Old Books Information

やあ!
人生に無駄なことなんか無いんだとなぐさめてみたり、人生に意味のあることなんか無いんだとなぐさめてみたり。
この不思議に満ちた時空を笑い、楽しんでみますか?



 
2015

戦慄の口笛/ 待ちわびる心
 
 
 
2014

時計をとめて/ 82歳へのジェラシー
 
 
 
2013

冬の蚊/ 落陽のように/ 道連れ
海風に/ 旅立つ心に捧ぐ/ 夢の骸
手負いの魚
 
 
 
2012

夜の魚
 
 
 
2011

ドライブ/ ものがたり/
 
 
 
2010

異邦人/ 下宿屋/ ロケット
 
 
 
2009

誓い/ ARTの途中
 
 
 
2008

ゆるい日々に/ 月光をグラスに浮かべて
 
 
 
2007

流氷/ まるで春のように
火の鳥/ 失望
 
 
 
2006

タイトル未定/ 迷い歌/ 運命を超えよう
経験/ 風車をまわそう/ エピローグ
 
 
 
2005

涙をさそうシーズン/ 少年 /飛ぶわけないよといわれても
プライベート バイオレンス
ロックンローラーは生涯現役を宣言した
旅立ち/ 新しい朝に
 
 
 
2004

足音が聞こえるU/ 足音が聞こえる
まだ見ぬ僕の明日のために/ 神楽舞/ 飛行機乗りの棲む空へ
木枯らしの歌/ 周而不比 和而不同/ 薄ぼんやりした夜空に
何かに導かれるように/ MARTIN D−42AJを抱きしめながら
そよぐ風よ
 
 
 
2003

クリスマスプレゼント老木
これが僕らの道なのか影のように大人だよ
卒業風の言葉君に告げる言葉として  
 
 
 
2002

アメリカお祭提灯ぬるいビール
春序曲決別明日(あした)負けないで
しあわせの総括Still Life  
 
 
 
2001

何のために盂蘭盆8月の朝
 
旧友春と夏の交わる季節の夜に約束
 
夜の力を借りて石の心に  
 
 
 
2000

新世紀に告ぐ
 
紅葉いくら悲しみを胸に刻もうと青ざめた空に
 
ここは時の通り道忘れてしまったぜ2000年7月9日の技巧
 
梅雨の情景元祖微熱少年微熱少年
 
白雪姫の毒リンゴ 春の旅冬の月冬の猫
 


〜1999

愛しい女たちに金色の秋夏の光
 
通り雨心の病といわれた男
 
芸術はスケッチ魂を時に浮かべて風が吹いてきたぜ
 
アリアドネの糸玉(歌)ディストーション
 
FLOWERプライムタイムかつて夢を抱いた青年だった僕ら
 
言葉U運命言葉故郷
 
 
 
 
 

HOME夢酒庵無坂庵詩集アトリエSONGSMAIL 掲示板
Copyright by monsieur. All right reserved.

  
      
 
 





これらのボタンはメールの仕組みを利用しています。
支障のある方は、 ゲストブックの方に記帳ください。