こんにちは西中純一です。
                                          和気町議会議員 日本共産党
  

          岡山県和気郡和気町宇生254 TEL&FAX 0869-89-3096
 
豪雨災害救援募金受け付けています。
郵便振替 口座番号 00170-9-140321加入者名日本共産党災害募金係、通信欄に雨災害救援募金と記入下さい。手数料は負担下さい。
もしくは郵便振替口座記号番号 01300-1-83904加入者名日本共産党岡山県委員会、通信欄に雨災害救援募金と記入下さい。手数料は負担下さい。
 
本文へジャンプ
http://ww91.tiki.ne.jp/~f12489/ j-nishik5563@mx81.tiki.ne.jp 0869-89-3096
携帯QRコード
 
2020年2月22日(土)
昨日は後期高齢者広域連合議会を傍聴しました。

 昨日は岡山県後期高齢者広域連合議会が岡山市北区今の市町村振興センター5階ホールで行われました。
傍聴しました。令和2年度から3年度の保険料率と補正予算、令和2年度当初予算等を決めました。
保健流率は均等割りが46600円所得割が9.17%で平成30年度から平成31年度の保険料率と変わらず据え置きとなりました。
また低所得者に対する保険料軽減措置について、5割軽減及び2割軽減の対象世帯にかかる所得判定基準を引き上げました。
*5割軽減措置 28万円(現行)→28.5万円(改正後)
*2割軽減措置 51万円(現行)→52万円(改正後)
なお、倉敷市議の田辺牧美議員(共産党)は一般質問をして平成30年7月豪雨災害被災被保険者に対する一部負担金(1割分)の減免措置について国の財政支援措置が終了した令和元年6月以降も令和元年12月まで広域連合独自に減免措置を実施していました。
それを令和2年6月末まで延長するが6月末をもって終了するという方針だが被災者の状況を見れば6月で終了せずもっと延長すべきではないかと質問しました。
また、国は後期高齢者医療の一部負担率1割を所得の高い一部の方に限り2割に挙げるといっているが上げないように国へ意見を述べてほしいとしました。
一般質問では岡山市議会議員の羽場頼三郎(立憲民主党)議員も事務処理の効率化について広域連合の保健師が実施していること、
未病の対策について、ジェネリック医薬品の推進について質問しました。


倉敷市の田辺牧美議員

岡山市の羽場頼三郎議員
2020年2月20日(木)
3月議会が開かれます。傍聴をお願い致します。
      
西中、太田の連名で「被災者生活再建支援制度の拡充を求める意見書」の採択を求める請願書を紹介しています。

3月6日に太田議員が趣旨説明をします。


 3月3日    9  諮問、採決、議案説明(補正、条例、一般会計)、議会運営委員会
 3月4日    9  議案説明(特別会計)その他
 3月5日    9  休 会
 3月6日    9  議案質疑、委員会付託、請願の上程質疑、委員会付託
 3月9日    13  視察、(総務文教常任委員会、厚生産業常任委員会)
 3月10日    9  特別委員会(温泉)、全員協議会(まちひとしごと総合戦略)
 3月11日    9  総務文教常任委員会
 3月12日    9  厚生産業常任委員会
 3月13日    9  休 会
 3月16日    9  一般質問  議会運営委員会、議会広報委員会
 3月17日    9  一般質問(予備日)
 3月18日    13  委員長報告、討論・採決
2020年2月19日(水)
防災都市公園は中止できたのか?

 きょう午前9時から3月定例和気町議会を準備する和気町議会議会運営委員会が開かれました。
そこで令和元年度補正予算と、令和2年度当初予算とか条例改正案その他の提出議案の概要について説明がありました。
それによりますと防災都市公園の関連予算は提出がありませんでしたし日程の中に防災都市公園特別委員会の文字が出ていませんでした特別委員会は温泉特別委員会だけでした。
ですから基本的に防災都市公園はあきらめたというふうに思われます。質疑や質問の中で明らかにしていきたいと思います。
ところが喜んだのもつかの間今度は佐伯地区の共同調理場を廃止する条例改正案がでていました。
これはこれで大問題です。これは昨年の9月議会に若旅啓太議員から一般質問で佐伯共同調理場の改善について提起されていたところであります。汚染地域と非汚染地域の部屋の区別ができていないことが一番問題です。
調理員さんたちの努力で汚染されないようにやってくださっているが、調理場を改築もしくは新築をしなければ他の地区から運んでこなければならなくなるということです。
条例案では本荘共同調理場から配送するように変更したいということです。
お金も新築だと2億6400万円ほどかかり国の補助金と過疎債を使えば一般財源は3960万円でできるという事です。

私はお金はかかっても子供のために増築か新築についても検討して何とか佐伯共同調理場を残していくべきではないかと思います。
また、給食センターの上の部屋は全校生徒が一緒に給食がとれるランチルームになっています。


防災都市公園を想定していた益原地区

佐伯共同調理場
2020年2月18日(火)
岡山県党会議が16日に開かれました。

 岡山県党会議が16日に開かれ代議員として参加しました。
冒頭植本県委員長のあいさつの後来賓から挨拶いただき、一日代議員の発言等を聞きました。来賓にはおかやま一本の吉岡代表、立憲民主党顧問の江田さつき氏、国民民主党の衆議院議員津村けいすけ氏社民党の宮田好夫代表から挨拶がありました。
吉岡代表からは保守の方でもおかしいと思われる戦争法以後の政権があるので保守の人にもわかりやすい訴えをしてほしい。
という話がありました。
江田立憲民主党顧問から東京大学で自治会委員長をしていた時に大学管理が強化され責任をとって退学処分を受けたことがある。
当時の民青の方々ともいろいろ喧嘩(言い争い)をしたものだ。
中国の詩経という本にことわざがある。
いろいろ喧嘩をしていても敵から攻められた時には国内はまとまって敵と対峙するものだ。
父、三郎も治安維持法のあった戦前投獄されていた、共産党の方も大勢投獄されていた。
今の自公連立政権には国民を愚弄するような状況があるぜひ野党がまとまってまともな政治にする必要があるので連立政権をつくっていきましょう。
津村衆議院議員は今から18年前にメールを江田さんに送りそれが縁で2003年に初当選し衆議院議員をやっている。戦争法を契機に2015年より市民と野党の共闘が行われ、2度の参院選で戦挙協力もやってある程度成果もあったそのなかで13項目の政策合意ができている共産党さんの赤旗を読ませてもらっているが、10月17日の日曜版に載った憲法を世界史の中でとらえるこれが記憶にのこっている。

2020年2月11日(火)
3月議会へ請願と陳情をお出しください。

 3月議会を開くための議会運営委員会が2月19日(水)の9時から和気町議会で開かれます。町民の立場から請願や陳情を出すのでしたら3日前の14日(金)までに提出しなければ間に合いません。また請願を出すには賛成してくれる紹介議員の署名捺印がいります。提出され方はお急ぎください。

2020年2月10日(月)
国民救援会の東備支部の会議を行いました。

 久しぶりに国民救援会の学習と懇談をしました。
倉敷民商弾圧事件や名張毒ブドウ酒事件について名張の事件は約束という東海テレビ制作の映画を見ました。
日本の司法と検察は人質司法とか言って、日産のゴーンの事件なんかで知られるようになりましたが、自供しなければ釈放しない、起訴されたら99.9%有罪になるという世界です。また刑事事件で取り調べの際にも弁護士が立ち会ってもらえません人権のない司法制度です。

2020年1月26日(日)
京都市長選で勝って安倍自公連立政権に痛打を!

 安倍政権に国民は黙っていないぞと京都市から発信しようと車を走らせて2人和気町からいきメガホン宣伝とビラ配り頑張りました。
途中で四条烏丸で街頭演説に参加しました。4000人の熱気を感じてきました。
京都市は門川市長に3期やらせて乾いたぞうきんを絞るようなひどい市民いじめが起こっていいるという事を言われていました。
自営業の廃業者数が政令都市で1番多いのが京都。門川市長になって職員を3000人も減らしている。
仁和寺の前や学校跡地にホテルを建てたり北陸新幹線リニヤモーターカーの推進に力を入れたり市民に必要でないところに力を入れているところを改めなければだめですね。


2020年1月13日(月)
京都市長選挙の応援に行きました。

 19日に公示2月2日投票で実施される京都市長選挙の応援にいきました。
美作東備地区から今日は赤磐市の福木市議、古松さんと一緒に自動車で早朝出発し夜8時半ごろ和気に到着しました。
下京区の四条から五条の間大宮通り河原町通りの間の路地で20回以上街頭演説しました。
ぜひ弁護士の福山かずひとさんに勝利してもらいたいと思います。
つなぐ京都2020でございます。弁護士の福山かずひとはくらし応援の4つのパッケージという政策をを発表しています。
大変人気で是非やってほしいといわれています。今の京都市の予算の1%もあれば実現できます。小学校のような全員制の中学校給食子供の医療費中学校卒業まで無料化【子育てセット)返済不要(給付性)の奨学金、奨学金返済の利息分を補助、地下鉄)定期の割引率アップ(若者セット)65歳から74歳の医療費の窓口負担を2割から1割に、敬老乗車証の現行を維持(高齢者セット)地域の公共事業を計画的にすすめ地元に仕事とお金を回すということです。福山かずひとは2年前の府知事選で市内では46%の大健闘でした、
今回の選挙では政党では共産党と令和新撰組が推薦、新社会党と緑の党が支持です。各種団体の支援も広がっていますし市民と野党の共同も大きくなっています。ご支持ご支援をお願いします。

2020年1月13日(月)
昨日は成人式でした。

 昨日はサエスタで成人式でした。今年は平成11年生まれの方150人ほどが対象で100人以上が参加されていたようです。
実行委員会が決めたメニューで式が無事行われました。高橋さん福圓さんの2人の男性が成人の主張の演説をされました。それぞれ将来への夢が述べられていてすばらしいメッセージになっていました。共産党としては日本民主青年同盟のビラを参加者に配布しました。

2020年1月6日(月)
憲法9条守ろうと吉永で署名

 2020年の最初の9条守る署名行動を新年の吉永町田倉の牛神様の参詣者にお願いしました。
和気・備前革新懇の会員8名で88筆の署名をいただきました。
ことしも憲法9条の署名を頑張って集めようと思います。
署名をしてくれる方の中には「安倍総理を辞めさせろ!」とかトランプはやめさせなければとかいろいろな住民の声も寄せられ新年早々身の引き締まる思いでした。


2019年12月26日(木)
昨日が組合議会でした。ドローンの墜落について

 昨日は組合議会でした。

私は北部衛生施設組合議会へ出席しました。これは和気斎場(火葬場)の組合議会です。備前市と赤磐市、和気町で構成している組合です。

補正予算はそのまま可決されました。

議会があったあと組合議会の全員協議会が行われ、草加管理者と田原副管理者、友実副管理者と9人の議員主席のもと管理者と副管理者から説明があった。

平成29年12月に田原市長(副管理者)から備前市が脱退したい意向を正副管理者会議で表明し、令和元年3月23日市長と立川備前市議会議長連書の脱退届出書を提出となって当初令和2年3月脱退希望だったが令和3年3月1日脱退をめざしてこれから費用負担等についても詰めていく、そのため斎場の壁面にアスベストがあるのではないかという事も含めて解体費用の見積もりを取っていく。また脱退後の運営についても協議していくとの報告があった。

ドローンの墜落について

12月19日実証実験のドローンが延原地区から帰還中、吉井川の上で落下しパラシュートが開かなくなり水面へ着水し水面下へ沈んだ。油漏れはなくけが人もなったがパラシュートが開かなかったことが問題で原因究明をしている。

機体を回収するためアクアラングを頼んだ。なお飛行中は2人の監視員が並走していたがちょうど竹藪があってよくみえないところでもあったそうです。


2019年12月24日(火)
12月議会の結果

和気町議会12月定例議会が終了しました。

和気町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について反対しました。

初任給から30代なかばまでの職員だけ号俸改定でそれ以外は変化なしで。ほとんどの階層の役場職員が消費税アップで実質賃金は大きくマイナスです。

令和元年度和気町一般会計補正予算(第3号)について反対しました。

今まで2回も修正削除された防災都市公園の予算1億5650万円とドローンの購入270万円の予算が問題であるので反対討論しました。

太田啓補議員より修正動議が出され山本や、西中、居樹、万代、従野、太田6人賛成    

山本み、神﨑、若旅、尾崎、当瀬5人の反対で修正案が可決となりました。

(討論では西中が原案に反対討論、神﨑、若旅の両議員は原案に賛成討論、居樹代の両議員は修正案への賛成討論をしました。)

令和元年度和気町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に反対しました。

令和3年度からマイナンバーカードを健康保険証として使えるようにシステム改修する予算がついている。マイナンバーカードを紛失すれば保険証の情報も漏れる危険性が出てくるので、リスクが大きくなるし当局を喜ばせるだけで、税金と社会保険料などの値上げを助けるもので納税者被保険者のためにならない予算であります。

和気町道路線の認定について

以前和気清麻呂公の碑の南側の畑を購入する時も反対したが観光客に見せたいためにバスが直接乗り入れることができるようにという特別な理由のようですがそれならもうすでにその碑を拝んでいる人がいて当然だがほとんどそのような方は見受けませんし地元の方が散歩している方を見かける程度で、この道路の必要性についてよくわかりません。この道路線認定には反対であります。

3種の請願について西中が紹介議員となりましたが請願は趣旨採択となりました。

国民健康保険の子どもにかかる均等割保険料(税)減免措置の導入を求める 国への意見書の提出について

看護師の全国を地域とした特定最賃の新設を求める請願

介護士の全国を地域とした特定最賃の新設を求める請願

草加町長の諸般の報告で

12月19日(火)に倉敷市との場外舟券売り場についての行政協定を正式に結ぶということ。

11月21日岡山県国保の運営協議会で来年度国保の岡山県への納付金が3億5812万7000円となり5000万円ほど減額になったが給付費が岡山県下最高になった。

和気町国保基金は5800万円ほどあるし翌年度繰越金も4000万円あるし消費税率アップもあったので令和2年度は保険料率据え置くが令和3年度からの国保の保険料率見直しを検討する

一般質問

西中は防災都市公園の予算が3回も修正削除されているのに12月議会にも予算が提出されているが軌道修正するべきではと質問しましたが、町長は従来からの議論蒸し返しで議論は平行線をたどりました。

 

また2問めで佐伯の矢田工業団地について岡山県との協議が完了していないのに3600万円もの請負代金を支払っている一般商取引では考えられない設計業者との業務進行に問題はなかったか?という質問をしました。

これについても岡山県はあの設計でやれるという事だったのに30年7月豪雨があり3000平方メートルの調整池ではだめだ8000平方メートルの調整池に変更しろという指導になり協議が不調になった。

2019年12月15日(日)
おととい13日(金)に12月定例議会終わりました。

 12月13日(金)12月定例和気町議会がおわりました。
一般会計補正予算に計上されていた防災公園都市公園の1億5650万円あまりとドローン購入の270万円の予算は修正削除した修正案が6対5で可決されました。
3回目の防災公園予算の修正削除です6月議会の防災都市公園の検討委員会条例と報酬の補正削除も含めると4回目の削除になりこれで町長も防災公園からの撤退を決断してほしいものです。

2019年11月3日(日)
10月25日は大阪府泉南郡熊取町の視察でした。
関西空港のまち泉佐野市の東に位置する泉南郡熊取町へ視察にいきました。この町は4万3000人位の人口で大阪都心まで30分関西空港まで15分であり、大阪体育大学、関西医療大学、大阪観光大学、京都大学複合原子力科学研究所など大学が4校、ある学園都市でもあります。妊娠から、出産、保育幼稚園、学童保育など、ボランティアも含めて切れ目のない子育てサポートの体制が大変整っている町です。途中で神戸市の人と防災未来センターで記録映画をみました。
2019年10月29日(火)
10月24日(木)は奈良県田原本町の視察でした。

奈良県田原本町の道の駅・レスティ唐古を和気町の厚生産業委員会の視察で見に来ました。この施設は平成30年4月に約6億3000万円でできた、3階建ての商業施設です。中には、各町内の農業出荷物、県内の産物、花、出来立てのパン屋、磯城野高校のバーガーが売りの軽食コーナーなどがありました。運営は指定管理で奈良交通に委託になっていました。年間利用者がレジの通貨者で26万人だそうです。いわゆる公設民営です。和気町にもぜひ佐伯地域にほしいものです。

ハンバーガーが入ったランチを試食しました。

写真にはハンバーガーは食べた後で映っていません。



2019年10月29日(火)
10月23日(水)は共産党議員団の県庁交渉でした。

10月23日(水)は共産党議員団の県庁交渉でした。私は人権(同和)事業廃止を指導せよ。美作岡山道路の小坂・田賀地域の高架橋に防音壁を設置せよ、矢田の工業団地を早期にできるように指導せよ、学力テストは廃止せよ等々の要望を出しました。


2019年10月6日(日)
ドローンの実証実験出発式終わる。

 きょう和気町益原の和気ドームの中と駐車場を使ってドローンの出発式をしました。
逢沢一郎氏と阿部俊子氏そして県議2名(内山、池本両氏)、岡山県の鈴木 県民生活部地域活性化推進監をお迎えしてドローンの出発式を行いました。
この実証実験は昨年の実証実験を受けて、田土の大畑地区、南山方ののんばら地区、津瀬地区を対象に物流検証実験を行うもので、国と和気町が482万5000円づつ予算を出して合わせて965万円でドローンの検証実験を行うものです。NTTドコモとパナソニックさんにも協力いただいて携帯電話による映像の送信と顔認証の実験をするようです。
この事業については3月議会では修正削除され6月議会に再度提案があり予算計上されたものですが西中は一貫して反対しました。反対の理由は国と和気町のお金を960万も使いながら特定の企業は特許や意匠登録権をとって帰るが町民への直接的な利益がはっきりしないという事です。

町長とFDDIの草加好弘氏が親子であり、地方自治法違反もしくは利益相反になりうるという事です。町民の多くの方が公私混同と言っておられます。



事業の説明をされたFDDI社の草加好弘氏


来賓の逢沢一郎衆院議員

2019年10月6日(日)
和気町の変化

 昨年草加信義町長が誕生してもうすでに1年半になろうとしています。
いろいろと変わろうとしていることがあります。その一つを紹介します。
昨年町長の自動車を運転する運転手を募集して1名が決まりいままでプリウスに運転手さんに運転してもらい往来をしていました。
ところが最近9月の第4週になってトヨタのアルファードハイブリッド車をリースで入れたようです。
総務部長はリース期間は6年と言っていましたがリース代金を教えてくれません。
しかし、町民の人が人づてに聞いたといわれてました。600万円だそうです。
1年間100万円で6年間契約で総額600万円なんでしょうか。また別途質問してみようと思います。
しかし、その噂を教えてくれた町民さんも言われていましたが高すぎます。贅沢すぎるでしょう。

2019年9月23日(月)
第5回長寿フェスタ開かれる。

 第五回長寿フェスタが和気町父井原の学び館サエスタで本日開催されました。
500人弱の方が参加され日舞や、県警音楽隊の演奏などで大いに楽しみました。
冒頭実行委員長の坪井みちお氏があいさつで長寿の町和気町というように女性は岡山県内で一番になっています。
今後とも長寿の町和気町といえるように特に健康長寿の町和気町といえるように和気町として頑張ってもらいたい。が、この長寿フェスタが長寿の町和気町に一定寄与しているのではないかと自負しているがここらで最終会にしたいと思いますくしくも、和気町が来年度から敬老会を復活させる予定であると聞いているぜひ和気町にこの敬老会をぜひ復活成功させてほしいとした。


2019年9月19日(木)
9月議会終了しました。

議案68号平成30年度和気町住宅新築資金等貸付事業特別会計決算認定について

賛成多数で認定となりました。しかし私は反対しました。

これは町の予算をわざと使って住宅新築資金を貸し付けていたものであります、つまり税金でもないし、社会保険でもない和気町と金銭消費貸借契約を結び、いつまでに返済しようと約定していた契約の問題であります。

平成30年度住宅新築資金の貸付金の元利収入の予算を126万円余り立てて調停でも41万円余りに決めていたにもかかわらず1円も回収できていないのは無責任である。として反対しました。

議案84号和気町会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について

(西中の反対討論)

フルタイム会計年度任用職員に退職手当も出るようになったり、公務にかかわる費用弁償や旅費がきちんと出るようになったり、臨時職員の待遇改善につながる面もあるが、採用が1年ごとになって、切り替わりが雇止めのいい機会にされたり、身分の不安定なところへつながる部分もあるかもしれない、

また和気町の立場になるとこの改正により年間6000万円も財政支出が増える問題もあるので改善に必要な財源措置を国にお願いしなければいけないし、労働契約法やパートタイム労働法の趣旨を会計年度任用職員に適用させるよう法整備をしてもらう必要があるそのような問題点があるとして反対しました。

反対=太田(反対討論しました。)従野、西中

第88号令和元年度和気町一般会計補正予算(第2号)

(西中の原案に対する反対討論抜粋)

防災都市公園の一部予算4億7900万円余りの予算ですが、今予算では4億7900万円あまりですが、通してしまえば、いかようにでも膨らみこれによって5年間かけて最終的には20億円弱の事業になり、起債の償還やら、一般財源でおおげさに言えば和気町の財政は破綻に向かうのではないでしょうか、なぜならば今後上水道や簡易水道の本管改修工事、下水道のメンテナンス介護保険や国保、後期高齢者の医療など負担はどんどん財政需要が増えてきます。とても借金をしてまでこんな防災都市公園を実施する余裕はありません。和気町財政を破綻へ導きかねない恐れが大であります。

また一般農家のニーズがどれくらいあるか市場調査も未実施なのに農薬散布のための大型ドローン購入の270万円予算を立てたり、各地区の多面的機能支払い交付金現地確認実証試験の委託料100万円は全く効果あるか不明でありますし、操縦などだれがやるか受け皿も大変不明確で行く先がわかりませんし、本来農業関係の確認は足を使ってきちんとやることが肝要であり農業になじまないICTの事業であるものである。

私は原案に対する反対討論、神﨑議員、山本稔議員、若旅議員が原案賛成討論し、修正動議を万代議員がして、賛成討論を太田議員、居樹議員が行い修正案の採決を行い。賛成多数で修正案が可決となり防災都市公園の予算は三度目のストップとなりました。

2019年9月5日(木)
きょうから9月議会が始まりました。

議会傍聴をお願いします。

9月5日

9

議案上程、決算審査報告、説明(一般会計)、議会運営委員会

9月6日

9

議案説明(特別会計・企業会計)議案上程(条例、補正予算)

9月9日

9

議案質疑、委員会付託

9月10日

9

特別委員会(温泉・防災)議会全員協議会

9月11日

9

総務文教常任委員会

9月12日

9

厚生産業常任委員会

9月13日

 

休会

9月16日

 

休会

9月17日

9

一般質問  議会運営委員会、議会広報委員会

9月18日

9

一般質問(予備日)

9月19日

9

委員長報告、討論・採決

2019年9月3日(火)
8月26日(月)に全員協議会で草加町長説明

8月26日(月)草加信義和気町長は議会全員協議会を招集し

(1)                        防災都市公園整備事業

(2)                        ドローンの利活用について

(3)                        一部事務組合の備前市脱退(脱退希望通告)について

(4)                        学校跡地の利活用について

(5)                        敬老会について

全員協議会とは非公式の会議で町長が報告したりしてそれを議員は研究する意味で開かれるもの定例議会中にはよく開かれるが議会直前に開かれるのは異例のことです。

という事で会議が開かれる前に事前協議にならないように安東議長に要望しました。

(1)   は防災都市公園整備事業で

財源は社会資本整備総合交付金1億7900万円と、起債(借金)2億6170万、企業版ふるさと納税1000万、一般財源2913万4000円を含め4億7983万4000円の事業で来年3月までで使えないものは国へ返すということでした。

(2)   については㈱エアロジーラボから270万円でJAの100万円の補助金をもらって購入し、農薬散布やら、多面的機能支払交付金事業の現地確認などに使用していきたい。FDDI社にも相談したが事故が起こった時の損害賠償の問題があるので引き受けられないということで和気町が運転技術を持った人に臨時職員になってもらい直営でやっていこうと思っている。(協力企業ファミリーマート、天満屋ハピーズ、パナソニック、NTTドコモ)

(予算が通ったら、9月20日にドローンの協議会にはかりたい。)

(3)   備前市の田原市長と立川議長の連名で和気北部衛生施設組合から令和2年3月31日付で脱退したいと令和元年6月24日付けで脱退届の提出があった。

同様に田原市長と立川議長の連名で和気老人ホーム組合から令和3年3月31日までに脱退したい。と平成31年4月17日付けで脱退届があった。

(4)   旧日笠小学校と旧山田小学校に希望がないかインターネット募集をかけたところ、それぞれ1団体より応募があった。9月初旬に審査会を開いてよければ12月.以降議会の議決のあと契約書を締結する。

(5)   にこにこ幸齢祝賀会参加対象満77歳、満80歳、満88歳、90歳、99歳計589名

費用350万円を社会福祉協議会へ補助金でだして、社会福祉協議会から200万円を出してもらい合計550万円で、お弁当出して、記念品も贈り、歌手等タレントの演芸を楽しんでもらう。

 

 

 

2019年8月19日(月)
アーサービナードと三田茂先生の対談行われる。

 昨日8月18日(日)赤磐市立図書館多目的ホールにおいて、
福島原発事故から8年、医師と詩人がこれからのシナリオを語る。「このままでは終わらない!」と題してアーサービナードと三田茂医師の講演と対談がありました。
アーサービナード氏はミシガン州の生まれでデトロイトの1966年10月の高速増殖炉試験炉フェルミ原発のメルトダウンの事はアメリカ国民には秘密になっていて5年後に初めて発表され廃炉について50年以上たってもずっとやっている。
そして紙芝居広島の黒猫のでる「ちっちゃいこえ」を実演していただきました。
三田茂医師は東京で開業されていた医師ですが2011年の福島原発のメルトダウン事故後放射能に苦しむ子供やおとなをみてまた岡山市の医師会での活動での感想をのべ今新被爆者に「能力減退症」が始まっている。ということです。

参照 高速増殖炉もんじゅ=福井県敦賀市に建設

  日本原子力研究開発機構

  1994年に初臨界

  1995年ナトリウム漏れ事故のため運転中止

  2010年試運転したが部品の一部落下があり運転休止

  2016年12月廃炉を決定

  2018年廃炉の計画を原子力規制委員会が認めた。

  これまでに1兆円の費用をかけている廃炉作業に3800億円かかかると言われている。


2019年8月19日(月)
和気町米沢地区、塩田地区排水ポンプ車納車式

 昨日午前10時より和気町役場佐伯庁舎で排水ポンプ納車式が行われました。これは平成30年7月豪雨で塩田町営団地や米沢地区で甚大な水害があり以前から排水についての要望があったため移動式排水ポンプを発注していたところ8月1日に納車されていたその納車式とそのお披露目となったもの。
式には地元塩田地区や米沢・佐伯地区の関係者消防団の方も多数出席があった。
塩田地区のポンプは毎分20トンの排水能力で連続運転48時間以上可能発電機は無給由で13時間連続運転可能となっている。米沢地区のポンプは毎分30トン48時間連続運転可能、無給油13時間連続運転可能となっている。
それぞれ塩田ポンプは苦木の生ごみ資源化センター倉庫、米沢ポンプは佐伯庁舎倉庫に保管している。
納車式後に吉井川にて排水の実演を実施した。

2019年8月8日(木)
岡山県後期高齢者医療広域連合議会を傍聴しました。

 岡山県後期高齢者医療広域連合議会を傍聴しました。
場所は岡山市北区今の市町村振興センターの5階のホールでした。
今議会は2月まで議長をしていた宮武前岡山市議会議長が選挙で降りて市議会3名と町村議会議員3名も改選になり初めての議会でしたので議長と副議長選挙もあり、議長には岡山市議会議長の浦上正彦氏が副議長には早島町議会議長の船越健一氏が決まりました。
また、一般質問で倉敷市の田辺牧美議員が後期高齢者医療の一部負担金を7月豪雨被災者に対して国が一部負担金免除をやめたのに後期高齢者広域連合は一部負担金免除を12月まで延長してくれたことは喜ばしいが、生活再建をまだしている最中なので来年1月以降も延長してほしいと質問しました。
黒田連合長(玉野市長)は令和2年1月以降は今後の状況を見きわめて可否を判断したいと回答しました。
羽場頼三郎議員(岡山市議会議員)は広域連合で保健師の職員を採用してどうなったか。
健診率向上で勝央町の取り組みが全国的に評価されているようだが、全県的な取り組みにしたらいいのではないか。
広域連合はほとんど各市町村からの出向で賄っているがプロパー職員の採用について考えたらいいのではないか。と質問しました。

それに対して

保健師採用によってデータヘルス計画の推進や、県下市町村を訪問させて課題を把握させている。
勝央町の取り組みは全県に宣伝している。
またプロパー職員の採用は三重県と京都府に1名ずつ採用している。本年も6月12月に国へ要望している。

欠席議員は岡 親佐(奈義町)、山本 育子(玉野市)岸 泰廣(鏡野町)池田 一二三(新見市長)水嶋 淳治(勝央町長)片岡 聡一(総社市長)でした。

なお、岸 泰廣(鏡野町)議員から辞職願がだされ本日の議会で許可されました。


田辺牧美議員(倉敷市議会議員)


羽場頼三郎議員(岡山市議会議員)

2019年8月7日(水)
74年目の広島へ行きました。原水爆禁止世界大会など。

 昨日は原水爆禁止運動の一環で皆さんからカンパもいただき広島市の平和祈念式にあさ5時43分発の電車と新幹線、広島電鉄の市内電車を乗り継いで参加(会場のすぐとなりから様子をうかがって黙とう。)し、ごごからの広島県立体育館の原水爆禁止世界大会広島デーに参加してきました。
和気町からはもう1名お母さんが中学生、小学生の2名の娘さんと参加されました。
朝の記念式典では途中から雨が激しくふるなか、世界各地から全国各地からの参加者であふれていました。
広島市の松井市長は、日本政府に対して核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを受け止めて核兵器のない世界の実現に向けてもう一歩踏み込んでリーダーシップを発揮してほしいと要望しました。
原水爆世界大会では被爆7団体代表が壇上に上がり被爆の実相を全世界、日本中でもっと広める中で被爆者国際署名を集め、被爆75年の2020年を「核兵器のない平和で公正な世界」への歴史的転換点にしようとしめくくりました。
広島市の市立基町高校で被爆者の油絵を描いてきた卒業生の報告や、イージスアショアの反対運動に取り組む秋田県と山口県の阿武町の代表の報告もありました。

被爆者の油絵を描いて来た市立基町高校の卒業生


平和記念式典で平和宣言をする松井広島市長

原水爆禁止世界大会で発表する被爆7団体代表
2019年8月2日(金)
昨日は佐伯地区の区長会と佐伯地区選出4人の議員の懇談会でした。

 昨日8月1日は佐伯支所の2階で佐伯地域の18区長と、4人の町議の懇談会でした。
栗尾塩田区長の司会で会はすすめられ、議員の2月からの実施できたことを報告せよとなり感想程度4議員とも発言していました。
私は1丁目一番地は防災都市公園をやめて福祉や教育充実の町政へきりかえよう。
ということでしたのでとりあえず3月議会でし削除修正していること。地権者で承諾書を提出していない人がおられるので、乱暴なやり方でやろうとしてもまずむりなはずであるし、もうじき国土交通省から強力な指導があるのではないかと報告しました。
矢田の工業団地について30年度の設計が調整池の問題で岡山県の指導があり2800㎡の面積では不十分8000㎡にせよとなった設計案が岡山県から許可されなかったにもかかわらず和気町は3600万円の料金を払ってしまった。今度竜が鼻ではなくケーブル工業と津嶋邸の間をとおって吉井川へ自然流下させるように計画を変えて900万以上かけて設計やり直しするようになっている。
大変な無駄遣いの問題になっている。
最後に各区長から要望事項が述べられ12時前には会合を終了した。



草が生えて残土が大量に積まれている工業団地予定地
2019年7月22日(月)
参院選の結果でました。
      
日本共産党の当選者
 小池晃(59歳)山下よしき(59歳)井上さとし(61歳)紙智子(64歳)以上比例4氏
吉良よし子(36歳)(東京)伊藤岳(59歳)(埼玉)倉林明子(58歳)(京都)以上選挙区3氏

和気町内の得票状況
  
   2019  2016  
 石井まさひろ(自民)  3915  4070  小野田(自民党)
 原田ケンスケ(立憲)  2160  2894  黒石(民進党)
 越智寛之  229    前回立候補なし
     229  たなべ(幸福実)
 無効票  143  243  
 合計  6447  7436  
                          
   2019  2016  
 自由民主党  2423.105  2835  
 公明党  1033.970  1314  
 立憲民主党  951  1253  民進党
 国民民主党  523.083    
 日本維新の会  395.916  715  おおさか維新
 日本共産党  384  519  
 れいわ新撰組  195.923     
 NHKから国民を守る  99    
 社民党  74  135  
 オリーブの木  27    
 幸福実現党  23  48  
 労働者党  9    
 安楽死制度を考える会  9  
 支持なし    65  
 怒り    35  
 生活の党    98  
 改革    69  
 日本    63  
 按分切り捨て票  0.003    
 無効票  298  288  
 合計  6446.000  7437  
  


2019年7月20日(土)
最後のお願いです。参院選の訴え。

  泣いても笑っても今日が最後の訴えです。
安倍暴走政治をストップさせましょう。憲法9条を守りましょう。
辺野古の海を守ろう。消費税10%ストップ。
そのためにも比例区では日本共産党、選挙区では原田ケンスケをよろしくお願いします。
アメリカや日本の財界に握られた日本の政治を変えましょう。
減らない年金を
8時間働けば普通に暮らせる社会

くらしを支える社会保障を

お金の心配なく学び子育てができる社会を




8歳選挙権の実現に大き力を発揮しました。
問題の先送りをしたくない
新しい政治を岡山から

教育子育て最優先
最低保障年金の創設
人のつながりを支援し
「ブラック企業」「過労死」「ワーキングプア―」を根絶
防災・減災体制を
立憲主義を守るための政治を
2019年7月16日(火)
きょうは赤磐市中央公民館で原田ケンスケ個人演説会です。

14日(日)午後3時にビックとサンモールの歩道に立ってメガホン宣伝を5人でしました。買い物中の町民の目を引いていました。

きのう15日(月)(日本共産党創立記念日)は全県統一行動でサンモールとビックの間の歩道に立って12時~13時までメガホン宣伝しました。

きょうは朝、和気橋でメガホン宣伝します。

夜7時には赤磐市役所となりの赤磐市中央公民館で個人演説会にご参加ください。

原田ケンスケ候補

7月16日(火)17時赤磐市~赤磐市一帯で活動し20時まで

19時~赤磐市中央公民館で個人演説会

7月17日(水)

志位委員長岡山駅西口1220分~演説し原田ケンスケ氏も参加します。

2019年7月8日(月)
きょうは東備地域を住寄比例区候補が訴えてまわります。

今日の比例カー(住寄候補もしくは森脇前県議)演説か所

桜ケ丘マックスバリュー9時半~

熊山Aコープ前10時半~

 

伊部マルナカ店13時50分~14時

片上郵便局14時25分~14時40分

海の駅(伊里マルナカ前)15時45分~

日生パオーネ前16時15分~

吉永ビレッジハウス(旧雇用促進住宅)

17時30分~17時45分

和気上朝日町住宅前18時40分~

佐伯プラザ前交差点19時05分~

2019年6月27日(木)
参院選挙キャラバンやりました。

 昨日国会が終わったため今日から参院選挙戦が事実上始まりました。
今日は和気町でも共産党比例区予定候補住寄聡美が午後2時前から6時まで和気町で演説して回りました。
くらしに希望が持てる3つの提案、8時間暮らせば暮らせる社会を、くらしを支える社会保障を、お金の心配なく学び子育てができる社会の実現消費税値上げをストップし暮らしに希望が持てる社会をつくろうと訴えて回りました。

2019年6月22日(土)
参院選挙は7月4日告示です。

 参院選挙は7月4日告示です。選挙区では日本共産党は立憲民主党の原田ケンスケ氏を野党共同候補として担ぎます。
今回は比例区は日本共産を選挙区では原田ケンスケ氏を本気の共闘で応援します。
7月4日の告示の日にはポスター貼りも要請があったので手伝います。
7月6日には原田ケンスケ候補が備前市伊部を出発し9時30分から10時日生を回り吉永を11時15分ごろ和気に入り熊山を回って佐伯へ12時30分から45分ごろまでおり柵原へ13時頃には着き美咲弓削赤磐を回り14時45分ごろに牟佐のセブンイレブンへ着くそうです。
7月8日には日本共産党比例カーがくるそうです。
もし立ち寄ったら応援してください。
16日(火)には赤磐市へ午後5時前後に入り赤磐市中央公民館で午後7から個人演説会を予定しています。


津山市で街頭演説する原田ケンスケ候補
2019年6月19日(水)
6月議会終了しました。

 

6月11日(火)から開かれていた6月定例会は本日19日(水)終了しました。

議案54号和気町付属機関条例の一部を改正する条例について

学識経験者を含む防災都市公園整備事業検討委員会を設置して最初からやり直そうという条例案

賛成少数(尾崎、若旅、神﨑、山本み、当瀬)(敬称略)で否決となりました。

議案55号和気町非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

防災都市公園検討委員会の委員に学識経験者に10100円その他の委員に日額4500円の報酬を払う条例

賛成少数(尾崎、若旅、神﨑、山本み、当瀬)(敬称略)で否決となりました。

という結果でしたからもうほとんど防災都市公園を復活させることは不可能だと思われます。

議案第58号令和元年度和気町一般会計補正予算(第一号)について

修正案土木費の防災都市公園費 委員報酬39万4000円だけ削除した一部だけの修正案が太田啓補、賛同者=居樹で提案があり賛否を問われ西中は賛成しました。賛成=太田、従野、居樹、万代、山本や、西中  賛成多数で可決しました。

下に私の反対討論を記載しています

防災都市公園費以外の原案について賛否が問われ

賛成多数で可決となりました。反対=西中

モーターボート競走の場外舟券発売場の設置に関する請願

について賛成多数で採択になりました。反対=太田、従野、西中


議案第61号令和元年度和気町地域開発事業特別会計補正予算(第1号)

矢田の工業団地については龍が鼻のほうへ調整池の水を流し調整池の広さも2800㎡設計案を備前県民局東備事務所は認可したのに県庁の本庁が8000㎡まで拡張しないとだめとなり、町として受け入れられない、なぜなら4町歩の土地のうち8反も調整池に使ったのでは工業団地の面積が大変減少してしまう。ということで振出しにもどり今度は排水を吉井川の方向へ直に流し自転車道も西側へ湾曲するように方針転換して設計を依頼しようという事です。

前回の報酬を約3600万円支払いあらたに測量設計委託料968万円を支払う予算が計上されています。これは前回失敗した会社に無料で請け負いしてもらってもいいのではないかとして西中は1人反対しました。

 

議案第58号

令和元年度和気町一般会計補正予算(第一号)に対する反対討論

 

この一般会計補正予算案には賛成するところもありますが、地方創生推進費のところのドローン物流検証事件委託料765万円とシステム構築委託料200万円そして、防災都市公園費の委員報酬39万4000円が認められません。

まず、ドローン物流検証実験のところF社分665万円、顔認証P社100万円そしてN社のシステム構築委託料200万円ですが、F社は地方自治法違反の疑いがありますし、ほかの大手企業もF社も得られたノウハウは会社に属するのでしょうし,意匠登録権、特許権等は会社が持って帰るはずです。

ですから地方自治体のお金を使ってイノベーションができ利益を得ていくわけであります。和気町が宣伝してもらえるとか、素晴らしい技術を体感できるとかいろいろ言われますが、企業として技術を得て帰るわけであります。町と国の税金を使って企業利益を追求するわけです。誰のための税金なのかという事です。半分は国がお金を出しますが半額は和気町が負担するわけです。どれだけが和気町へのプラス効果かわかりません。

これがアベノミックスの正体でしょうか?ほとんど国民に還元されるものはなかったように思います。一握りの大手企業がもうかっただけで国民には恩恵はなかったように思います。

また検討委員会の委員報酬が出ているわけですが検討委員会は29年の3月ぐらいにするものでしょう、いまさら立ち上げても無理です順序が逆です。

またプレミアム商品券の予算がついています、あえて反対はしませんが、消費を冷え込ませないためには消費税10%アップを辞めればいいと思います。それが一番の近道です。以上反対討論といたします。





矢田の工業団地造成予定地

矢田の工業団地造成予定地
2019年6月19日(水)
一般質問終了しました。

 一般質問17日と18日で10人がされました。
注目されるところでは、従野議員が佐伯庁舎の体制について見直すつもりはないか。今の状態は人が大変すくなくなっており合併協議にあった内容とかけ離れている。再検討せよ。
ということが出されました。
町長は見直しを検討してみるという答弁がありました。
西中は塩田住宅への対応をただしたところ、17世帯のうち6世帯は帰られなかった。堤防の設置については9月には土地購入契約11月には工事に着手し、最終完成は2020年度(令和2年度)ということでした。
また場外舟券売り場のことでは本区長より賛成多数で売り場誘致が決まったという報告が3月1日にあり、設置要望書が3月22日にあった。運営会社からは3月26日に設置要望書が提出され、5月9日に会社が来庁され運営計画の説明があったという事で会社関係者と会っていることは認めました。
協議はしていない、個々の問題を勘案して総合的に判断するとのことでした。

2019年6月17日(月)
きょうは一般質問6人です。

 今日は、居樹、尾崎、従野、太田、神﨑、西中の6人の一般質問です。
私は6番目に、塩田住宅被災者対応と、和気町の災害対応での方向性、町は場外舟券売り場を推進する意向か、佐伯庁舎(支所)の体制は問題ではないか?というテーマで質問します。予定では午後2時前後になると思われます。どうぞ傍聴下さい。

i被災直後の塩田住宅
2019年6月13日(木)
6月議会速報。

 6月11日の質疑から

防災公園検討委員会を設置する条例について万代、西中、居樹、太田、山本議員から質疑があり、万代議員からは町長から提案があった検討委員会ができても当初の計画からどれだけ変更できるのか面積の要件、スポーツ施設の内容とかいろいろある変更の許容範囲を教えてほしい。

という事に対して今田産業建設部長からは国土交通省中国地方整備局と協議していくことになると思うが、その許容範囲はきわめて少ない、そして協議の上の結果と思われる。面積要件等は不明と思われる。

万代議員は3月で修正案が議決されたので、今の基本計画の完全見直しを約束することが前提条件だと思われる野球場付きの総合グランドではだめです。

しかし今回の条例案に出てくる防災公園検討委員会によると否決された基本計画をたたき台にしてその見直しを図ろうとしているように見えるわけです。

基本計画をはずすんだという事でなければだめですよと言っているわけです。

私は3月議会で修正案が通ったときから何とか社会資本整備交付金が何とか使えないかと考えていたわけです。

 

草加町長からは万代議員から遅ればせながら町民の意見を取り入れた形の施設に見直す考えはないか、と提案されたわけであります。それも一般公募でできないかと提案されたわけです。検討委員会を提案されたがむつかしい、公募で委員を募集はできない。有識者の方を含めた10名程度の検討委員会にしていただかないとできない。有識者により検討していただきより充実した施設にしたい。

和気町は長寿の充実した健康施設にして、社会体育の充実を目指したい。それと地の利を生かして近隣一円の皆さんにお越しいただいて、この地に付加価値をつけていただきたい。2040年問題の解決にもつながる。それが経済効果を発揮するだろう。平成25年に岡山県は有事の際には和気ドームを災害用備蓄備品の貯蔵場に指定している。そのこともあり社会資本整備交付金なら5割の財源が確保できる。続く


2019年6月12日(水)
防災特別委員会で条例改正否決。

6月議会速報

12日(水)の防災公園特別委員会で

防災公園検討委員会を設置する条例改正

採決で賛成5(尾崎、若旅、神﨑、山本み、安東)反対5(従野、太田、居樹、山本や、西中)で可否同数で委員長採決
となり否決となりました。(なお、当瀬議員は委員会開始時には出席されていましたが、採決前に早退されました。)

2019年6月9日(日)
日本共産党演説会へ行きました。

 岡山駅西口で午前11時から共産党演説会が開かれました。前半は岡山一本の会の吉岡共同代表、立憲民主党の高井たかし氏、国民民主党の津村啓介氏、社民党の宮田義夫県連代表、共産党の植本完治氏、立憲民主党の原田ケンスケ氏、共産党の住寄聡美氏が登壇して、各野党4党、と原田ケンスケ野党統一候補は「おかやま一本」からの13項目の政策要望書に調印し原田氏の勝利のために全力をあげることを確認した。という事でした。
第2部では小池晃参議院議員共産党書記局長と仁比(にひ)そうへい参議院議員と住寄(すみより)さとみ比例候補が紹介され、岡山県で13万票を獲得して比例区最低5議席とり7議席へ挑戦できるようにしてほしい。熱血弁護士であり2期参議院議員を務めた仁比議員は災害現場も視察しこれまではできなかった個人財産の土地や建物の補償にも道を開き、真備町の災害にからんでダムの事前放流も成羽川ダムなどから可能にした。3たび仁比(にひ)そうへい参議院議員を国会へ送り出してほしい。と訴えた。

2019年6月7日(金)
議会が11日から始まります。傍聴をお願いします。

  

6月11

午前9時

議案上程、説明、質疑、委員会付託、請願、陳情説明、質疑、委員会付託、議会運営委員会

6月12

午前9時

防災都市公園整備事業特別委員会、全員協議会

6月13

午前9時

厚生産業委員会、総務文教委員会(午後1時~)

6月17

午前9時

一般質問、議会運営委員会、議会広報委員会

6月18

午前9時

一般質問(予備日)

6月19

午前9時

委員長報告、質疑、討論採決

5月31日(金)議会運営委員会の条例改正の説明で町長は防災都市公園整備事業検討委員会(町長が委嘱する学識経験者を含む15名以内の諮問委員会)を設置して防災都市公園を進めていきたい。と言明しました。

西中が3月議会で修正削除されたのになぜ再提案するのか?と質問すると、

提案があったからだ。という事でした。本会議でただしていきたいと思います。

 

一般会計補正予算のなかで修正削除されたドローン物流検証実験委託料765万円、システム構築委託料200万円も再提出されています。

3月議会で6億639万あまり予算が削除修正されたり、ドローンの物流検証実験委託料765万円やシステム構築委託料200万円削除修正されたのに、そのすぐ後の6月議会で意に介さず。草加町長思い通りに原案をどうしても実現しようと防災都市公園は検討委員会を立ち上げ、ドローンも965万をそのまま再提出するそんなことができるのであれば議会はいらないといっているのに等しいではないですか?

一部には国土交通省がそのまま補助金を使ってくれなければ困ると言っているといううわさも聞きます。

 

11日には万代議員がモーターボート競争の場外舟券発売場の設置に関する請願(請願者=近藤憲一本区長)の紹介議員になっていますので。11日の議会本会議で
万代議員が趣旨説明をします。

また13日(木)の午後1時からの総務文教委員会で審議があり19日の本会議で決定されます。西中は教育文化の町にふさわしい施策ではないし産業振興策としても
本流ではないし、赤磐市をはじめ東備地域の方々にも迷惑をかける施設ではないかと思
います。
               
                
請願書

                                  令和元年5月20日

 

和気町議会議長

安 東 哲 矢 様 

                       提出者

住所

氏名 和気郡和気町本534番地

       本区長 近藤憲一

 

紹介議員 万代哲央

 

モーターボート競走の場外舟券発売場の設置に関する請願

 

請願趣旨  株式会社フューチャーが、モーターボート競走の場外舟券発売場「ボー
トレースチケットショップ岡山わけ(仮称)(予定場所:和気郡和気町本119
-1他3筆)の設置について計画中であります。

        同施設の設置にあたっては、地元雇用の創出や人が集まることにより、周
辺地域及び和気町の活性化が期待できると考えております。

         また、競艇施行者から和気町に対して環境整備協力費が支払われるこ
ととなり、和気町の新たな財源も生まれ、町民生活の向上に寄与すること
が見込まれます。

  本区といたしましては、モーターボート競走法第5条第1項の許可要件
に従い検討を重ねた結果、平成31224日開催した本区臨時総会に
おいて賛成多数により設置に同意いたしました。

  つきましては貴議会に置かれましてモーターボート競走法第5条第1
の許可要件の一つである同施設の設置にあたり、ご賛同いただきますよう
請願書をご提出させていただきます。

 

請願内容  モーターボート競走の場外舟券発売場「ボートレースチケットショップ岡
山わけ(仮称)」の設置について同意すること。


2019年6月7日(金)
岡山県後期高齢者医療広域連合選挙が行われています。

 本日は久米南町議会を訪問し議会運営委員会前の少しの間で2分で立候補のあいさつをさせてもらいました。後期高齢者広域連合議会選挙は3回目の立候補です。
2回目の平成27年6月の選挙で当選して4年間議員をつとめました。
健診の強化や、議員の構成が首長9名、議員9名の住民の意見が通りにくい問題、国が一部負担金を1割から2割に上げようとしていることに対して1割負担を継続してほしいという事を市民団体岡山県社会保障推進協議会と連携して1割負担を継続してほしいという意見書を出すように願う請願書を出す運動したりしてきました。
今後とも後期高齢者医療制度が高齢者の医療をよくするように頑張ります。
なお町村議長会から吉備中央町の黒田議長、早島町の船越議長、奈義町の岡議長を議長会の推薦で候補者として担いでいます。私は個人的に15人の個人推薦者を確保して6月3日に岡山市北区今の広域連合へ立候補届をしてきました。市議会の部で美見みち子さんが29人以上の推薦書をもって立候補届を済ませました。


2019年5月31日(金)
きょう町議会の議会運営委員会が開かれました。

きょうは6月町議会の運営について決める議会運営委員会が開かれました。

その中で、3月議会で防災都市公園は削除修正されましたが、仕切り直しをして学識経験者を含む15人で構成する防災都市公園整備事業検討委員会を立ち上げて引き続き防災都市公園を推進していくという事が草加信義町長のほうから話されました。

いままで一年間議論してきたのは何だったのか、議会の意向は無視されるのか?理解しがたいのままいくのならば町民の皆さんに事の正否をうかがわなければならない日が遠くない時期に来るかもしれません。もとより町長はそのお覚悟なのでしょう。

2019年5月22日(水)
憲法9条を守ろうと署名を集めにいきました。

 本日は田原上地内の戸別訪問で憲法9条を守ろうと「わけ・備前革新懇」という団体のメンバーで署名集めにいきました。
20名弱の方が署名して下さいました。
あるご婦人はお父さんが戦争へ行って生きて帰っていたから自分は生まれた。戦争だけは悲惨なことが起こるので絶対やめてほしい。と言って署名に協力してくれました。

2019年5月18日(土)
ボートピア井原の視察へいきました。

 おととい5月16日(木)バスをチャーターしていただいて今問題になっているモーターボートの場外船券売り場ボートピア井原へ議会全員で視察に行きました。
井原市の中心部から少し西側へ寄った場所で和気町より少しにぎやかな場所で国道313号に面したいい場所にありました。
モーターボートの施行者倉敷市と協定して井原市が国土交通省の許可を得ているようです。
運営会社は福山市にある㈱フューチャーという元パチンコ会社です。
場所は元々バチンコ店があった場所を借地契約で借りて建物を建てているそうです。
駐車場は臨時も含め300台弱入る広い場所です。
目標の来店利用者は1日600名、売り上げ目標は1日600万円で営業時間は9時から午後9時までです。

そもそも同僚議員の太田啓補氏が3月議会で一般質問して、1月に石生地区の本区で臨時総会か何かで40数名賛成20数名反対で区として誘致を勧めているという事がわかりました。
今回の会社の話で赤磐市のネオポリスや岡山市、県北部も視野に営業範囲にしているそうです。
6月議会での提案(陳情か請願)を示唆していました。
それがO.Kになった場合には8月には倉敷市と和気町の行政協定が行われ年内には建設へ向けてゴーサイン(農業振興地域解除、開発許可、建築確認)を目指しているそうです。
大変なことです、太田議員が言うように教育の町和気町にはふさわしくない事業だと思います。町民の皆さんに報告していきたいと思います。
FACEBOOKに同僚議員が書いています。


VIPルーム
2019年4月16日(火)
3月中旬に町内ですが引っ越ししました。

 3月中旬に引越ししました。新住所はすこし赤磐市よりの宇生というところです。
まだ、物の片づけができていないのでおうじょうしています。

今日も津山市の市議会選挙の応援に行きます。貧乏暇なしです。


2019年3月22日(金)
防災都市公園の予算6億639万円削除する修正案が可決。

 きょう3月議会最終日が終了しました。今回の最大の争点だった防災都市公園の予算6億639万7000円を減額修正する修正案が可決になりました。ドローンの物流検証実験委託料765万円システム構築委託料200万円も削除されました。
また平成30年度一般会計補正予算に盛り込まれていた繰越明許費1億2600万円も削除されました。
当初予算の修正動議は居樹豊議員が提案太田議員が賛同者でした。また補正予算の修正動議は西中提案者で万代議員が賛同者でした。
どちらも賛成は、太田、従野、居樹、万代、、山本泰、西中の6人反対者は尾崎、若旅、神崎、山本稔、当瀬の5人です。
残念ですが、請願で「日米地位協定の見直しを求める意見書」の請願も、「後期高齢者の医療の一部負担の1割負担の継続を求める」請願も趣旨採択にしかできませんでした。

2019年3月21日(木)
あすは3月議会最終日です。議会傍聴をお願いします。

 明日は午前9時から和気町議会3月定例会最終日です。
委員長報告、討論、採決が行われる予定です。

町議選挙で争点にもなった防災都市公園の6億639万円の予算が可決になるかがあすの議会の争点になります。
防災都市公園についての予算を削除した修正案が出される予定です。
是非傍聴にお越しください。
役場3階の議会事務局へ来て住所氏名を記入して傍聴カードを付けてもらえば傍聴できます。
また、インターネットでも見られます。

2019年3月11日(月)
きょう9時から議会で防災公園も含め各予算の説明があります。

今日から町議会3月定例会が始まります。

今日は町長の施政方針演説、30年度和気町一般会計補正予算、条例改正、31年度和気町一般会計予算などの提案と説明がある予定です。

 

防災都市公園費には、土地購入費  2億7498万4000円

          公園施設工事費3億2600万5000円

          測量委託料     449万9000円

          不動産鑑定評価委託料 80万9000円

          消耗品費       10万    円

が計上されていました、

財源は社会資本整備交付金(国の補助金)2億5313万2000円

    町債(和気町の借金)       3億  880万    円

    指定寄附金              1000万    円

        一般財源                    3446万5000円

です。なお平成30年度に計上されていた1億2600万円は予算執行できそうにないため繰越明許費(前年度に執行できなかった予算について議会に諮り翌年度執行する予算を明示)に入っていました。          


2019年3月7日(木)
議長や議会の役員が決まりました。

議長に安東哲矢氏決まる。

議長選挙で当瀬万享議員6票、安東哲矢議員6票のようになり同数の時は、くじという事で安東哲矢議員が決まりました。

副議長は推薦で山本泰正議員がきまりました。


◎=委員長 〇=副委員長

総務文教委員 ◎万代哲央〇若旅啓太 当瀬万享 山本泰正 太田啓補 尾崎智美

厚生産業委員 ◎居樹豊 〇西中純一 安東哲矢 山本稔  神﨑良一 従野勝

議会運営委員 ◎山本稔 〇西中純一 当瀬万享 山本泰正 万代哲央 居樹豊

議会広報委員 ◎若旅啓太〇山本稔  西中純一 神﨑良一 太田啓補 尾崎智美

組合議会

和気北部衛生施設組合   西中純一 居樹豊 安東哲矢

和気赤磐し尿施設組合   万代哲央 安東哲矢

和気老人ホーム組合    当瀬万享 神﨑良一 尾崎智美 安東哲矢

東備農業共済組合     山本泰正 安東哲矢

東備消防組合       太田啓補 若旅啓太  従野勝  安東哲矢

監査=当瀬万享

温泉特別委員会     委員長=居樹豊 副委員長=山本稔

防災都市公園特別委員会 委員長=万代哲央、副委員長=若旅啓太

7日にさっそく開かれた議会運営委員会での説明で6億639万円の防災公園土地購入費等の予算計上がされていました。

修正案を提出すべきだと思いますが、提出され可決できるかがこの議会での一番大きな焦点になります。

3月11

午前9時

施政方針、諮問の上程、採決、議案上程、30年度一般補正、条例等、31年度一般会計説明、委員会付託、委員会付託、議会運営委員会

3月12

午後1時

議案上程、特別会計31年度当初予算

3月13

午前9時

議案質疑、委員会付託、請願、説明質疑、付託

3月14

午後1時

休会(本会議)現地視察、

3月15日

午前9時

特別委員会(温泉特別、防災特別)

全員協議会(町営バス等)

3月18

午前9時

総務文教常任委員会、(9時から)

厚生産業常任委員会、(午後1時から)

3月19

午前9時

一般質問、議会運営委員会、議会広報委員会

3月20日

午後1時

一般質問(予備日)

3月22日

午前9時

委員長報告、質疑、討論採決

なお西中は「後期高齢者医療の窓口負担の見直しにあたり、原則1割負担の継続を求める」請願と「日米地位協定の見直しを求める意見書に関する請願」の紹介議員になっていますので、13日の本会議で趣旨説明をいたします。

2019年3月1日(金)
町議会臨時会終了しました。

 きょう町議会.議長や委員長、各所属委員会.、組合議会の所属などを決める議会ですが.、議長決める.ことすらできませんでした.。
それは.防災公園.反対.の議員.と賛成の議員.が同数とみられているため.。
議長をとるほうが.採決で負けてしまうので.反対派も賛成派も議長候補.は固辞するという事で.選挙の投票.にもなりませんでした.。
本会議.で仮議長.従野議員.が登壇ししきりました。
すぐに第1委員会室.に移り、議長選をどうするか.という事で.当瀬.議員から.山本泰正氏がいいのでは太田議員から.安東哲矢議員が.いいのでは.となり推薦では.無理な.ようになりましたが。当瀬議員からは.二人で.話し合って.もらえばといったのですが..、私は.理詰で選挙になるのではないかと言いましたが、安東氏と山本氏はいなくなり話もしたようですが何もなく.今日は議長は決まりませんでした。
なぜこうなったかというと、議長をとったほうが採決ではまけてしまうので.議長は決まらなかったわけです。

2019年2月19日(火)
岡山市で岡山県後期高齢者広域連合議会でした。

 今日は岡山市の地方振興センターで後期高齢者広域連合議会でした。条例改正で低所得者に対する保険料の均等割についての軽減割合について、
9割軽減について、31年度から8割軽減に変更し、平成33年度から7割軽減にする。
8.5割軽減について、32年度から7.75割軽減にし33年度から7割軽減に変更する。
このことは被保険者にとって不利益になるので反対しました。
反対者は、田辺牧美(倉敷市)羽場頼三郎(岡山市)の両議員も反対しました。
また、わたくしは「後期高齢者医療の窓口負担の見直しにあたり、原則1割負担の継続を求める」請願の紹介議員として趣旨説明をしましたが、賛成少数、田辺牧美(倉敷市)羽場頼三郎(岡山市)三輪順二(井原市)磯田博基(新庄村)が賛成で5人賛成で不採択になりました。

2019年2月19日(火)
激戦の町議会選挙が終わりました。

 

票数

前回票

前回との差

若旅啓太

961

- 

 

太田啓補

768

- 

 

山本泰正

681.455

698

-17

安東哲矢

680

790

-110

従野 勝

653

 

当瀬万

587

680

93

西中純一

532

613

-81

居樹 豊

505

487

+18

神﨑良一

464

 

山本 稔

428.544

625

196

万代哲央

406

681

-275

尾崎智美

367

 

広瀬正男

351

496

-145

柴田淑子

338

486

-148

安部政敏

284

297

-13

 

 2月12日から16日までの選挙が終わりました。
補欠選挙で昨年4月に議員になった若旅議員が1位でした。現職が2人落選した少数激戦でした。
西中は81票減票、得票率6.6%です。

 


2019年1月26日(土)
雪がまうなか街頭演説やりました。

 20億円の防災都市公園は中止して暮らし福祉にまわせ。挙が終わると3月議会には4億円以上の土地買収の予算が提出されるはずです、この選挙で事業中止を主張する議員が多数派になればこのむだ使いはストップできます。西中純一はその先頭に立って頑張りますと主張しました。

人権条例を廃止し差別温存につながる人権(同和)事業は廃止する為がんばります。高すぎる国保税1万円の引き下げ、学校給食の無料化、保育料の完全無料化も実現するため努力します。

2019年1月9日(水)
朝立ち(宣伝)を始めました。

あさ立ち宣伝を始めました。和気町佐伯の郵便局とJA佐伯支店を北に見る交差点で傘ももって朝立ちしました。
おりあしく雪がちらちらする模様でしたが7時45分から8時20分ごろまで頑張りました

超寒かったです。

2018年12月22日(土)
12月議会は終了しました。

  ご報告が遅くなりましたが、12月19日(水)に12月定例会が終了しました。
664万円の建物等の鑑定委託料を含む一般会計補正予算あんが賛成多数(賛成9人(若旅、神崎、山本み、居樹、万代、山本や、尾﨑、広瀬、安東)
反対2人(西中、柴田)で可決となりました。

給与条例の改正は全会一致で可決となりました。
請願では、国に対し「消費税中止を求める意見書」の提出を求める請願書は賛成少数(賛成西中、柴田)で不採択となりました。
陳情で種子法廃止に伴い岡山県の取り組みが後退しないように岡山県条例の制定を求める要請書は全会一致で趣旨採択となりました。
西中純一の一般質問ではメガソーラ発電所の建設についての条例制定を検討したかという質問に対して届出の提出や抑制地域の設置等について盛りこもうと考えている
草加町長も地元が反対しているものに対してすすめてよろしいとは言えない。届け出が出ても慎重に対応したいという答弁でした。

2018年12月10日(月)
12月議会があすから始まります。

1211

午前9時

議案上程、説明、委員会付託、

請願、陳情説明委員会付託、議会運営委員会

1212

午前9時

特別委員会(温泉特別、防災特別)全員協議会

1213

午前9時

厚生産業常任委員会、

1214

午前9時

総務文教常任委員会

1217

午前9時

一般質問、議会運営委員会、議会広報委員会

1218

午前9時

一般質問(予備日)

1219

午前9時

委員長報告、質疑、討論採決

西中は12月議会で『国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める請願書の紹介議員になっています。11日の議会本会議で趣旨説明をします。

本会議については議会中継がありますし、オンデマンドで和気町のホームページの和気町議会の場所で見られます。

2018年12月10日(月)
きのう事務所開きを行いました。

 昨日は佐伯の旧岡崎製材所の一角で事務所開きを実施しました。50人の方にお集まりいただきました。
私は和気町で今、事業起こそうとしている防災都市公園を見直しをしたい、和気町の町政の問題点、町民の意見を聞かないで独断専行の町政から住民本位の和気町政に変える、不公正な人権事業を辞めて差別を解消する方向へ変える、また合併の原点対等な関係になるように佐伯地区の声を代弁することに頑張る。
と表明しました。

2018年11月17日(土)
町村議長会の研修講演会

 昨日は津山市で町村議長会の講演会が開かれました。
講師は岡山県瀬戸町出身の片山善博早稲田大学大学院教授でした。
講師は鳥取県知事時代に平成の大合併を経験したが、合併は急いですることはないどうしてもしたのであれば県としてお手伝いします。
というくらいの態度でやっていたということ。
いや、むしろ、合併はやめといたほうがいいよということを言っていたということでした。
今後も地方自治体の方は政府の政策には惑わされないで地方にとって何が大切かほんとのよく考えて事業を構築していくべきだということでした。

2018年11月5日(月)
水害被害を受けた塩田住宅の被災者の要望を11月1日提出

 平成30年の7月6日から7日にかけての水害で町営塩田住宅の住民は命からがら塩田地区の塩田コミュニティハウスや奥塩田コミュニティハウスへにげました。その後一部の住民は和気鵜飼谷温泉で一時避難所として過ごしてもらっていましたが、親せきや実家等へ避難していた人もいました。
9月議会での話ですが和気町は7000万円程度かけて来年2月までに改修し現状回復していく、また仮設住宅はせず、ビレッジハウス(旧雇用促進住宅)、町営長楽団地、町営朝日住宅、町所有宿泊所(本和気)等の修繕と、明色化粧品の住宅を契約し希望の場所へ入居していただき、以前支払っていただいていた住宅家賃分は負担いただき差額分を和気町が負担する(約300万円)ということになっていましたが、見舞金8万円しか10月27日段階では支給されていなかったので緊急に被災者にお集まりいただき問題点を整理して以下のような公開質問状を提出しました。

公開質問状

平成30年11月1日

和気町長

草加信義 様

 

       平成307月水害調査団

             柴田淑子

             西中純一

             安部政敏

 

「平成307月水害塩田団地被災者の会」から和気町への要望等について

平成301027日(土曜日)サエスタ一階集会所(室)で午後8時~10時まで「塩田団地水害被災者集会」が開かれた。

私達「平成307月水害調査団」3名は当該集会を傍聴した。

 

傍聴に基づいて以下の事を草加町長へ質問する。

1、平成3091日に被災者から和気町宛てに提出された「要望事項の返事は。

    したのか、まだしていないのか。

    返事がまだなら91日に出されて2カ月近くたっている。要望事項への返事を出す期日を明示してほしい。宛先は被災者個人全員に対してと当調査団まで

                             (以下同じ)

2、平成307月水害被災者への義援金は和気町に来ているはずだが

    和気町へ来ている義援金の額はいくらか。

    義援金の配分委員会はどういう構成か

(イ)配分についての規定はどうなっているか。

(エ)配分予定期日等いつか。教えてほしい。

  ③これ以後義援金が和気町へ来た場合はどうするか

 

3、目下工事中だと思うが、塩田住宅20戸について

    工事完了予定日はいつか。2月か。

    各一戸にフローリングを、一部畳に変えている。

 

4、美作市営住宅へ行っている人にも家賃補助はできないか。

また、親類に仮住まいしている人も住宅家賃担当額をその親類に支払いたいと望んでいるがどうか。

5、水害の原因は旧佐伯町、和気町が岡山県へ要望して塩田郵便局北西側の堤防を設置すべきだったにもかかわらず、未設置だったことによる。

よって、塩田住宅の住民が被った損害について相当程度賠償する義務があるのではないか。

例えば、クーラー・洗濯機・レンジ等、炊飯器、一般家庭が通常使っている電気器具、家具・机・椅子・タンス等、ふとん・衣類・下着も その他の動産

 

以上5項目についての回答を求める。期限は1週間後、118日(水曜日)までとする。



2018年10月24日(水)
今日は長野県の上水内郡飯綱町へ視察で来ました。

 昨日に続き長野県の飯綱町へ視察に来ました。
今日は議会改革とICTを利用した農業支援ということでした。
この町は牟礼村と三水村が平成17年に合併した1万2000人ほどの町です。
牟礼村は観光の町、三水村はりんご生産を中心にした農業の町です。
町は合併と同時に起こった第3セクターのスキー場の経営悪化により収入保
証契約をたてに損害賠償裁判で負け3億円からの金銭負担を強いられてか、ら
議会に対する責任追及にも合い議会改革を迫られたということです。

2018年10月23日(火)
長野県須坂市へ視察に来ました。

 健康長寿発信都市須坂市へ厚生産業委員会の視察で来ました。
須坂市は長野市の近郊の5万人程度の市です。
昭和30年代から保健補導員という健康づくりのリーダーを任期2年でつくりその活動が健康づくりに役立っているということでした。
保健補導員は発足以来60年で経験者が約7500人にもなっている。導員は食生活改善推進協議会もやっている。
ということでしたし、介護保険の保険料が値上げ後でも標準保険料が5040円で長野県の19市中一番安い。
介護認定率も13.6%で一番低いということでした。

2018年10月15日(月)
苫田ダムから西大寺まで吉井川ウオッチしました。

 「苫田ダムを検証する実行委員会」主催のバスツアーに参加して、苫田ダムから津山、柵原、吉井、和気、西大寺永安橋付近までウオッチングしました。
苫田ダムは昭和32年に国の計画が始まりました。しかし奥津町苫田ダム阻止条例をつくり歴代の町長が反対派でしたが岡山県と建設省の大きな政治的圧力により最後に出た森元町長が条件闘争に方針転換し1999年から第1期工事にかかり2005年にダムが供用開始されたそうです。
しかし、42万㎥という水を増やすという誤りにより、水あまりがあり和気町も寺山浄水場から、岡山県広域水道企業団より約4000万円もの水を買っています。そのためか和気町簡易水道は会計上大変損しています。
旧佐伯町時代は南山方、北山方等の水は英田町から水道をつないで買っていました。
日笠の一部地域の水も水道企業団から買っています。

2018年10月13日(土)
急に寒くなりました。

 今日朝は急に寒くなりました。そのため今日の赤旗配達も少し遅くなりました。そして南山方へ来たとき雲海がきれいでした。
佐伯小学校では新佐伯小学校の第2回運動会が開催されました。
1か月伸ばしたため充分練習できてよかった、そして天気もよかった運動会でした。

2018年9月30日(日)
沖縄県知事選挙でオール沖縄のデニー玉城氏勝利

翁長県知事死去にともない前倒しで実施された沖縄県知事選挙がきょう9月30日投開票されデニー玉城氏が佐喜真氏を破り当選した。
TV朝日は早くから当確を発表したがNHKはなかなか当確を出さなかったが午後9時38分ごろようやく当確をだした。
フジTVはミスターサンデーでは報道すらしなかった。政府のショックは相当大きかったのでしょう。

2018年9月26日(水)
9月議会の報告(続編)


防災公園整備事業特別委員会の設置
提案者、尾﨑忠信 賛同者山本み、安東、広瀬、神﨑、若旅

目的 政府は南海トラフ地震による大規模災害を想定していることから、和気町の防災環境の整備が急務となっている。また、防災都市公園事業は、防災拠点としての役割と合わせ、和気鵜飼谷温泉、和気ドームなどの既存施設と連携し、交流人口の増加や健康づくりの拠点として、「活力とにぎわい」が創造できる施設である。和気町の活性化とともに、町民が安全で安心な生活が送れるために、防災都市公園整備に関する調査・研究を行う。

提案理由 この事業は予算規模約19億円で町の施策として総合的な検討が必要である。町長各部局、教育委員会にかかる事項があるので、総務文教、産業厚生の常任委員会の単独審査でこれらの所管のすべては審議できない、また常任委員会では6人であり最低3名の委員の賛否で審査がきまり十分な委員会審査にならず議会に寄せられた町民の負託にこたえられない、執行部から予算案が議会運営委員会に提案されたなら過去の事例も勘案し特別委員会の設置を発議するべきであった。予算に対する賛否の判断が先行し議会運営委員会の本来の職責を果たしえなかった感がしてならない。このようなことにならないよう本来の議会運営委員会の役割を自覚し落ち着いた議会運営委員会の審議を要望し特別委員会設置の提案理由とする。

賛成=山本み、尾﨑、安東、広瀬、神﨑、若旅、居樹、西中、山本や、

反対=万代、柴田

互選により委員長に尾﨑議員、副委員長に若旅氏が決まりました。

特別委員会の設置について、議会運営委員会の役割が果たされてないとの批判だが、私、西中は、8月17日には臨時議会もありました。そのあとでも議会事務局長にも特別委員会の設置については相談しましたし、当瀬議長にも8月下旬か9月初めには電話で質問したし、議会運営委員会でも質問した、防災公園に反対でも、疑問は投げかけました、だから賛成派の議員は8月29日の議会運営委員会の日に提案あったら休憩とって相談してから、提案してもよかったのではないでしょうか?

議会運営委員会=山本泰正委員長、万代副委員長、広瀬、西中、居樹、山本み、各委員


2018年9月24日(月)
あしもりもみの木保育園の開園祝賀会開かれる。

足守もみの木保育園(企業主導型認可外保育園)の開園祝賀会がきょう午前11時から岡山市北区足守の深茂地区の新園舎で開かれました。
この企業型保育は内閣府が主管する企業主導型保育事業で建設費の4分の3の助成が内閣府からだされるもので定員30名に企業枠15名地域枠15名の枠があり、この保育園では足守地域の社会福祉法人ももぞの学園と倉敷市中庄地域の社会福祉法人くるみに対して15名、地域の枠に15名の入園の枠があてがわれるものです。

2018年9月24日(月)
昨日9月23日は長寿フェスタが開かれました。
きのう学び館サエスタで第4回長寿フェスタ(実行委員会主催)が開かれました。450人以上の高齢者がダンスや日本舞踊、そしてベンチャーズのサウンドに酔いしれました
2018年9月19日(水)
9月議会終了しました。

9月6日から開始していた議会が終了しました。

決算議案はすべて認定となりました。

平成30年度一般会計補正予算第3号賛成多数で可決

防災都市公園の費用を含む原案に対しては1億3670万を削除した修正案を山本泰正議員賛同者万代議員で提出しましたが賛成=居樹、西中、山本、万代、柴田

反対=山本み、尾﨑、安東、広瀬、神﨑、若旅賛成少数で否決し

原案が提案され原案賛成=山本み、尾﨑、安東、広瀬、神﨑、若旅

反対=居樹、西中、山本、万代、柴田

賛成多数(6対5)で原案が可決となりました。

原案に対して居樹、西中の2人が反対討論、山本み、が賛成討論しました。

修正案に対して、西中、居樹、万代の各議員が賛成討論し、反対討論はありませんでした。

居樹議員の反対討論の主なもの

防災公園の必要性の議論ができていない。財政計画ぐらいは示してほしかった。

グランドや学校跡地をIPUに貸すというところから防災公園へ議論が移るとき理由が不明確、有利な補助金ということに終始した。


西中の反対討論(一部略)この予算案のなかに防災都市公園の測量設計委託料6000万円、土地購入費7600万円等含めて1億3千670万円が計上されています。

そのため国の補助金5200万円、和気町の借金6660万円企業版ふるさと納税1000万、そして一般財源810万円を予定しています。

このことについて特に総事業費20億円を使い、5年間で借金約10億円をします。このことによる財政の悪化については過小評価していますが将来の町民に苦しみを押し付ける結果になりはしないかと思います。駅周辺整備のプロジェクトを提案する時には事業実施後10年ぐらいのあいだの財政予想をきちんと試算しながら計画の提案をされていたものですがその事は示されないばかりか、この計画実施後の借金の返済について20年で実施すると1年間の償還額は2000万円程度で済むとか裏づけのない話を執行部はずっとしていますが、適当に言っておくということですか?

そしてこの事業による、利益は和気町民というよりも南海トラフ地震により被害を受ける、海岸沿いの備前市や瀬戸内市の住民ではないでしょうか、はたまた建設関係者だけではないでしょうか。また住民への周知徹底と理解と協力を得る努力が学校統合の事業に比べてもほとんどなかったのではないですか。

選挙で安心安全とは言っていましたが町長選挙での個人宣伝用パンフレットに防災公園とは書いていませんでした。どこの市町村でも通用する安心安全としか書いていませんでした。また町長選挙の得票も4000票弱でしたので有権者の絶対過半数には達していませんでした。まさか7回しか実施していない行政懇談会で町民にも説明し防災公園について理解いただいたそんないい加減な理屈は通用しませんよ。ほかの予算については特段問題はないのですが、以上のような理由からここでは平成30年度和気町一般会計補正予算第3号には反対であります

2018年9月18日(火)
一般質問しました。

一般質問をしました。

災害問題 20年前の塩田住宅の水害の引継ぎはできていたのか?

大前川の堤防の築堤のめどはどうなったか?

岡山県へ早急な改善を要求している。現在大型土のうの仮堤防をつくっているが、県としては地権者が(用地買収に)協力してくれれば早急に改修工事をしていくということだった。

米沢地区の雨水排水ポンプの整備の検討はどうなったか?

設置可能なポンプ施設または排水ポンプ車等の導入について財源措置を進めている。(南産業建設部長)

米沢コミュニティから吉井川へ排水している排水路の改修をしなければ、また毎分20トンで移動式のもので行けるのではないかと思っている区長さんとも協議して了解を得たのちに実施してまいりたい。(草加町長)


2018年9月13日(木)
今日は厚生産業常任委員会でした。

今日厚生産業常任委員会が開かれました。
防災都市公園の予算1億3670万円が含まれている一般会計補正予算は賛成3(安東、神﨑、若旅)反対2(居樹、西中)の賛成多数で可決されました。
もう一度19日の本会議で採決され最終決定されます。
傍聴をお願いします。反対派からは防災公園の費用分だけ削除した修正案を提出する予定です。

2018年9月9日(日)
和気・備前革新懇総会終わる。

 備前市の勤労者センターで第4回和気備前革新懇の記念講演と総会が開かれました。
これは7月29日に予定していましたが台風のため延期になっていたものをようやくきょう開催したものです。

氏平岡山県革新懇事務局長のあいさつがあり、安倍総理大臣はマスコミに影響力を行使して、情報操作している。国民に真実をきちんと知らせないで間違った情報を流し大衆にあきらめさせようとしている。それに騙されないで野党と市民の共闘を確立して日本の政治を革新していこうと述べられました。


記念講演「おかやまいっぽんのめざすもの」と題しておかやまいっぽん共同代表の吉岡康佑弁護士がお話しされました。

記念講演する吉岡弁護士
2018年9月2日(日)
市田副委員長をむかえ特別月間の目標達成を目指す活動者会議

  きょうは9月30日に迫った特別月間の総達成を目指す活動者会議が開かれました。
美作東備地区からは久永前津山市議が津山中ブロックで入党者を迎えた経験、作東町の小林地区委員からも党員を迎えてきたたのしい党活動の経験、岡山地区の矢引地区委員長からは民生同盟や医療職場での党員拡大の取り組み、菅原修氏からは河田市議に代わって岡山市北区で市議会議員に立候補しようとする決意、須増県議からは倉敷市での災害被災者支援行動と党勢拡大の取り組みについて発言がありました。
市田副委員長からはこの月間で党員拡大を飛躍させる客観的条件、主体的条件はある。
党員対象者は制限せずどんどん入党パンフや記念講演ダイジェストビデオをきちんと配布説得して入党の訴えを行おう。
楽しく元気が出る支部会議をつくっていこうと話されました。

2018年
きのうは9月議会のための議会運営委員会でした。

9月議会の予定です。

9月 6日

午前9時

決算審査報告(全会計)議案説明(一般会計)

9月 7日

午前9時

議案説明(特別会計・公営企業)条例、議会運営委員会

9月10日

午前9時

質疑・委員会付託 陳情の上程委員会付託

9月11日

午前9時

特別委員会(ごみ、温泉、学校)議会全員協議会

9月12日

午前9時

総務文教常任委員会

9月13日

午前9時

厚生産業常任委員会、議会広報委員会

9月14日

午前9時

一般質問、議会運営委員会、議会広報委員会

9月18日

午前9時

一般質問(予備日)

9月19日

午前9時

委員長報告、質疑、討論採決

 

防災都市公園費1億3600万予りの予算を計上していますが。最終的に20億円余りの巨大プロジェクト事業なので特別委員会設置が望ましいのではないかと、議会運営委員会で述べました。これに対しては議会事務局から議会側で考える対応する問題である。ということでした。

他の議員からも811万円かけた調査費の文書も議会へ出されていないのですぐ出すべきだと発言がありました。

草加町長は9月議会中には提出するので理解願いたいということでした。

下の表は歳入と歳出の内訳です。行政懇談会の時に草加町長は5200万円は土地購入費といっていましたが、ほんとは国の社会資本整備総合交付金でした。

               
  特定財源         
   社会資本整備総合交付金  公共事業債  防災都市公園整備事業指定寄付金  一般財源      
 1億3670万円  5200万円  6660万円  1000万円  810万円  消耗品費  10万円  
           登記事務手数料  60万円  
           測量設計委託料  6000万円  
           土地購入費  7600万円  


2018年8月29日(水)
和気町日笠の室原区へいきました。

  日笠の室原でメガソーラーの事業をしようと昨年10月町内本地区に合同会社アサヒメガソーラーという会社が設立されています。120haをこえる大規模な森林開発で山の高さも20メーターも下げるということです。
今室原区では3月に議会請願(自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例の制定を求める請願)をして全会一致採択されています。
このソーラーの計画は室原区の北側山林126ha、出力50キロワットの大規模な開発で地区の山林の40%以上にもなるのではと感じるほどのものです集落に流れ込む谷川6本はすべて
土砂災害警戒区域にしてされています。地域の方は土砂災害の発生を恐れておられます。いま署名運動も始められています。

2018年8月25日(土)
臨時議会の工事請負契約、入札

工事請負契約の締結

1、       契約の目的   塩田団地災害復旧工事

2、       契約の方法   指名競争入札

3、       契約金額    71,06万4,000円(65800X1.08=71064000

4、       契約の相手方  和気町田賀397

        株式会社 岡建設 代表取締役 岡 優

入札結果(落札率)=99.2%

業者名

一回め

二回め

三回め

遠藤建設

68,000

 

 

㈱岡建設

65,800

 

 

㈲カナミツ工務店

67,000

 

 

()勝栄工業

66,500

 

 

㈲永井設備

67,000

 

 

延原鉄工

辞退

 

 

㈲堀本工務店

66,500

 

 

 

2018年8月20日(月)
8月17日(金)町議会臨時会開かれました。

  災害救助費2074万円災害廃棄物運搬処理費、災害見舞金生活支援見舞金等)、住宅災害復旧費7716万円(町営塩田住宅復旧工事費等)含めて総額で1億4570万円の一般会計補正予算、農集特別、特定環境下水特別合計130万円の災害復旧費、の専決処分の承認と、塩田町営住宅の工事請負契約の締結について、町税条例の一部改正について可決となりました。

災害救助費のおもなもの

災害救助費災害見舞金(半壊3万円18世帯、床上浸水1万円8世帯)62万円

災害被災者生活見舞金床上浸水以上26世帯5万円       130万円

避難者用食事・入浴・宿泊料(和気鵜飼谷温泉)        283万円(町営で被災し引っ越し先みつかるまでの宿泊料等)

塩田団地被災世帯用一時居住住宅家賃            316万円予(引っ越し先の家賃と町営住宅の家賃との差額)

災害援護資金貸付金半壊3世帯X170万円         510万円

住宅災害復旧費 7500万円(塩田住宅工事費)(塩田住宅20戸の修理工事費)
なお、塩田住宅の西側の大前川の堤防部分で郵便局隣接地の土地所有者の承諾を得たので岡山県と堤防設置の工事の要望とりあえず大前川から浸水しないようにトンバックの土嚢を積んでおります。また早急に毎分10トン以上の排出能力の水中ポンプを据え付けるようにと町長は表明しました。



塩田地区大前川の川岸の浸水防御対策の土嚢
かめじろう米軍から恐れられた男映画会、19日革新懇行動

 今日は久しぶりに岡山市の市民文化ホールへ行き。「かめじろう米軍からもっとも恐れられた男」の映画を見ました。
元沖縄人民党委員長、元那覇市長、元共産党衆議院議員、という沖縄ではネーネーズの歌にも歌われている偉人です。
米軍占領下の沖縄で反米闘争や平和運動を指導した政治家です。
いまのオール沖縄の辺野古の基地反対闘争を予期させるようなカリスマ性のある人でした。
一度は選挙で那覇市長になりますがアメリカの強大な権力によって市長を辞めさせられたり刑務所へ入れられたりしたが節を曲げることなく最後まで闘いを辞めなかった人です。
9月30日には沖縄県知事選挙があります。ぜひ沖縄の平和を愛するオール沖縄の候補が勝つために応援したいものです。
午後3時からは備前市片上で戦争法反対の統一宣伝を実施しました。

備前市片上での戦争法反対宣伝
2018年8月13日(月)
8月7日(火)佐伯地区行政懇談会

佐伯地区行政懇談会(サエスタ大会議室)

田賀、Oサン ハザードマップについて土砂の危険としてみると違う(現状と合わない。)ハザードマップの見直しは?

佐伯、Kさん5000㎥の残土置き場を準備と言われたがなかなかむつかしい。

    (玉子川のしゅんせつをしてほしい。)

佐伯、Aさん20億円のグランドをつくる。財政状態が悪い中で20億の巨費を通じてグランドをつくるがどれほど恩恵を受けるか?

    南海トラフの地震のために佐伯グランドがあるのになぜ益原の真ん中に6町歩のグランドをつくるのか?

佐伯、Iさん益原のグランドといっても避難はむつかしい。身の丈にあったものでいいのではないか?

佐伯、 Mさん川ののり面でも猪の穴が開いているところもある管理が必要だ。

加三方、Yサン備前市でも赤磐市でもいけるバスも考えてもらわないといけない。観光に力を入れるといってるが英語の看板もない。

父井原、Nさん 防災公園を益原のあの場所につくるのなら地上げを相当やらないとできないのではないか?

米沢、Nさん塩田住宅の今後について、塩田郵便局北となりの堤防をなおすのか?


2018年8月8日(水)
昨日8月7日後期高齢者広域連合議会で発言しました。

 半年ぶりの岡山県後期高齢者医療広域連合の議会でした。一般質問で、健診率アップをめざしてというテーマで一般質問しました。
平成29年度の健診率は14.02%で28年度に比べて0.4%の微増にとどまっている。
健診の予算は、市町村への補助金が1億9845万円から2億819万へ1000万円程度の増額でしかなかった、30年度には4億711万円余となっておりこれは評価するものだが、健診に対するノウハウを市町村間で普及していけばもっと伸びるはずなのだがどのように考えておられるか?
余談ですが昨年の和気町の視察で福岡県の八女郡広川町へ視察に行ったところこの町では5月には、国保と後期高齢者の日保険者に健診の案内に意向調査兼健診申し込みハガキを送付して健診希望日を記入してもらい、特定健診であれば、①集団検診②個別健診③持ち込み健診か、記入してもらい5月19日までに提出してもらう。
その結果により保健師さんや職員がチームを作って電話や訪問でつぶしていく。
そして、結果H27年度では福岡県で特定健診で5番、28年度では2番になり特定健診の率で55.1%まであがった。目標をもって被保険者に働きかけをしてどんどん成果を上げていることに感銘しました。とのべました。
事務局長の答弁で今年健診の補助単価を普通の健診で3500円歯科検診で7000円アップする通知を7月6日付けで出しているということで健診についてバックアップを強化しているということでした。
結果、単価は普通で集団の場合、非課税の人9446円課税で8123円、個別健診だと非課税で10560円課税で8990円になっているということです。
また、歯科では口腔機能評価を実施しない場合、非課税で10900円、課税で10030円となっているそうです。

また、もう一つ後期高齢者の一部負担率は現状1割だが、社会保障審議会で2018年度までに結論を出そうとなっているが2割化は来年消費税が10%になるかもしれない中で高齢者の生活を破壊するもので許せない、後期高齢者の協議会等で政府へ意見具申をするようにしてほしいと質問しました。
これに対して連合長の黒田玉野市長は先日の協議会の中で2割化は実施しないように政府へ陳情したところであると答弁がありました。

2018年8月8日(水)
原爆の日広島市の平和記念式典と原水協の閉会集会へ参加

 あさ6時まえに和気駅から電車と新幹線にのり7時半ごろ広島へつき広島の市内電車に乗り平和公園の広島市の式典に警備のロープのそとで参加しました。
そこで安倍総理大臣は核兵器禁止条約についてはふれず核保有国と非核保有国の橋渡し役をはたすという従来の言葉を繰り返すのみにおわりました。
被ばく国の総理大臣なんだから核兵器禁止条約に署名して、国会での批准ができるようにしてほしいものです。
原水爆禁止世界大会は午前10時半から広島県立体育館でひらかれ豪雨災害の中現地広島や全国各地から6000人の参加者で成功をおさめたようです。

メキシコやオーストリヤの軍縮軍備管理局長のあいさつや東京都原爆被害者協議会副会長の山田玲子さんや日本被団協の箕牧智之さんの被ばくの実相と広島県民の半数の140万人のヒバク者署名を集めようと頑張っているという報告がありました。

また、日本共産党の小池晃書記局長があいさつされました。

豪雨災害の中、被害者の支援を政府へ求めたり、困難な中で世界大会の開催を可能にして下さった広島のみなさんに感謝を申し上げたい。

この1年、核兵器のない世界へ情勢も大きく動いています。核兵器禁止条約が国連会議で採択されて1年が過ぎました。各国による署名、批准が進んでいます。

6月には長年対立してきた米国と北朝鮮が歴史上はじめて首脳会談を行いました。共産党は朝鮮半島の平和と非核化へ向けた動きを心から歓迎します。そしてこの激動の中で被爆国の日本政府の役割がかつてなく重要となっています。

広島と長崎での参加を通じて、核兵器の非人道性をどの国よりもよく知っているはずの我が国が、北東アジアでも世界でも核兵器廃絶の先頭に立つことが今ほど求められているときはありません。しかし、安倍政権は核兵器禁止条約に反対し、被爆者の願いに背を向けています。

先ほど開かれた平和記念式典でも安倍総理は核兵器禁止条約には一言も触れませんでした。どうすればこれを変えることができるのか、これを変えることができるか。決め手になるのは世論と運動です。ヒバクシャ国際署名が党派を超えて広がっています。少なくとも322の地方議会が核兵器禁止条約の署名、批准を求めて意見書を採択しています。これは全国の地方議会の2割に当たります。

市民と野党の共闘を進める中で核兵器禁止条約への日本政府の参加も野党の共通政策に押し上げていかなければなりません。そしてその共闘をさらに発展させるなら被爆国にふさわしい役割を果たす日本への道を必ず切り開くことができます。日本共産党はそのために全力を果たすことをここでお誓いするものです。



2018年8月1日(水)
7月31日(火)本荘小学校区の行政懇談会

  本荘地区公民館で7月31日午後7時から8時半まで町政の行政懇談会が行われました。
1、森、Iさん災害時の行政情報の提供について、今回正しい情報提供ができたか?あと2mで真備町と同じ状態になったのではないか、(金剛川の水位)
    水位の監視システムを導入したほうが良いのでは。
    金剛川のしゅんせつ工事についてさほだ整骨院さんの西側のあいた水田を残土処分場として浚渫やられているが、初瀬川も順位つけてやってほしい。
2、日室台Kさん告知放送の利用について使い方がわからない方もいるのではないか、利用の仕方を徹底してほしい。
3、森、Iさん、都市計画税の使い道について都市計画税はどれくらいあるか?
4、西森、Sさん危険な空き家の処分について対応してほしい。
5、森、Oさんマンションはむつかしい問題なので地元の意見もよく聞いて対応してほしい。防災公園は身の丈に合ったものにしてほしい。
6、福富Aさん行財政改革について合併するときは役場の職員を150人ぐらいにするとか言っていたのに全然へっていない。
         和気町は岡山県内でもワースト3に入るといわれているがどうなっているのか?
         防災公園については、石生のグランドを無理やりただで貸した、町民の運動会もしないしそんなにスポーツ要望もないのになぜ防災公園をつくるのか、備蓄であれば分散してやったほうがいいのでは?
7、福富,Hさん教育と文化の街といわれるのに、本屋がないし図書館へいっても新聞が全国紙がそろわないどうなっているか・中央公民館も古くなった。
8、駅前Tさんバスによる交通システムにするといううが工夫もいるのでは。
       高齢者に乗りやすいバスが必要では。

2018年8月1日(水)
7月24日(火)旧山田小学校区の行政懇談会

 矢田の老人福祉センターで20人程度の参加者でした。
1、奥塩田Fさん 避難所の対応が悪い、奥塩田からサエスタへ逃げたが入り口がわからず一晩車中で待った方がおられた、町職員            がもっときちんとわかるようにしてほしかった。
           石生地区の旧総合グランドをIPU(環太平洋大学野球部)に無料で貸して新グラウンドをつくるというが、経費がまか           なえるのか?
2、矢田、Tさん まず、この説明会がただのガス抜きになってはだめだ。町長さんの説明が長すぎる。エッセンスだけ話してあとは町          民の意見をもっと聞いてほしい。
          なんで、IPUにタダで貸して20億で新グラウンドをつくるのか資料も全く用意していなくてだめだ。もっと丁寧な説明をし          てほしい。
          急いでやる必要があるのか?益原が適地であるのか?佐伯から避難するにしても、いけない場所につくるのか益原          に草加王国をつくるのか?
3、塩田、Kさん、転出より転入が増えたといわれたが、塩田地区では65歳以上が72~73%ではないか、消防団員も昼間にいる常          駐の人はたった3人である。営農組合があるが オペレーターは70歳前後で5年たったら解散も考えないといけないの         ではないかと言っている。農業をやってくれる人を増やしてほしい。
4、岩戸Oさん町に魅力がないから増えないのではないか。もっと魅力がある町をつくってほしい。
5、田土、Tさんもっと町政の動きが知りたい町議さんもいろいろ町政の報告をしてほしい。

2018年7月21日(土)
19日の行政懇談会の質問と答弁
1、田原上、Fさん農地の災害復旧は急いでやってほしい。出来たら個人負担なく町と岡山県のほうでやってほしい。
 答弁、補助災害でなくてもなるべくやっていきたい、ただ5%の負担金が出る場合がある。10月以降に処理をして工事は年を越す場合もあるのはご容赦ください。
2、田原上、Yさん90をすぎた女性が地区公民館へ避難してきて和式トイレが使えなかったのでぜひ直してほしい。
 旧石生幼稚園前の盛り土はいつまで置いておくのか早急に工事をしてほしい。
3、田原上 Kさん、防災マップは正確なのか、水害と地震では変えたものを用意すべき。
 やり直しはいつできるのか?IPU(環太平洋大学)の寮を避難所として貸してもらえるはずではなかったのか?
答弁、平成27年に防災マップはできた。旧小学校区ごとに今見直しをしている。IPUは用意はできているようだが今回は要請していない。が要請すれば準備することになっている。
4、田原上 Kさん保育時間はどうなっているのか、きちんと宣伝してくれてない。若い夫婦で保育の便が悪いと赤磐市へ移った方もいる。
5、田原上、Yさん、草加町長はグランドをやるつもりか。前の大森町長は昨年6月の時点では佐伯グランドで十分だと言っていた心変わりしたのか。大学野球だ高校野球だといっても、今マスカット球場と倉敷市営球場で十分事足りているのでは。 そう簡単に引っ張っては来れないのではないか。

答弁、いろんな目的でグランドは使用できる防災用備品の備蓄とかもできる。
6、本、Fさん10何億かけて作るべきものか。20億といっても完成形だと25億になる、黒字で行くつもりか赤字のつもりか。
答弁、跡地委員会で総合グランドを整備することになった。全体で10町歩というくくりがある。収支については体育施設ですから。儲けをするものではありません
2018年7月20日(金)
石生地区行政懇談会昨日19日に開かれる。

 石生地区行政懇談会が石生地区公民館で昨日19日午後7時から1時間半ほど行われました。
1時間ほど草加町長が、人口減少問題、駅前マンション誘致、ふるさと納税、防災公園、新しい公共交通の立ち上げ等について話されました。
要約すると和気町では今、年間60人しか新生児は生まれていない.それに対して死亡者は160~190合併後2200人以上人口減少したが乳幼児医療は18歳まで無料、保育料も7500円軽減している、移住定住促進事業を頑張ってきた中で移住者は平成29年度は120人に達して、転入から転出差し引くと49人(1月~12月)増になっている。この状況をがんばっていきたい。
駅前マンションは和気駅前のJAの定期駐車場と曽根の職業安定所を等価交換しその場所に駅前の6戸の方の協力も得て組合立の
32戸の3LDKのマンションを建ててくれたら1億5000万円ほど町から補助金を出そう、これも町内の優良企業にお勤めのサラリーマンの住宅の受け皿として大変必要なので実現へ向け頑張りたい。

ふるさと納税について現在4000万を返礼品も充実して5億円まで増やしていきたい。
学校跡地について利活用を募集したところIPU(環太平洋大学)が総合グラウンド使えることを条件に石生小、和気小を利用したいとなってきた。跡地検討委員会で石生小、和気小、グラウンドを無償で貸す事になりその時に委員の中から出た意見の中で佐伯グランドを使うといっても山側へは拡張はできないし北側へ駆け出しをするしか方法はない、そこで益原へ新設したらとなり補助事業はないかということで防災都市公園の補助事業を見つけ(国へ申請し)社会資本整備交付金の防災公園つぃて国(国土交通省)に採択してもらっている。
811万円で調査し、5年間で総事業費20億円かかり、国が10億円を持ってくれる
9月議会に5200万円の用地取得費を計上しようと思う。災害備蓄もできる施設として益原地域のみなさんの協力も得て整備したい。
南海トラフの地震があったとき防災公園があり上にはごみ処理施設もある和気町は東備地域の中核にある。ヤクルト祭りの時には2000人からのお客さんが来ていた。そういう方を遇していけば必ず交流人口は増える。
和気町定時路線バスについて、スクールバスも使って10路線のバスを仕立てる。料金は300円で和気町は2700円負担する。1月には試行運転にこぎつけたい。

2018年7月17日(火)
行政懇談会で防災公園用地取得費5200万を9月議会へ上程表明

 7月17日午後7時から和気地区公民館で和気町行政懇談会が開かれました。
冒頭草加町長は45分程度、財政や、駅前マンション誘致、公共交通、防災公園などについて発言し残りの時間2人の方から質問も受けながらおわりました。
防災公園についてはそもそも、学校跡地検討委員会について、述べ、IPU(環太平洋大学)に総合グランドと石生小、和気小を貸すことによりグランドを当面佐伯グランドを使うが将来は本格的な代替施設を建設するということが答申された。
そこで、防災公園は南海トラフ地震が来た時にはどうしても必要になる。また温泉や,和気ドームを含め交流人口の増大により和気町の発展に欠かせなくなる。等利点を述べられ財政は20億円で10億円は国が出してくれる財政が心配ともいわれるが5年間で20億円である。
旧佐伯町でも財政規模小さくてもサエスタという学習施設を作っているので和気町でできなくはない。等々述べた。

そして9月議会に5200万円の用地取得費の予算を計上すると何としても防災都市公園の建設を進めていこう。という姿勢でした。益原地域は遊水地であり、防災公園にはふさわしくないのではという質問には私の知っている限り洪水は起こっていないので心配ない。と答弁していました。




7月17日和気地区公民館での町政懇談会
2018年7月17日(火)
平和行進備前市を行く。

 午前9時に備前市役所で出発式をして平和行進が備前市内を歩いて瀬戸内市へバトンタッチしました。
出発式では、田原市長、立川市議会議長、連合町内会の宇治橋さんからも激励いただきました。東京夢の島からの通し行進者南友佳子さんからも挨拶がありました。

2018年7月16日(月)
国民平和大行進兵庫県から岡山県へ

今日午後1時頃備前市の日生町寒河駅前で原水爆禁止国民平和行進が兵庫から岡山県へ引き継がれました。
8月の広島原爆公園へむけて東京の夢の島からずっと歩いていくものです。
とうし行進の二人も紹介されました。津川兵庫県実行委員長から岡山県の三上実行委員長(岡山県労働組合会議議長)へ挨拶とスローガンの旗が引き継がれました。

2018年7月15日(日)
災害に関する公開質問を和気町へ提出しました。

災害に関して急を要するのでとりあえず以下のような質問状を和気町長あて提出しました。
公開質問状(一部略)    平成30年7月13日
     和気町長 草加信義  様

30年7月水害調査団
      柴田淑子
      西中純一
      安部正敏



 30年7月12日に、私たち30年7月水害調査団3名は塩田団地20戸と民家1戸の生活困難町民の水害被害町民生活状況の現地調査を行った。高いところで水位は畳の上180cmにもなろうかという洪水で逃げ遅れていたら溺れ死んでいるような猛烈な洪水によって、衣・食・住すべてを失い、子供のいる家族は子連れで、身一つで命からがら、逃げたというものだった。


 このことについて公開質問書を提出して、対策等についての回答を文書で求めるものである。
期限は、今日7月13日(金)を含め1週間、7月19日(木)までに速やかに回答していただきたい。なお、回答は町民のみなさんに公開するものとする。
1、総括
 生活困難町民の生活状況について調査は終了したのか、その対策についての町長の見解をお願いしたい。なお、過去においても水害の被害のあった場所について、その後、水害防止の工事、その他必要と認められる施設を整備している時は、場所とか規模など教えてほしい。
2、現状と見通し
(ア)避難場所と避難者(家族)の数
(イ)廃棄された電機機器、家具の収集の修了時期はいつか
(ウ)町営住宅にいつ頃帰れるか、時期
3.衣
(ア)衣類
(イ)寝具     充足状況。

3、食
ア)3食どのように支給しているのか、費用はどうなっているか(食について)


4、生活費関連
 全て衣・食・住を失った被災者の今後の生活の立て直しについて

ア) 生活立て直しのための資金については見舞金程度では間に合わないのは自明のことであるが、どのような方策を考えているのか
イ)日々の生活費...主として食事は3食支給しているか
ウ)当面、具体的な支援方法は考えているのか




旧佐伯町田賀地区の災害現場
2018年7月11日(水)
和気町内の被災

和気町の町営塩田団地の17戸の世帯が7日の豪雨で被災されました。和気町も支援していますが根本的には吉井川からの洪水が防げないような河川管理があるようです。
平成10年にも同じように被災され今度が2回目だといわれた方がおられました。
当時の教訓が行政に生かされなかったのではないかということを考えておられるようです。20年も経過しているのですから和気町や岡山県に行政上の失敗があったのかも知れません。
被災された方にはお見舞い申し上げます。
しかし行政や議会としても見過ごしていなかったのか検証していき早急に対策を考える必要があります。

2018年7月1日(日)
防災都市公園についての説明を町民に説明?

7月17日(火)和気地区公民館を皮切りに午後7時から7か所で行政懇談会と称する防災公園の説明会をするそうです。

月日

場 所

時 間

717日(火

和気地区公民館

19時~20時30分

7月19日(木)

石生地区公民館

19時~20時30分

7月24日(火)

佐伯老人福祉センタ-(山田)

19時~20時30分

7月27(金)

日笠地区公民館

19時~20時30分

7月31日(火)

本荘地区公民館

19時~20時30分

8月2日(木)

藤野会館

19時~20時30分

8月7日(火)

学び館サエスタ (佐伯)

19時~20時30分

懇談の一番最初に30分ほど草加信義町長が説明して、あとから担当課長が補足説明をするようです。質問できる時間は30分程度しかありません

なお6月議会でも防災都市公園については詳しい説明もしませんでしたし国土交通省へ交付金の申請をしているがその資料についても執行権の範囲でやっていることなのでここでは出せないの一点張りでした。

しかるに説明会には各町議会議員もオブザーバーで出席するように町長から要請されました。

この表は昨年の町議会全員協議会へ出されてきた試算表です。実際は20億円程度と言われています。下表は参考資料です。

工事種類

内容

金額

野球場工事

4億7400万円

球場関連工事

3億6400万円

公園工事

2億5700万円

その他工事

5500万円

委託料用地購入費

4億2400万円

合計

15億7400万円

消費税

 

1億2592万円

総合計

 

16億9992万円

 

国庫支出金

7億9500万円

財源内訳

地方債(借金)

8億1450万円

 

その他

0円

 

一般財源

9042万円

(むかし益原は何度も山瀬が出て遊水地になっていたそうです。防災公園が洪水で水浸しになったのではシャレになれません。)
問題は、財政負担できるか。防災公園適地かどうか。和気町にとって必要か?等です。



2018年6月22日(金)
6月議会終了後の町政ニュース

西中純一町政ニュース2018年6月21日(木)連絡先TEL89-3096

メールアドレス j-nishik5563@mx81.tiki.ne.jp

ホームページ  西中純一で検索してください。

6月議会終了しました

佐伯中学校体育館修理5200万円、(天井や照明の修理、変圧器の取り換え)

和気体育館の照明をLED化4956万円

益原さかい橋修理工事1200万円

旧和気駅前交番用地購入792万円

日笠のおのみょう池改修工事8064万

ごみ処理場のパッカー車リース料36万円

など一般会計補正3億2771万円  全会一致で可決

和気町こども、子育て会議条例   全会一致で可決

 

自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例制定を求める請願(請願者・・・室原区長安広巧)

室原区集落の北側山林に126ha出力50メガワットのメガソーラー発電施設が計画されている、この山林には室原集落に流れ込む谷川が6本あり、そのすべてが土砂災害警戒区域に指定されている。全会一致で採択

米沢灌漑排水事業の早急な実施を求める請願(請願者・・・米沢区長延原 進、佐伯区長片岡郁雄)平成10年にも米沢、佐伯地区にわたって、床上浸水も含む大きな水害に見舞われ、米沢灌漑排水事業は和気町過疎地域自立促進市町村計画書にも掲載されているが未実施のままであるので早期実施を求める請願。全会一致で採択

工事請負契約の変更

万能池の災害復旧工事(土取場の土捨て場の伐木処分量の変更、残土処分量の変更)422万7120円増額

契約額163,732,320円→167,959,440円

 

 

 

 

                裏へ続く

西中純一町政ニュース2018年6月21日(木)連絡先TEL89-3096

メールアドレス j-nishik5563@mx81.tiki.ne.jp

ホームページ  西中純一で検索してください。

和気町議会全員協議会での報告事項等

和気町まち・ひと・しごと創生総合戦略の改訂

   目標数値の変更

指標の変更、社会増減、移住者数、移住相談件数、空き家バンク登録数、ふるさと納税の目標値、重要業績評価指数を上方修正

   新規事業の追加

【ドローンを活用したまちづくり】

物流、建設、防災、インフラ点検、農業など、幅広い分野で研究が進んでおり、今後大きな成長が見込めるドローンを活用した取り組みを進めることで、労働機会の拡大や人の流入による地域経済の活性化を図ります。

【防災都市公園の整備】

南海トラフ地震や集中豪雨で想定される大規模災害に対応するため、避難、救援物資集積等の拠点となる防災都市公園を整備し、町民の安全・安心の確保を図ります。

ドローン特区について

高齢者を中心にした買い物弱者問題や有害鳥獣による農作物被害等の地域課題解決のため,町内でドローンスクールを運営する(株)Future Dimension Drone Instituteと連携して、和気町内で本体重量150㎏以上の大型ドローンによる配送や獣害対策の実証実験を行う。実験のため航空法などの規制が障害となるので規制を外してもらうよう国家戦略特区または構造改革特区の申請が必要であるので平成29年12月に和気町としての提案を行っている。

交通体系の見直し

スクールバスへの混乗もふくめた町内10路線で1日2~3往復程度の定時路線バス(29人乗りバスと14人乗りワゴン)矢田から熊山までの福祉バス2往復は残し。赤磐市と和気町の広域路線バスは31年度までは継続する。

7月中旬から行政懇談会を町内7か所で実施して防災公園など町民の意見を聞く

2018年6月13日(水)
あすは一般質問です。


明日の一般質問の内容です。
1 . 安東哲矢・町長選を振りかえっての感想と今後の新町長としての抱負

・町長巽で 相手候補に1,084 票の差をつけて当選されこのことについての感想

5つのプランを訴えられたが、これらの具対的な取組内容をお示し、いただきたい。

2. 居樹豊 1.和気町の将来ビジョン について

・医療・福祉施策充実をどう図っていく考えか。


観光振興策の推進をどのように実施するのか。


・教育水準の向上のための対応策は・

行政のスリム化とサービスの向上にどのように取り組んでいくのか。

 

、山本稔1、安全安心のまちづくりについて

・安全安心のまちづくりについて、具対的にはどうするの

2.これからの町政の進め方について

・町政の進め方は

財政難の折、町の財源の確保は。

.尾﨑忠信1.子どもの健やかな成長のための方策は

・いじめ対策-予防に的をしぼって、その対策は何か。

放課後児童クラブ―制度設計内容は。

学校給食の運営にあたり留意すべき点は

 

2働き方改革どう考える

・出勤・退庁のタイムカードのデジタル化

・宿日直の勤務時間帯の検討

庁内会議の開催時間帯の検討(11時又は16時)

議案配布の郵送化

給与の一括管理

告知放送のあり方

電話会議等の活用

佐伯庁舎のあり方

3、空き家対策に特措法でどう取り組むのか

空家対策の推進に関する特措法の運用にあたって必要な条例は

いつ制定するのか。

5、西中純一1.スクールバス選定の責任問題と今後の方向

・指名業者に()和気観光をなぜ入れたのか。指名業者に信用調査はすべてしていないのか。

・今後とも指名委員会の代表を副町長が行うのか。                 

31年度からの業者選定の方向性はどうなるか。

2.都市型マンション誘致を復活させる考え方はどのようなものか

・前の町長は303月議会で都市型マンションはやめると言っていたが、町長はどのような考えで復活させようというのか。

3.差別をなくすために今後どうするか

・和気町の.人権条例にもとづく事業は今後とも従来どおりや っていくのか、やめるべきではないか。

・男女共同参画の推進は、どの程度まで進められているのか、町の計画はできているか。

 

6、山本泰正 1.和気町財政の今後の見通しと新規事業について

・将来の和気町財政の見通しについて           

・大型事業、防災都市公園事業の町長の考え方について

・小学校跡地の今後の方針について

7、万代哲央 園事業について・防災都市公園事業の発案のきっかけ、目的は何か。

2.防災都市公園事業の取り組み、進め方について

・平成29年度からの防災都市公園事業の取り組み、進め方に問題はなかったか。

3.防災都市公園の今後について

・防災都市公園事業を今日からどのようにすすめていくのか。

4.防災都市公園事業に対する町民の声について

・「防災都市公園事業で球場の新設はいらないという声」が住民に多いことを認識しているのか。

8柴田澂子  1,小学校の スクールバスについて

今後安定的に問題なく送迎できるか。

事故あったとき、子どもに保険をかけているのか。

保険会社との契約の当事者は、保険料の支払い主体は誰か、その時の和気町の責任について。

 

 

 

 

2018年6月7日(木)
あすから和気町議会6月定例会です。

 あす9時から6月議会定例会です。議会傍聴下さい。
iもちろんインターネット中継もあります。和気町のホームページで和気町議会を参照下さい。

6月 8日

午前9時

議案上程説明

6月11日

午前9時

質疑委員会付託、請願の上程、質疑委員会付託

6月11日

本会議終了後ごみ処理事業特別委員会、議会運営委員会

6月12日

午前9時

厚生産業委員会(午後1時)総務文教委員会

6月13日

 

休 会

6月14日

午前9時

一般質問、議会運営委員会、議会広報委員会

6月15日

午前9時

一般質問(予備日)

6月18日

午前9時

委員長報告、質疑、討論採決



佐伯中の体育館の下に保管中のスクールバス
2018年6月3日(日)
6月1日(金)に和気町議会全員協議会が開かれました。
 6月1日(金)10時から和気町議会全員協議会が執行部の要請により開かれました。議題内容はスクールバスについてでした。
H29年4月より5年の長期の契約で有限会社和気観光(吉田1117番地)に委託していたが会社から運行不能の申し入れがあった。従業員により発足した株式会社和気観光サービス(尺所188番地第一コーポ中山(A)101号代表取締役黒原淳一)に来年3月までは運行委託をお願いしてそれまでに本格的な見直し検討をしようと思うのでご理解いただきたいと、説明があった。
議員からは信用調査をしていたのか、前と後の契約書を提出せよとか、瑕疵担保を契約に歌っていたのかとか、こもごも質問が行われました。
6月3日の旧和気観光
2018年5月19日(土)
5月15日(火)和気町議会臨時議会でした。

書くのが遅くなりましたが。15日(火)に臨時議会が開かれました。
  

(1)選挙管理委員会委員及び補充員の選挙 (全議員11名全員一致賛成でした。)

氏名

住 所

生年月日

年齢

坂 本 睦 士

藤野228-2

昭和9年1月1日

84

花 澤  稔

福富484-1

昭和21年2月25日

72

上 野 幸 子

益原320

昭和24年3月10日

69

矢 田 節雄

矢田543

昭和26年2月22日

67

補充員

  氏名

住 所

生年月日

年齢

坂 本 延 夫

吉田1496-3

昭和30年12月30日

62

万 代 芳 久

日室66

昭和22年3月23日

71

青 木 節 男

原112-2

昭和21年12月9日

71

周 藤 和 美

小坂499

昭和25年9月3日

67

 

(2)副町長の選任  

稲山茂   吉田376   昭和24年12月30日生まれ(68歳)

  反対 西中 、万代

賛成 若旅,神、山本、居樹、山本や、尾﨑、安東、広瀬、柴田
反対した理由は学校統合を進めたり、石生小学校を環太平洋大学に貸借契約した時の町政執行のやり方や状況把握に問題があった。こと等。

(3)教育長の任命

徳永昭伸  藤野172  昭和27年7月30日生まれ(65歳)

反対 西中 

賛成 若旅,神﨑、山本、居樹、万代、山本や、尾﨑、安東、広瀬、柴田
反対の理由は和気町が依然として偏狭な人権(同和)教育を続けているがこれをやめるべきだがそうするように思えない。

教育委員会委員の任命
       安藤知春 本41 昭和53年3月24日(40歳)  

そのほかに  固定資産税評価委員3名の選任同意も行われました。
           
 監査委員には  宇高進 福富613-9 昭和24年2月12日(69歳)が全員一致で選ばれました。


なお、6月定例議会は6月8日開会予定のようです。その準備のための議会運営委員会は6月1日(金)です
陳情や請願は5月28日か29日には提出する必要がありますので急いでください。


2018年5月11日(金)
日生の田口ほうさく氏応援に森脇久紀県議

 備前市日生の田口ほうさく氏の応援に森脇久紀県議会議員が来られ演説に同行してくださいました。
全県からまた県境を越えて兵庫県赤穂市からも13日出発式(9:30開始)にご参加ください。
事務所の場所は備前市日生町日生241の18 (旧日生町民会館の250号線隔てて反対側です。)
寒河2328-1の故中崎正夫邸から移動します。TEL0869-72-4201 FAX0869-72-4202)

2018年5月5日(土)
きのう5月4日、備前市日生で集いを開きました。

 備前市日生の田口ほうさく後援会事務所で共産党の集いを開きました。お客さんに兵庫県の元南光町町長山田兼三さんをお迎えしました。
山田さんは不公正な同和行政とボス支配の旧南光町に告示3日前に、姫路市で共産党の専従職員をしていたのに、請われて町長選挙に立候補して見事当選し7期25年間町長をして不公正な同和行政を是正し歯科診療所を作ったり医療や福祉を充実した町政を行ったそうです。

2018年5月5日(土)
5月3日憲法記念日でした。

 おとといは71回目の憲法記念日でした。久しぶりに岡山県の憲法記念日の憲法を守ろうという方の集会へ参加しました。
今現在は、教育基本法改悪、集団的自衛権の閣議決定、戦争法の強行採決、秘密保護法の制定、武器輸出禁止の形骸化、等、憲法が大変な危機的な状況です。特に安倍晋三総理大臣は憲法9条改正し自衛隊を憲法に明記したいといって憲法審査会もたちあがっています。憲法を守って憲法が日本できちんとまもられるようにしたいものです。

2018年4月9日(月)
町長選挙終わる。 

 昨日第4回目の和気町長選挙の投票が行われました。
結果は草加のぶよし氏3837票当選
    今西ひろやす氏2753票次点
    無効票       315票
町議は 若旅けいた氏 2834票当選
     神崎りょういち氏2005票当選
     安部まさとし氏1786票次点
     無効票     279票
でした。

2018年4月3日(火)
東備消防北部出張所に救急車が2台配置になりました。

 旧和気町の地域には消防の出張所がなく救急車の到着が遅いのではないかという議論がありました。
それを解消しようと今年3月末から和気町岩戸の北部出張所に救急車が1台増車され隊員も3人増員となりました。そのため3月31日の10時に救急隊の増隊セレモニーが行われました。

救急車が増えた東備消防北部出張所
2018年3月20日(火)
3月16日(金)に3月和気町議会定例会が終わりました。

 今議会では4月に町長選挙が予定されているので、予算は一般会計で73億円で昨年度より18億円も少ない骨格予算でありました。
私は一般会計については人権事業の関係で隣保館管理費150万円以上、人権啓発費役1100万円、集会所管理費約300万円を含めて約3000万円を計上し、特に運動団体補助金300万円旅費が200万円については、事業が終わって文書公開請求すれば初めて内容がわかるという状態で大変不透明であり岡山県内でも廃止している自治体がほとんどである差別解消に向かっているのにそのことに逆行するようなことであるそういう内容があるので反対として反対しました。
また介護保険条例の改正で65才以上の第1号被保険者の保険料を平均で現在5000円を4月1日から5900円に値上げする議案に対しては、18%と大変大きな引き上げなので反対しました。
そのことを前提にした介護保険の特別会計にも反対しました。
また、請願でNPO法人和気サンシュュの会が進める薬木山茱萸の事業推進に関する請願書は全会一致で採択となりました。
また、万代議員が提案者で山本泰正議員が賛同者で議員発議で出された。和気町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例について
は賛成少数で否決となりました。
賛成は柴田、居樹、万代、山本や、反対は安東、山本み、、尾﨑、西中、広瀬議員でした。
わたしはそもそもこの防災公園そのものに反対であります。しかしこの条例を制定した時も学校統合の状況を前に進めることになるので反対したその時と同じようにこの条例で議決すべき事項に(防災都市公園整備基本計画の策定、変更、廃止)を加えることは防災公園を一歩進めることになる可能性があるので反対しました。


藤野地区の県道改良工事にともなう仮称新田が原橋
2018年3月11日(日)
東北震災原発事故7周年で追悼と脱原発の集いに参加
昨日岡山市の石山公園(岡山市民会館の北側)で脱原発の集いに参加しました。7年たっていよいよ震災事業が終わりになるという女川町のことが報道されていました。
震災事業の終了によって関連業者が帰っていきもっと寂れていくのではないかと商店街の人が心配していました。また一方では女川原発の再稼働を求める声も出ているという事でした。この大不況と震災による避難で東北の復興はまだまだのようです。
i
2018年1月28日(日)
備前市の中西候補の応援にいきました。

 今日は中西裕康元備前市議会議員の応援に行きました。寒い日でしたが頑張りました。中西議員の宣伝カーを運転して街頭演説してまわりました。備前市国民健康保険の取立て、サラ金より厳しい取り立てだ、サラ金だったら毎回きちんと訪問するが備前市の国保は3,4回通知を出して返答しなかったら一気に差し押さえに同意するように持ってくる恐ろしい取り立てだということを言われていました。今日は回数があまりできませんでしたので、また次は頑張ります。

2018年1月28日(日)
高等学校研究協議会「提言」説明会

 昨日和気町総合福祉センターのホールにて、高等学校研究協議会「提言」説明会が開かれました。
私は質問し、過去に小学区と岡山学区倉敷学区の総合選抜制から全県学区の城東、玉野光南、総社南等をつくり、そして中学区、と総合選抜廃止となり岡山県下でび備作高校や江見商業、日本原高校を始め多くの高校を廃止し今では6年生の大安寺中等学校、県立操山中学、天城中高、県立津山中学等の新設によってむしろ小学区制のときより教育の機会均等がなくなってきているのではないかという質問をいたしました。
特にいま田舎の中学校では操山中や大安寺中等等に優秀な中学生をとられて指導が大変になっている中学校があるのではないか?

2018年1月23日(火)
民主商工会の要請に同席しました。

 和気町へ「地域経済の振興を図るため中小商工業者への施策拡充を求める要請」をするからと東備民主商工会から同席を求められたので役場で要請を聞きました。
要請事項は9項目あったのですが、主として国民健康保険の都道府県単位化の問題、商店リフォーム助成の問題、住民税の特別徴収義務者への通知にマイナンバーを記載しないようにしてほしい。とか所得税法56条の廃止に賛同をということでした。
国保税の値上げについては基金も1億以上あるので3年は値上げしないで頑張ろうと思っているそれ以後はなんとも言えないということでした。また、国保税の滞納者に対する対応について希望すれば同席させてほしいと要望したことに対して否定はしませんでした。

2018年1月19日(金)
23年前の1月17日阪神大震災は大変でした。

 17日は阪神大震災の日でした。その当時岡山市にいましたが早朝の5時46分でしたか、岡山市も震度4でびっくりして起きました。子ども(小2と小5)と夫婦あわせて4人川の字のようになって寝ていたのでタンスが子供たちに倒れては困るととっさにタンスをおさえていました。テレビで放送があり阪神地方が大変なことが毎日だされました。
私は岡山県の県議選挙に武田英夫さんが初めてでるというのでそのお手伝いで毎日西大寺へ出かけていました。そしてその日から救援物資と炊き出しを神戸へ送ろうということで握りめしをたくさんつくりました。岡山空港の近くにいましたが新幹線も高架橋が壊れたためふつうになったので岡山から伊丹空港へ毎日飛行機が飛んでいました。医師や看護師さん、水道屋さんも大工さんも応援に行きました。国道2号線は救援隊の車で渋滞がいがおこっていたそうです。

2018年1月13日(土)
備前市の共産党後援会の新春の集いでした。
今日10時から備前市片上の中西事務所で備前市の共産党後援会の新春の集いでした。今度5月の備前市議会選挙で必ず共産党を奪還しようと開かれたものです。
今の備前市議会では備前市の国保の滞納金の徴収のやり方がサラ金よりもひどいといわれている。国税徴収法に基づいて強制はしないと言っていても約束通り払えなかったら保険でも解約させて差し押さえを認めるような書類にサインさせたり、取り立てのやり方がひどい。また介護保険も介護度を低くしてなるべく介護サービスを受けさせないようにしていたり医療や福祉の事業のやり方がひどくなっているのにそのことを議会で質問する議員がいなくなっている。是非中西裕康さんにまた議会に出てもらわないと困るという話をしました。
2018年1月12日(金)
大先輩いってしまう。

 95歳の旧和気町の元町議会議員(共産党)金光剛さんが1月10日に亡くなられました。
戦前旧「満鉄」(旧南満州鉄道)に勤務し、抑留ののち帰国、国鉄へ定年まで勤めた後、3期町議会議員をつとめられた方です。
「わしゃー共産党ができた年と同じ年に生まれたんじゃ。」が口癖でした。1922年(大正11年)生まれだったという事です。
洋画が趣味で役場にも寄贈された絵がかかっています。
内田毅議員と二人で町政民主化のために頑張られた大先輩がなくなられ、またさびしくなりました。
新しい党員を増やすため今後とも頑張っていきます。

2011年2期目選挙直前、真ん中が金光さん
2018年1月11日(木)
寒くなりました。

 今日は和気町でもうっすらと雪が積もりました。
道路の凍結防止のために国道と県道では塩化カルシウムをまいていました。私も赤旗日刊紙と日曜版配達に大変でした4時~3時間かかりました。今日は町議会の広報委員会も9時からあるので役場へ出かけていきます。

2018年1月7日(日)
きょうは和気町成人式でした。ビラまきました。

 きょうは和気町父井原の学び館サエスタで和気町成人式が開かれました。
あさ9時15分ごろから2人で「若者のチカラが社会を変える、一緒に未来開こう等々」書いた、中央委員会の赤旗号外を配りました。
今年の成人は平成9年うまれで130名あまりです。ほんとに日本の未来をしょってもらわなければならない青年です頑張ってほしいものです。

2018年1月5日(金)
9条改憲ノーの署名を集めました。

 今日はわけ・備前革新墾で備前市吉永町田倉の牛神様の参拝客を相手に9条改憲ノーの署名を集めました。県外の人も含めて約60筆の署名が集まりました。みんなたくさん集まったとびっくりしました。雨がぽつぽつしていて曇りだったので寒い署名集めでした。
でも頑張ります。

2017年12月17日(日)
12月15日(金)に12月議会は終わりました。

 おととい12月15日(金)和気町定例12月議会は終了しました。
大森直徳町長は今期限りで引退し来年4月8日投票予定の町長選には出馬しないことを表明しました。
また10月14日の山陽新聞に掲載された益原地区へ防災都市公園を整備しそのメイン施設として新野球場を建設することについて「12月9日地権者に説明をした。評価額も明示してもう一度新年早々に話し合いを持ちたいと思っている。埋め立ての土として美作岡山道の残土を3万立法メートル利用させてもらう予定である。もし地権者の了解が得られれば1月中に国へ交付金の申請をして事業を実施したい。」と表明しました。
また、山本稔議員の一般質問の答弁からわかってきたことですが、和気町公共交通の変更案についてデマンドが予約不能となったり乗客数も減少していったので、コンセプトを変え、定時運行を重視して14人乗りの車を5台導入し1日3便程度7路線を作り和気駅へ乗り入れて和気駅の乗客数を増やすという考え方が出されました。計画案は今年度に取りまとめし来年8月くらいには試験運行までこぎつけ2018年度中には完成したいとのことでした。
また西中と柴田議員2人の紹介で「日本政府に核兵器禁止条約の調印を求める意見書採択を求める請願」が7対3の賛成多数で採択となりました。
賛成議員は山本み、居樹、万代、山本や、尾﨑、柴田、西中です。反対は広瀬、草加、安東の各議員でした。
また、安東議員の紹介で出された、和気町新野球場及び防災都市公園整備計画の早期実現を求める請願」は賛成4反対6で不採択となりました。
賛成議員は尾﨑、広瀬、草加、安東議員反対は山本み、居樹、万代、山本や、西中、柴田の各議員でした。


鵜飼谷温泉や和気ドームの北西側の農地を新たに野球場にして一帯を防災都市公園にしようという計画が進んでいます。
2017年12月12日(火)
昨日の総務文教委員会で核兵器禁止条約の調印を求め請願採択

 昨日のノーベル賞授賞式で被爆者サーロー節子さんが核兵器禁止条約の必要性について述べられていました。
本人が建物の下敷きになり真っ暗であったが一筋の光をみつけかろうじて助かったそのことをたとえて今の北朝鮮のミサイルや核実験とアメリカの対立によって核戦争が起こるかもしれないというなかでいかに核兵器廃絶が重要かそして条約の普遍化署名の拡散が重要かぜひ全世界の人々に協力してほしいという事でした。
和気町議会でも岡山県の原水協から出された、「日本政府に核兵器禁止条約の調印を求める意見書採択を求める請願」が審議され昨日の総務文教員会で賛成多数で採択になりました。
議会最終日15日に本会議で採決される見込みです。
明日は7名の一般質問です。私も2番目に質問します。傍聴をお願いします。

今年9月東備原水協の宣伝行動より
2017年12月7日(木)
12月議会が今日からスタート

12月議会がきょうから始まりました。
議会傍聴をお願いします

月  日  開 始  内    容 
 12月 7日(木)  午前9時  議案上程、説明、質疑、請願、陳情の上程委員会付託

本会議終了後議会運営委員会

 12月 8日(金)  午前9時  特別委員会(ごみ、温泉、)議会全員協議会
 12月 9日(土)    休会
 12月11日(月)  午前9時  厚生産業常任委員会、総務文教常任委員会(午後1時~)
 12月12日(火)    休会
 12月13日(水)  午前9時  一般質問、議会運営委員会、議会広報編集委員会
 12月14日(木)    休会
 12月15日(金)  午前9時  委員長報告、質疑、討論、採決

西中純一は13日(火)の2番目に9時40分ごろから

1、和気町防災公園(益原)は町民のためになるか?

2、7期介護計画の目玉は何か

3、保育料無料化を実施するべきだ!

4、来年度稼働のごみ処理はどうなるか?

という趣旨で一般質問を行います。是非傍聴をお願いします。

インターネットでも視聴できます。和気町のホームページの和気町議会の欄に入り

和気町議会中継をクリックして下さい。 

2017年11月18日(土)
11月16日(木)は来年度予算要望等掲げて県庁交渉で1日行動しました。
 16日は来年度の要望等で県庁交渉をしました。総選挙の関係で要望出してない市町村もありましたが和気町としては行き過ぎた人権事業について是正するよう要望しました。また道路交通関係や河川の施設等についても要望しました。
2017年11月9日(木)
憲法9条かえないでと署名行動。

 昨日8日は和気町内のある住宅団地で、安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名に、和気・備前革新懇としてとりくみ5人で1時間半で28名の署名が集まりました。
選挙前にも和気町ないでも一度取り組みましたが、選挙が終わってからは初めてでした。
公明党・学会を名乗る人、そしてよくわからないからやめとくという人以外はみんな気持ちよくしてくれました。
政府は憲法改正について大変意欲を示していますのでこれからもどんどん署名を集めていこうと思います。

2017年10月17日(火)
あすは尾崎ひろ子選挙カー最後の訴えです。

備前市・和気町で最後のお願いです。声援をお願いします。

 

備前市民 ―朝立ち  7  :  1 0 演説8  :  00 -   8 : 15~塩谷朝日新聞前8  :30 --  8  : 45ルフ備前9  :  0  0 -   9  :  1 5

伊部片上団地8  : 30 -    9  : 4 5休憩~大内市営住宅10 : 40·- 10 : 55 ~香登公民館前11:  10 - 11 : 25~休憩~

新庄公民館前1  2  :  4 0-1  2  :  5  0~鶴海公民館前13:10 --- 13 : 20木谷佐宗橋1 3  :  3  5 --- 1   3    :   4  5  ~三石郵便局前 1 4 :00-14:15  ~三石支所付近1  4  : 2 0-1  4  : :3 5~休憩~吉永中雇用促進住宅1  5 :15--  1 5 :30~吉永駅スーパー前15:45-16:00

神根本16:15-16:30三俣市営住宅16;40 -16:55休憩~~~~

県営泉団地17:45---18:00 ~和気J A グリ18:10 - -  18:25l~~宮田団地  18:35---18:50

日笠下、益原流し宣伝18:50---19:15~父井原19  :15 ­-19:30~佐伯19:30 -    2  0   :  0 0

午後2時 20 分~ 岡山駅西口全日空ホテルの前付近です

志位和夫委員長・前衆院議員

比例・小選挙区候補も訴えます

2017年10月14日(土)
岡山駅前の演説会行きました。
 今日午後5時10分より岡山駅前ビックカメラ前で共産党演説会が開かれました。
小池晃書記局長、大平よしのぶ比例候補、垣内きょうみ比例候補(2区小選挙区重複立候補)が話、岡山一本の会の宮本龍門氏も一緒に壇上にいました。比例区で日本共産党の2議席をとらせて下さい。選挙区で岡山1区はおかやま一本の会と共産党、立憲民主党と、社民党の統一候補、高井たかしを、2区は垣内きょうみを市民と野党の共闘で是非当選させて下さい。との事でした。
私は10分か15分遅れて参加したため高井たかし候補はいませんでした。しかし赤旗の記事によると演説の始まりで「この選挙で安保法を白紙撤回させよう」と発言したそうです。

2017年10月14日(土)
岡山駅前ビックカメラ付近で街頭演説会です。

 公示後最初の土曜日ですが、岡山駅前ビックカメラの前で午後5時10分~街頭演説です。岡山市へおでかけの方は是非足を止めて聞いてください。
弁士は小池晃書記局長、と2区の垣内きょうみ(比例重複)候補と、高井たかし統一候補(立憲民主)です。

6月の立憲4党と岡山一本の会の演説会より
帽子をかぶっているのが垣内候補左が高井候補
2017年10月12日(木)
本日は尾崎ひろ子備前市・吉永町・和気町です。

本日の候補者の予定です。応援してやって下さい。

備前市民センター前朝立ち7:10→8:00演説8:15→大渕公園8:25~8:40→大東立石住宅前8:50~9:05

→伊部南生協団地9:20~9:35→伊部マルナカ9:45~10:00休憩10:05~10:30→香登信金跡広場→友延農協前→木生マルナカ前→休憩12:10~13:00→日生公民館前13:15~13:30→寒河公民館前13:50~14:05→すわ団地14:15~14:30→山どうら→休憩14:50~15:15~閑谷経由~ 吉永南方土手15:40~15:55→吉永支所前16:05~16:20→休憩16:30~17:00

和気働石野学宅東空地17:10~17;25→和気朝日住宅17:40~17:15→日笠町営住宅前18:25~18:40→田土中田土公民館前→サエスタ前19:20~19:35→宇生佐伯自動車付近19:45~20:00

 

昨日美咲町飯岡の出陣式から
2017年10月11日(水)
尾崎ひろ子は憲法9条と平和を守ると第1声

 尾崎ひろ子候補の出陣式に参加しました。美咲町の飯岡で出陣式でした。美咲町飯岡をはじめ津山市の人も駆けつけ100人以上の参加で憲法9条と平和を守ります、そのためにも安倍暴走政治をやめさせるためにがんばる。消費税10%へのひきあげは中止し、大金持ちへの課税強化や軍事費の削減で子育てや教育費充実にあてる。1日8時間はたらけば生活できる社会をつくる。北朝鮮問題では対話のテーブルへつくよう日本がイニシアチブを発揮するべきだ。野党と市民の共闘で国政へ押し上げてほしい。と訴えていました。
尾崎ひろ子氏のお父さんは特攻隊の生き残りでした。ですから絶対に憲法9条や民主主義を守るために頑張ってくれると思いました。日本国憲法を守ろうろうという人は党派を超えてご支援をお願いします。

2017年10月8日(日)
岡山駅前西口で共産党比例、大平よしのぶ、垣内きょうみ、野党共闘統一候補高井たかし氏訴える

 岡山駅西口で11時~共産党の街頭演説が行われました。近畿比例の候補者でもある共産党衆院国会対策委員長穀田けいじ氏を迎えて全日空ホテルの前で演説会は行われました。
今回共産党、立憲民主党、社民党、野党3党と市民団体岡山一本の会の共同の統一候補となった立憲民主党の高井たかし氏の立候補あいさつがおこなわれました。
また、共産党の比例区大平よしのぶ、垣内きょうみ氏(岡山2区候補)比例区藤本一規氏や3区尾崎ひろ子、4区平林明成氏、5区美見芳明氏も参加していました。小選挙区を代表しては3区の尾崎ひろ子氏があいさつしました。

ozaki
2017年10月7日(土)
岡山1区で立憲民主党、共産党、社民党で高井たかし氏を統一候補に

 10月6日山陽新聞等で岡山1区で立憲民主党の前衆議院議員の高井たかし氏を、立憲民主、共産党、社民党の3党で統一候補に決定し、共産党は予定していた余江雪夫氏の立候補をとりやめたと報道されました.
.立憲民主、共産党、社民党3党と「おかやま一本」という市民団体の間で政策協議がととのい立憲民主党の高井たかし氏を3党の統一候補とすることが決まったという事です。
一方岡山3区では無所属の阿倍俊子氏平沼正二郎氏共産党の尾崎ひろ子氏希望の内山晃氏の4人立候補となる模様です。憲法9条を守って行こうというのは尾崎ひろ子氏1人です。岡山3区では立憲野党の唯一の候補尾崎氏の立候補は光を放っています。この3区では戦後すぐの総選挙で津山市の共産党女性候補苅田アサノ氏を旧岡山1区で当選させた革新の歴史を持つ選挙区です。憲法9条守りたいという方は党派を超えてご支援いただきたいと思っています。
         基本合意の内容


津山市で街頭演説中の尾崎ひろ子氏
2017年10月6日(金)
10月2日~4日まで、熊本、福岡へ視察へ行きました
  和気町議会産業厚生常任委員会は10月2日(月)から、10月4日(水)まで熊本県の菊池市、益城町、福岡県の広川町と大任町へ行政視察へ行きました。
菊池市では無肥料無農薬有機農業低農薬有機農業、など5段階に生産者を区別して組織化、平成26年からネットショップをつくり生産者に提供、ブランド推進室を役場につくり、責任を持って商談も成立させていました。ヘルシーツーリズムで養生園という医療機関と提携して町外の市町村の特定健診を誘致しているということでした。
地震の被害の大きかった益城町では農業生産法人コウヤマのサツマイモを中心とした食品と焼酎を中心に食品を生産し販売する農業法人を視察しました。また最後福岡県の大任町では西日本最大の温泉も設置している道の駅、おうとう桜街道を視察しました。



2017年9月27日(水)
民進党は公党間の約束をほごにするつもりでしょうか。

 今晩のニュースを見てびっくり民進党の本部が希望の党へ移りたい議員は党籍を残したまま希望の党の公認で選挙立候補していいですって今までの立憲4党(民進党、共産党、自由党、社民党)での合意はなんだったのでしょうか。
誰がこんなバカなことを画策したのでしょうか?前回の参院選挙で民進党黒石氏を応援させていただいた私たち共産党としては納得できません。ありえない?クーデターでもあったのですか?

昨年の参院選挙での和気駅での応援
2017年9月25日(月)
新和気小学校の第1回運動会が今日行われました。

 旧藤野小学校、日笠小学校、旧和気小学校、石生小学校を統合してできた新和気小学校の初回の運動会が今日益原地区の和気ドームで行われました。私は佐伯小学校の出身で佐伯に住んでいますが見学させてもらいました。
駐車場があるのですが私はゆっくり行ったので止められませんでした。近所の知り合いのおうちに駐車させてもらいました。

2017年9月24日(日)
東備原水協・和気・備前革新懇の呼びかけで県水爆禁止署名集める。

 本日午後1時半から3時まえまで和気町中央公民館に集まり駅前や尺所の近辺を署名を集めました。
和気では6人程度で回り原水爆の署名が30名ほど憲法を変えないようにという署名が15名ほど集まりました。

2017年9月24日(日)
和気町長寿フェスタ開かれる。

 昨日9月23日和気町父井原の学び館サエスタで第3回和気町長寿フェスタが開催され500名程度のシニア層の方が出席されました。北海道大学男声合唱団OB会や津軽三味線の蝦名宇摩さん,マカレアグループのハワイアン、「beZEN」鼓空の和太鼓等のパーフォーマンスに秋の一日たのしまれていました。




2017年9月21日(木)
9月20日9月議会は終わりました。

おととい9月5日から20日までの9月定例町議会が終わりました。
決算では28年度和気町一般会計の決算認定、と平成28年度和気鵜飼谷温泉特別会計決算認定に西中は反対しました。

平成29年度和気町国民健康保険特別会計補正予算案について反対しました。

平成29年度和気町一般会計補正予算について反対しました。

工事請負変更契約の締結について反対しました。

農業者個別所得補償制度の復活を求める請願について賛成討論しました。

一般質問では5人(安東、居樹、柴田、万代、西中)が発言し西中は

1、矢田工業団地の ゆくえと今後の佐伯地域の発展方向は
2、学校統合しての問題と解決方法

3、核兵器禁止被爆者署名と核兵器禁止条約の国の署名と批准への協力を
4、国保統合でどう変わるか

の4点のテーマで質問しました。

 

2017年9月21日(木)
平和の波行動・被爆者国際署名がんばる

 昨日9月20日、全世界で核兵器禁止条約の参加を求める平和の波行動に呼応して吉永で街頭アピールと署名行動に頑張りました。
これは今年7月7日、国連で世界の122か国の賛成で採択された核兵器禁止条約の署名・批准が9月20日からはじまることにあわせて全世界で署名行動やアピール行動に取り組むもの.
今回は東備原水協と和気・備前革新懇の呼びかけにより旧吉永町で午後2時~1時間半ほど旧吉永町役場・旧吉永保育所前でアピール行動し2人1組で近くの住宅に訪問し被爆者署名と9条署名(憲法9条を変えないで下さい。)に協力をお願いしました。

私が行ったところは会えた方は被爆者署名はすべて協力してくれました。高齢者の方は岡山空襲でひどい目にあったとか平和を守ってほしい。ミサイルは嫌じゃ。こんな署名頑張ってくれるのはありがたい。安倍さんのやり方はおかしい、労働者使い捨てにされ取る等々大変好意的な反応でした。
全体で9人参加で約50筆の署名を集めました。


2017年9月5日(火)
9月議会が始まりました。

 今日から9月20日の日程で9月議会が始まりました。
初日には大森町長の諸般の報告があり、専決処分の承認、2件(承認第7号、和気町運動場条例の一部改正と、承認第8号平成29年度一般会計補正予算第3号)が提案され、質疑がありました。
承認第7号=石生地区の総合グランドが学校法人創志学園へ使用貸借契約されたため条文から和気町本の総合グランドを削除、
承認8号=ドローンの学校へ貸す事務所を和気ドームの一部物置部屋をリフォームするための予算566万を計上するための専決処分(8月31日)を承認。

西中はドローンの会社を誘致するため益原の和気ドームの一部の72㎡の物置を566万円でリフォームして賃貸させるという事だが、
ドローンの学校の会社の取締役に前議長の長男さんが就任している。これは地方自治法92条の2、議員の兼業禁止(請負禁止)に抵触するのではないか?
もし法律に抵触しない場合でも、町民の間から事務所を貸してもらい、使用料を優遇していくことに対してねたみ、嫉みの類が生じ、町政執行上の公平性が疑われるのではないか?(ドーム使用料を営利企業では1時間1万円を1時間2000円に、研修室の使用料を2部屋3000円を600円に5分の1に減免)

最後に小中学校統合、創志学園へグランドや旧小学校を無償貸し付け、とまたこのドローン学校の誘致も同じように町民ヘ充分説明と納得を経ないまま町政執行している、大森町政の汚点になるのでは?
承認7号は全員一致で、承認8号は賛成7人、反対3人(山本や、万代、西中)でした。


RSK山陽放送イブニングニュースより。
2017年8月27日(日)
岡山市中区共産党の決起集会岡山医療生協コムコムへ行きました。

 今岡山市では岡山市長選挙と市議会議員補欠選挙がもうじき始まります。
そのために矢引市長候補と池橋ようこ市議補欠選挙予定候補激励の中区決起集会・ジャンプ集会があり,
和気は美作東備地区員会で地区外ですが瀬戸内市議選挙のときに候補者にお会いし立候補することを知っていましたし、彼女のお父さんを私の保険医協会勤務時代に知っていたこともあったし、妻はかつて林病院へ勤めていたこともあり参加させていただきました。
清水忠史さんは元吉本芸人だということもあり政治の話を面白おかしくお話されていました。(FACEBOOKには動画を張り付けようと思います。)藤田さんはさすが子育て真っ最中のお母さん都議という事もあって3人目のお子さんを抱っこしながらのあいさつになりました。

2017年8月27日(日)
きのうは岡山県革新懇記念講演会へ行きました。

 岡山県革新懇の記念講演「市民と野党の共闘で総選挙勝利を」という話を聞きました。
講師は関西学院大学教授で大阪革新懇代表世話人の冨田宏治さんでした。
聞いて驚いたのは安倍政権の終わりの始まりになっているが病気でやめましたとかさせないで安倍総理を矢面に立たせて徹底的に打ちのめすような結果にしなければならないということ。それは全国299の小選挙区で野党共闘の話も進められているが菅官房長官などの試算であると80選挙区で自民党が負けるという観測もある。
また、安倍総理が2020年には憲法改正を実施してしまうといったためどうでも、次の総選挙と2019年の参院選挙で自公維新などの改憲勢力が勝たねばならないそれは昨年の非改選89議席を維持しまたは少なくとも85議席を取らなければいけないが今回77であったように野党共闘があればまず改憲勢力はそれを維持することは無理になってくる。
そこを考えて選挙をする野党共闘で政権交代まで目指すという風に前向きに考えていく必要がある。

2017年8月21日(月)
教研最終日は小中一貫校と教育改革について勉強

 20日の教研集会は今日の教育改革その焦点と課題と題して
まず京都府亀岡の東輝・詳徳中学校区における再編問題に立ち向かう住民運動、

備前市より教科書採択と学校統合と小中一貫校導入に対する市民運動
大阪和泉市の小中一貫教育に対する取り組み
その3つのレポートを中心に質疑討論が行われました。
京都の亀岡では嵯峨野不動産という住宅建設にともなう児童数の増加に伴って学区再編問題に対する反対運動の取り組みという事で保守系の議員も巻き込んでの住民運動でとりあえず再編は留保させることができている。
備前市は教育委員会法が改正されて首長が直接教育に介入できるようになり。2015年教育大綱をつくり小中一貫校を全市的に実施するという事が突然決定され。(教育員会での議論もなくパブリックコメントもしていない。)
翌年学校づくりサロンを各中学校区で1回だけ開催したがアイデアを出すだけで住民の意見を聞く姿勢はなかった。その中で小中連係校的な考え方で伊里中学校区で今年度4月から「小中一貫校」はスタートした。今年5月の市長選で市長は現職落選したが、今後とも住民要求を掲げて運動をやっていく予定。また、備前市では2015年教科書の採択区(旭東地区採択協議会=赤磐市・備前市・瀬戸内市・和気町・吉備中央町)から突然脱退し、先年(2011年)請願(自由社・育鵬社こそすばらしい教科書であるという内容の資料のついた請願)が出され、「教育基本法・学習指導要領の目標に適した教科書の採択を求める決議」が採択されていたことから、離脱は危ない教科書採択の布石ではと危惧する声が広がった。教科書展示会への参加やアンケート記入運動の結果やあぶない教科書採択にはならなかったものの、備前焼きが出ているというだけで日本文教出版の教科書を採択という、特定の観点にたった選定になっている。またタブレットの使いやすい教科書をという点も問題である。(備前市ではタブレット端末を小中学校全校児童生徒に無料で貸し出して授業に使っている。)
大阪和泉市では住宅団地の人口増で新設3地域に新たに1小学校と1中学校を統合して当面少人数の小中一貫校をつくり槇尾中学校区と富秋中学校区にも一貫校を作っていく方針になっている。新設小中学校はチャイムを統一した時間にならそうと小学校は45分授業で業間休みが15分中学校は50分授業で10分の休みとなっている。そのことだけでも大問題であります。15分の休みを取ると給食と清掃との間が10分しかなく給食指導が大変なことになり余裕のない児童の活動になる。という事でした。

2017年8月20日(日)
教研集会2日目は第25分科会登校拒否・不登校の克服へ出ました。

 2日目は登校拒否・不登校の克服へ出席しました。
不登校・児童生徒への理解や対応悩みについてアンケートより、
岡山からは岡山市のフリ-スペース「あかね」との出会いから、とした不登校本人からの報告
兵庫県の親の立場からの報告、京都の不登校ぬけてきた本人の報告を中心に午前中は討議しました。
午後は、岐阜県の小学校の先生、黄柳野高校での相談室の取り組み、
北九州市の小学校の先生、山梨の支援学校の実践が報告されました。

2017年8月19日(土)
教研集会へ行きました。
きのう8月18日は午前中から午後3時半ごろまで、岡山市の市議会補欠選挙に予定している。池橋よう子氏の政治宣伝をしていました。
それが終わったら、午後4時半から7時半ごろまで教育フォーラム「子どもたちをまん中に地域の学校を守る」-統廃合・小中一貫校を考えるに参加しました。
大阪府池田市の小中一貫校に対する反対運動、兵庫県川西市の小中一貫校反対、京都府丹後・与謝の高校再編反対運動の3本のレポートを中心に懇談しました。

2017年8月7日(月)
昨日8月6日(日)原水爆禁止世界大会の広島デー集会に参加しました。

 昨日は原水爆禁止世界大会の広島デー集会に参加しました。
東備原水協として3人古松さん、鼻岡さんと私の3人バスに乗って参加しました。
今年は7月7日に国連の会議で核兵器禁止の条約が122か国の賛成で採択されたこともあって核兵器禁止の機運が盛り上がった大会になりました。

しかし広島市主催の平和記念式に出席した安倍総理大臣は残念ながら核兵器禁止条約に一切触れませんでした、広島市長は国連で採択された「核兵器禁止条約」の締結促進に努力するよう求めたり、県知事も市議会議長も国連の事務総長(中満軍縮担当上級代表代読)もふれたのに本当に残念です。

発言した岡山県の伊原代表

壇上に高草木日本原水協代表、田中被団協代表、オーストリアの政府代表
2017年8月5日(土)
8月4日(金)後期高齢者広域連合議会が開かれました。

 昨日4日(金)岡山市議会をお借りして後期高齢者広域連合議会が開かれました。
私は一般質問で健診の充実をどうするか?
後期高齢者の窓口負担について1割を2割に値上げの議論に対して国へ意見具申をと質問しました。
まず健診については27年度の県平均が13.2%28年度でも13.62%で全国27年度が27.6%で全国よりも10%以上低いのが現状である。
和歌山県の広域連合は健診の料金を今年度から無料にしたり、歯科の健診を実施しているところも和歌山、長野などある。岡山県でも集団で実施しているところと医療機関個別のところと両方組み合わせてやっているところもあるが健診率を上げるために方法を改善していかなければならないが何か考えているか?質しました。
後期高齢者の窓口負担は前期高齢者の負担が2割になる来年度2018年度をめどに結論を出すとなっている。2割に値上げにならないよう広域連合の連絡会等で国へ意見を述べてほしいと質しました。

2017年8月5日(土)
7月31日(月)総合グランドと石生小、和気小20年間(学)創志学園へ

7月31日(月)に臨時町議会が開かれ、町の総合グランドと石生小学校と和気小学校を神戸市の学校法人創志学園に8月1日~平成49年の3月31日までの20年間無償で貸与することが賛成多数できまりました。西中と柴田議員の2人だけ反対しました。
石生小学校と総合グランドは環太平洋大学の野球部が寄宿舎と練習場に利用し、和気小学校は環太平洋大学の教育実習等の教室に利用するそうです。    以下当日私が実施した反対討論要旨です。なお公明党の安東議員が賛成討論しました。

議案第58号 財産の無償貸付について  

この議案は石生地区にある総合グランドと石生小学校を無償で学校法人創志学園に20年間使用貸借契約させるということです。20年間という使用貸借契約させるということは大変長いというふうに思います。

ここにいる、町長、そして町執行部と町議会議員のなかではたして何人20年後も元気でいられるでしょうか? こんな長い契約に責任持てるのでしょうか? 延長すれば40年以上になるかもしれません。

 地元の町民が寄付をしたり、協力して設置した小学校と総合グランドをいとも簡単に他の市にある学校法人に貸与させようとする考え方に反対であります。総合グランドは池を一部埋めてまでして設置したという事も聞いています。町民の方にも協力してもらってつくって町民のために使っていたものをいとも簡単に創志学園に無償で使用させる契約をするその考え方についていけません。

学校跡地へ呼んでくるなら町長自らトップセールスをするか、つながりのある県議さんか、代議士さんか参議院議員さんもしくは和気町出身有力者に頼んで、地元の雇用にでもつながるような企業を呼んで来たらいいのではないですか。それをしないで高校野球で活躍した創志学園高校の親の学校法人創志学園に声をかけてずるずるとそこへ引き込まれていくのは反対です。

きちんとメリットとデメリットを含めて町民各位の理解を得て実施していっているなら文句はないのですが。その形跡はかけらもありません、説明会は和気学区だけです。またグラウンド利用者への説明は7月25日に実施したということですがグランド利用団体の方はこの期におよんで納得されたのでしょうか?

執行部は、学校関係者が無償貸与を希望していることをはやばやと忖度して契約しようとしています。有償で貸与すれば、何千万円も積み立てをしなければならないとなればそれは町民の側の方も無償、貸与にしたほうがいいという風に意識はなびくとお考えなのでしょう。

2年も前から話を始めて、創志学園ありきだったわけで、住民の理解を得るどころか直接の使用者環太平洋大学の野球部の側は5月ぐらいから利用希望だったのでしょうがアリバイ的に1か月間公募して4者のプロポーザルをさせてそして創志学園に結論をだしているわけです。

あまつさえこの議案の参考資料である契約書を今日の議会の2日前29日になって、創志学園の言うように変更するそのこと自体、あちら側の言いなりになっている状況を示しているではないですか。これから先の学校法人との関係が心配です。杞憂に終わればいいですが?


20年間貸与が決まった石生小学校と総合グランド
2017年7月31日(月)
和気・備前革新懇の第3回総会と記念講演終わる。

 昨日和気町の社会福祉協議会の大会議室で第3回総会と記念講演「9条の会の運動をどう広げるか」と題して兵庫県丹波市9条の会連絡会の藤井元洋さんのお話を聞きました。記念講演参加だけの人を含めて30数名参加でした。
革新懇とは1980年(昭和55年)社会党と公明党が社交合意をするなかで革新の統一戦線がこわされて革新自治体が次々に倒されているもとで日本共産党と一緒に革新の統一戦線や政治の問題について自由に懇談しようとして設置していったものです。
和気・備前革新懇はもともと和気郡革新懇として旧和気町、旧吉永町、旧佐伯町の範囲で革新懇をやってまして吉永の大藤地区の産廃処分場の反対運動などについて一翼をになってきました、また憲法9条を守ろうという運動もやってきたものの最近は高齢化やその他の問題で運動が停滞していた中で備前市も含めてこの革新懇運動を再生させようと3年前から兵庫県のほうで運動されていた藤原和正さんを発起人として沖縄の基地反対運動や小中学校の教科書採択問題、小中学校の一貫教育に対する学習会などに取り組んでいるものです。備前市の市長選などでは政策論争も提起してきました。

2017年7月17日(月)
今日の平和行進は備前市役所を出発しました。

 7月17日(月)の平和行進は備前市役所で9時から備前市の田原市長、橋本市議会議長をむかえて出発式をしてから岡山市の東区を目指して歩きました。
地元から元市議会議員の中西裕康氏と宇治橋さんからお話がありました。

2017年7月17日(月)
昨日国民平和行進が兵庫県から岡山県へ引き継がれました。

 7月16日(日)午後0時ごろ核戦争をなくし核兵器禁止条約を日本政府にも加盟させ国会で批准もさせようという国民平和大行進が兵庫県から岡山県の行進団に備前市寒河で引き継がれました。引き継ぎ集会には岡山県の母親連絡会の河重会長が岡山県から兵庫からは津川兵庫原水協代表理事が参加され、東京から広島まで通し行進している西田重好さんと国際青年リレー参加のフィリピンの青年アブザル・マカクア・サリクさんがあいさつされました。津川代表理事からは国連で核兵器禁止の国際条約が採択された段階での平和行進であることを強調され、日本でも条約署名・国会での批准をめざして新たな戦いが始まった、頑張りましょうという意味の話がありました。

2017年7月4日(火)
東京都議会議員選挙で躍進
クリックすると元のサイズで表示します
2017年7月2日(日)
沖縄連帯集会inおかやまに参加しました。

 昨日7月1日(土)午後2時から4時半まで岡山市の春日町の岡山市勤労者福祉センターで沖縄連帯集会が開かれました。
自由党の玉城デニー衆議院議員の講演を聞きました。東京からかけつけたようです。

7月14日には沖縄県議会で名護市辺野古基地の建設工事差し止めの告訴を求めた決議があがる見込みという事と来年1月名護市市長選挙、9月は沖縄県内の統一地方選挙、11月は県知事選挙と続くなかで是非支援をという事と沖縄県のつくった「沖縄から伝えたい米軍基地の話」というパンフレットで学習してもらって沖縄の事を宣伝してほしいということでした。

2017年6月17日(土)
おかやまいっぽんの集会にいってみました。

 今日岡山駅前で12時~13時までおかやまいっぽんの集会が行われました。来賓で立憲4党民進党、共産党、社民党、自由党の代表が参加して挨拶しました。共産党からは、垣内京美中国ブロック比例候補があいさつしました。市民連合の山口二郎氏がおかやまいっぽんの宮本龍門さんがあいさつをしました。山口二郎さんから報告があり今全国で野党と市民連合の共闘組織の組織づくりがすすんでいる。戦争法、特例秘密法、共謀罪と憲法違反の法律が可決され戦争するための法律作りが進んでいるが全国各地で市民と立憲主義4党の共闘組織づくりが進んでいる総選挙は来年の通常国会までには実施されるだろう1年というのは長いようだが短い、共闘ができるよう頑張ろう。そして悪法の戦争法、機密保護法、共謀罪は廃止に持っていこうと発言があった。

2017年6月17日(土)
昨日は和気町のまちなかで共謀罪可決に抗議する宣伝しました。
昨日午後4時からサンモールの前の交差点付近で共謀罪強行採決に抗議する宣伝を実施しました。赤磐市の総行動実行委員会の協力も得て和気備前革新懇の事業として実施しました.約10名の人員で宣伝しました。共謀罪はテロ対策のための法律でないこと。
参議院での審議をやめて中間報告をしようなど通常の手続きをとっていない。国連の人権担当者からクレームとおたずねが来ていること。それに日本政府は回答をしていないことなど問題ばかりです。
2017年5月22日(月)
共謀罪反対の赤磐市の共同行動に合流しました。
今日は赤磐市の総がかり行動実行委員会の方々と一緒に夢タウンで共謀罪反対の宣伝行動に参加しました。
2017年5月21日(日)
きのうは津山市の共産党演説会出倉林参議院議員熱弁ふるう。

 昨日午後1時半から津山市の総合福祉会館で「野党+市民」で「打倒!安倍政権」と題して共産党演説会を開きました。共産党演説会としてはめずらしく津山市の河本市議会議長があいさつされたり、権田さんという憲法守る議員と議員OBの会の会員さんも紹介されました。
倉林参議院議員からは看護師をしていた倉林さんに婦長から呼び出しがありあなたに民医連(民主医療機関連合会)関係で府議会議員にでてもらわないかんそうじゃないと婦長のわたしにでろとなる頼むから出て下さい。てな調子でユーモアもまじえながら国会のなかで共産党が果たしている役割についてお話がありました。
そして担当の厚生労働委員会のなかで介護保険改悪がどんどん進められようとしている。野党共同で安倍暴走政治を止めなければ大変なことになる。
しかし自民党の東京都連会長の下村衆院議員の試算によると全小選挙区で共闘が成立したら90議席を野党がとることになると言っているそうです。みなさん頑張りましょうと言われていました。

2017年5月12日(金)
5月9日町議会全員協議会開かれる。

 5月9日(火)9時半より町議会3全員協議会が開かれました。内容は和気鵜飼谷温泉揚水ポンプ故障の中間報告と学校跡地問題その他です。
温泉のポンプの故障を精査しているアメリカのメーカーに照会したところメーカーにつまり製品には問題はないという回答です。また施行しているコスモスウエル
サービスは落下しているポンプや配線を回収しているようすについて説明がありました。
いまのところ止まっている温泉の他施設からの輸送やなんやか蚊帳の費用が2500万円ほどです。
また、学校の跡地への応募者は以下の通りです。
5月15日(月)16時~プロポーザルとヒアリングが行われます。非公開であり傍聴は不可だそうです。

 事業者名      対象施設  事業内容
 NPO法人ふれあいサポートチャティーズ  代表理事  湊照代  和気幼  放課後児童クラブ障害児受入施設
 株式会社ダニエル企画  代表者  成 ?哲  和気小  日本語学校の設立
 学校法人 創志学園  理事長  大橋 博  石生小、総合G
和気小
日笠小
山田小
IPUべースボールパーク設置
教育実習施設等



 和気ものづくりフェスタ実行委員会  代表  定國 誠也  和気小  ものづくり作家の拠点施設


予想通り創志学園が公募対象外の和気町総合グランドの利用についても提案してきました。創志学園優遇です。

2017年4月20日(木)
戦争法廃止をと備前市片上で宣伝しました。

 昨日4月19日(水)戦争法廃止しましよう。共謀罪は必要ない国民監視を強める戦争中のような暗い時代に逆戻りします。と備前市片上で宣伝しました。和気・備前、革新懇の統一行動です。先月は参加していなかったので今月はぜひとも参加をしようと行きました。

2017年4月20日(木)
おとといは戦没者を慰霊する招魂祭へ出席しました。

 18日は和気町社会福祉協議会主催で招魂祭が行われ来賓として出席しました。旧佐伯町から288名の方があの太平洋戦争を中心に戦死、または戦病死されているそうです。
二度とあの戦争を起こすまい、戦死者を後世に忘れないようにお祭りしようという会です。
私の叔父にあたる西中進さんは24歳でレイテ湾で戦死しています。
おじいさんおばあさんのただ一人の息子でした。
戦争はいやです、くしくも南スーダン派遣の自衛隊の第一陣が帰国したそうです。
駆けつけ警護などしたらだめです、はやく全員撤収してほしいものです。

2017年4月8日(土)
3月議会一般質問「グランドと学校跡地の行方は」

3月和気町議会報告の続き    一般質問

1、 和気町総合グラウンドと学校跡地の行方はどうなるか?

問い学校跡地は本来、地元の要望をまず確かめて、要望がなければ、町ゆかりの会社や施設に声をかけて、それでも要望がなければ公募にかけるのが一般的なやり方ではないでしょうか?今回、町も区長会には29年度1年間じっくり地元で相談して取りまとめてほしいという事ではなかったかと思います。

それがいつの間にか、環太平洋大学から利用希望の話があり、役場で石生地区の区長さん方に説明し、12月には詳細な計画書も配布して説明会も行われ石生地区では、IPU・創志学園へ固まっていったのではないですか?

 議会全員協議会への資料によると平成27527日には、教育長、教育次長、社会教育課長の3人は創志学園高校へ営業に行っています。2年近くも前です。

そして創志学園高校も学校法人本部も視察に訪れ、286月にはIPU大学へ教育と、次長が行っています。そして,余談ですが休日に社会教育課長は創志学園高校野球部にノックの指導をしてます。

そして一直線にIPU(環太平洋)大学に決めると思いきや、2月の議会全員協議会の場で公募すると方針転換し学校法人にもそのことを告知し是非応募してほしいとお願いしたと説明がありました。

創志学園ありきがなぜ公募に切り替えたのですか?

答弁今田教育次長    学校園統合を進める中で跡地利用も同時進行で検討すべきとのことで跡地検討委員会を立ち上げてほしいとお願いしたところ、日笠、本荘、石生、地区で地区部会が設置され話し合われてきました。

2月になって公募が適当と判断し、日笠、石生、和気、山田地区対象に公募に至った経緯を説明して理解を求めました。厳しいご意見も頂きましたが最終的にご了解をいただき今月15日から和気町ホームページで募集を行っています。

IPU大学から公募に変えた理由は、学校は閉校後は普通財産となります。普通財産を特定の事業者に随意契約で処分すると理由説明が大変困難になります。公募により幅広い事業者からの提案を受け地域の活性化と振興発展に貢献できる事業をプレゼンテーションとヒアリングにより総合的に審査した上で選定するべきであるとして公募

にしました。

 学校法人創志学園と石生小学校との交渉経過(一部省略)

 月日  場所  内容  先方  当方
 27年5月27日  創志学園高校  跡地利用打診  谷川校長他4名  教育長、次長、社会教育課長
 27年5月29日  石生小学校  現地視察  谷川校長他4名  教育長、次長、社会教育課長
2828  石生小学校  現地視察  大塚執行役員、学校法人職員、海老原事務長  今田次長、山崎社会教育課長
 2883  I、P、U大学  価格提示、協定依頼  谷事務局長  朝倉教育長、今田次長
 281013  教育委員会  施設活用構想  谷事務局長、渡辺課長  朝倉教育長、今田次長
 2811月21日  本庁舎  表敬訪問  大橋博理事長、大橋節子学長、谷局長、渡辺課長  大森町長、稲山副町長、朝倉教育長、今田次長
28 1227  本庁舎  石生4区長面談  野村硬式野球部監督、安藤コーチ、谷局長、渡辺課長  4区長、万代議員、朝倉教育長、今田次長

 

各学校等鑑定評価額

石生小学校幼稚園

281903000円  

総合グランド

124657000

和気小学校

24248万円8000

和気幼稚園

5814万円3000

日笠小学校

118936000

山田小学校

69563000

公募の日程

 

参加表明書受付    315日~414

 

提案書類受付     410日~428

 

審査会開催       5月上旬から

 

応募者ヒアリング   5月上旬から

 

交渉権者の決定   5月下旬

 

交渉権者との協議  5月下旬から

 

契約書の締結     6月以降(町議会の議決後)

選定委員会