く中3まで医療費無料にしている、こどもを増やすとりくみも考える必要がある、急いで統合する必要ないのではないか?和気町としての街づくりをどうしようと考えているのか?
私自身幼稚園と保育園にこどもがいる夫に子守をたのんでようやく参加した、見たところ私のような母親の参加が少ないように思う、子供(幼児)を持っているお母さんのアンケートもとってもらいたいと思う。
佐伯小と山田小を統合して佐伯中の中に持ってくる場合はプールをつくらないといけないのではその経費もこの計算に入っているのか?
以上本荘地区説明会。


藤野小学校での説明会

本荘地区公民館での説明会
2013年7月25日(木)
町立学校・適正規模検討委員会説明会参加しました。
 23日(山田小)25日(日笠小)の適正規模検討委員会説明会へ参加しました。どちらも30人程度
の参加者でした。山田小では学校がなくなると周南市のように寂れてしまうのではないか。もしどうしても統合するというのであれば佐伯小学校の校舎では矢田の中学校のとなりではないか。
中学校なくすのはやめてほしい。
中学校の部活動の選択が佐伯中ではできないので、・・・。少子化問題や和気町の企業誘致の問題もあるのではないか?等々のお話がありました。

どういう最終答申がでようとも最後は住民投票等できちんと住民の意見を聞いてほしいという意見も出されました。
日笠小では幼稚園が少なく(来年の)入園希望が二人しかないのではと言われている幼稚園の学区を撤廃してもらえないか?
和気町へ避難してきている方がおられるもっと歓迎してほしい、岡山県は誘致に動いているが和気町も積極的に対応してほしい、とりわけ空き家を確保し貸してあげてほしい。

TVでよく島の小学校は小人数でも残してわきあいあいとやっているのがでている。もともと岸野小を廃止して日笠小学校へ統合した、また日笠小を廃止して統合するのは大変こまることです。
統合した場合スクールバスは何便ぐらいになるのか?
統合に2年以上かかるのであれば幼保一元の施設を日笠には設地するべきでは現状では保育園がないので大変不便である。     今後の予定
  学区  日時  会場
藤野学区  7月30日(火)  藤野小学校体育館
 本荘学区  8月1日(木)  本荘小学校体育館
 和気学区  8月6日(火)  和気小学校体育館
 石生学区  8月7日(水  石生小学校体育館

23日(火)山田小図書室

25日(木)日笠小学校の図書室
2013年7月22日(月)
参議院選挙で3議席から8議席へ躍進

 昨日の参院選挙で日本共産党は比例区5議席を獲得し、選挙区でも東京、京都、大阪で久しぶりに議席を得て8議席を取り非改選の議員を合わせれば11議席になり単独で法律案を提出できるようになります。
原発再稼働や憲法改悪、TPP参加等、安倍内閣の暴走と正面から対決して国民の暮らしと未来を守っていきます。  
仁比そうへい氏は3年前に2期目挑戦しましたが、惜しくも落選していました、今回は同党の山本陽子氏が個人票数が接近していたため5人目当選は確定していたものの当確の発表は本日午前6時ごろとなりました。議席奪還しました。
 和気町では比例区が524.023票(前回比172票増)選挙区は553票(前回比16票増)でした。

2013年7月20日(土)
いよいよ投票日です棄権しないでぜひ投票を!

 大激戦のまま最終日にずれ込んでいます。
なんとしても熱血弁護士・仁比そうへいを参議院へ戻してください。

2013年7月19日(金)
憲法9条改憲を言い始めた自民党

 9条改憲を封印して、96条改憲を前面に出してきた自民党ですが、自民圧勝が報じられる中で安倍首相は9条の改憲をあからさまに言い始めました。
東京新聞は、石破自民党幹事長が、国防軍を作った場合には「軍法会議」を設置し軍律違反には死刑も適用との発言を伝えています。自民党の暴走に真正面から立ちはだかる勇気をもつ政党は、侵略戦争に命がけで反対してきた日本共産党をおいてほかにはありません。

2013年7月18日(木)
学校適正規模検討中間報告住民説明会佐伯小会場開く

 学校適正規模検討委員会の中間報告の住民説明会が佐伯小学校の体育館で昨日17日(水)午後7時から開催され50人以上の町民と関係者が参加されました。
町議会議員は私西中を含む3名の参加がありました。7名の方から質問意見が出されました。
何を一番重視して最終答申が出されるのかという質問等があり、アンケートが大変重視されることがわかりました。また最終答申は来年2月になります。その答申案の承認と統合の時期の問題はありますが、学校設置条例が決まれば統合は早ければ27年か28年にも実施されることになります。
教育は100年の計と言われます。いろいろな角度から考慮し慎重な審議が望まれます。
住民合意が重要ですのでくれぐれも急がず住民の意見を充分調査する必要があります。
次回は23日(火)の午後7時から山田小学校です。

2013年7月18日(木)
国民平和行進備前市を行進

  核兵器の廃絶、被爆者援護、原発再稼働反対と広島の原水爆禁止世界大会へむけての国民平和大行進が昨日17日、備前市までやってきました。
ことしは平日水曜日ということもあり少し少ないようにも感じましたが瀬戸内市長船支所を経由し岡山市東区役所まで行進しました。


2013年7月16日(火)
昨日7月15日(月)は日本共産党創立91周年の記念日でした。

 きのうは朝5時半ごろから8時ころまで赤磐市美作市との境になる塩田、奥塩田地域にビラを配りました。小雨が6時ころからふりました、もうやむかもうやむかと.、がまんしながらビラ配りをしましたが結局雨はやまず服はずぶぬれになりました。
ともあれ昨日は日本共産党創立の日でした。戦前は天皇制に反対したり戦争反対を言ったために特高警察から弾圧をうけ小林多喜二など多くの党員が拷問や拷問によるけが等による病気で命を落としました。元委員長の故宮本顕治氏は12年も投獄されていました。(「12年の手紙」を参照ください)
そのたたかいもあったからこそ戦後にはすばらしい戦争放棄を国際公約とするような日本国憲法ができました。
何としても真の意味の愛国の党、ソ連や中国の内部干渉に対しても自主独立をつらぬいた日本共産党をなんとしても躍進させたいものです。

2013年7月14日(日)
市田書記局長を迎えて岡山市ビックカメラ前で演説会

   市田書記局長を迎えてビックカメラ前で演説会開かれました。1300名ほどの人が参加されたそうです。途中からにわか雨が降ってきましたが、傘に入れてもらい何とかぬれずに済みましたがずぶぬれになっても最後まで聞いていた青年もいました。合いの手やそうだその通りなど息の合った演説会となりました。支持の輪を広げに広げて5議席を獲得し自共対決の時代を作っていきたいものです。

2013年7月12日(金)
市田書記局長が14日午後3時岡山駅前で演説予定

 
市田書記局長が14日(日)午後3時岡山駅前ビッックカメラ付近で街頭演説します。選挙終盤の情勢や原発再稼働をやめさせる問題、TPPを許さないで日本の食と医療日本経済を守る問題、景気回復をいかに実現するか、自民党の悪政にいかに立ち向かっていくか等々お話しします。  ところで私も今日8時ごろから30分ほど和気橋のたもとでプラスター宣伝しました。投票日も9日後ですので関心も高まっているようです。

2013年7月11日(木)
身を切る改革などという資格ない、元民主党の候補

  衆議院の定数削減や、身を切る(オール与党の方々にとっては議員定数削減を意味するらしい。)改革を口にする高井候補(とりあえず民主党公認はなく無所属で出馬)ですが、身を切るというなら大変多額の血税を使っている政党交付金(約320億円)を受け取り拒否したらどうでしょうか?
この選挙中にも79億4208万円が国から支給されますが民主党の支給額は自民党についで多い21億3350万円だそうです。
身を切るというなら民主党も政党助成金の受け取りをやめるのがすじですが。連合からの団体献金も政党支持の自由に反することですのでこれも、やめるべきではないですか?もっともきれいなのは政党助成金も企業献金もない個人献金のみによる政治資金の制度にするべきではないですか。

何もなければ出馬していたと考えられる元民主党(現在は生活の党)の姫井氏(昨年の藤まつり会場にて)
2013年7月10日(水)
8日には、原発再稼働の申請書を提出しました。
 原子力発電所の新規制基準が8日に施行され電力4社(北海道、関西、四国、九州、各電力会社)は泊1,2,3号機大飯3,4号機、高浜3,4号機、伊方3号機、川内1.2号機合計10機の適合審査を原子力規制委員会に申請しました。福島原発でいまだに15万人が帰れないもとでまた、事故原因が地震か津波かわからないもとで、新基準づくりなどとんでもない話です。
原子炉格納容器の設計変更には手を付けず、フィルター付きベントを設置し放射能放出を前提としている、安全な原発はあり得ないと首相も認めながら、防災の責任は市町村長にあるとして、国は責任を負わず、地域防災を置き去りにしています。再稼働など論外です。
 参院選挙の争点にするべきです。
2013年7月10日(水)
学校適正規模検討中間報告住民説明会開催

  学校再編の説明会が和気町父井原の学び館「サエスタ」で開かれ関心のある方40名程度の方が参加されていました。教育委員会の説明ののち意見や質問が出されました。
7名の方から質問が出されました。
質問の受け答えからわかったことですが、中学校2校と小学校7校保育園3園幼稚園6園統合せずこのまま残していくという結論になる場合もある。ということ、3案に限らず町民皆さんの意見を充分お聞きしたいということ、ただアンケートについては説明会に参加した人だけにしてもらうということでした。
 明日は和気町総合福祉センターの大講座室、午前9時〜ですので、できるだけ多数の方が参加されて意見や質問を出してください。何より住民合意が一番大切です、合意できてないのに突っ走ってしまったら大変です。

2013年7月9日(火)
東備地区を駆けるかきうち京美候補

 昨日は備前市、和気町と赤磐市を選挙区はかきうち比例区は日本共産党へと駆け回りました。

 かきうち候補のおじいさんは出征しフィリピンで戦死しお父さんは長男で苦労して垣内家を守ってきた戦争につながるどんな動きにも反対です。県内を回っていくと「消費税があがったら商売をやめなければならない。」消費税値上げに反対です、税金を上げるなら大企業や富裕層から応分の負担をしてもらうべきです。原発再稼働に反対です。・・・・あと12日間炎天下大変です。


2013年7月8日(月)
かきうち候補今日備前から和気赤磐へ

 かきうち京美候補者カーが東備地域へ入ります。最初で最後の訴えで見かけたら応援ください。

 備前市民センター(〜8:15) →日生パオーネ(9:00〜9:15)→伊部地区→和気ビック(11:00〜11:15)→佐伯→松木→ネオポリス→赤磐市役所(13:50 〜14:15)→山陽団地→赤坂→菊花峠→吉井支所飯岡橋(15:40〜15:55)→美作市役所(16:40〜17:00)

2013年7月6日(土)
志位委員長岡山駅前で訴える。

 札幌演説会の次でしょうか、委員長が岡山県の共産党の力に期待しているのでしょう。
岡山駅前で比例代表5議席をかならずとれるようご支援下さい。

と訴えていました。オールドボルシェビキがめだちますが孫や娘たちの将来を確実にするために頑張らなければと言われてました。もっと安心して暮らせアジアや世界にも誇れる日本にしたいものです。

2013年7月5日(金)
かきうち候補の予定表です。

 

  • 7月5日】(金)倉敷市、早島
  • 【7月6日】(土)岡山市
  • 【7月7日】(日)岡山市、瀬戸内市
  • 【7月8日】(月)備前市、美作市
  • 【7月9日】(火)美作市、津山市
  • 【7月10日】(水)津山市、久米南町
  • 【7月11日】(木)笠岡市、浅口市
  • 【7月12日】(金)井原市、総社市
  • 【7月13日】(土)新見市、高梁市
  • 【7月14日】(日)倉敷市、岡山市 詳しくは日本共産党岡山県委員会のホームページ

4日岡山駅前ビックカメラ出陣式で
2013年7月4日(木)
ネット選挙解禁です。

 ネット選挙解禁ですが私たちもよくわかりません。でも日本共産党拡散部が面白いそうです。フェイスブックやツイツターが使える方は、いちど見てください。
 この間の都議会選挙では自民公明に次ぐ都議会第3党に躍進しました。
民主自民公明による消費税値上げ法案可決以来自民対共産党対決の政治状況にならざるを得なかったのかもしれません。今度は全国一斉ですので条件は異なりますが国民の願いがかなうような躍進を獲得したいと思います。
比例区5議席をなんとしても獲得したいです。

2013年6月30日(日)
この学校なくしていいのでしょうか?

 昨日29日赤旗を配るのが遅くなり日笠地区へ7時30分ごろつきました。
すると小学生が登校していました。子供さんに聞くと参観日だったということです。
学校の再編の中間報告がだされていますが、この日笠小学校もなくなり統合校へスクールバ